たんぽぽ舎です。【TMM:No4178】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4178】

2021年4月17日(土)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.裁判官が自分の頭で判断できる論点=

  「安全に避難できるかどうか」を基準にして

  「東海第二原発を運転してはならない」とした画期的な判決

  河合弘之弁護士がわかりやすく3/18水戸地裁判決を解説

  4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会に参加して

             小山芳樹(たんぽぽ舎ボランティア)

★2.原電は水戸地裁判決に従い東海第二原発の再稼働を

  断念するよう求めます

  原電は避難計画の実効性を示せない以上、控訴を取りやめること

  4/7日本原電本店への申し入れ文の紹介

               反原発自治体議員・市民連盟

★3.原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞

  大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は通常運転して

  いる原発から排出される処理水とはまったく性質が異なる…

  問題になっているのは「処理水」の科学的安全性ではなく

  信頼できない政府・東電の体質…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆4/21(水)オンライン対談

   「処理済み汚染水海洋放出 民意なき切り捨て」

   青木美希(朝日新聞)、森松明希子、ほか

  ◆5/15(土)第37回憲法カフェ

   上映会「いのちの岐路に立つ…核を抱きしめたニッポン国」

   東京YWCA会館

★5.雑誌・新聞より2つ

  ◆菅首相長男の接待疑惑   望月衣塑子(東京新聞記者)

            (「創」2021.4 発行「創出版

             「望月衣塑子の『現場発』」より抜粋)

  ◆東京五輪「一大感染イベント」になる恐れ

   米紙「ニューヨーク・タイムズ」評論記事で

   「最悪のタイミング」と指摘

       (4月13日11時38分「東京新聞WEB」より抜粋)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【原発破綻政治はさらに破綻する】

       【汚染水地球の怒り聞こえるか】 乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※4/24(土)学習会にご参加を!

 戦後日本のレイシズム朝鮮学校差別−

 「4・24阪神教育闘争」記念

 お 話:梁 英聖(リャン ヨンソン)さん

         (反レイシズム情報センター代表)

 日 時:4月24日(土)15時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※4/28(水)学習会は予約の受付を終了致しました

 「新形コロナワクチンの正体を知る」

 講師:岡田幹治さん(ジャーナリスト)

 18時より21時 参加費:800円 〔講師のお話は19時より〕

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.裁判官が自分の頭で判断できる論点=

 | 「安全に避難できるかどうか」を基準にして

 | 「東海第二原発を運転してはならない」とした画期的な判決

 | 河合弘之弁護士がわかりやすく3/18水戸地裁判決を解説

 | 4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会に参加して

 └──── 小山芳樹(たんぽぽ舎ボランティア)

 4月16日(金)18時より、東京・水道橋の「東京学院」会議室に

おいて、「東海第二原発とめよう」集会が、「とめよう!東海第二原発

首都圏連絡会」の主催で開催されました。33名の参加。

前半は、東海第二原発差止訴訟弁護団共同代表の河合弘之弁護士に

よる3/18水戸地裁判決(前田英子裁判長)の解説(A4レジメ5頁と11頁

の「判決要旨」)でした。

◎ 河合弘之弁護士の1時間15分ほどのお話の中から、特に感じたこと

を紹介します。

1.「避難計画の不備」で原発の運転差止を命じた事例としては初めて

 の判決。

2.争点は11項目。勝ったのは「避難」の1項目のみ。

3.【深層防護】(原発の安全確保の考え方の基本)の第5−《「放射性

物質が放出されても影響を緩和する」=避難計画など》について、

原子力災害重点区域(30キロ圏内)内の住民が94万人にも及ぶにも

かかわらず、実現可能な避難計画と実行体制が整えられているという

にはほど遠い状態であり、この区域内に居住する原告には人格権侵害の

具体的な危険がある」と判断した。

4.「高度な科学技術論議でなく、わかりやすい論点(裁判官が自分の頭

で判断できる)=安全に避難できるかできないか」を判断基準とした。

このことは、全国でおこなわれている原発裁判で有用な論点となる。

5.原発を裁判だけで止めるのではなく、広く国民の原発反対の世論が

必要。

 裁判官が安心して「原発を止めなさい」という判決を出せるように

国民世論が脱原発で大きく盛りあがっていることが重要。

◎ 後半は、主催の「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」から、

行動提起が提案されました。

1.「とめよう!東海第二原発キャラバン行動」の提案(茨城県内から

東京・日本原電本店前まで)、7月10日(土)から20日(火)を予定。

2.東海第二原発の再稼働は、2022年12月と日本原電社長の発言が

あったが、実際には2022年9月が事実上の再稼働開始となることが

わかった。

3.第3弾の「東海第二原発再稼働阻止の署名活動」をおこなう。

4.毎月定例第1水曜の「日本原電本店抗議行動」を質・量共に強化

する。

  同日開催される「東京電力本店合同抗議行動」との連帯も引き

続き、強化したい。

次回の5月は、12日(水)(連休のため変更)

17時より18時「日本原電本店抗議行動」

18時30分より19時30分まで、

第92回「東京電力本店合同抗議行動」です。

┏┓ 

┗■2.原電は水戸地裁判決に従い東海第二原発の再稼働を

 | 断念するよう求めます

 | 原電は避難計画の実効性を示せない以上、控訴を取りやめること

 | 4/7日本原電本店への申し入れ文の紹介

 └──── 反原発自治体議員・市民連盟

                       2021年4月7日

日本原子力発電株式会社取締役社長 村松 衛 様

                 反原発自治体議員・市民連盟

             (共同代表)佐藤英之岩内町議会議員

                 野口英一郎鹿児島市議会議員

                  福士敬子元東京都議会議員

                  武笠紀子元松戸市議会議員

◎ 3月18日水戸地方裁判所は、茨城県などの住民224名が東海第二原発

の運転差し止めを求めた裁判で、再稼働を認めない判決を下しました。

 以下の理由から、日本原電はこの判決に従い、東海第二原発

再稼働を断念し、廃炉に向かうことを要望します。

 判決は、避難計画について、「地震などの自然災害による住宅や

道路の被害も想定した、実現可能な避難計画や実行できる体制が整えら

れていると言うには程遠い状態で、防災体制は極めて不十分だと

言わざるをえない」と述べています。

◎ これまで原子力規制委員会は、避難計画については自治体の仕事

であるとして審査の対象からはずしてきました。

 私ども再稼働に反対する自治体議員と市民は、避難計画の実効性を

チェックしない規制委員会の判断では住民の安全は保障できないと

改めて認識させられました。

 今回の判決で、前田英子裁判長は、「福島第一原発事故の過酷な

事実を想起し、国や電力会社に対し、「原発事故時の避難・防災体制の

不備が住民に具体的危険をもたらす」と述べています。

 判決で詳細に示されているように、近隣自治体で避難計画が策定

できた自治体はわずかで、策定された計画はどれも机上の空論です。

 原電は、この判決を不服として控訴するなら、自治体の避難計画に

実効性があるという根拠を示してください。

◎ さらに、今回の判決は、自治体と議会に避難計画の実効性を判断

する責任がありながら、立地自治体が国や電力会社の言いなりになって

きた現実への厳しい批判でもあります。

 原子力規制委員会が、新規制基準に東海第二原発が合致していると

判断したとしても、避難計画が住民の安全を保障できなければ、再稼働

は認められないことは当然です。

 この判決を受け、周辺6市村は、改めて実効性ある避難計画が策定

できない事実を明らかにし、再稼働を認めない判断をするのが責任の

取り方です。

◎以上の理由から、原電に対し以下の要望を行います。

 一、原電は、避難計画の実効性を示せない以上、

   控訴を取りやめること

 二、原電は水戸地裁判決に従い、東海第二原発の再稼働を断念し、

   廃炉に向かうこと。

┏┓ 

┗■3.原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞

 | 大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は通常運転して

 | いる原発から排出される処理水とはまったく性質が異なる…

 | 問題になっているのは「処理水」の科学的安全性ではなく

 | 信頼できない政府・東電の体質…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞

  大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は通常運転して

  いる原発から排出される処理水とはまったく性質が異なる…

  問題になっているのは「処理水」の科学的安全性ではなく

  信頼できない政府・東電の体質

  4/16(金)18:28配信「ニューズウィーク日本版」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ec94b1856ae9a601347e9aa7eb57c01265f1368

2.長期評価(政府の地震調査研究推進本部が2002年に

巨大津波を発生させる地震の可能性を指摘)は「尊重されるべき」

  元気象庁幹部が証言 東電株主訴訟・東京地裁

  4/16(金)19:13配信「時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/17e2284992dbdc3ebbbc500da00a3ba0316c3fcc

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆4/21(水)オンライン対談

  「処理済み汚染水海洋放出 民意なき切り捨て」

 日 時:4月21日(水)19:30〜21:30

・青木美希(朝日新聞)(「いないことにされる私たち」

     福島第一原発事故10年目の「言ってはいけない真実」著

                  (朝日新聞出版・刊)。

・森松明希子(避難者「災害からの命の守り方」著者)

・福島出身の大学生

 福島のNPO法人アースウォーカーズさんが共催です。

 オンライン(ZOOM・参加無料)事前申し込みが必要です。

 お申し込みは

https://forms.gle/9HFszbuZJ3piWU1Q7

 または、メール aokimiki0311@gmail.com にて、

よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)

 ◆5/15(土)第37回憲法カフェ

  上映会「いのちの岐路に立つ…核を抱きしめたニッポン国」

日 時:5月15日(土)

    10:30〜12:20 オンライン上映会(ZOOM開催)

    12:30〜13:00 矢間秀次郎プロデューサーによるトーク

    13:10〜15:00 東京YWCA会館カフマンホール上映会

            (開場は12:00)

参加費:1000円  定員:100名(オンライン上映は定員なし)

主 催:公益財団法人東京YWCA 平和と正義委員会

    千代田区神田駿河台1-8-11

     TEL:03-3293-5456 FAX:03-3293-5570

     E-mail:peace-maker@tokyo.ywca.or.jp

   Web:https://tokyo.ywca.or.jp

お申込み:東京YWCAホームページからお申込みください。

https://www.tokyo.ywca.or.jp/peace/nonviolence/news/2021/04/001086.html

┏┓ 

┗■5.雑誌・新聞より2つ

 └──── 

 ◆菅首相長男の接待疑惑

             望月衣塑子(東京新聞記者)

前半省略

 菅首相は長男を「完全に別人格」と反論するが、今回の問題は長男の

私生活についてではない。

 総務大臣秘書官に起用されたのも、菅首相を支援する企業へ入社した

ことも、「余人を持って代えがたい人物」で「適材適所」だからか。

 違う。菅首相の長男でなければ、こんなことは起きえないのだ。

 総務省幹部が倫理規定に抵触する接待をわざわざ受けたのは「菅氏の

長男」だからであり、接待を断れない役人が、業界や東北新社からの

要求を断れるのか、というのが問題の本質だ。

 実際、元総務官僚の小西洋之参院議員(立憲民主党)はツイッター

菅総理の長男の役職なら係長以下で対応していたはず」と総務省側の

破格の対応を指摘している。

 菅首相は「総務省で事実関係を確認して対応してほしい」と述べた。

 この永田町用語を翻訳すると、「総務省内の問題として決着させ

なさい」「火の粉を官邸に降らせるな」という指示にほかならない。

   (後略)       (「創」2021.4 発行「創出版

              「望月衣塑子の『現場発』」より抜粋)

 ◆東京五輪「一大感染イベント」になる恐れ

  米紙「ニューヨーク・タイムズ」評論記事で

  「最悪のタイミング」と指摘

【ニューヨーク共同】4月12日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、

日本で新型コロナウイルス感染が収まらずワクチン接種も滞る中で東京

五輪を開催するのは「最悪のタイミング」であり、日本と世界にとって

「一大感染イベント」になる可能性があると伝えた。

 運動面で「このままの五輪でいいのか」と題した評論記事は、

人権問題絡みでボイコットの動きがある北京冬季五輪を含め「五輪の

在り方を再考すべき時が来ている」と主張。

 東京五輪は当初予算を大きくオーバーし、国民の多くは大会の延期か

中止を求めていると指摘した。

 また現在の五輪は「ドーピングや贈収賄、選手への虐待」などで

「スキャンダルまみれだ」と強調。

 開催都市の住民強制移転を例に「五輪はホスト都市の貧しい労働者に

苦しみをもたらした」などとし、今の五輪に「コストを上回る利益が

あるのか」と批判した。(後略)

    (4月13日11時38分「東京新聞WEB」より抜粋)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97751

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4177】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4177】

2021年4月16日(金)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.“特高”体質の菅政権の核汚染水海洋放出「決断」

  「処理水」「風評被害」は御用メディアのウソ

  放出反対の中国・韓国を「反日」意図と曲解するメディア

  世界の人民が許さない原発マフィアの殺人行為

  「メディア改革」連載 第60回

           浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

★2.参考書籍(2冊)の紹介

  『原発廃炉」地域ハンドブック』尾松亮(編著)

  『被曝インフォデミック トリチウム内部被曝−ICRPによる

  エセ科学の拡散』西尾正道(著)

            上岡直見(環境経済研究所代表)

★3.汚染水の海洋放出決定に抗議

  世界の市民、日本政府に「放射能汚染水の放出やめよ」訴え…など

  「ノーニュークス・アジアフォーラム通信」最新号(169号)の紹介

            「ノーニュークス・アジアフォーラム」

★4.処理水放出してもタンクは増える?

