たんぽぽ舎です。【TMM:No3727】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3727】

2019年8月23日(金)地震原発事故情報−

               6つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.原子力規制委員会は伴信彦委員を罷免すべきだ、

   罷免させないなら規制委員会が解散すべきだ!

   低線量も高線量も区別しない偽学者で

   原子力規制委員会委員にもっともふさわしくない!

              冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

★2.関東大震災時韓国・朝鮮人虐殺事件について

   追悼碑の裏に「この歴史を心に刻み、犠牲者を追悼し、

  人権の回復と両民族の和解を願ってこの碑を建立する」

     愼民子(シンミンジャ)(「一般社団法人 ほうせんか」)

                  (その2)(全6回の連載)

★3.浸水被害は南海トラフの3倍超!?

   都会ほど怖い洪水被害

   警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その310

                  島村英紀(地球物理学者)

★4.「妊産婦調査」2020年度で終了 福島県民健康調査、

  委員から異論なし…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

                   黒木和也 (宮崎県在住)

★5.子どもの避難、計画改善要請−新潟県に市民団体…

  メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

                  金子 通 (たんぽぽ舎会員)

★6.新聞・サイトより3つ

  ◆原発再稼働 今年ゼロ 運転中は総発電量の10%未満

   4基は来年停止も  (8月23日、日本経済新聞朝刊より抜粋)

  ◆「格納容器コンクリートで大量の穴発見」

   韓国ハンビッ原発1.3.4号機の閉鎖を要求

        (「ノーニュークス・アジアフォーラム」HPより)

  ◆原発保守管理へ新会社 東電などコスト削減狙い

                (8月22日毎日新聞朝刊より抜粋)

━━━━━━━ 

※8/28(水)学習会にご参加を!

 「公益通報×司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ!」

  〜公益通報者保護制度改正とその問題点〜

 講 師:光前幸一弁護士 (子ども脱ひばく裁判等弁護士)

 日 時:8月28日(水)18:00〜21:00〔講師のお話は19時からです〕

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円(学生400円)  新ちょぼゼミ32回

━━━━━━━ 

※訂正1つあります。

 8/8発信【TMM:No3720】★2.新宿のど真ん中を250人で夜デモ!の

 本文で

 正:原発止めよう!東葛の会の日下部信雄さん

 誤:反原発東葛連合の日下部信雄さん

おわびして訂正させていただきます。

関係団体、諸氏の皆さま、ご迷惑をおかけして

大変申し訳ありませんでした。

      「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」デモチーム

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.原子力規制委員会は伴信彦委員を罷免すべきだ、

 |  罷免させないなら規制委員会が解散すべきだ!

 |  低線量も高線量も区別しない偽学者で

 |  原子力規制委員会委員にもっともふさわしくない!

 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

◎アワープラネットTVの8月21日のニュース情報では下記のように

伝えています。

 原子力規制委員会の伴信彦委員が今年1月、低線量被曝を心配する

市民を見下すようなメールを、国際機関の担当者に送っていたことが

わかった。

 「放射線嫌い」は「認知症バイアス」によるもので、論理的な説明

は通じないと述べていた。

 さらに福島第一原発事故後、病院や高齢者施設からの避難者が死亡

したり、多くの夫婦が離婚したのも、放射線防護による「実害」

だと説明。

 アワープラネットTVの8月21日のニュース情報はこちら

【新着記事】放射能嫌いは「認知バイアス原子力規制委員がメール

 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2424

◎私の理解では、彼の言う「福島第一原発事故後、病院や高齢者施設

からの避難者が死亡した」というのは、福島第一原発から5kmにある

双葉病院と病院が経営する介護老人保健施設で、2011年3月11日いき

なり政府の緊急避難指示が出たが、最初のバスがきたのが12日で高線

量のため自衛隊の避難活動もスムーズにいかず、何日もかかった。

 病院と保健施設合計50人が亡くなった事故で、9月19日に判決を

迎える原発事故刑事裁判で3人の被告有罪の根拠の一つになっている

事件と思います。

 政府が避難指示を出した、自衛隊がいったん引き返すような高線量

の病院を取り上げて、放射線防護による実害だと言っているわけです!

 どういう神経の持ち主でしょうか?彼の放射線の知識はいかなる被曝

も害がないというための知識でしょうか?

 このような人が、原子力規制委員会委員でいいのでしょうか?

 このような委員がいる原子力規制委員会は存在自体が有害ではないで

しょうか?

 更田委員長は記者会見で説明すべきではないでしょうか?

 以下は、8/21アワープラネットTVより抜粋

 「福島原発被害東京訴訟」の原告団長で、いわき市から都内に「自主

避難」している鴨下祐也さんは、「規制側にいるはずの、被曝防護の

専門家の発言として許しがたい」と憤る。

 鴨下さんは、「放射線の被曝リスクは、低線量領域であっても、確率

的が低くなるだけで、ゼロにはならない。それを我慢しろと言うのは

加害者の論理。」

 「高齢者の死亡や離婚まで、「被曝回避」のせいにしたいのか。

避難者を貶めた発言だ。」と批判する。

 また「多くの人生をぶちこわした原発事故の被害を理解出来ない人間

原発の規制にかかわる仕事をしていることを許せない。被災者の声を

きちんと聞くべきだ」と、規制委員会の委員が、被災者から直接、

意見を聞く機会を持つよう求めた。

┏┓ 

┗■2.関東大震災時韓国・朝鮮人虐殺事件について

 |  追悼碑の裏に「この歴史を心に刻み、犠牲者を追悼し、

 | 人権の回復と両民族の和解を願ってこの碑を建立する」

 └──── 愼民子(シンミンジャ)

          (「一般社団法人 ほうせんか」)

                  (その2)(全6回の連載)

    (その1)は8/20発信【TMM:No3724】に掲載

 9月7日(土)関東大震災から96周年。

 38回韓国朝鮮人犠牲者追悼式を行います。

 何故、「荒川の河川敷」、「木根川橋下手」なのかを知って頂く

ために、「2018年関東大震災 韓国朝鮮人追悼式主催者挨拶」を

紹介します。

◎ 1923年9月、関東大震災時に旧四ツ木橋あたりで犠牲になった

方々へ。今年も皆さま方を追悼するために私たちは集まりました。

 この追悼式も37回目になります。

 荒川放水路の歴史を調べていた故・絹田幸恵の呼びかけで「追悼する

会」が始まったのは、1982年でした。絹田が地域のお年寄りからの

聞書き調査の中で旧四ツ木橋での朝鮮人虐殺事件を聞き、追悼を

呼びかけたのです。

◎ なぜこの地で虐殺事件が起こったのか?