  朝日新聞試算に政府関係者は

  「厳しい結果。タンクを造らざるを得ないだろう」…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.新聞より2つ

  ◆原発の定期検査 効率化 経産省稼働率向上へ提案

             (4月15日、日本経済新聞より抜粋)

  ◆トリチウム最前線 除去技術に国消極的

   近畿大学、2018年に成果発表…「補助金出ず」

   福島第一での試験 東電に打診…にべもなく

   原子力市民委員会「ロードマップ見直し代替案を」

   経産省タスクフォース「海外の研究実例 実用化困難」

   「支援」でなく「見守る」

   (4月14日東京新聞朝刊24−25面「こちら特報部」より抜粋)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【汚染水心の海も大汚染】

【汚染水罪は万死に値する】 乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※明日です!

 4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※4/24(土)学習会にご参加を!

 戦後日本のレイシズム朝鮮学校差別−

 「4・24阪神教育闘争」記念

 お 話:梁 英聖(リャン ヨンソン)さん

         (反レイシズム情報センター代表)

 日 時:4月24日(土)15時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※訂正1つあります。昨日発信の【TMM:No4176】★6.新聞より3つの

 2番目の記事「◆東海第二原発 6首長が対策工事視察」の

 5行目付近

 正:判決を受け、首長側から原電に対し

 誤:判決を受け、首相側から原電に対し

 おわびして訂正致します。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.“特高”体質の菅政権の核汚染水海洋放出「決断」

 | 「処理水」「風評被害」は御用メディアのウソ

 | 放出反対の中国・韓国を「反日」意図と曲解するメディア

 | 世界の人民が許さない原発マフィアの殺人行為

 | 「メディア改革」連載 第60回

 └──── 浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 菅義偉政権は4月13日午前に開いた東京電力福島第一原発

トリチウム汚染水についての関係閣僚会議で、

1.汚染水は多核種除去設備(ALPS〈アルプス〉)で再び処理し、

海水で薄める

2.放射性物質の濃度を法令の基準より十分低くした処理水にした

上で、海に流す

3.政府は東電に約2年後をめどに放出を始められるように、設備の

設置などを求める−という基本方針を決めた。

 菅首相は閣僚会議で、「政府をあげて風評対策の徹底をすることを

前提に、海洋放出が現実的と判断した」と述べた。

 菅首相はまた、「政府全体で懸念を払拭し、説明を尽くす。そのため

に徹底した情報発信を行い、広報活動を丁寧に行う」と述べている。

https://www.asahi.com/articles/ASP4F327MP4FULFA005.html

 菅首相は今月7日、記者団に汚染水について「近く決断する」と

突然、表明。12日正午前の衆議院決裁委員会で、共産党高橋千鶴

議員に「13日の会議で海洋放出を決めるのか」と聞かれて、「現在、

検討中だ」としか答えなかった。その20時間後の13日午前8時から

開いた会議で決めた。国会軽視だ。

 菅政権の「決断」は、日本学術会議新会員の任命拒否と同様、元公安

警察官僚の杉田和博官房副長官内閣人事局長兼任、元神奈川県警本

部長)、北村滋国家安全保障局長(元兵庫県警本部長)、瀧沢裕昭

内閣情報官(元滋賀県警本部長)の3人らが進言したと思われる。

 内外から批判があっても、キシャクラブメディアを情報操作して、

突破するという「特高」的なやり方だ。

◎ 日本政府の決定について、韓国政府は「わが国と十分な協議および

了解なしに行われた一方的な措置だ」と批判した。韓国の31の市民団体

でつくる「脱核市民行動」は声明を出し、「日本政府の決定は

『核テロ』だ」と表明した。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210413001900882

 海峡を挟んで日本と向かい合う韓国南部の済州特別自治道の元喜龍

(ウォン・ヒリョン)知事は、海洋放出が行われた場合、日本政府を

相手取った民事・刑事訴訟を起こし、国際裁判所にも提訴する方針を

明らかにした。

◎ 一方、米国務省のプライス報道官は「透明性を持って決定した」

などというコメントを発表。国際原子力機関IAEA)のラファエル

・グロッシ事務局長は動画で、「廃炉に向けた重要なステップ。管理

されたうえで放射性物質を含む水を海に放出することは、世界の原発

日常的に行われているものだ」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3339016913508da622aaa02a88211cd596982279

 首相は13日の会議の後、記者団に「IAEAにも、ここは評価して

もらっている」と胸を張った。

 日本政府はIAEAに多額の分担金を支払っている。IAEA原発

マフィアの元締めだ。日本政府が米政府やIAEAに事前に根回し

し、菅氏の「決断」を支持するメッセージを出すようアレンジして

いたのだ。

◎ 菅首相は東電から巨額の広告費を受け取っているテレビ・新聞が

強く反対することはないと見込んでいる。

 早速、「原発再稼働安全神話」マフィアの一員であるキシャクラブ

メディアが原子力マフィアの「専門家」、御用文化人が汚染水の海洋

放出には問題がないと宣伝を始めた。

 4月13日のNHKの正午のニュースは、「薄めれば安全」と強調。

地元福島の街頭インタビューの3人のうち2人は「やむを得ない」と

述べ、「反対」は1人だった。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210413/k10012971161000.html

◎ 福島県の漁業者は「どうして菅首相一人が勝手にこんなひどい

ことが決められるのか」「私たちに寄り添おうという気持ちがない

のか」という厳しい声があった。

 NHKはその後、御用学者の「トリチウムは大量にあれば体への影響

もあるが、非常に薄ければ影響がない」「廃炉作業を進めるうえで必要

な処分方法だ」などという「専門家」の説明を報じた。

 キシャクラブメディアは「風評被害を懸念する声がある」「政府は

風評対策や丁寧な情報発信に努める」などと、相変わらず「風評被害

と書いている。

 「風評」とはあらぬ噂のことだが、汚染水にはトリチウム以外の

猛毒物質も含まれる。

 今も原子力緊急事態宣言が発令されたままの原発事件による未曽有

の被害は「実害」であり「風評」ではない。

◎ 4月13日夜のジテレビ「THE NEWS Alpha」で、萱野稔人・津田塾

大学総合政策学部国際関係学科教授(哲学、ホリプロ所属のタレント)

は「韓国、中国も自分たちの原発から出る汚染水を海に流している。

日本を貶めるための政治的目的の批判だ」と言い放った。菅野氏は

中韓の不当な非難を許さず、科学的なデータに基づいて冷静な判断

しなければならない」と強調した。

 萱野氏の発言は、加藤勝信官房長官が13日の記者会見での「中国、

韓国、台湾を含む世界中の原子力施設においても、国際基準に基づいた

各国の規制基準に沿ってトリチウムを含む液体廃棄物を放出している」

という発言の受け売りだ。

 産経新聞によると、<政府高官は「中国や韓国なんかには言われ

たくない」と憤る>とある。この高官は誰なのか書くべきだ。

櫻井よしこ氏ら極右活動家が激しく中韓を非難している。

https://www.sankei.com/smp/life/news/210413/lif2104130037-s1.html?utm_source=newsletter&utm_medium=20210413&utm_campaign=20210413&utm_content=news

◎ 4月15日朝の日本テレビ「スッキリ」は、トリチウム汚染水に

ついて、復興庁がホームページで13日に公開した「ゆるキャラ」を

使った動画を削除したことを取り上げた。

https://www.asahi.com/articles/ASP4G74WCP4GUTIL03F.html

 司会の加藤浩次氏は「動画の内容は正確」と述べ、世界各地の原発

から出るトリチウム汚染水をパネルにして出した。

 ジャーナリストのモーリン・ロバートソン氏は「カナダは東電福島の

4倍出している。中韓の批判は政治的意図を持っている。原発に反対と

決めつけている人たちは相手にする必要はない」と言い放った。経営

コンサルタント坂口孝則氏は、処理水のことを「汚染水」と書いて

いる新聞があると非難した。

◎ 核汚染水を垂れ流しても何の問題もないと言い切る日本のテレビ。

 「事前の連絡もない決定」を遺憾とする近隣諸国の声を「政治的

企み」と非難する御用文化人。

 10年前と同じ、「安全神話」をばらまく日本政府とシャクラブ

メディアを世界の人民は許さない。

┏┓ 

┗■2.参考書籍(2冊)の紹介

 | 『原発廃炉」地域ハンドブック』尾松亮(編著)

 | 『被曝インフォデミック トリチウム内部被曝−ICRPによる

 | エセ科学の拡散』西尾正道(著)

 └──── 上岡直見(環境経済研究所代表)

運動の参考になる本が刊行されましたのでお知らせします。

イ.尾松亮(編著)『原発廃炉」地域ハンドブック』東洋書店新社

https://honto.jp/netstore/pd-book_30824446.html

 原子力の今後はいずれにせよ日本は「大量廃炉時代」に入った。

 しかしそのとき立地地域の経済や社会で何が起きるか日本は経験が

ないし国の対策方針もまだない。

 廃炉作業中は事故リスクへの対応もある。

 使用済核燃料を何十年にもわたり保管する難題も待ち受ける。

 地域で何をすればよいのか、海外事例の研究と、日本のための政策を

提案する。

ロ.西尾正道(著)『被曝インフォデミック トリチウム内部被曝

CRPによるエセ科学の拡散』寿郎社

https://honto.jp/netstore/pd-book_30886764.html

 放射線の専門家である著者が、福島第一原発事故後の規制値の変更

や、棄民政策ともいえる政府の対応をまとめ、科学者たちからも無視

されている内部被曝と、トリチウム汚染水の海洋放出の危険性を

指摘する。

┏┓ 

┗■3.汚染水の海洋放出決定に抗議

 | 世界の市民、日本政府に「放射能汚染水の放出やめよ」訴え…など

 | 「ノーニュークス・アジアフォーラム通信」最新号(169号)の紹介

 └──── 「ノーニュークス・アジアフォーラム」

もくじ

・汚染水の海洋放出決定に抗議する―国際署名を提出(満田夏花)

・世界の市民、日本政府に「放射能汚染水の放出やめよ」訴え

                  (ハンギョレ新聞より)

・福島で燃やされたオーストラリアのウラン

     (ジム・グリーン & デービッド・ヌーナン)

福島原発事故10年 「脱原発、宣言を超えて行動へ」

              (脱核釜山市民連帯)

・トルコ・アックユが「世界最大」の原発建設地に(森山拓也)

福島原発事故10年、インドの反核団体の声明

                 (反核運動全国連合ほか)

・「老朽原発うごかすな!」今が正念場(木原壯林)

・関電原発不正マネー全容糾明―株主代表訴訟が始まった(畑章夫)

東京電力の“オウンゴール”―柏崎刈羽原発を運転する資格はない

                  (菅井益郎)

不当判決は私たちに火を付けた!(片岡輝美)

・「2021年も福島はオリンピックどごでねぇ」集会アピール

・「原発のない社会へ・2021びわこ集会」基調報告(井戸謙一)

・東海第二原発差し止め訴訟、勝訴(海渡雄一

ノーニュークス・アジアフォーラム通信は、

年6回発行。購読料:年2000円。

見本誌を無料で送ります。(169号 4月20日発行、B5判28頁)

ご連絡ください → sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

┏┓ 

┗■4.処理水放出してもタンクは増える?

 | 朝日新聞試算に政府関係者は

 | 「厳しい結果。タンクを造らざるを得ないだろう」…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.処理水放出してもタンクは増える?

  朝日新聞試算に政府関係者は

  「厳しい結果。タンクを造らざるを得ないだろう」

  4/15(木)21:09配信「朝日新聞デジタル

https://news.yahoo.co.jp/articles/9886a09f117f0891f4a3873acbca9799fc6260b4

2.核ごみ巡り住民らと初の「対話」意見噴出、議論できず

  北海道寿都町…NUMOと町が立ち上げ、参加者は町が選定

  4/15(木)9:28配信「毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d0c71d6c53a9a0ba2aa4dfb41b7dea580cf310c

┏┓ 

┗■5.新聞より2つ

 └──── 

 ◆原発の定期検査 効率化 経産省稼働率向上へ提案

 経済産業省は14日の総合資源エネルギー調査会経産相の諮問機関)

の会合で、原子力発電所の定期検査の効率化を検討していくと提案した。

 現状の検査期間は平均90日ほどで、短縮できる余地があるとみている。

 検査の見直しは原子力規制委員会の所管となるため、今後、官民で

 協議する。 (中略)

 法令上は24カ月(現在は13カ月)まで延ばせるといい、間隔を13カ月

より長くすることも検討する。(後略)

               (4月15日、日本経済新聞より抜粋)

 ◆トリチウム最前線 除去技術に国消極的

  近畿大学、2018年に成果発表…「補助金出ず」

  福島第一での試験 東電に打診…にべもなく

  原子力市民委員会「ロードマップ見直し代替案を」

  経産省タスクフォース「海外の研究実例 実用化困難」

  「支援」でなく「見守る」

   (4月14日東京新聞朝刊24−25面「こちら特報部」より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4176】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4176】

2021年4月15日(木)地震原発事故情報−

             6つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「脱炭素に便乗した原発推進市民運動

  「脱原発」を明確に示した上でなければ「脱炭素」も意味がない

               上岡直見(環境経済研究所代表)

★2.稼働中原発は7基…玄海3、玄海4、川内1、川内2、

  大飯4、高浜3・4(大飯4、高浜3・4は関西電力

  他の4基は九州電力)

  2021年4月13日現在の原発稼働状況

               山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.放射性廃棄物地層処分について(その12)

  「使用済み核燃料の1000年保管と直接処分」

  使用済み核燃料の1000年保管は可能である

              平宮康広(信州大学工学部元講師)

★4.処理水の放出 対話する姿勢ないまま

  多くの疑問や懸念を置き去りにした決定であり

  承服できるものではない…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                黒木和也 (宮崎県在住)

★5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆4.27原発事故10年を振り返るネット学習会

   格納容器に精通した技術者が語る福島第一原発事故

   講演:後藤政志さん(元東芝原発設計技術者)

★6.新聞より3つ

  ◆原発処理水放出、反故にされた「漁師との約束」

   「本格操業再開」移行前の方針決定に強まる反発

   最も困難に直面している人々の声に耳を傾けずして

   国や東電がいう廃炉や福島の復興など実現できるはずがない

岡田広行(東洋経済 解説部コラムニスト)

          (4月14日「東洋経済オンライン」より抜粋)

  ◆東海第二原発 事前了解対象 6首長が対策工事視察

   「事故シナリオ」提示求める

             (4月13日東京新聞「茨城」より抜粋)

  ◆大手電力 カルテル容疑 公取委

   中部電力関西電力中国電力など

                (4月13日朝日新聞より見出し)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【風評でないぞ風評被害論】

       【汚染水ウソデタラメもたれ流し】乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※明日です!

 4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会にご参加を!

 「水戸地裁で勝利判決」…原発事故時の避難計画全く不十分

 お 話:・河合弘之弁護士(東海第二原発訴訟弁護団共同代表)

     ・「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」世話人

 日 時:4月16日(金)18時より20時30分

 会 場:「東京学院」貸会議室 (JR水道橋駅西口1分)

        (千代田区神田三崎町3-6-15)

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

               TEL 070-6650-5549

 資料代:800円

━━━━━━━ 

※4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※4/24(土)学習会にご参加を!

 戦後日本のレイシズム朝鮮学校差別−

 「4・24阪神教育闘争」記念

 お 話:梁 英聖(リャン ヨンソン)さん

         (反レイシズム情報センター代表)

 日 時:4月24日(土)15時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.「脱炭素に便乗した原発推進市民運動

 | 「脱原発」を明確に示した上でなければ「脱炭素」も意味がない

 └──── 上岡直見(環境経済研究所代表)

◎ 2021年4月10日の読売新聞(ウェブ版)に次のような意見広告が

掲載された。

 [橋本マナミさんと一緒に学んで考える。気になる「地球温暖化

と「日本のエネルギー」のこと]

https://yab.yomiuri.co.jp/adv/fepc2021/

 そして「さらに詳しく知りたい方」というバナーをクリックすると

電事連」のサイトにリンクしている。

◎ 福島第一原発事故の後、電力業界も一般メディアで著名人を広告塔

にした露骨な原発推進アピールは控えていたように思われるが、昨年の

カーボンニュートラル宣言」を機会に一気に復活した。

 内容は「原発はCO2を排出しない」「エネルギーミックス」という

陳腐な繰り返しで改めて読む価値もないものだが、東電の不祥事連発や

東海第二原発差止め判決で再稼働が遠のく現状に対して、電力業界が

危機感を募らせていることの表れでもある。汚染水放出が間近に迫る

ことも関連しているのだろう。

◎ 広告ではCO2を排出しない電源として「再生可能エネルギー」と

原子力」の活用を挙げている。

 一見すると再生可能エネルギーも並行して重視しているようだが、

現状の送電・配電や電力市場のシステムでは再生可能エネルギーの大量

導入は難しいことを見越した上での原発復活策であり、再生可能

エネルギーはカモフラージュに過ぎない。

 「日本は…電気をつくる側での「脱炭素化」と、電気を使う側での

「電化」を進めていこうとしています」とあるが、カーボン

ニュートラル宣言や、それを受けた政策方針であるグリーン成長戦略

に、国策として電化を進めるというような内容はない。

 勝手な解釈を付け加えた便乗キャンペーンである。「エネルギー

ミックス」とは福島第一原発事故前に戻すという意味である。

◎ これに対する市民運動の現状にも懸念がある。

 国内の有力な環境団体は、カーボンニュートラル宣言を受けて再生

可能エネルギーの普及をアピールしているが、一次エネルギー源の話

ばかりしていて送電・配電や電力市場への関心が乏しい。

 これでは原発復活に加担するのと同じである。

 エネルギー体系の変革には、その背景として経済・社会・都市政策

変革が必要になるが、漠然とした前提を示すレベルにとどまっている。

 もともと環境に関心の深い人は別として、いまコロナで多くの人々が

生活に不安を抱えている中で、経済・社会・都市政策の大変革を積極的

に受け入れる人はいない。

 せいぜい「レジ袋有料化」程度の変化しか期待できないだろう。

 いずれにしても「脱原発」を明確に示した上でなければ「脱炭素」も

意味がないことを改めて認識すべきである。

┏┓ 

┗■2.稼働中原発は7基…玄海3、玄海4、川内1、川内2、

 | 大飯4、高浜3・4(大飯4、高浜3・4は関西電力

 | 他の4基は九州電力)

 | 2021年4月13日現在の原発稼働状況

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

電力会社名 号機  状態  運転開始日  停止日 出力(万kW)

関西電力 大飯3 定検停止中      2020.07.20  118

     大飯4 運転中   2019.10.11       118

     高浜3 運転中   2021.03.07       87

     高浜4 運転中   2021.04.13 87

四国電力 伊方3 定検停止中 2019.12.26 89

九州電力 玄海3 運転中 2020.11.21 118

     玄海4 運転中   2021.03.19        118

     川内1 運転中   2020.11.17        89

     川内2 運転中   2020.12.21        89

合 計  9基 運転中7基  停止中2基     706/913

*運転開始日は営業運転開始の日なので原子炉起動の日とは

 一月程度違いがある。

*運転可能な9基の原発のうち稼働中は7基(78%)で、

 その出力は913万kWに対して706万kW(77%)

┏┓ 

┗■3.放射性廃棄物地層処分について(その12)

 | 「使用済み核燃料の1000年保管と直接処分」

 | 使用済み核燃料の1000年保管は可能である

 └──── 平宮康広(信州大学工学部元講師)

◎ 日本とイギリス、フランス以外の国々、たとえばアメリカや

ドイツに使用済み核燃料再処理工場はない。

 アメリカやドイツは、再処理=再加工を施すことなく使用済み核燃料

地層処分=直接処分するつもりでいる。だが、「直接処分」する場合

でも、地下水や化石水、地熱や崩壊熱の問題から逃れることはできない。

 また、巨大なキャスクに使用済み核燃料を挿入して地層処分すること

になるので、地下施設の面積を4倍以上広げる必要も生じる。

 だが、使用済み核燃料を地上で1000年以上保管し、その後

「直接処分」するのであれば、事情が異なる。

◎ 使用済み核燃料が放出するガンマ線の大部分をプルトニウム238

が放出している。プルトニウム238の放射能半減期は約87.7年で

ある。したがって、使用済み核燃料が放出するガンマ線の量は、

1000年後に1000分の1以下になる。そして崩壊熱が無視できるくらいに

小さくなる。

 経産省とNUMOでさえ、アルファ線ベータ線も含めて使用済み

核燃料が放出する放射線の線量は1000年後に100分の1になる、と

述べている。

◎ 地上で1000年以上保管した使用済み核燃料は、再処理=再加工を

施すことなくコンパクトな軽量キャニスタに実装することができる。

そして耐水性の高い軽量素材で人工バリアをつくることができる。

それにより、立坑に地下水が浸水した場面で地上に引き上げることが

可能になり、化石水の浸水にも長期間耐えることができる

かもしれない。

 使用済み核燃料を地上で1000年以上保管し、その後「直接処分」する

との考えは、かなり安全な放射性廃棄物地層処分を可能にする。

 だが、アメリカやドイツに、使用済み核燃料を地上で1000年保管

する、との考えはない。

 むろん、日本とイギリス、フランス等にもない。使用済み核燃料を

地上で1000年以上保管することになれば、原子力発電を断念することに

なりかねないからである。

◎ ところで、建築の専門家が、コンクリート建造物は耐用年数が100年

しかないため、使用済み核燃料を1000年以上保管する格納庫の建設は

困難である、と述べる場合がある。

 だが、ヴェネツィア市に、約1000年前に建造された巨大な工廠(

アルセナーレ)が今も残っている。約1万6000人の労働者が働いていた

この工廠の建材は石材である。

 ヴェネツィア市には、同じ頃に建造されたサン・マルコ大聖堂もある。

 また、イスタンブール市には、約1500年前に建造されたアヤソフィア

大聖堂がある。アヤソフィア大聖堂は、989年の大地震にも耐えた。

サン・マルコ大聖堂アヤソフィア大聖堂も建材は石材である。

 石材を使用すれば、使用済み核燃料を1000年以上保管する格納庫の

建設が可能である。エジプトのピラミッドとちがい、サン・マルコ

大聖堂もアヤソフィア大聖堂も建設時や建設後の資料が豊富に

残っている。  (その13)につづく

┏┓ 

┗■4.処理水の放出 対話する姿勢ないまま

 | 多くの疑問や懸念を置き去りにした決定であり

 | 承服できるものではない…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.処理水の放出 対話する姿勢ないまま

  多くの疑問や懸念を置き去りにした決定であり

  承服できるものではない

  4/14(水)16:06配信「京都新聞」・社説

https://news.yahoo.co.jp/articles/16d616f52f05c7f8523e10ed228c99c15a3523c9

2.福島原発汚染水、浄化しても発ガン物質…

  日本が情報公開せずシミュレーション不可

  4/14(水)8:19配信「ハンギョレ新聞」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea2aeae6fd87598f60e9f541f65f68324651a859

┏┓ 

┗■5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆4.27(火)原発事故10年を振り返るネット学習会

  格納容器に精通した技術者が語る福島第一原発事故

  今さら見つかる超高濃度汚染、ベント配管異常汚染

 講演:後藤政志さん(元東芝原発設計技術者)