 それは当時荒川放水路が開削工事中だったからです。その工事に

たくさんの朝鮮人が従事していました。町中の工場でも朝鮮人が働いて

いました。

 関東大震災が発生したとき、火災に追われた人々がここに架かってい

た旧四ツ木橋に殺到しました。

◎ そこへ「朝鮮人が火をつけた」「爆弾を投げた」「井戸に毒を入れ

た」等の流言蜚語が流れ、自警団による虐殺事件が多発しました。

 地震の翌朝に消防団に連行されて旧四ツ木橋を渡った曹仁承さんの

証言です。

 「翌日の5時頃、また消防団が4人来て、寺島警察に行くために

四ツ木橋を渡った。そこへ3人連れてこられて、その3人が普通の人に

袋だたきにされているのを、私らは横目にして橋を渡ったのよ。

そのとき、俺の足にもトビが打ち込まれたのよ。橋は死体でいっぱい

だった。土手にも薪の山があるようにあちこち死体が積んであった。」

 (追悼する会『風よ鳳仙花の花をはこべ』教育資料出版会1992年)

 その後2日か3日には軍隊が出動してきました。浅岡茂蔵さんは

四ツ木橋の下手の墨田区側の河原では、10人ぐらいずつ朝鮮人

縛って並べ、軍隊が機関銃で撃ち殺したんです」と証言しています

(前掲書より)。

◎ 会の発足当時、「今も遺骨は埋められたままになっている」との

証言を得ていた私たちは、河川敷を試掘しました。でも遺骨を見つける

ことはできませんでした。

 その後、当時の亀戸事件関連新聞記事で、震災の年の11月に警察が

2度にわたって、深夜遺骨を発掘し何処かへ持ち去ったことがわかりま

した。私たちは犠牲者の皆様の遺骨の行方を知ることができぬまま、

今日を迎えています。

◎ その後2009年には多くの市民の力を合わせて土手下に追悼碑を建立

しました。その隣に「ほうせんかの家」を開館して様々な行事を始めて

4年になります。私たちの活動は順調に見えるかもしれません。

 しかし、周囲の状況は昨今ますます厳しくなっています。

 今年(2018年)は小池都知事の追悼文送付拒否が2年連続し、八広

小学校での映画上映が危機にさらされました。朝鮮高校は相変わらず

無償化から排除されたままです。

◎ 私たちは追悼碑の裏に「この歴史を心に刻み、犠牲者を追悼し、

人権の回復と両民族の和解を願ってこの碑を建立する」と刻みました。

 本当の和解は、加害の歴史に正面から向き合い、多民族が幸せに生き

ていける日本社会の実現を目指す中でしか達成されないのではない

でしょうか。

 その日を迎えるまで、私たちはこれからもこの場で追悼を続けて

いきます。

                 2018年9月8日

  関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼する会

                 一般社団法人 ほうせんか

┏┓ 

┗■3.浸水被害は南海トラフの3倍超!?

 |  都会ほど怖い洪水被害

 |  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その310

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 東京・江戸川区は5月「ここにいてはダメです」と区外避難を呼びか

けたハザードマップを全戸に配布した。同区には70万人が住む。

マップは大雨で荒川が氾濫したときを想定したものだ。

 また8月にも兵庫県が公表した高潮浸水想定でも、浸水エリアは南海

トラフ地震津波よりも広範囲に及んでいることを明らかにした。

尼崎、西宮、芦屋、伊丹の4市合わせた浸水区域は、南海トラフ地震

津波の浸水被害の3倍を超える。

 大地震による津波はもちろん恐ろしいものだ。関西では南海トラフ

地震が迫っているし、東京でも東京湾北部地震など、東京湾の中に震源

がある地震が起きれば、津波に襲われる危険が高い。東京湾岸には発電

所や製鉄所など怖いものがいっぱいある。

 だが、津波のほかに、高潮や河川の氾濫による水害がある。

場合によっては津波よりも浸水区域が広い。

 現在の東京都区部の平地の部分は、元々は海の干潟や低湿地帯だった

ものだった。それを江戸時代以降の埋め立てや治水事業によって土地が

拡がって、多くの人口が住み着いたものだ。

 それゆえ標高も低く、本質的に水害に弱い。墨田区錦糸町駅前の地下

鉄入り口ではマイナス0.1メートルしかない。海から6キロも離れている

が海抜がマイナスなのである。しかも、入り口から階段で下りる駅や

地下鉄の線路は、海よりもずっと低いところにある。もし水害や津波

襲われたら、地下では惨事が起きるに違いない。地下深くに鉄道が

通っている渋谷や東京駅なども、なにが起きるか分からない。

 じつは1910(明治43)年8月には首都圏をはじめ15もの県を襲った

大水害があった。「東京大水害」と言われる。

 梅雨前線と2つの台風が重なったことから豪雨で河川が氾濫した。

関東で死者行方不明者が約850人、家屋全壊と流出が約5000戸、東京府

けでも約150万人が被災する大惨事となったものだ。氾濫流によって関東

平野一面が水浸しになった。

東京でも下町一帯がずいぶん長い間冠水した。

 写真や映像には写らないが、洪水の被害でいちばん困るのは悪臭だ。

下水が溢れるので、信じられない臭いが漂う。

 このために衛生状態が悪化して胃カタルや腸カタルなど多くの病気が

発生した。浅草寺に救護所(現・浅草寺病院)が造られたのもこの水害

がきっかけだった。

 そもそも日本の都会はほとんど海沿いにある。人々は海沿いの平地に

住み着いた。このため、都会は本質的に水害に襲われやすいのだ。

 たとえば長崎市でも2019年3月に水害に襲われた。これは満潮と

「あびき」が重なって起きたもので、繁華街の店舗などが浸水したり

JRが運休するなどの影響が出た。あびきとは九州西岸でこの時期に

起きやすい気圧の低下で海面が急上昇することだ。

 津波と違って川の氾濫などは水が引くのが遅く、避難者が長時間孤立

する恐れがある。

 地震による津波は恐ろしいが、それ以外にも恐れるものは多い

のである。

 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より8月16日の記事)

┏┓ 

┗■4.「妊産婦調査」2020年度で終了 福島県民健康調査、

 | 委員から異論なし…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.「妊産婦調査」2020年度で終了 福島県民健康調査、

  委員から異論なし

  8/22(木)11:13配信「福島民友新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00010007-minyu-l07

2.これまで2度中断された福島第一原発・排気筒の解体作業

  21日に再開するも再び作業延期に

  8/22(木)15:00配信「福島テレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000003-ftv-l07

3.「スロー地震」多発域、断層破壊防ぐ働き

  東日本大震災で京大など確認

  8/23(金)3:01配信「産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000504-san-soci

┏┓ 

┗■5.子どもの避難、計画改善要請−新潟県に市民団体…

 | メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

 └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

 ◆子どもの避難、計画改善要請−新潟県に市民団体

 東京電力柏崎刈羽原発の重大事故に備えた県の「原子力災害広域避難

計画」の子どもの避難に関する対応に問題があるとして、原発問題を考

える市民団体「いのち・原発を考える新潟女性の会」が21日、県に対し

改善を求めた。

 県が今年3月に策定した避難計画では、原発事故の発生時に子どもが

保育園や小学校などにいた場合、それぞれの施設で保護者に引き渡す

方針が示されている。

 この日、女性の会の桑原三恵さんが地震に伴う津波の来襲を踏まえ、

「柏崎では津波警報が発令されると海岸近くの学校では高台に避難する

ことになっている」と指摘。「子どもを本当に迎えに行けるのか。学校

現場の声をよく聞いてほしい」と求めた。

 これに対し、県原子力安全対策課の担当者は「原則として、子どもは

学校での引き渡しになっているが、11月の実働訓練などを踏まえなが

ら、その都度見直していきたい」などと回答した。

 桑原さんは「子どもの命は何としても守らなくてはいけない」と強調

し、県に積極的な改善を要請した。

(8月22日「新潟日報」より紙面のみでネット上に掲載なし)

┏┓ 

┗■6.新聞・サイトより3つ

 └──── 

 ◆原発再稼働 今年ゼロ 運転中は総発電量の10%未満

  4基は来年停止も

 東京電力福島第一原子力発電所の事故後に止まった原発の運転再開が

2019年はゼロとなる見通しだ。

 2015年の九州電力川内原発(鹿児島県)を皮切りに9基が再稼働した

が、同じく審査に合格した6基は地元同意や安全対策工事に時間が

かかっている。

 新たに運転を再開する原発が見込めないうえ、再稼働した9基もテロ

対策の遅れで4基が2020年に停止に追い込まれる可能性が高い。

 日本の温暖化対策やエネルギー戦略の先行きに影響しかねない。

   (後略) (8月23日、日本経済新聞朝刊より抜粋)