 日時:4月27日(火)19時より22時

 主催:放射線被ばくを学習する会

 申込み:http://bit.do/fPZo7   無料

 原発事故がどのようにして起こったのか、国会事故調等の各報告書が

出されましたが、事故の全体像を把握するには不十分なものでした。

 遅まきながら、原子力規制委員会が事故炉を調査した結果、例えば、

炉心溶融した原子炉建屋の上部にあるシールドプラグ(しゃへい

コンクリート)が、燃料デブリに近い高線量に汚染されていることが

明らかになりました。

 東芝で原子炉の設計に従事しておられた後藤政志さん(原子力市民

委員会委員、もっかい事故調メンバー)に福島第一原発事故の現状と

全体像をお話しいただきます。

 専門用語や複雑な原子炉の構造についても、分かりやすくお話し

いただきます。日ごろの疑問を聞いてみるには絶好の機会です。

ウェブページ

 http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-69eff8.html

┏┓ 

┗■6.新聞より3つ

 └──── 

 ◆原発処理水放出、反故にされた「漁師との約束」

  「本格操業再開」移行前の方針決定に強まる反発

  最も困難に直面している人々の声に耳を傾けずして

  国や東電がいう廃炉や福島の復興など実現できるはずがない

岡田広行(東洋経済 解説部コラムニスト)

 政府は4月13日、東京電力ホールディングス・福島第一原子力発電所

の敷地内に貯まり続けている放射性物質トリチウムを含んだ水(

ALPS処理水)を海洋に放出する方針を決めた。経済産業省

よれば、福島第一原発の敷地内のタンクに保管されている水に含まれて

いるトリチウムの総量は約860兆ベクレル。 【中略】

 東電によると、商工業者による「一括賠償後の追加賠償の受付件数」

が2021年2月末で約1020件に達しているのに対して、賠償で合意した

件数はわずか29件にとどまる。

 これは、賠償の請求をしてもほとんどの場合、東電が事故との

相当因果関係が確認できないとして、賠償の支払いを拒否している

ことを意味している。

 実際、この1年間賠償はほとんど進んでいない。

 佐藤組合長が経営する水産会社も売り上げが大きく落ち込んでいる

のに、すでに賠償を打ち切られているという。

 今回の処理水放出方針の決定を受けて、国は販売促進などの風評

被害対策をしっかり実施したうえで、それでも発生した被害について、

「被害の実態に見合った必要十分な賠償を迅速かつ適切に実施する

こと」を基本方針に掲げている。

 しかし、今までの東電の対応が急に改まる保証はなく、多くの関係者

が泣き寝入りを強いられる可能性が高い。佐藤組合長も「国や東電への

不信感は強い」と指摘する。

 「ALPS処理水の海洋放出は漁業復興の足かせになる。海洋放出

ではない、ほかの選択肢も真剣に検討してほしい」。福島県いわき市

にある小名浜機船底曳網漁業協同組合の柳内孝之理事の訴えも切実だ。

 最も困難に直面している人々の声に耳を傾けずして、国や東電が

いう廃炉や福島の復興など実現できるはずがない。

          (4月14日「東洋経済オンライン」より抜粋)

詳しくはこちらを

https://toyokeizai.net/articles/-/422754?utm_source=author-mail&utm_medium=email&utm_campaign=2021-04-15

 ◆東海第二原発 事前了解対象 6首長が対策工事視察

  「事故シナリオ」提示求める

 東海村日本原子力発電(原電)東海第二原発の30キロ圏で再稼働の

際に事前了解を取る対象の六市村の首長が12日、再稼働に向けて

進められている事故対策工事の現場を視察した。

 また、避難計画など防災対策が不十分として、水戸地裁が3月に東海

第二の運転差し止めを原電に命じた判決を受け、首相側から原電に対し

「事故想定のシナリオを示してほしい」と注文が出た。(中略)

 首長らは、事故時に原子炉などを冷やすための予備の冷却水を蓄える

「淡水貯槽」や建屋内のケーブルを難然性に交換する工事など六カ所を

視察。そのうち、非常用電源設備の一つである「常設代替高圧電源

装置」置き場と防潮堤の2カ所が報道陣に公開された。(中略)

 視察後に、首長たちは原電と非公開で協議。協議後の取材で、

東海村の山田修村長は「(首長側から)避難計画の必要性を議会や

住民に説明するために、どういう事故が起きてどの段階で避難するのか

というイメージを出してほしいといった意見が出た」と明らかにした。

 各首長の意見も聞き、原電に正式に要請するか検討するという。

        (後略)  (4月13日東京新聞「茨城」より抜粋)

詳しくはこちらを

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97698

 ◆大手電力 カルテル容疑 公取委

  中部電力関西電力中国電力など

              (4月13日朝日新聞より見出し)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4175】地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4175】

2021年4月14日(水)地震原発事故情報−

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.福島第一原発の汚染水海洋投棄に反対する

  貯蔵継続が地元の願い

  経産省の回答「汚染水処理の決定権と責任は東京電力にある」

  放射性物質を海に流してはならない    たんぽぽ舎声明

★2.放射能汚染水の「海洋放出」の閣議決定に断固抗議する

  「海洋放出ありき」で進められてきた放射能汚染水

  4/13首相官邸前で開催された

  「放射能汚染水流すな!緊急抗議行動」の決議文の紹介

                     2021年4月13日

         さようなら原発1000万人アクション実行委員会

★3.菅政権「汚染水」放出決定の暴挙に国会周辺で抗議活動が広がる

  海洋放出は10年間の漁師の努力を踏みにじる…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.新聞より2つ

  ◆政府「安全」不安拭えず 原発処理水23年にも海洋放出

   「漁業者、反対が総意」「10年の頑張り駄目に」根強い不信

   東電受け身募る不信 東電と政府足りぬ説明

   タンク増設余地あいまい 解体見通せず 代替案なく

           (4月14日東京新聞1.2.27面の見出し)

  ◆聖火リレーの偽善と危険性とばかばかしさ

   「新型コロナウイルスに打ち勝った証し」は虚偽発言

    孫崎 享(外交評論家)

         (4月2日「日刊ゲンダイ」5面「日本外交と

                  政治の正体<386>」より)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【汚染水すでに地球を大汚染】

       【原発でコロナで亡ぶ気か日本】 乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※明日です! 4/15(木)学習会にご参加を!

 「どうする日本の司法:裁判員制度の問題点」

 お 話:武内更一弁護士

 日 時:4月15日(木)18時より21時 講師のお話は19時より

 会 場:「スペースたんぽぽ」   新ちょぼゼミ

 参加費:800円

 予約方法:メールか電話で、ご氏名・電話番号(当日緊急に

      連絡できる番号)をお伝えください。

      予約受付番号をお知らせ致します。あと3人予約受付可

━━━━━━━ 

※4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会にご参加を!

 「水戸地裁で勝利判決」…原発事故時の避難計画全く不十分

 お 話:・河合弘之弁護士(東海第二原発訴訟弁護団共同代表)

     ・「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」世話人

 日 時:4月16日(金)18時より20時30分

 会 場:「東京学院」貸会議室 (JR水道橋駅西口1分)

        (千代田区神田三崎町3-6-15)

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

               TEL 070-6650-5549

 資料代:800円

━━━━━━━ 

※4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.福島第一原発の汚染水海洋投棄に反対する

 | 貯蔵継続が地元の願い

 | 経産省の回答「汚染水処理の決定権と責任は東京電力にある」

 | 放射性物質を海に流してはならない

 └──── たんぽぽ舎声明

1.政府決定の誤り

 4月13日、政府は福島第一原発の汚染水(ALPS・多核種除去設備

処理水)について「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議」を開催

し、海洋放出による処分を決定した。

 事故から10年を経過し、汚染水対策の議論が始まってからも6年余

経ってからの海への放出決定。政府も東電も長い時間をかけても何ら

建設的な対処方法を検討、採用せずに無為に最も安易で最も地元の

反対が強い方法を強権的に決定した。

 強く抗議すると共に、これからでも遅くはない、安全性の高い、

地元も多くの市民も納得できる方法を考え、採用することを求める。

2.「関係閣僚等会議」に決定の権限はあるのか

  経産省の回答「汚染水処理の決定権と責任は東京電力にある」

 この会議は、汚染水海洋投棄を決定できる権限を有しているのか。

 事故現場は東電の原発であり所有は東電である。少なくても敷地内に

存在する放射性物質の管理、処分を考え、実施するのは所有者である

東電の責任で行わなければならない。

 実質的に東電の株の過半数廃炉支援機構が保有しているとしても、

国が決定を押しつけることなどできないはずだ。

 まして、この会議は災害対策本部の下部組織に過ぎない。法令上、

決定をする権能を有してなどいない。

 実際に、経産省にも問い合わせた結果、「汚染水処理の決定権と

責任は東電にある」と回答をしている。

 国が行うことができるのは、違法な投棄や排出を規制し、それを

差し止めることであり、環境を守る立場だ。不当な廃棄物投棄を

事業者に強制することではないのである。

3.逃げ回る東京電力

  「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」の約束違反

 今回の閣僚会議もそれまでの汚染水対策委員会でも、東電は事業者

として主体的に行動してこなかった。

 規制委員会による「特定原子力施設監視・評価検討会」(福島第一原

発についてのみ審議を行う会議体)でも、東電は常に国の決定を待つと

の姿勢で自らが主体となって汚染水を安全に管理し、減量し、排出を

防止することをしてこなかった。

 東電の逃げ回る行為も事態を悪化させる大きな原因であり、強く

抗議する。

 処理を巡って東電は2015年8月に「関係者の理解なしには、いかなる

処分も行わない」と約束した。

 ところがその後は、政府の決定を待つだけの姿勢に終始してきた。

 主体性を放棄したかの東電の姿勢は、東電体質と呼ばれる無責任体制

が、ここでも露呈していた。これで関係者と合意形成できるわけがない。

4.汚染水の排出は環境や人体に影響を与える

 汚染水にはトリチウム以外の放射性物質も含まれる。如何に薄めよう

とも低レベル放射性廃液に他ならない。これを海に投棄することは、

国際条約の精神にも抵触し極めて不当だ。周辺国が懸念を示し反対する

ことは当然である。

 人体への影響を示唆する報告も世界から出されている。

 カナダからは、ピッカリング原発下流域で新生児死亡率の増加が

観測され、小児白血病の増加も認められている。

 再処理工場からも大量のトリチウムが排出されるためイギリス、

フランスでは再処理工場の周辺で健康被害が指摘されている。

 日本では、加圧水型軽水炉玄海原発がある玄海町と隣接する唐津市

での白血病の増加が見られ、泊原発の泊村と隣町の岩内町のがん死亡率

泊原発が稼働する前は道内180市町村の中で22番目と72番目だったが、

原発稼働後は道内で一位が泊村、二位が岩内町になった。

5.汚染水の海洋排出は誰に利益があるのか

 薄めてながせば影響がないなどと、いったいどんな根拠があるのか。

 もともと放射性物質の基準は、「リスクベネフィット」の考え方から

来ている。

すなわち、原子力産業を維持するためには一定の放射性物質を排出

せざるを得ない。

 一方で原子力利用には、発電に限らず様々な利益がある。これらの

均衡を勘案して考えられてきたのが実態であり、ゼロリスクなど

ではない。

 福島第一原発は、稼働していた時には電力を生産し、そのことを

利益と捉えるならば、運転中の放射性物質の排出は、利益を得るために

やむを得ないと考えてきた。

 私たちは、その考え方に問題があり、特に電力消費者(多くは

大都市圏)と主に影響を受ける人々(すなわち主に立地地点の住民)の

間の不均衡を指摘し、核の被害を一方的に押しつけるものだと

批判してきた。

 これに呼応するかのように、電源立地交付金などを電力料金から

支出したり、核燃料税などで地元へ還元するなどしてきたが、

いわば「リスクへの見返り」であった。

 しかし福島第一原発では今となっては何の利益を生まないばかりか

大変なリスクを与えている。

 それを従来の廃液放出基準を持ち出して合理化しようとする国の

主張は不当である。

 結局、国の進めてきた原子力政策が破綻し、大規模汚染を拡散させて

しまった責任さえ取らないで、またしても海に大きな打撃を与える

海洋投棄は許されることではない。

6.まだ放出まで時間はある

 排出が始まるまでに2年かかるという。

 それまでに新たな体制で対策を見直す時間は十分にある。

 政権を変えて、福島の人々との対話を通じて、汚染水を含む福島第一

原発事故の対策を見直すことが重要だ。

 まだ間に合うのだから、今後も運動を続けていく。

 これまで、東京電力本店前で続けられてきた91回におよぶ「東電本店

合同抗議行動」の実績をもとに、引き続き、東京電力を追及して

いきたい。

┏┓ 

┗■2.放射能汚染水の「海洋放出」の閣議決定に断固抗議する

 | 「海洋放出ありき」で進められてきた放射能汚染水

 | 4/13首相官邸前で開催された

 | 「放射能汚染水流すな!緊急抗議行動」の決議文の紹介

 └──── 2021年4月13日

       さようなら原発1000万人アクション実行委員会

 菅義偉首相は、東京電力福島第一原発で生じている処理水(放射能

汚染水)の処分をめぐり、本日「海洋放出」を閣議決定した。

 私たち「さようなら原発1000万人アクション」は、この決定に断固

抗議する。

 これに先立ち4月7日、菅首相と会談した全国漁業協同組合連合会

岸宏会長は「『絶対反対』との考えはいささかも変わらない」との立場

を明らかにした。 地元・福島県漁連の野崎哲会長も「海洋放出に反対

の姿勢は変わらない」としている。

 有識者による政府の小委員会が2020年2月に公表した報告書には、

放射能汚染水の扱いについては「現地や関係業界と丁寧に議論をして、

国民的な合意ができたら政府が決定する」としていた。

 にもかかわらず、その後まともな議論もないまま、閣議決定でこの

問題を乗り切ろうとすることは、国民合意、県民合意もないまま、

ふたたび福島に放射能の被害を押し付けることになり断じて許せない。

 また、2015年、東京電力は「関係者の理解なしには、いかなる処分も

行わず、多核種除去設備で処理した水は発電所敷地内のタンクに貯留

します」と漁業者に文書で回答したことも忘れてはならない。

 海洋放出をこのまま容認すれば、信義さえ欠くものだ。

 福島県内の59市町村のうち約7割にあたる41市町村議会が、海洋放出

に反対または慎重な対応を求める決議や国への意見書を採択している。

 経済産業省が公募したパブリックコメントの大半は、放射能汚染水の

安全性に対する懸念、陸上保管などの処分方法の見直し、合意プロセス

への懸念など、「海洋放出」に対して否定的なもので占められていた。

 多くの問題を抱えたまま、先に関係閣僚会議で政府の方針を決定した

上で対話を求めても、それは政府の考えを押し付けるだけのもので、

対話でも民主的なプロセスでもない。

 事故により福島県の漁業は大打撃を受け、全面的に操業が自粛

された。その後試験操業が始まったが、多い時で44種の魚の出荷が制限

された。全魚種が出荷できるようになったのは2020年2月になってから

であった。漁獲量もやっと震災前の2割に戻ったと言われるが、そこに

海洋放出による風評被害が出れば、壊滅的な打撃を被ることは必至

である。

 これまで復興に努力してきた漁業関係者に大きな失望と与える。再び

漁民の生活や希望を奪い去る。

 放射能汚染水に多く含まれるトリチウムは、体内に取り込まれれば

細胞やDNAにダメージを与える。

 さらに放射能汚染水には、トリチウム以外にも他の放射性物質も取り

残したまま放出されることも指摘されている。また「薄めて流せば

よい」とする考え方も問題だ。

 東京電力が、この間、柏崎刈羽原発でテロ対策施設の不備や不正ID

使用などの問題、福島第一原発の4000基の内容物不明のコンテナ問題

など、管理と情報開示について次々と問題が明らかになってきた。

 まさに東京電力原発を動かす資格と管理能力があるのか。

 そのことは放射能汚染水を管理する資格があるのかも問われている。

 このような企業が放射能汚染水の放出をすること自体が問題だ。

 「海洋放出ありき」で進められてきた放射能汚染水問題。

 海外の国や市民からも多くの批判の声が上がっているが、それさえも

まともに回答していない。

 世論に挑戦する「海洋放出」を閣議決定したことは許されない。

保管するタンクの新たな敷地の確保や他の代替案の再検討を強く求める。

┏┓ 

┗■3.菅政権「汚染水」放出決定の暴挙に国会周辺で抗議活動が広がる

 | 海洋放出は10年間の漁師の努力を踏みにじる…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.菅政権「汚染水」放出決定の暴挙に国会周辺で抗議活動が広がる

  海洋放出は10年間の漁師の努力を踏みにじる

  4/13(火)14:21配信「日刊ゲンダイDIGITAL」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e284ba1a96f694967532f4b71d0c8218063d534

2.原発処理水放出で反対デモ 「子どもの将来心配」 福島

  4/13(火)15:06配信「時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3f39109aa8119f7625b25b89e65e8ca8fd09339

3.東海第二原発避難計画へ情報を 周辺6市村長、

  日本原電に事故推移想定求める

  4/13(火)8:00配信「茨城新聞クロスアイ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8601360b172e67087f826dc0d832ccef98e7af1

┏┓ 

┗■4.新聞より2つ

 └──── 

 ◆政府「安全」不安拭えず 原発処理水23年にも海洋放出

  正式決定 漁業者は抗議 残るトリチウム情報の透明性必要

  「漁業者、反対が総意」「10年の頑張り駄目に」根強い不信

  「被災者の声聞いたのか」首都圏の避難者憤り

  東電受け身募る不信 東電と政府足りぬ説明

  タンク増設余地あいまい 解体見通せず 代替案なく

          (4月14日東京新聞1.2.27面の見出し)

 ◆聖火リレーの偽善と危険性とばかばかしさ

  「新型コロナウイルスに打ち勝った証し」は虚偽発言

  孫崎 享(外交評論家)

 「人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、

人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てる」

五輪憲章にこう掲げられている通り、五輪は崇高な目的を持っている。

ところが、東京五輪は出発点から歪んでいた。安倍前首相は2013年、

ブエノスアイレスで招致演説し、「福島にお案じの向きには、私から

保証をいたします。状況は、制御されています」とあいさつ。

 その後、招致をめぐり、東京五輪の招致委員会がIOC(国際オリン

ピック委員会)委員に賄賂性の疑いのある金銭を渡していたことも

発覚した。

 政府は五輪開催を政治的に利用し、菅首相は今年1月の施政方針演説

で、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、また、

東日本大震災からの復興を世界に発信する機会としたい」と語った。

 「新型コロナウイルスに打ち勝った証し」と言っていたが、新型

コロナは今もなお世界に蔓延(まんえん)している。誰もが東京五輪

開催する時に新型コロナが収束しているとは思っていない。

 つまり、「新型コロナウイルスに打ち勝った証し」は虚偽発言と

言っていいだろう。

 さらに現在、廃炉作業が進められている福島原発では、<福島第一

原発で見つかった「桁違い」の高濃度汚染原子炉格納容器の上ぶた、

デブリに匹敵の4京ベクレル>との報道があったばかりだ。

 安倍前首相の招致演説から約8年たった今日でも、全く「制御」

されていないのである。

 日本政府は世界に「嘘」を発信し続けている。

 そして、その欺瞞(ぎまん)を世界が暴露し始めた。

 3月3日の英タイムズ紙は、日本政府やスポンサー企業が五輪開催を

推進していることについて、<止まらない暴走列車>と批判。<今、

日本政府はお金と名声のためにこれらを犠牲にしようとしている>と

報じた。

 新型コロナが猛威を振るう中、東京五輪を行う積極的な理由は、

IOCがテレビ放映で巨額の金額を得ることぐらいしかない。

 米国で放映権を持つテレビ局はNBCである。このNBCが聖火

リレーについて<新型コロナが大流行する中、公衆衛生を犠牲にする

危険がある>と指摘し、福島県からのスタートを<この儀式の偽善、

危険性、ばかばかしさを浮き彫りにする>と報じた。

 福島からのスタートは危険な地を安全な地という欺瞞だ。

 日本の大手メディアは、果たして聖火リレーの偽善と危険性と、

ばかばかしさを報じたのだろうか。

 危険でばかばかしい聖火リレーが日本中を駆け巡り続ける間、世界の

国々もまた、日本を「ばかか」と呆れながらみつめているのである。

         (4月2日「日刊ゲンダイ」5面「日本外交と

                  政治の正体<386>」より)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4174】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4174】

2021年4月13日(火)地震原発事故情報−

             6つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.4/13(火)汚染水流すな!緊急抗議行動

  菅内閣閣議決定糾弾、海洋放出許さない!

               柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

★2.放射性廃棄物地層処分について (その11)

  「原発ルネサンス政策に反対する」

  二酸化炭素排出量制限は原発ルネサンス政策である

              平宮康広(信州大学工学部元講師)

★3.「ワクチン争奪戦に敗れた日本政府の怠慢」ほかの記事

  「強固な同盟」の米国からワクチンがなぜ来ない?

  月刊『紙の爆弾』5月号の内容紹介−鹿砦社(ろくさいしゃ)発行

               中川志大(『紙の爆弾』編集長)

★4.日本の汚染水海洋放出迫る…24カ国311の市民団体が反発、

  文在寅政権は水産市場点検…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆4/25(日)討論会

   「今、国民の選択が迫られる!原発問題をぶった切る!」

   討論:宮本正樹・青木美希・本間龍・今井一

★6.新聞より3つ

  ◆2023年にも開始 憤る漁業者 原発処理水 海洋放出決定

  「約束違反だべ」「国も東電も信用できない」福島第一政府方針

            (4月13日東京新聞夕刊1面より見出し)

  ◆処理水の海洋放出、福島県内の10〜30代の若者でつくる

   「DAPPE」がJR福島駅前で抗議 「強行に怒り」

             (4月13日朝日新聞デジタルより抜粋)

  ◆新型コロナウイルスワクチン接種 英47% 米34%

   日本出遅れ0.9%  (4月13日東京新聞朝刊1面より見出し)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【汚染水水に流してならぬ罪】

       【原発もコロナも警告してやまず】

                    乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※4/15(木)学習会にご参加を!

 「どうする日本の司法:裁判員制度の問題点」

 お 話:武内更一弁護士

 日 時:4月15日(木)18時より21時 講師のお話は19時より

 会 場:「スペースたんぽぽ」   新ちょぼゼミ

 参加費:800円

 予約方法:メールか電話で、ご氏名・電話番号(当日緊急に

      連絡できる番号)をお伝えください。

      予約受付番号をお知らせ致します。あと4人予約受付可

━━━━━━━ 

※4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会にご参加を!

 「水戸地裁で勝利判決」…原発事故時の避難計画全く不十分

 お 話:・河合弘之弁護士(東海第二原発訴訟弁護団共同代表)

     ・「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」世話人

 日 時:4月16日(金)18時より20時30分

 会 場:「東京学院」貸会議室 (JR水道橋駅西口1分)

        (千代田区神田三崎町3-6-15)

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

               TEL 070-6650-5549

 資料代:800円

━━━━━━━ 

※4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.4/13(火)汚染水流すな!緊急抗議行動

 | 菅内閣閣議決定糾弾、海洋放出許さない!

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

◎ 4月13日(火)昼(12時より13時)、首相官邸前で放射能汚染水を海洋

放出するな行動がおこなわれた。

 たくさんのノボリ旗がひるがえり、320人が参加した。

 たんぽぽ舎会員も30人強参加。

 3つの横断幕−1つだけ紹介…「放射能汚染水を海へ捨てるな!