 全文については登録が必要です。↓

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO48898750T20C19A8EA2000/

 ◆「格納容器コンクリートで大量の穴発見」

  韓国ハンビッ原発1.3.4号機の閉鎖を要求

 今回もまた、ハンビッ4号機格納容器コンクリートの主蒸気配管

ライン部分で、157cmにも達する大型の穴が見つかった。(後略)

            ヨン・ソンロク(脱核新聞8月号より)

 詳しくは下記「ノーニュークス・アジアフォーラム」の

HPをご覧下さい。

http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1661

 ◆原発保守管理へ新会社 東電などコスト削減狙い

 東京電力ホールディングス(HD)と中部電力日立製作所東芝

4社が、原発の保守管理を行う新会社の設立することが21日、明らかに

なった。28日にも基本合意する。

 原発の再稼働が進まない中、保守管理部門を統合しコスト削減を図る

のが狙い。(中略)

 中部電は稼働を停止している浜岡原発(静岡県)に定期検査などで年間

1000億円規模の維持費を投じている。東電も柏崎刈羽原発(新潟県)の再

稼働を目指しているもののめどは立っておらず保守管理コストが負担と

なっている。(後略)   (8月22日毎日新聞朝刊より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3726】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3726】

2019年8月22日(木)地震原発事故情報−

               6つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「特重施設」のない原発をすぐ止めろ!

   全国各地で声をあげよう!

   原子力規制委員会(六本木)と九州電力東京支社(有楽町)へ

   8/21第1波全国共同行動に参加して

     坂東喜久惠 (たんぽぽ舎)

★2.福島第一原発津波の前に、地震の直後に壊れた

   「文芸春秋」最新9月号の『福島第一原発津波の前に壊れた−

  元東京電力「炉心専門家」が決意の告発』の解説

                   浜島高治 (神奈川県在住)

★3.辺野古新基地建設につながるすべてに反対をしていきたい

   8/20安和・塩川レポート

         千葉和夫(たんぽぽ舎ボランティア、在沖縄)

★4.事前に察知できなかった小惑星の接近−

   直径130メートル、時速9万キロの猛スピード

   警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その309

                 島村英紀(地球物理学者)

★5.メルマガ読者からのイベント案内

            (お問い合わせは主催者へ)

  ◆8/31(土)武藤類子講演会にご参加を!

   『事故から八年 福島からの声 森と人と生きものと』

   会場:三鷹中央防災公園・元気創造プラザ

  ◆とめよう!東海第二原発

   9/14(土)「村上達也東海村元村長 講演会」にご参加を!

   ところ:亀有地区センター 主催:「ひろば葛飾から」

★6.新聞より1つ

  ◆原子力規制委 福島第一原発処理水の海洋放出を東電に再要求

           (8月22日14:50「日刊ゲンダイ」より抜粋)

≪好き勝手ひとことコーナー≫ 小山芳樹 (たんぽぽ舎ボランティア)

 「ちょっと待ったー」更田規制委員長!

 東京電力のお先棒をかつぐんじゃない!

━━━━━━━ 

※8/28(水)学習会にご参加を!

 「公益通報×司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ!」

  〜公益通報者保護制度改正とその問題点〜

 講 師:光前幸一弁護士 (子ども脱ひばく裁判等弁護士)

 日 時:8月28日(水)18:00〜21:00〔講師のお話は19時からです〕

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円(学生400円)  新ちょぼゼミ32回

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.「特重施設」のない原発をすぐ止めろ!

 |  全国各地で声をあげよう!

 |  原子力規制委員会(六本木)と九州電力東京支社(有楽町)へ

 |  8/21第1波全国共同行動に参加して

 └──── 坂東喜久惠 (たんぽぽ舎)

◎ 「特定重大事故等対処施設」(特重施設)が完成するまでは、原子力

規制委員会は電力会社へ原発を停止するよう命令すべき。

 このことについて、原子力規制委員会と電力会社に対し全国で一斉に

抗議することになり、関東圏は8月21日(水)に実施しました。

 主催:「再稼働阻止全国ネットワーク」

 共催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

◎ 昼12時から13時まで原子力規制庁原子力規制委員会の入っている

ファーストビル(六本木)の前で抗議行動と申入れ。15時からは九州電力

東京支社(有楽町駅前)です。

 規制委員会抗議の参加者は50名弱、コールやアピールがあり、玄関前

に出てきた規制委員会の担当者に、主催者他各団体の申し入れを行い

ました。

 今回の抗議行動は、韓国のTVメディアがしっかりビデオ取材して

いきました。

◎ 毎週水曜日は、原子力規制委員会の会議が開かれるので、六本木の

ファーストビル前での抗議行動が続いています。

 定例の日は抗議参加者が10名に満たない時もあり、邪魔しに来る人

たちも少ないそうですが、この日はこちらに合わせ「あちらも」5名

くらいで多めでした。

 ファーストビルの回りはマンションも多く高級住宅地?住民の方の

苦情もありスピーカーの音も小さめ。互いに地声でアピールと

なりました。

┏┓ 

┗■2.福島第一原発津波の前に、地震の直後に壊れた

 |  「文芸春秋」最新9月号の『福島第一原発津波の前に壊れた−

 | 元東京電力「炉心専門家」が決意の告発』の解説

 └──── 浜島高治 (神奈川県在住)

◎著者の木村俊雄さんは、東電学園出身ながら武藤社長に認められた

炉心運転管理専門。

・あの日、津波が来る前の地震直後=1分40秒後に、炉心圧力容器の水

の流れが止まりました。国会正門前で紹介された方は、水そのものが

無くなったと誤解されていました。

 原子炉の大量の水が1分40秒で無くなるのは不可能。水の流れはすぐ

に止まります。

・水の流れが止まると、水に含まれる空気が泡になって燃料棒を包みま

す。冷やされなくなるので破滅です(ドライアウト)。

・本記事の前に、「岩波・科学」2013年11月号1223-1230ページに、『地

震動による福島第一1号機の配管漏えいを考える』を投稿されて、経緯

を記されています。

 今回の「文春」記事は、福島県田村市住民訴訟で3月と5月に証言

されたという事情があります。

 そして、最も基本の大切なことを、我々自身が忘れさせられていたと

いうことです。

◎「科学」から「これまでの経緯」引用:

 筆者(木村俊雄さん)は、2013年7月10日付で東京電力に対して、公開

質問書を提出した。その結果、7月17日付東京電力より書面で東京電力

が必要と判断したもののみデータを公開するという内容の回答があった

(詳細は本誌9月号P957以降参照)。

 その後も東京電力定例会見の都度、朝日新聞木村英昭記者や木野龍逸

氏らが過渡現象記録装置データの全公開のために尽力してくれた。

 その結果、東京電力は8月になり過渡現象記録装置の全データを希望

者に公開するという対応に変わり、今回新しく加わったデータを使用

し、考察するに至った。

・「科学」と「文春9月号」のグラフは、木村さんが数字の羅列から

プロットされたものです。まさに当事者でないとできないことです。

国会事故調など4つの委員会でも見過ごされました。

 1時間当たり1万8千トン=1分間当たり300リットルの流れが、

地震の1分30秒後にマイナスに落ち、ゼロになりました。

・運転停止しても自然循環10%弱流量が残存する筈だが無し。異常現象

の原因は、原子炉圧力容器につながる配管破損による冷却材漏洩以外に

考えられない。

 GEが日本で原発をつくり始めた頃のGEの現場責任者だった菊池

洋一さんは、著書でも、たんぽぽ舎における講演でも、圧力容器の外側

にぶら下っている配管とポンプの危うさを指摘されていた:「事故の夢

を毎日のように見た。圧力容器につながる配管がギロチン破断し、格納

容器内で暴れ回る。現場では『たこ踊り』と言っていた」。

 東海第二原発も同じで危険。柏崎刈羽原発の6.7号機のABWRで

は、それらが外にぶら下がらないで圧力容器と一体化している。

┏┓ 

┗■3.辺野古新基地建設につながるすべてに反対をしていきたい

 |  8/20安和・塩川レポート

 └──── 千葉和夫(たんぽぽ舎ボランティア、在沖縄)