安全な陸上部で保管できる10万トンタンク10基で可能、土地もある」を

持参して広げ、又、たんぽぽ舎作成の「汚染水を陸上保管に」ビラを

配布しました。

◎ 集会は、さようなら原発1000万人アクション実行委員会の鎌田慧

さんの発言(下記、東京新聞「本音のコラム」とほぼ同じ内容)、

原水禁の藤本議長(大型船1隻を汚染水貯蔵にあてる案もある)、全労協

の組合、ピースサイクルなどから発言。

 たんぽぽ舎柳田も発言し、1.汚染水を安全な陸上部で保管できる

案=10万トンタンク10基建設。土地はある。お金も安い(1基20億から

30億円)と、2.放射能を発生した東京電力の責任が大きい。

 ひきつづき、東電を追及しようと述べました。

 その後、コール、福島からのメッセージ等で1時間の緊急抗議集会を

終了しました。

※参考記事

処理水(高濃度核汚染水)と風評被害

発生源の東京電力がタンクを増設・保管するのが自己責任

            鎌田 慧(ルポライター

◎ 福島第一原発構内、1000基におよぶタンクに溜まった「高濃度核

汚染水」はすでに125万トン。それを「処理水」と改名、「浄化水」の

ようなイメージに変異させ、太平洋に放出する方針が、今日の閣議

決定される。

 多核種除去設備で処理しても処理しきれないのが「トリチウム」(

三重水素)。が、「外部被ばくはほとんど発生しません」(資源エネル

ギー庁ホームページ)と強弁する。

◎ 「トリチウムが染色体異常を起こすことや、母乳を通して子どもに

残留することが動物実験で報告されている」(西尾正道『被曝インフォ

デミック』)。

 世界的にも原発周辺で小児がんや小児白血病発生の報道がある。

◎ 原発廃棄物を考えただけでも、巨大な環境破壊である。

 トリチウムの海洋投棄を前提に建設された六ケ所村の核燃料再処理

工場は、1日で原発1基の1年分を排出する。希釈すれば無毒化できる

とは、巨大な欺瞞(ぎまん)だ。

 菅政権のトリチウムの放流決定は、目下、行方不明の燃料デブリ

ともに原発推進デッドロックである。この放流によってまたも魚が

売れなくなる風評被害が強まる、と漁民は憤激している。

 風評とはあらぬ噂(うわさ)のことだが、トリチウムは厳然と存在する

猛毒物質。

◎ 発生源の東電がタンクを増設・保管するのが自己責任。

 閣議決定は国際的な犯罪行為だ。

 本日12時、首相官邸前で抗議集会。

      (4月13日東京新聞朝刊23面「本音のコラム」より)

┏┓ 

┗■2.放射性廃棄物地層処分について (その11)

 | 「原発ルネサンス政策に反対する」

 | 二酸化炭素排出量制限は原発ルネサンス政策である

 └──── 平宮康広(信州大学工学部元講師)

◎ 1971年のニクソン・ショック後、通貨制度が変動相場制に変遷し、

各国中央銀行が多額の不換紙幣=法定通貨を発行しはじめた。そして、

各国政府が多額の公債=国債を発行して法定通貨をかき集め、重化学

工業を支援しはじめる。

 政府が多額の資金を必要とする重化学工業を支援しはじめたのは1870

年代からであるが、約100年後の1970年代に加速した。

 物価が世界規模で高騰し、そして1973年、第一次オイル・ショックが

勃発する。その後政府支援の中心が資源エネルギー部門に移行した(

ちなみに、日本政府は同年7月に資源エネルギー庁を設立している)。

 1975年にベトナム戦争終結したが、1979年に第二次オイル・

ショックが勃発する。同年3月にスリーマイル島原発事故が勃発した

にもかかわらず、1981年に発足したレーガン政権は原子力事業を推進

し、軍事力も強化した。

◎ レーガン政権は、減税を実施しながら財政支出を増大した。その

ための手段として、多額の外債を発行する。

 当時の日本政府=中曽根内閣は、多額の内債を発行して外債=

アメリカ国債を購入した。他方、投資銀行等が様々な金融派生商品

組成して販売しはじめる(ちなみに、レーガン政権が発足するまで、

アメリカ市民権を有する者だけがアメリカ国債を購入する権利を

有していた)。

 いわゆる西側諸国の金融資本が、1989年にベルリンの壁を崩壊させ、

東西冷戦構造を瓦解させたように思う。

 だが、20世紀末頃から金融資本の衰退がはじまる。2008年に勃発

したリーマン・ショックがそれを象徴している。

◎ 現在、各国中央銀行が多額の法定通貨を発行し続け、各国政府が

多額の国債を発行し続けて金融資本主義の延命を試みている。

 だが、長続きしそうにない。2025年前後に、世界規模の恐慌あるい

ハイパーインフレーションが勃発するかもしれない。

 石炭火力発電を廃止し、二酸化炭素の排出量を制限して地球の

温暖化を阻止するとの考えは、世界規模の恐慌を回避するための第二次

ニューディール政策であり、原発ルネサンス政策でもある、と

言えないか。

 二酸化炭素排出量制限については後述するが、一部の経済学者の

予想に従えば、第二次ニューディール政策は失敗する。

◎ ニューディール政策は、一度目が第二次世界大戦につながり、

二度目が世界規模の恐慌あるいはハイパーインフレーションにつながり

かねない。

 にもかかわらず、各国政府は第二次ニューディール政策原発

ルネサンス政策を推進している。

 日本も例外ではない。放射性廃棄物地層処分と老朽商用原発

廃炉=解体埋設処分は、新たな原発を建設して稼働させるための

政策である。  (その12)につづく

┏┓ 

┗■3.「ワクチン争奪戦に敗れた日本政府の怠慢」ほかの記事

 | 「強固な同盟」の米国からワクチンがなぜ来ない?

 | 月刊『紙の爆弾』5月号の内容紹介−鹿砦社(ろくさいしゃ)発行

 └──── 中川志大(『紙の爆弾』編集長)

◎ 日本では2月17日に始まった新型コロナウイルスのワクチン接種。

東京オリンピックパラリンピックに間に合わせるどころか、いつ

全国民に行きわたるのかも不明な状況です。

 1月に「ワクチン接種があってこそ東京五輪も可能」と語っていた

河野太郎担当相は、1カ月後には「接種日程に五輪は考慮しない」と

“ノーガード”宣言。

 なぜ日本政府は開催を前提とした話しかできないのか。その理由に

ついては、本誌4月号で解説されているとおりです。

◎ ワクチンについて世界を見れば、イギリス政府は3月20日に国内の

成人の半数が1回以上の接種を受けたと発表、7月には全成人の接種

終了の見込みとしています。

 同時期にアメリカも、割合では全人口の約3割ですが、接種回数は

1億3000万回以上の世界トップ。日本の遅れは明らかです。

 そして、ファイザーを抱えるアメリカと日本は「強固な同盟国」の

はずですが、日本へのワクチン供給は、なぜか同社ベルギー工場から。

 しかもワクチン確保は「EUの動向次第」という他人任せ…。

 そこには、マスコミが指摘しない日本政府の“怠慢”があります。

 こうしたワクチン接種をめぐる“真相”についてレポートしました。

◎ ほか今月号では、山田真貴子内閣広報官の後釜・小野日子氏を独自

取材、政府が2025年までに小中学校で100%の普及を目指す「デジタル

教科書」がはらむ危険性など、多岐にわたる内容。定価600円

              『紙の爆弾』編集長 中川志大

              株式会社鹿砦社代表 松岡利康

┏┓ 

┗■4.日本の汚染水海洋放出迫る…24カ国311の市民団体が反発、

 | 文在寅政権は水産市場点検…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.日本の汚染水海洋放出迫る…24カ国311の市民団体が反発、

  文在寅政権は水産市場点検

  4/12(月)18:04配信「中央日報」日本語版

https://news.yahoo.co.jp/articles/370acc0c85f39bff2ab7ed8b9a63b1b81545db4c

┏┓ 

┗■5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆4/25(日)討論会

  「今、国民の選択が迫られる!原発問題をぶった切る!」

討論者:宮本正樹(映画監督)・青木美希(ジャーナリスト)

    本間龍(ノンフィクション作家)・今井一(ジャーナリスト)

日 時:4月25日(日)11時30分オープン 12時〜14時討論会

場 所:ロフトプラスワン(新宿歌舞伎町)

主 催:ロフトプラスワン 03-3205-6864

    詳細 https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/175768

会場参加費:2000円(限定50名)

配信視聴:1800円

◇なぜ日本は原発を止められないのか? 原発利権の黒幕は誰(どこ)か?

 これからどのように反原発運動を進めるか?を徹底討論!

┏┓ 

┗■6.新聞より3つ

 └──── 

 ◆2023年にも開始 憤る漁業者 原発処理水 海洋放出決定

  「約束違反だべ」「国も東電も信用できない」 福島第一政府方針

          (4月13日東京新聞夕刊1面より見出し)

 ◆処理水の海洋放出、福島県内の10〜30代の若者でつくる

  「DAPPE」がJR福島駅前で抗議 「強行に怒り」

           (4月13日朝日新聞デジタルより抜粋)

 ◆新型コロナウイルスワクチン接種 英47% 米34%

  日本出遅れ0.9%  (4月13日東京新聞朝刊1面より見出し)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4173】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4173】

2021年4月12日(月)地震原発事故情報−

             6つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.おねしょして処理水だよと孫が言い(朝日川柳)

  トリチウム汚染水を海へ捨てるな!安全な陸上部で保管する

  4/13(火)12時より13時首相官邸前へ集まろう

               柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

★2.日本原電抗議行動参加者への檄文

  10年でそれ(東日本大震災)をもう忘れようとしている人々がいます

  日本原電と東京電力です 平田明良(たんぽぽ舎ボランティア)

★3.前兆あったアイスランド首都で800年ぶり噴火

  小規模な地震は5万回以上観測

  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その391

                  島村英紀(地球物理学者)

★4.処理水処分、議論の最終盤に東電「不在」…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆新型コロナ災害下の自衛隊とワクチン問題を考える4・18集会

   会場:滝野川西区民センター

   お話:木元茂夫さん、天笠啓祐さん、池田五律さん

★6.新聞より2つ

  ◆「汚染水垂れ流し許さない」 政府放出方針に市民団体が抗議

               (4月11日「河北新報」より抜粋)

  ◆汚染処理水保管タンク増設を検討 政府と東電、放出遅れに備え

           (4月10日18:12配信「毎日新聞」より抜粋)

━━━━━━━ 

脱原発川柳【汚染水魚も一揆起こしたい】

       【復興五輪不幸五輪としか読めず】 乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※明日です! 「首相官邸」前緊急抗議行動に行こう!

 4/13(火)放射能汚染水を海へ流すな!

 日 時:4月13日(火)12:00より13:00

 場 所:首相官邸

 内 容:鎌田 慧さん、参加者からのアピール、

     福島県民大集会からのメッセージなど

 主 催:さようなら原発1000万人アクション実行委員会

 連絡先:原水爆禁止日本国民会議フォーラム平和・人権・環境

    TEL:03-5289-8222

※たんぽぽ舎も、ノボリ旗を持って、参加します。

※4/13(火)学習会にご参加を!

 「同化」か「排除」か それでも我が子を朝鮮学校に通わせる理由

 お 話:金東鶴 (キム トンハク)さん&シンカミさん

 日 時:4月13日(火)19時より21時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※4/15(木)学習会にご参加を!

 「どうする日本の司法:裁判員制度の問題点」

 お 話:武内更一弁護士

 日 時:4月15日(木)18時より21時 講師のお話は19時より

 会 場:「スペースたんぽぽ」   新ちょぼゼミ

 参加費:800円

 予約方法:メールか電話で、ご氏名・電話番号(当日緊急に

      連絡できる番号)をお伝えください。

      予約受付番号をお知らせ致します。あと4人予約受付可

━━━━━━━ 

※4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会にご参加を!

 「水戸地裁で勝利判決」…原発事故時の避難計画全く不十分

 お 話:・河合弘之弁護士(東海第二原発訴訟弁護団共同代表)

     ・「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」世話人

 日 時:4月16日(金)18時より20時30分

 会 場:「東京学院」貸会議室 (JR水道橋駅西口1分)

        (千代田区神田三崎町3-6-15)

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

               TEL 070-6650-5549

 資料代:800円

━━━━━━━ 

※4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.おねしょして処理水だよと孫が言い(朝日川柳)

 | トリチウム汚染水を海へ捨てるな!安全な陸上部で保管する

 | 4/13(火)12時より13時首相官邸前へ集まろう

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

◎『おねしょして処理水だよと孫が言い』(千葉県、飯島史朗)−4月

10日の「朝日川柳」に載った川柳である。解説欄では「言い訳上手」と

書いてある。

 菅政府と東京電力放射能汚染水であることはまちがいない=

トリチウム放射性物質がたくさん混じっているのに「処理水」と称し

て、ごまかして新聞・TVで放送し、海へ捨てようとしていることへの

痛烈な批判(庶民の眼)である。

◎有効な対案がある。安全な陸上部に保管することだ。10万トンタンク

10基で十分可能だ。土地もある(東電も厚労省も認めている)、10万トン

タンクは実績もある。かの「石油危機」の時、政府が全国に作った。

費用も安い(1基20〜30億円)。10基作っても200〜300億円。凍土壁

予算(ムダをした)より安い。

トリチウムは実害がある。人体に悪い影響を与える。詳しくは

たんぽぽ舎発行のパンフレットをご参照ください。『放射能で汚染

された水で海を汚染するな!』−国と東電の責任は重い−

 遠藤順子(健生病院非常勤医師)、山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 たんぽぽ舎パンフNo103 B5判 32頁 頒価400円

◎4月13日(火)放射能汚染水を海へ流すな!

 「首相官邸」前緊急抗議行動に行こう!

 日 時:4月13日(火)12時より13時

 場 所:首相官邸

 主 催:さようなら原発1000万人アクション実行委員会

 連絡先:原水爆禁止日本国民会議フォーラム平和・人権・環境

    TEL:03-5289-8222

※たんぽぽ舎も、「もう原発やめよう」黄色のノボリ旗を持って、

参加します。 多くの方のご参加をお願い致します。

 首相官邸菅首相にも抗議のメール・FAXを送ろう!

首相官邸】ご意見フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

菅義偉首相 FAX:03-3597-2707

 (なお、4/10発信のメールマガジン【TMM:No4172】★1の山崎久隆

文章をご参照下さい)

☆本日、4月12日(月)15時30分より、

 首相官邸前で「汚染水海へ流すな」集会開催

 たんぽぽ舎を6人で出発、先着していた人たちと後から到着した

人たちと合わせ、10余人。

前段

 倉田謙さんのハンドスピーカーの司会で、自由に開催。10人程が

 発言。柳田も発言…「効果的な対案」がある。10万トンタンクを10基

 建てる。

本集会

FOEの満田さんの司会で集会(約50分)。福島県から来た女性、

社民党福島みずほさん(明日の閣議決定しないように)、福島県浪江町

今野さん(風評被害ではない、実害だ)。

 コール:閣僚会議で決めるな! 勝手に決めるな!

 さらに発言、原子力資料情報室の伴英幸さん(3つの約束を守れ)、

ノーニュークスアジアフォーラムの佐藤大介さん(明日決めたら世界中

から反発が日本に来る)、たんぽぽ舎ボランティアの発言(明日12時から

官邸前で、さようなら原発主催の「放射能汚染水を海へ流すな!」集会が

開催される)。主催者発表200名と報告があり、約50分で終了。

┏┓ 

┗■2.日本原電抗議行動参加者への檄文

 | 10年でそれ(東日本大震災)をもう忘れようとしている人々がいます

 | 日本原電と東京電力です

 └──── 平田明良(たんぽぽ舎ボランティア)

◎ 春になり、いたるところに椿、桜、そしてチューリップが咲き

乱れています。日本はとても美しい国です。

 第一次安倍政権の綱領文書「美しい日本」は真実を突いています。

 我々は、この美しい国日本海が干上がるまで未来永劫守り、伝えて

いかなくてはなりません。

◎ 10年前を思い起こしてください。

 大地が震え、四海が津波に覆われました。津波警報が日本列島の全周

を覆ったテレビの画面が忘れられません。

 真っ赤でした。日本列島におわす神様がお怒りになったとしか考え

られない事態でした。

 しかるに10年でそれをもう忘れようとしている人々がいます。

 日本原電と東京電力です。

 黒幕は東京電力なんです。彼らは日本原電に東京電力のエースを社長

として送り込み、瀕死の日本原電に資金供給(2200億円以上)し、人口

呼吸を施しています。

◎ 日本原電抗議行動に参加のみなさん。

 できますれば東電本店合同抗議行動に参加されて彼らの良心を呼び

覚ませましょう。

 上を見るしかないサラリーマン社員たちにお金にこだわらず活動する

我々の姿を見せることが重要です。

◎ 先日、田中正造先生のお墓参りに行ってきました。足尾鉱毒事件の

被害者である旧谷中村の村民は、村を捨てさせられ北海道の開拓事業に

参加せざるを得ませんでした。

 これが日本の近代史における第1回の棄民政策です。そして2回目は

東電福島第一原発事故による棄民です。

 第三の棄民を許してはなりません。

 真実に目を瞑る人たちの跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)を許しては

なりません。

 豊かな国を作るために一部の人に犠牲を強いることのない誠の国を

みなさんで作っていきましょう。

┏┓ 

┗■3.前兆あったアイスランド首都で800年ぶり噴火

 | 小規模な地震は5万回以上観測

 | 警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その391

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 アイスランドで噴火が起きた。南西部のレイキャネス半島で3月19日

夜、火山が噴火した。とは言っても日本と同じく地震と火山の国だから

珍しくもない。

 だが、今回の噴火は特別だった。首都レイキャビックと首都の空港の

間で起きた。空港から数キロしか離れていなかったからだ。

 噴火したのはファグラダルスフィヤル山で、クリースビーク火山帯の

一部だ。この火山帯は、このところ活動しておらず、噴火が起きた

レイキャネス半島で最後に噴火が発生したのは800年前の1240年だった。

当時は地震データの記録もなく、火山が噴火する前にどのような現象が

起こるのかは知られていない。

 前兆はあった。2020年12月に地震活動が始まり、先月24日にマグニ

チュード(M)5.7の地震が観測された。これよりも小規模な地震

5万回以上も観測され、1991年にデジタル記録が始まってから最多と

なった。

 首都にあるアイスランド気象庁地震学者からのメールでは「人生で

いちばんたくさん地震を感じた」というほどだった。これら多くの地震

はマグマの通り道を作るための地震活動に違いないという。

 日本の気象庁は6000人いるのに、アイスランド気象庁は30人。

てんてこ舞いをしているに違いない。

 噴火は火山灰を出さず、割れ目から溶岩を流出させる様式の噴火なの

で2010年に起きた同国中部のエイヤフィヤトラヨークトル山の噴火の

ように全欧州の航空機が止まって大きな影響を及ぼすことはない。

 そのときの噴火では上空の偏西風に乗って火山灰が広く欧州を覆い、

6万もの航空便が止まって影響は全世界に及んだ。最大規模の空域閉鎖

だった。

 今回の噴火での溶岩はハワイの火山から出ているような流れやすい

ものだった。溶岩の中の二酸化珪素の含有量が50%ほどならば粘り気が

低い。ハワイの火山からの溶岩流のように、オレンジ色のさらさらした

川のような流れになる。

 他方、二酸化珪素の含有量が高くて粘り気が高ければ、溶岩が流れ出

すことはなく、火口に溶岩が盛り上る北海道・昭和新山や長崎・雲仙

普賢岳のような溶岩円頂丘(溶岩ドーム)が作られる。

 また、この地域は比較的雪氷に覆われていないために爆発的な噴火を

起こすには水の量が十分ではない。火山灰が出なかった理由のひとつだ。

 今回の噴火は、幸い、溶岩原で人が住んでいなかったために被害は

報告されていない。

 しかし心配は残る。地質学的な研究では半島で新たな火山活動の

サイクルが始まったときには、1つではなく続いて複数の噴火が起こる

ことだ。その他に火口から出る火山ガスの危険もある。

 同国は観光で食べている。流れる溶岩見たさに多くの観光客が火山の

まわりに集まっているが、火山ガスの危険から立入禁止にしようか

どうかと当局は悩んでいる。

 伊豆大島も火山が観光の目玉だ。かつて1986年に噴火が起きたとき、

立ち入り禁止区域の解除を求めて商店が町役場に陳情に訪れたほどだ。

 噴火で観光客が増えると喜んだ地元の危うさは観光立国共通の

悩みなのだ。

  (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

  「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より4月2日の記事)

┏┓ 

┗■4.処理水処分、議論の最終盤に東電「不在」…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.処理水処分、議論の最終盤に東電「不在」

  4/10(土)7:00配信「河北新報

https://news.yahoo.co.jp/articles/29c58f55a3e12b4db0c7483c9af382c0e946b79f

2.中国「日本は周辺国と十分に協議してから福島の

  汚染水放流を決定すべき」韓国報道

  福島第一原発事故により放射性物質が流出し、すでに海洋環境と

  食品安全、人類の健康に深刻な影響

  4/10(土)22:56配信「WoW!Korea」

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa06cfabba556800c4a779e19cefeaa2d550b0e8

┏┓ 

┗■5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆新型コロナ災害下の自衛隊とワクチン問題を考える4・18集会

 日 時:4月18日(日) 13:15開場 13:30開始

 会 場:滝野川西区民センター(ふれあい館)8F多目的ホール

               (都営三田線 西巣鴨駅下車5分)

 内 容:「新型コロナ災害下の自衛隊の動き」

     木元茂夫さん(すべての基地にNOを!ファイト神奈川)

     「ワクチンの何が問題か」

  天笠啓祐さん(科学ジャーナリスト

討論スターター:池田五律さん

        (戦争に協力しない!させない練馬アクション)

 主 催:東京都総合防災訓練に反対する実行委員会2020

 問い合わせ:北部労働者法律センター気付 03−3961−0212

 資料代:500円

┏┓ 

┗■6.新聞より2つ

 └──── 

 ◆「汚染水垂れ流し許さない」 政府放出方針に市民団体が抗議

 政府が東京電力福島第一原発で発生した処理水を海洋に放出する方針

を固めたのを受け、郡山市の市民団体が10日、JR郡山駅前で抗議活動

を繰り広げた。

 プラカードや横断幕を掲げ「原発事故の責任を問わないまま、汚染水

の垂れ流しは許されない」と訴えた。

 「原発汚染水の海洋放出に反対する会」などの主催で有志約30人が

参加し、往来の市民に協力を呼び掛けたり署名を求めたりした。(後略)

             (4月11日「河北新報」より抜粋)

https://kahoku.news/articles/20210410khn000041.html

 ◆汚染処理水保管タンク増設を検討 政府と東電、放出遅れに備え

 東京電力福島第一原発の汚染処理水を巡り、政府と東電は13日にも

予定される海洋放出方針の決定に合わせ、処理水を保管するタンクの

増設について具体的な検討に入る。

 実際に放出するまで手続きや工事で約2年かかるが、既存のタンクは

2023年3月ごろに満水になる見通しであり、放出に向けた風評被害対策

の調整に時間がかかる場合に備える。

政府は13日にも関係閣僚会議を開き、海洋放出を決定する方針を

固めている。放出すれば風評被害を招くと漁業者らが反発しており、

全国漁業協同組合連合会は反対の姿勢を崩していないものの、風評被害

対策の明確化といった要望を政府に示している。こうした対策は地元

との難しい調整も予想されるため、既存のタンクが満水になった後にも

備えておく。(中略)

 取材に対して東電幹部は「増設も含めて総合的に検討する」と

認めた。

 経済産業省幹部は「海洋放出が実現しても、放射性物質の濃度を

下げるALPS(アルプス=多核種除去設備)に不具合が起きれば、

汚染水は保管しないといけない」と述べた。

          (4月10日18:12配信「毎日新聞」より抜粋)

https://news.yahoo.co.jp/articles/70cba2c053de2f08f970911c1ccd5795d49bb67c

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4172】地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4172】

2021年4月10日(土)地震原発事故情報−

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.福島第一原発から汚染水を流すな−暴挙だ

  放射性廃棄物海洋投棄は国際法でも禁止

  「福島復興」の名の下に環境汚染

              山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.25億円の新交付金で老朽原発の再稼働推進はやめてください

  経産大臣は老朽原発の再稼働推進のための交付金を撤回せよ

  福井県は、老朽原発の再稼働に同意しないで

                   ネット署名呼びかけ団体

★3.第6次エネルギー基本計画にもっと注目して欲しい

  「グリーン成長戦略」はイカサマのカタマリのようなもの

  「原発事故から10年に思う」井田徹治氏の記事要約

                      今名人(香川県

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆4/25(日)「さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利を

   めざす集会」のお知らせ

   場所:郡山市労働福祉会館 主催:福島原発刑事訴訟支援団

━━━━━━━ 

脱原発川柳 【原発も五輪もすでにナンセンス】

        【汚染水海の怒りを知ってるか】 乱 鬼龍 転載歓迎

━━━━━━━ 

※4/13(火)学習会にご参加を!

「同化」か「排除」か それでも我が子を朝鮮学校に通わせる理由

 お 話:金東鶴 (キム トンハク)さん&シンカミさん

 日 時:4月13日(火)19時より21時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

※4/15(木)学習会にご参加を!

 「どうする日本の司法:裁判員制度の問題点」

 お 話:武内更一弁護士

 日 時:4月15日(木)18時より21時 講師のお話は19時より

 会 場:「スペースたんぽぽ」   新ちょぼゼミ

 参加費:800円

 予約方法:メールか電話で、ご氏名・電話番号

      (当日緊急に連絡できる番号)をお伝えください。

       予約受付番号をお知らせ致します。

━━━━━━━ 

※4/16(金)「東海第二原発とめよう」集会にご参加を!