 8月20日(火) 天候:晴れ、風強く(海上で8から10m/秒)

<安和>

朝、安和に到着した8時40分 、海は荒れて波も高く(1.5から2m)

カヌーは断念した。

琉球セメント桟橋にはガット台船が接岸していたが、赤土搬送システ

ムの故障と思われる理由か2時間ほど途中ストップし、午前中には出港

しなかった。

<塩川>

カヌー&船(ゴムボート)のメンバー13名は塩川港に向かった。

9時5分、ガット台船が港に接岸してダンプカーが直接乗り込み赤土

を降ろしている。

ダンプカーが港に入るのに対して阻止行動を行なった。

私たちはカヌーに乗らなくとも、いろんなことに参加して辺野古

赤土が運ばれるのを阻止する。

私は辺野古新基地建設につながるすべてのことに反対をしていきたい

と思っている。

結局、午前11時まで2時間ダンプカーを完全阻止し、機動隊が来て

排除されるまで頑張った。その後も排除されながらもダンプカーを遅ら

せるべく抗議行動を行った。

12時近くになりダンプカーが途絶え、本日の塩川港の積み出しは終了

したとの情報を得て私たちは撤退した。(午後の積み出しはなかった

模様)

現地の情報などによりランプウェイ台船もう1隻、計2隻に満積する

のを半分に抑えたと考えられる。

※写真と8/21レポートはこちらを

https://www.tanpoposya.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

┏┓ 

┗■4.事前に察知できなかった小惑星の接近−

 |  直径130メートル、時速9万キロの猛スピード

 |  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その309

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 暑い夏なので怪談をひとつ。小惑星「2019 OK」が地球をかすめた。

地球に落ちたら大惨事になったはずだ。7月25日に月までの距離の5分

の1以下という近距離を通ったのだ。

 小さいとはいえ、小惑星の衝突の威力は大量の核兵器にも匹敵し、

大きな都市でも破壊する。

 今回、地球をかすめた小惑星の直径は130メートルだった。1908年には

この小惑星よりも小さな直径約60メートルの小惑星がシベリアのツン

グースカに落ち、人類史上最大の事故になった。大地震の比ではない。

ニューヨーク市の2倍近い広さの地域で木々が倒れ、東京23区と同じ

くらいの広さで被害が出た。

 じつは、6月30日は「小惑星の日」だった。ロシアのニュース局「ロ

シア・トゥデイ」が発表したリストには、地球にとって潜在的な危険性

をもつ全863の宇宙物体が記載されている。

 だが、「2019 OK」はこのリストにはなかった。問題はこの小惑星

事前には分からなかったことだ。

 ブラジルと米国の研究チームが接近に気付いたのは、ほんの数日前の

ことだった。「2019 OK」は地球に向かって、時速約9万キロという

途方もないスピードで迫っていた。

 米国では2005年、連邦議会が米国航空宇宙局(NASA)に対し、20

20年までに直径140メートル以上の地球に接近する小惑星の90%を追跡す

るよう指示した。だが、直径数十メートル以上の天体は、地球に接近す

る可能性があるものだけで100万個もある。そのうち発見されているのは

1万個ほどにしかすぎない。

 欧州宇宙機関や国際小惑星警報ネットワークなどの国際組織も協力

しているが、能力には限界がある。

 小さな小惑星に目を光らせておくのは難しい。どちらから飛んでくる

か分からないのに、正しい時間に正しい方向へ望遠鏡を向けるしかない

からだ。小惑星は自分では光らないので、反射する太陽光を検出するこ

とによって初めて見える。だが、小惑星が小さければ小さいほど、その

反射はかすかで見つけにくい。

 科学者にも言い分がある。「2019 OK」は比較的大きさが小さく、

軌道も通常と異なり、速度が非常に速かったので発見が難しかった

という。

 いままでは、地上に設置された望遠鏡で小惑星の監視が行われて

きている。

 しかしNASAによると、2021年に人工衛星に搭載する「地球近傍

天体カメラ」の打ち上げを計画している。これは小惑星を発見するため

に特別に設計された赤外線宇宙望遠鏡だ。より早期に小惑星を発見でき

るという。

 分かっているものでは直径900メートルの小惑星「1979XB」は、毎秒

30キロで近づいていて、最接近するのは2024年。またサッカー場4つ分

の大きさの巨大な小惑星「アポフィス」は、2029年に近づく。

 さて、NASAの「地球近傍天体カメラ」が今度の衝突までに間に

合えばいいのだが。

 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より8月9日の記事)

┏┓ 

┗■5.メルマガ読者からのイベント案内

 |         (お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆8/31(土)武藤類子講演会にご参加を!

  『事故から八年 福島からの声 森と人と生きものと』

 日 時:8月31日(土)14:00より16:30 (13:30開場)

 会 場:三鷹中央防災公園・元気創造プラザ4階ホール

 主 催:さよなら原発三鷹アクション 実行委員会

       問合せ TEL 080―5465―8138

 チラシはこちらを参照願います

    http://mitaka2011nonukes.blog.fc2.com/

 資料代:500円(学生・未成年者無料)

 ◆とめよう!東海第二原発

  9/14(土)「村上達也東海村元村長 講演会」にご参加を!

 と き:9月14日(土)13時30分より15時30分

 ところ:亀有地区センター第3会議室

       (JR/千代田線「亀有駅」南口 イトーヨーカ堂7階)

 主 催:「ひろば葛飾から」

      東京都葛飾区亀有5−38−3 TEL 03-3620-4095

 参加費:500円

・1999年JCO臨界事故時、村上達也氏は、国・県の対応を待つこと

なく村長の判断で住民避難を最優先。

・2011年3.11福島第一原発メルトダウン事故時、東海第二原発は冷温

停止に3日半、過酷事故寸前に。

 この危機時にも、村上氏は現場の村長でした。

 この体験が原発立地自治体の首長としての責任を果たす国・政府への

廃炉提言」に。

・村上元村長の「住民の生命・安全を最優先する」決意が引き継がれ、

東海、日立、ひたちなか、那珂、常陸太田、水戸の6市村へと拡大する

原発再稼働の事前同意権、「新安全協定/茨城方式」に結実。

村上達也東海村元村長(1997年〜2013年)の体験から学びましょう。

┏┓ 

┗■6.新聞より1つ

 └──── 

 ◆原子力規制委 福島第一原発処理水の海洋放出を東電に再要求

 ため続けてきた東京電力福島第一原発から発生する「処理水」が、

いよいよ海に放出されることになるのか。

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は21日の記者会見で、処理水を

希釈して海に放出するよう、改めて東電などに求めた。(後略)

 (8月22日14:50「日刊ゲンダイ」より抜粋)

 詳しくはこちらを

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/260671

≪好き勝手ひとことコーナー≫ 小山芳樹 (たんぽぽ舎ボランティア)

 「ちょっと待ったー」更田規制委員長!

 東京電力のお先棒をかつぐんじゃない!

 東電の本音は、汚染水の「海洋放出」にあるのではないか。

 そのために「タンクが一杯になるからこれ以上保管できない」と

こじつけているようだ。

 しかし、この言い方はウソではないか。

 新たなタンクを設置する場所はあるはず。

 8月9日の処分方法を検討する政府の有識者小委員会での委員の発言

にも一部あるように、

 1.東電福島第一原発の北側には広大な「土捨場」が有る。

 2.福島第一原発敷地の周囲は環境省が中間敷地として保有して

 いる。そこに拡幅できる。

 3.さらに、福島第二原発の敷地には広大な土地がある。

 汚染水のトリチウムは、100年ほど地上で安全に保管すれば大減少

する。

 詳しくは8月10日発信【TMM:No3722】

 ★1.放射能汚染水を海に捨てるな、漁業・海をこわすな

  を参照願います。

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3725】地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3725】

2019年8月21日(水)地震原発事故情報−

               4つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.北海道電力泊原発原子炉補助建屋下に断層が

   あることを認めるが活断層ではないと主張

   泊原発廃炉、全ての原発廃炉へ追い込もう!!

   佐藤英行(北海道 岩内原発問題研究会)

★2.福島第一原発事故原因を誤魔化して原発を再稼働する

   東電・経産省・規制委

  「文芸春秋9月号」と「岩波科学8月号」が

   明らかにする地震原因

   原子力規制委員会原発再稼働推進委員会!その206

    木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

★3.実際は200m程度陸側だった

  東電が福島第一「波高計」調査結果…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

   黒木和也 (宮崎県在住)

★4.新聞より1つ

  ◆政治家の言葉遣い 重さも、厳粛な意識も、

   含羞(がんしゅう)もない 〔松尾貴史のちょっと違和感〕

(8月18日毎日新聞朝刊7面より抜粋)

━━━━━━━ 

※8/28(水)学習会にご参加を!

 「公益通報X司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ!」

  〜公益通報者保護制度改正とその問題点〜

 講 師:光前幸一弁護士 (子ども脱ひばく裁判等弁護士)

 日 時:8月28日(水)18:00〜21:00〔講師のお話は19時からです〕

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円(学生400円)  新ちょぼゼミ32回

━━━━━━━ 

・「8・15版」川柳【ハルモニの恨に応えぬのか日本】

                    乱 鬼龍(転載歓迎)

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.北海道電力泊原発原子炉補助建屋下に断層が

 |  あることを認めるが活断層ではないと主張

 |  泊原発廃炉、全ての原発廃炉へ追い込もう!!

 └──── 佐藤英行(北海道 岩内原発問題研究会)

 8月20日泊原発廃炉を求めた訴訟で、北海道電力が原子炉補助

建屋下に断層があることは認めるが活断層ではないとした。

以下、8/21北海道新聞の記事から

泊原発と断層の位置関係図」は下記HPをご覧ください。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/336472

原子炉補助建屋下に断層

泊原発訴訟 北海道電力活断層は否定

 北海道電力泊原発(後志管内泊村)は安全性を欠くとして、道内外の

約1200人が北電に廃炉を求めた集団訴訟の第29回口頭弁論が20日、札幌

地裁(武藤貴明裁判長)であり、北電側は泊原発1,2号機の原子炉

補助建屋の直下に断層があることを明らかにした。

 この断層について、北電側が訴訟の中で施設名を具体的に挙げて位置

関係を示したのは2011年11月の提訴以来初めて。

 北電によると、この断層は敷地内にある「F−4」と呼ばれるもの。

同建屋には事故時に放射能が漏れるのを防ぐ設備があり、F−4が活断

層であれば泊原発1,2号機は再稼働できない。

 訴訟では原告側からF−4が主要施設直下にあるという指摘を受けて

いたが、北電はこれまで、各施設との位置関係を説明していなかった。

 20日の弁論で、北電側はF−4に加え「F−1」「F-11」と呼ばれる

敷地内断層と核施設を図示。F−1が1号機のタービン建屋直下にある

ことを説明したうえで「すべて活断層ではない」と述べ、安全性に問題

はないと主張した。

 原告側はF−4,F−1について「活動性を否定できない」と反論。

北電側はF−1が活断層ではないことを証明するための追加調査を10月

までに終える予定だが、原告側は「その調査で活動性を否定できる見込

みは非常に低い」と述べ、提訴から8年近くが経過した訴訟の結審と、

廃炉を求めた。

┏┓ 

┗■2.福島第一原発事故原因を誤魔化して原発を再稼働する

 |  東電・経産省・規制委

 | 「文芸春秋9月号」と「岩波科学8月号」が

 |  明らかにする地震原因

 |  原子力規制委員会原発再稼働推進委員会!その206

 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

◎次をご覧いただきたい。

<“過去の話”ではない

 原発にはそもそも無理があるというのが、長年、現場経験を積んでき

た私の実感で、私は「反原発」です。しかし敢えて「原発維持」の立場

に立つとしましょう。その場合でも、事故を教訓に十分な安全基準を設

けることが最重要になるはずです。ところが安全基準づくりの根拠とな

るべき事故原因の究明すら、いまだなされていないのです。

 東電は「津波によってメルトダウンが起きた」という主張を繰り返し

ています。

 そして、その「津波」は、「想定外の規模」で原子力損害賠償法の

免責条件にあたるとしています。

 しかし「津波が想定外の規模だったかどうか」以前に、「津波」では

なく「地震動」で燃料破損していた可能性が極めて高いのです。

 しかも、私が分析したように、「自然循環」停止の原因が、ジェット

ポンプ計測配管のような「極小配管の破損」にあったとすれば、耐震

対策は想像を絶するものとなります。細い配管のすべてを解析して耐震

対策を施す必要があり、膨大なコストがかかるからです。おそらく費用

面から見て、現実的には、原発はいっさい稼働できなくなるでしょう。

 原発事故からすでに8年が経ちますが、この問題は、決して“過去の

話”ではありません。不十分な事故調査にもとづく不十分な安全基準

で、多くの原発が、今も稼働し続けているからです。>

 これは、「文芸春秋9月号」に掲載された元東京電力「炉心専門家」

である木村俊雄さんの「福島第一原発津波の前に壊れた」の結びだ。

木村俊雄さんが、東電の「炉心流量」に関連する「過渡現象記録装置」

を分析して、以上を明らかにしている。

◎ 一方、「岩波科学8月号」では、田中三彦さんが「積み残された

ままの原発事故原因・事故分析その(3)」で次のように書いている。

 <あの日から約8年が過ぎた。その間、東京電力のさまざまな弁解や

弁明によって議論のポイントがあちらこちらへと移ろってはきたが、

「全交流電源喪失津波が原因か?」という、あの日(2011年7月

10日)伊東良徳弁護士が提起した基本的な問題は、いまもなお未解明、

未決定のままである。>

 そして、伊東弁護士の追及、国会事故調の分析、新潟県技術委員会

でのディスカッションを詳述して、これまでの東電の曖昧な対応を

糾弾している。

◎ 期せずして、文春と岩波で発表された別々の論者が、福島第一原発

の特定号機は津波来襲前に地震により炉心溶融メルトダウン)が

起こった可能性が大であることを主張している。

 本シリーズで何度も述べてきた(その10、12、23、67,

103,111、156、194など)が、木村俊雄さんが<「安全

対策どころか、肝心の「事故原因」すら曖昧にされているのが現状

なのです。>と述べるように、今の原子力規制委員会の「新規制

基準」は砂上の楼閣なのだ。

 こんな状態で原発を稼働し続けることは絶対に許されない。

┏┓ 

┗■3.実際は200m程度陸側だった

 | 東電が福島第一「波高計」調査結果…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.実際は200m程度陸側だった

  東電が福島第一「波高計」調査結果を報告(全文1)

  8/20(火)19:46配信「THE PAGE」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00010004-wordleaf-bus_all

2.原発事故で何が…8/31「朗読劇・線量計が鳴る」

  中村敦夫さん書き下ろし 郡山市のミューカルがくと館にて

  8/20(火)15:13配信「福島民友新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00010022-minyu-l07