 「水戸地裁で勝利判決」…原発事故時の避難計画全く不十分

 お 話:・河合弘之弁護士(東海第二原発訴訟弁護団共同代表)

     ・「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」世話人

 日 時:4月16日(金)18時より20時30分

 会 場:「東京学院」貸会議室 (JR水道橋駅西口1分)

        (千代田区神田三崎町3-6-15)

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

               TEL 070-6650-5549

 資料代:800円

━━━━━━━ 

※4/17(土)山崎ゼミにご参加を!今一番ホットな原発問題を考える

 「東電福島第一原発問題(汚染水・デブリ処理ほか)を中心に」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:4月17日(土)14時より17時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円  予約の必要はありません。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.福島第一原発から汚染水を流すな−暴挙だ

 | 放射性廃棄物海洋投棄は国際法でも禁止

 | 「福島復興」の名の下に環境汚染

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 暴挙。表現するならば、これに尽きる。

 東京電力福島第一原発事故から10年を経て、国は汚染水を海洋放出

することを政府決定しようとしている。

 地元、福島県の漁民を始め、全国漁業協同組合連合会(全漁連)も

反対し続けてきた海洋投棄。これを4月13日の閣議決定により政府

決定とすることが報じられている。

汚染水増加を止められない東京電力

減らすための取り組みに失敗し続けた

 福島第一原発は、事故から10年を経ても安全確保さえ出来ていない。

2月13日の地震で原子炉格納容器で損傷が進み、たまり水の水位が低下

したため冷却水の量を増やしている。

 汚染水の元はデブリ接触する地下水や雨水、注入水だから、減らす

ための取り組みに失敗し続けたことが、今日の汚染水問題の背景にある。

過去に放射性物質の投棄を阻止した日本−

旧ソ連の原潜解体による放射性廃棄物の海洋投棄に反対した

 海洋投棄は国際法で禁止されている。国や東京電力は、船に積んで

海洋投棄するわけではなく、陸上施設からの排出なので条約上問題は

ないとしている。

 しかし、旧ソ連放射性物質日本海海洋投棄が1993年4月に報道

され、これに対して日本は、ロシアの原子力潜水艦解体で発生する

放射性廃棄物の海洋投棄を防止するため液体放射性廃棄物処理施設

(スズラン)が建設された。

 ロシアの破棄物と福島第一原発のそれとは異なるが、放射性廃液の

海洋投棄という、似たシチュエーションにおいて日本は明らかに

異なる対応をしている。

これについては明確に説明をしたことはない。

汚染水問題には解決策はある−海に捨てる以外に方法はいくらでもある

東京電力に対しても、海洋投棄をさせない取り組みが必要だ

 大量に林立するタンク。見かけは「どうしようもない」との印象かも

知れない。

マスコミもそういう立場で報道しがちだ。

 しかし方法はいくらでもある。

 東京近郊には環七通りや神田川周辺などに大量の雨水貯水池か施設が

存在し、そこには数千トンの雨水を溜める能力がある。

 これらのおかげで都内の冠水被害は大幅に減っている。

 このような地下貯水システムを福島第一原発の敷地内に建設すれば

良い。トリチウム汚染水とはいえ、事実上はただの水。地盤への漏えい

防止のためには二重構造にすれば良いだけだ。

 地下タンク方式でも、2年もあれば何基も出来る。排出設備建設期間

で貯蔵施設が十分作れる。

 海に捨てる以外に方法はいくらでもある。現実に海に流そうとしても

設備建設に2年、それから開始して40年もかかる。

 その間もタンクは相当期間林立している。結局、危険度も景観も、

場所を塞ぐことも何にも変化はない。

 国が決定をしても、主体は東京電力である。東電が貯蔵を決断すれば

可能だ。

 東京電力に対しても、海洋投棄をさせない取り組みが必要だ。

★4/13(火)放射能汚染水を海へ流すな!

 「首相官邸」前緊急抗議行動に行こう!

 日 時:4月13日(火)12:00より13:00

 場 所:首相官邸

 内 容:鎌田 慧さん、参加者からのアピール、

     福島県民大集会からのメッセージなど

 主 催:さようなら原発1000万人アクション実行委員会

 連絡先:原水爆禁止日本国民会議フォーラム平和・人権・環境

    TEL:03-5289-8222

※たんぽぽ舎も、ノボリ旗を持って、参加します。

☆紹介…放射能汚染水海洋放出問題に役立つパンフ

 『放射能で汚染された水で海を汚染するな!』

    −国と東電の責任は重い−

 遠藤順子(健生病院非常勤医師)山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 たんぽぽ舎パンフレットNo103 B5判 32頁 頒価400円

 お問い合わせ・ご注文は、たんぽぽ舎へ

★参考論文

原子力利用は必然的にトリチウム汚染を引き起こす

いま、福島のトリチウム汚染水を海に流していいかどうか

という議論をしている−

このことは日本の原発の死命を結する程、重要なこと

小出裕章(元京大原子炉実験所助教

   (前半略)

 原子力を利用するということは、ウランを核分裂させるということ

で、必ずトリチウムが生まれます。トリチウムは汚染水をどんなに

きれいにして不純物(放射性物質)を取り除いても、トリチウム自身は、

水素の同位体なので、水素の構成要素そのものになっていて、絶対に

取り除くことはできません。それ故、国は海に流すといっているの

です。

 では福島の事故が起きなかったら、このトリチウムはどうなったの

でしょうか。このトリチウムを含む燃料は再処理するというのが日本の

原子力政策の基本であり、もともと海に流すという計画で、国も安全で

あるというお墨付きを与えたものなのです。それを海に流したら

いけないと言われたら、日本の原子力は成り立たなくなるということに

なります。

 いま、福島のトリチウム汚染水を海に流していいかどうかという議論

をしているのですが、このことは日本の原発の死命を結する程、重要な

ことなのです。

 日本の原子力政策が根本的にひっくり返るという重要なターニング

ポイントがいま、始まっています。  (後半略)

 (「NEWS LETTER」2021.3・4 NPO「現代の理論・

 社会フォーラム」発行「2/14小出裕章講演(松本市中央公民館)」

  より抜粋)

★参考記事

 処理水海洋放出決定へ 風評対策示さぬまま 福島第一原発

 13日にも閣僚会議  (4月10日東京新聞1面見出し)

 福島第一原発処理水海洋放出方針

 中国政府「十分な協議を」 韓国報道「納得しがたい」

            (4月10日東京新聞4面見出し)

┏┓ 

┗■2.25億円の新交付金で老朽原発の再稼働推進はやめてください

 | 経産大臣は老朽原発の再稼働推進のための交付金を撤回せよ

 | 福井県は、老朽原発の再稼働に同意しないで

 └──── ネット署名呼びかけ団体

緊急ネット署名−締切:4月12日(月)正午

ネット署名→ https://forms.gle/6qJCzUq9yMNgB4mB9

要請事項

1.経産大臣は、老朽原発の再稼働推進のための交付金を撤回すること。

2.福井県知事は、老朽原発の再稼働に同意しないこと。

3.福井県議会議長は、全員協議会開催をやめ、老朽原発再稼働に同意

しないこと。

皆さまへ

 国内初の40年超え老朽原発(美浜3号、高浜1・2号)の再稼働を

経産省が提起した25億円の新交付金で、一気に進めようとしています。

原発1サイトに25億円。美浜・高浜で50億円です。

 福井県知事は、6日に交付金の提示を受けて、県議会で議論を進める

ように求めました。

 県議会議長は、早期に全員協議会を開き、同意に進もうとしています。

 9日には、県の原子力安全専門委員会が開かれ、老朽原発の安全性に

ついて報告書をまとめる予定です。知事の同意表明の条件の一つです。

 福井県民と周辺地域住民の安全を、金と引き換えに売り渡すなど

許されません。

 新交付金は、福井に限らず、40年超えの老朽原発を再稼働する地域に

適用しようとしています。

 福井県内では連日の申入れや行動が取り組まれています。

★時間がありません。

 全国から、ネット署名で反対の意思を示しましょう。

 ネット署名はこちらから

 https://forms.gle/6qJCzUq9yMNgB4mB9

◆署名の締め切り:4月12日(月)正午(13日に提出予定)

◆署名の宛先:経産大臣、福井県知事、県議会議長

ネット署名呼びかけ団体:

 避難計画を案ずる関西連絡会/ 原子力規制を監視する市民の会/

 国際環境NGO FoE Japan/ 原子力資料情報室

  (4/9☆原発とめよう!九電本店ひろば第3643日目☆より抜粋)

┏┓ 

┗■3.第6次エネルギー基本計画にもっと注目して欲しい

 | 「グリーン成長戦略」はイカサマのカタマリのようなもの

 | 「原発事故から10年に思う」井田徹治氏の記事要約

 └──── 今名人(香川県

 第6次エネルギー基本計画にもっと注目して欲しいと思っています

 昨年12月の経産省「グリーン成長戦略」は、現在策定中の第6次

エネルギー基本計画の伏線。

 小型原発開発などの原発や石炭利用の水素などを「グリーン」な

「成長戦略」に組み込むイカサマのカタマリのようなもの。

そういう動きに対峙していく必要があると思います

原発事故から10年に思う 井田徹治(共同通信) 2021/4/5

自然エネルギー財団コラム

<https://www.renewable-ei.org/activities/column/REupdate/20210405.php>

以下、要約(元記事の1/5)です。全文はURLからご覧下さい。

 再エネ(自然エネルギー:RE)は、この10年で急激にコストが下がり、

世界的に急拡大。

 総発電量でも、発電比率でも、原発を上回った(2019年〜) 。

 日本のエネルギー政策は、このような世界の動きに逆行する。

 現在の再エネ発電比率も2030年の供給目標(RE:22〜4%)も、

欧州諸国に遠く及ばない。

 世界では、多くの国・地域・企業などが2050年までに再エネ100%の

目標を掲げる。

 しかし経産省が掲げる再エネ比率(参考値)は、2050年に50〜60%。

 原発は「確立した脱炭素電源」で「安全性を大前提に…活用を

目指す」とされる第6次エネルギー基本計画の策定においては、原発

比率20%程度で検討が進みつつある。

 G7の中で、石炭火力の発電比率30%超は最高。 将来、石炭を全廃

しないのは日本だけ。

 日本は、原発と石炭火力に固執して再エネで遅れをとり、世界から

取り残されつつある。

 太陽光・風力のビジネスチャンスを失い、原子力と石炭火力という

負け組技術のみ残る。

 「原発が止まれば、電気代が上昇しCO2排出量も増加。なので原発

支持は回復するはず」と原子力村は予想。

 しかしこの10年、排出量は減少。 世論調査では、脱原発が大多数。

 一方で、原発政策を推進してきた原子力村の重鎮が、事故後も原発

関連の組織のトップに居座る。

 各地で相次ぐ原発関連の不祥事。 原発に対する国民の信頼が、回復

できるはずもない。

 なぜ、こうまで民意とかけ離れた、非民主的なエネルギー政策が

続くのか?

 エネルギー基本計画や温室効果ガス削減目標は、日本の将来・地球の

未来を左右する。

 それが、一部の関係省庁・政治家・大企業関係者の水面下の議論で

決められようとしている。

 このままでは、将来世代に国庫の赤字・環境破壊・巨額の座礁資産

という負債を残す。

 福島第一原発事故後の10年が問うているものは、日本の民主主義の姿。

 今、求められるのは、非民主的なエネルギー政策を、市民や世論の

力で正すこと。

 原発事故を起こした現行世代は、将来世代に対して大きな責任を負う。

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆4/25(日)「さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利を

  めざす集会」のお知らせ

日 時:2021年4月25日(日)14時より16時

場 所:郡山市労働福祉会館 中ホール(コロナ対応 定員50人)

内 容:弁護団報告

    原発事故被害者のスピーチ

主 催:福島原発刑事訴訟支援団

問い合わせ:福島原発刑事訴訟支援団 info@shien-dan.org

      080-5739-7279

チラシはこちらから https://shien-dan.org/

東電刑事裁判は、指定弁護士が控訴をしてから1年4か月。

いよいよ今年、控訴審が始まる見込みです。

不当判決を覆し、原発事故の罪を認めさせるため、2021年も力を合わせ

ていきましょう!

@事前申込が必要です。コロナ対応のため、会場の定員が少なくなって

おります。

福島県内の方を優先したいと思いますので、遠方の方はなるべく、

支援団ホームページに掲載する録画をご覧いただきますよう

お願いいたします。

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856