┏┓ 

┗■4.新聞より1つ

 └──── 

 ◆政治家の言葉遣い 重さも、厳粛な意識も、

  含羞(がんしゅう)もない 〔松尾貴史のちょっと違和感〕

 最近の新聞やテレビで見聞きする言葉遣いで、違和感を覚えるもの

をいくつか挙げてみようと思う。

〇「仮定の質問には答えられません」

 これは官房長官が会見の場でよく口にする逃げ口上だ。いつも疑問に

思うのだが、質問した記者はなぜ引き下がってしまうのだろうか。

 ここで食い下がると、自分も有名な女性記者のようにオミットされて

しまうことを恐れているのだろうか。

 説明する責任がある権力の側がそういう安易な手法で逃げるのなら

ば、逆に報道陣が結束してオミットし返せばいいのではないか。

  (中略)

 そもそも仮定の話ができないというのは、実はその先にもくろんで

いるスキームを隠しておかなければいけない事情があるのか、それとも

ご本人に想像力そのものが欠落しているかのどちらかだろう。

こんな人物が次期総裁に一番近いというのだから途方に暮れる。

〇「対案を出せ」

 これは性質の悪いへりくつとして頻繁に使われている。適切でない

企てを遂行したい勢力が、それに反対する側に対して「ならば」と持ち

出す便利な言葉だ。今このタイミングでイシューにすべきではない問題

でも、反対している側に「サボタージュする者」というレッテルを貼る

ことができる印象操作用語だ。(中略)これはすこぶる狡猾な手法で、

その罠とも言える土俵にうかうか乗ろうとするどっちつかずの野党の

党首もいる。

〇「その指摘はあたらない」

 実は「そんなことはない」と言っているだけなのだが、単に否定する

とその根拠を問われる流れが起きてしまう恐怖心からか、客観的事実を

話しているような錯覚を与える表現になるのだ。(中略)

 質問する側には、「どうあたっていないのか」「なぜ指摘が間違って

いるのか」を聞き返すというくらいの小さな努力はしてほしいものだ。

       (中略)

〇「誤解を与えたのだとしたら、撤回する」

 謝罪を求められたときに使われる言葉だが、これぐらい不遜で尊大な

わびようもないのではないか。まるで世間が勝手に誤解したような口

ぶりで、完全に相手のせいにしてしまっている。(中略)

 そもそも、政治家の言葉は失言を撤回すれば済むような軽いもの

なのか。ひとたび抜く時にはだれかを傷つけてしまう危険性をはらんで

いるものだという意識がないのだろうか。

〇「私の発言の一部だけが報道されて」

 これも同じ人物がよく使っている印象だ。「一部だけが報道されて」

というが、なぜ全部せねばならないのか。

 それほどありがたいお言葉を発信して下さっているのか。

 政治家としての重さも、厳粛な意識も含羞もないご仁が、どの口で

それを言うのか。

 もちろんそんな価値はないのだけれど、全部報じられて困るのは自分

の方だろう。(8月18日毎日新聞朝刊7面より抜粋)

全文は有料となります

https://mainichi.jp/articles/20190818/ddv/010/070/017000c

※注

 含羞(がんしゅう)

 恥ずかしいと思う気持ち。はにかみ。はじらい。

    (デジタル大辞泉より)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3724】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3724】

2019年8月20日(火)地震原発事故情報−

               5つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.たんぽぽ舎の原発反対運動の柱になっている思想と信念は

   放射能測定が基礎になっているから信頼できる

   たんぽぽ舎30年に寄せて       広瀬 隆(作家)

★2.福井県知事から「老朽原発運転延長、使用済み核燃料の

   処理・保管などに関する公開質問状」への回答を得ました

   回答は国、原子力規制委、関電任せで県としての主体性なし

  「福島のような事故が若狭で起きたら?」の問いにも

   「仮定の話には答えられない」と逃げの回答

               木原壯林 (若狭の原発を考える会)

★3.関東大震災から96年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式を案内します

   なぜ殺されるのかも 分からぬままの方々の無念を知って下さい

   事件を記憶し、追悼するためにご一緒ください

            愼民子(「一般社団法人 ほうせんか」)

                   (その1)(全6回の連載)

★4.皆既日食は太陽コロナ観測の絶好機

   光の波長測定しフレア予測へ

  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その308

                  島村英紀(地球物理学者)

★5.新聞より1つ

  ◆東電は処理水、長期保管を 脱原発目指す首長らが声明

             (8月18日「静岡新聞ニュース」より)

━━━━━━━ 

※明日です!

 8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!

 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!

 「特重できていない原発」はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)12時より13時…原子力規制委員会前(港区)

                  (地下鉄六本木一丁目駅より)

         15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)

               (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)

 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

━━━━━━━ 

※8/21(水)学習会にご参加を! 反緊縮経済政策Q&A:

    「市民と野党の共闘」が掲げる経済政策を巡って

 講 師:田中一郎さん(ちょぼちょぼ市民連合

 日 時:8月21日(水)19:00より21:00  新ちょぼゼミ

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円

━━━━━━━ 

・「8・15版」川柳【フクシマはなかったことにして五輪】

          【表現のまさに不自由不自由展】

                   乱 鬼龍(転載歓迎)

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.たんぽぽ舎の原発反対運動の柱になっている思想と信念は

 |  放射能測定が基礎になっているから信頼できる

 |  たんぽぽ舎30年に寄せて

 └──── 広瀬 隆(作家)

◎ たんぽぽ舎に最初に呼ばれたのは、1986年のチェルノブイリ原発

事故からほどない時期だったので、30年以上前だったと記憶している。

 この時期の1988年に、伊方原発の出力調整実験を阻止するため、香川

高松市四国電力本社に全国から集まった原発反対運動の人たちが泊

まり込み、反対運動を展開したのだが、おかげで私はこの年に300回と

いうメチャクチャな講演をしなければならなかった。

 それでも私はまだ45歳の若さだったので、このトンデモナク残酷な人

たちに付き合って全国を回っていた。

◎ そうした時に、食べ物に敏感な女性たちを中心に、東京でも原発

反対運動が盛り上がった時に、私もたんぽぽ舎に呼ばれて講演を頼ま

れたものらしい。

 つまり、ヨーロッパだけでなく、日本でも、チェルノブイリ放射能

被害を食い止めるため、輸入食品がキロあたり370ベクレルなんて、子供

たちに非常に危険であることをみなで議論した。

◎ その時の私は、そうした活動が「たんぽぽ舎の放射能測定」の出発

点であることを知らなかったが、のちに、「たんぽぽ舎の放射能測定」

が地道に続けられていることを知って、偉いものだと思った。

 特に、福島第一原発事故のあと、つまり現在のたんぽぽ舎の原発反対

運動の柱になっている思想と信念は、放射能測定が基礎になっている

から信頼できるのだ。

◎ 次にたんぽぽ舎と深い関係を持ったのは、1995年1月17日に阪神

震災が起こって、しばらくして、たんぽぽ舎の柳田真さんから電話が

あり、地質学者の生越忠先生を招いて「地震原発の研究会」を発足

させるから参加してほしいとの依頼があった時だった。

 すでに私は現地・神戸市内から一帯に広がる被災地を何度も歩いて、

知人・友人たちが受けた大被害に打ちのめされていた時だったので、

一も二もなく承諾し、毎週1回十人ほどの精鋭が集まって、難解な

地震学の解析に取り組み始め、私も毎週の議論に参加した。

◎ 生越さんから、地震を起こす震源と、実際に大被害を受ける地域

が、距離ではなく、大きな断層線と、プレート境界線による「高速

道路」で結ばれているという大原則を教えられて、私の地震学は、常に

世界的な地震発生地点の関連に向けられるようになった。

 その原則に沿って、大地震の予測もできるようになり、のち2010年に

『原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島』を発刊し、その半年後に

東日本大震災が発生したが、これは世界的な地震発生地点と、日本の

地殻変動を調べていれば、誰にでも予測できるはずの出来事だったの

である。

 「地震原発の研究会」から得た知識と知恵は、たんぽぽ舎の誰も

が、現在でも共有していると思う。

※《事故情報編集部》より

 広瀬 隆氏の文章は、「たんぽぽ舎30周年によせて」のメッセージ

 として9番目となります。

※たんぽぽ舎からのご案内

  ★ 9/22(日)たんぽぽ舎『30周年記念の集い』のご案内 ★

  −命と大地を放射能から守れ 原発やめよう みんなの想い−

 ・記念講演『原発にしがみつく日本 なぜ? どうする?』

     講師:小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所助教

 ・リレートーク…多彩な7名のゲスト

 日 時:2019年9月22日(日)13時30分より16時45分

 会 場:「ベルサール神保町」たんぽぽ舎から徒歩5分

 第1部:記念講演とリレートーク

     第1部の参加費:当日1200円、前売り1000円

第2部:懇親会(定員・予約制、懇親会費別途)17時30分より

    会場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

お問い合わせ:たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035

┏┓ 

┗■2.福井県知事から「老朽原発運転延長、使用済み核燃料の

 |  処理・保管などに関する公開質問状」への回答を得ました

 |  回答は国、原子力規制委、関電任せで県としての主体性なし

 | 「福島のような事故が若狭で起きたら?」の問いにも

 |  「仮定の話には答えられない」と逃げの回答

 └──── 木原壯林 (若狭の原発を考える会)

2019年8/16発行「京都の金曜行動で配布したビラ」より大見出しのみ

 「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」

  取りまとめ;若狭の原発を考える会

┏┓ 

┗■3.関東大震災から96年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式を案内します

 |  なぜ殺されるのかも 分からぬままの方々の無念を知って下さい

 |  事件を記憶し、追悼するためにご一緒ください

 └──── 愼民子(「一般社団法人 ほうせんか」)

       (その1)(全6回の連載)

 私は、「一般社団法人 ほうせんか」の理事の愼民子(シンミンジャ)

です。母体は「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼

する会」(1982年設立)という団体です。東京都墨田区八広という地域で

活動しています。

 さて、もうすぐ9月1日を迎えます。この日に日本の学校では、関東

大震災にちなみ避難訓練をします。「まず、火を消せ」と。「防災頭巾

をかぶって、避難場所に集まれ」と。

 そんな訓練中に、「殺される恐怖」に見舞われる者がいることを知っ

ていますか?「デマに流されて、他人に危害を与えてはいけない」こと

こそを伝えて欲しいと思う者がいることを知って欲しいです。

 今年も、朝鮮人追悼式が関東各地で公開されているだけでも11箇所で

行われます。ここ数年は中国人追悼式も行われています。関連学習会も

開かれています。

 フィールドワークで訪ねてこられる方は日常的におられます。朝鮮

半島各地では、この日を命日として、当時日本に渡ったきり帰らぬ父親

や兄弟姉妹、親戚たちの法事を行い続けている家庭もあります。

 遺族たちは、遺骨だけでも返して欲しいと願い、何処で何があったの

か知りたいと、今も語るのです。

 事件は、未曾有の地震の直後から始まりました。

 “「朝鮮人が放火した」「朝鮮人が攻めてくる」「井戸に毒を撒い

た」などの流言蜚語が飛び交い、それを信じた人々は、数千人の朝鮮人

が殺された。”

 上の“ ”内部分は、数年前までには、小学校の教科書にも掲載され

ていましたので、知っておられる方も多い事件だと思います。

 事件の仔細は次回に回すとして、まずは追悼式の案内を送ります。

  (私どもの案内から)

 96年前、「朝鮮人が暴動をおこす」などの流言蜚語がとび、それを信

じた人たちによって、関東一円で数千名の朝鮮人が殺害されました。

 私たちは「繰り返さないために」と、追悼を続けてきましたが、油断

すると歴史は繰り返されてしまうのかもしれないと、恐怖を感じずには

いられないことが、今あの国会の中で、街中で、繰り広げられています。

 だからこそ、ひるまずに追悼し続けることが大事と信じております。

追悼式は、国や民族を超えて手をつなぐ者たちが集います。

 「平和と友情」はここから拡散し実現するとの思いがいっぱいにあふ

れる場であります。

 今年は追悼式38回目です。38年続けた重みを、追悼碑を巡る地域の

方々の暖かな声援をいただく中で、ありがたく噛み締めております。

 どうぞ、皆様の追悼する気持ちをお寄せください。

 ご一緒しましょう。

日 時:9月7日(土)13時15分より「隠された爪跡」上映

                1983年呉充功監督 58分

場 所:八広地域プラザ 吾嬬の里

            墨田区八広4-35-17

           (京成八広駅=各駅停車のみ=から徒歩7分

   14時30分より「追悼の花束」みんなで作りましょう

場 所:荒川河川敷 木根川橋下(京成荒川駅下車 徒歩3分)

   15時より「追悼式」                

    追悼の歌〜〜李 政美&竹田裕美子・矢野敏広/

          ゲスト Swing MASA

    追悼のプンムル〜〜各地からトッケビ プンムルペが集います。

17時より19時「ほうせんかの夕べ」

場 所:八広地域プラザ 吾嬬の里

     李 政美&竹田裕美子・矢野敏広ライブ・Swig MASA

参加費:2000円(お弁当・ワンドリンク付き)

    飲み物追加販売します。飲食物持ち込み自由。

┏┓ 

┗■4.皆既日食は太陽コロナ観測の絶好機

 |  光の波長測定しフレア予測へ

 | 警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その308

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 7月17日に世界の広い範囲で月食が見られたが、その半月前の7月2

日に、南太平洋、チリ、アルゼンチンなどで皆既日食が見られた。

 月の軌道はわずかに動くが、このところ太陽と月と地球がたまたま

一直線に並ぶ日が続くからだ。地球の影に月が入るのが月食、逆に月の

影が地球上を通るのが日食になる。

 この日食を手ぐすねひいて待っていた科学者たちがいた。この日食

は、アメリカ国立光学天文台が南米チリの標高2200メートルの高さに

設置したセロ・トロロ汎米天文台をちょうど通った。高山だと空気に

よる散乱が少なく、日食をはじめ天体をよく観測できる。

 科学者の主な目的は、太陽のまわりにあるコロナの観測だった。

コロナは荷電粒子のかたまりが噴出するもので、ときには太陽の数倍か

ら数十倍まで広がる。太陽から吹き出すフレアを作る。

 太陽の大気層の外縁で最も高温な領域だが、太陽本体に比べて100万分

の1の微弱な明るさしかない。それゆえ日食のときにしか見えない。

 このフレアが地球に達すると磁気嵐になる。かつて大規模なフレアが

出て、1989年にはカナダで大規模な停電が起きたほか、2003年には日本

人工衛星が故障したこともある。大規模なものが起きたら広い範囲で

停電が起きたり、GPSなどの衛星の機能を損ねかねない。大地震なみ

の大混乱になるだろう。

 ところが、このフレアを予測して警告する方法はない。日食のときに

太陽が放出するいろいろな光の波長を測定して、フレアの予想を確実な

ものにしたいというのが科学者の狙いだった。しかも今年は11年周期で

ある太陽の活動が最小限に近いので、2017年に起きた日食のときに見ら

れたのとは別の機会だった。

 もちろん、日食ではないときにコロナを見ることもできる。望遠鏡に

太陽の大きさの遮光板を付けて、まわりを見ればいいのである。「コロナ

グラフ」という装置だ。しかし、日食のときに高山で見るほどには精密

なことはできない。

 近年では、人工衛星にコロナグラフを積んで、大気の擾乱がないとこ

ろでコロナを観測することも行われている。

 衛星のコロナグラフのおかげで太陽以外の恒星のコロナも観測できる

ようになった。これによって地球に及ぼす太陽フレアの解明にも役立

つ。また、恒星近くの太陽系外惑星も観測できる。

 だが、日食のときの天文台や、今回行われた日食を追ってコロナの

時間変化を調べた飛行機のように、多くの新規の観測器を積むことは

無理だ。

 ところで、世の中に多い天文ファンには、自作のコロナグラフで

コロナの観測に挑む人が多い。

 だが、この試みはとても危険だ。100万倍も強い太陽の光を遮らなけれ

ばならないので、装置が火を出したり、装置の内部のレンズ類や鏡胴が

燃えてしまう事故が後をたたない。そればかりではない。失明する人も

続出しているのだ。

 アマチュアだけではない。プロが作ってプロが操作していた国立天文

台のコロナグラフ1号機さえも、遮光板が熱で融けて煙を上げたことが

あるほど危険なものなのだ。

 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より8月2日の記事)

┏┓ 

┗■5.新聞より1つ

 └──── 

 ◆東電は処理水、長期保管を 脱原発目指す首長らが声明

 全国の現職市区町村長や経験者でつくる「脱原発をめざす首長会議」

は18日、青森県むつ市で会合を開いた。東京電力福島第一原発で増え続

ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水について海洋放出せず、長期

保管するよう求める緊急声明を出した。

 これまで東電は敷地内でのタンク保管は2022年夏ごろに限界となると

して、長期保管に難色を示している。

 千葉県長生村の石井俊雄元村長は会合で、福島第一原発の処理水に関

し「海洋放出には風評被害を恐れる漁業関係者の反発が強く、長期かつ

大量になれば健康被害の可能性を専門家も指摘している」と訴えた。

            (8月18日「静岡新聞ニュース」より)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3723】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3723】

2019年8月19日(月)地震原発事故情報−

               6つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.原発は危険!「特重ない原発」はさらにもっと危険!

   安全施設(特重)ができていない原発を動かしていいのか?

   安全施設ができるまでは動いている原発はすぐとめよ!

  柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★2.「福島第一原発津波の前に壊れた」

   「福島第一原発地震が原因で壊れた=東電と原発推進派が

  一番隠したいことは『地震で壊れたこと』」

    木村俊雄 (元東京電力・原子炉設計管理担当)

★3.キシャクラブは開放ではなく全廃しかない

   司法は「キシャクラブは広報機能を果たしている」と擁護

   京都の市民の闘いから学ぼう

   「メディア改革」連載第12回

   浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

★4.福島第一原発汚染水の放流時、

  放射性物質の一部が1年内に東海に流入…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

   黒木和也 (宮崎県在住)

★5.原発再稼働反対−柏崎で市民集会、9月1日…

  メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

   金子 通 (たんぽぽ舎会員)

★6.メルマガ読者からのイベント案内

           (お問い合わせは主催者へ)

  ◆9/2(月)【もんじゅ西村裁判-3】−第8回

   場所:東京地裁411号法廷 原告:西村トシ子

━━━━━━━ 

※8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!

 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!

 「特重できていない原発」はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)12時より13時…原子力規制委員会前(港区)

                  (地下鉄六本木一丁目駅より)

         15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)

               (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)

 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

━━━━━━━ 

※8/21(水)学習会にご参加を! 反緊縮経済政策Q&A:

    「市民と野党の共闘」 が掲げる経済政策を巡って

 講 師:田中一郎さん(ちょぼちょぼ市民連合) 参加費:800円

 日 時:8月21日(水)19:00より21:00  新ちょぼゼミ 

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

━━━━━━━ 

・「8・15版」川柳【八・一五この原点を忘れたか】

          【原爆忌そして重なる原発忌】

                   乱 鬼龍(転載歓迎)

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.原発は危険!「特重ない原発」はさらにもっと危険!

 |  安全施設(特重)ができていない原発を動かしていいのか?

 |  安全施設ができるまでは動いている原発はすぐとめよ!

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

◎ 5月に大阪で開催された「再稼働阻止全国ネットワーク」全国会議

で「特重」(正式には「特定重大事故等対処施設」)について、全国のみん

なの力で、3回の全国行動をやろう⇒第1波−8月、第2波−11月、

第3波−2020年2月を決めました。

 東京では、8月21日(水)原子力規制委員会前(港区)と九州電力東京

支社前(千代田区)の2ヵ所でおこないます。

◎ 特定重大事故等対処施設=「特重施設」とは、新規制基準の策定に

根拠を持つ新たな「過酷事故対策施設」です。新規制基準の一番の

目玉です。

 この施設は私たちが要求したものではなく、原子力規制委員会が政府

事故調や国会事故調により指摘された課題を解決するために必要として、

各事業者に設置を義務づけたものです。

 これらを整備したら過酷事故の緩和策として機能するから、福島第一

原発からの放出放射能量の100分の1以下とされています。→(ただし、

これは机上の計算であり現実に実験でたしかめられたものでは

ありません)

◎ もともとは新規制基準の告示5年に完成していなければならない

ものでしたが、これを5年先送りしたのは、経産省や事業者の圧力に

屈したものです。

 5年間ゆう予=延長した原子力規制委員会は、大まちがいをした。

地震津波・火山噴火は5年間まってくれない。あす発生するかもしれ

ないのですから。

◎「特重」は、テロ対策施設ではありません。テレビ・新聞の報道

では「特重はテロ対策施設」と書かれていますが誤りです。

  「特重」とは…その名の通り、「特定重大事故等対処施設」(11文字)

です。8年前の東電福島第一原発過酷事故の反省から原子力規制委員会

が設置を義務づけた。テロ対策も含むが、設置の経過と目的からいって

テロ対策施設ではありません。過酷事故等の対処施設=安全設備です。

◎「特重施設」では「使用済み核燃料プール」の安全は保障されないと

木原壯林さんの文章が指摘。

◎〔専門業者の話〕「特重施設」は、1基約1000億円、工事期間4.5年

から5年間。

「特定重大事故等対処施設の完成遅れ 即時廃炉を改めて求める」

四国の電気は余っている

                   伊方原発をとめる会

 原子力規制委員会が4月24日、原発の「特定重大事故等対処施設

(特重施設、テロ対策施設とも呼ぱれる)」が期限までに完成しなけれ

ば、原発の運転停止を命じることを決めたとの報道があった。

伊方原発3号機の設置期限は2021年3月22日、工事は1年ほど遅れる

見通しなので、再来年3月には運転停止となる可能性がでてきた。

 特重施設は「新規制基準」で設置が義務づけられたもので、自然災害

やテロ行為などの緊急事態によって過酷事故が発生した場合の、放射性

物質の外部への放出を抑制するための非常用の注水設備や電源、フィル

ター付きベント設備、中央制御室が使用不能になった場合の第2制御室

の設置などが含まれる。

 当初の設置期限は「新規制基準」施行から5年の2018年7月であった

が、期限内の完成が難しいことから、本体設備の工事計画認可から5年

の猶予が与えられていた。

 本来なら、再稼働をする前に完成していなければ意味がないものを、

5年の猶予期限が与えられ、それも間に合わないから、さらなる猶予を

規制委員会に求めたが、はねつけられたということだ。

 特重施設を「テロ対策施設」とすることで、あたかも「テロ」への

特化対策との印象を与えて、過酷事故対策である点をあいまいにする

とともに、テロ対策を口実に、施設の内容に関する情報の多くが不開示

にされていることも問題だ。

 特重施設の完成まで過酷事故が起きない保証はない。住民の不安など

まったく考慮せず、安全対策を軽んじる四国電力の姿勢が露見した。

巨額な工事費用をつき込めば、それは利用者に跳ね返ってくる。

 原発を稼働させなくても四国の電気は余っている。

 いい機会である、四国電力には、一刻も早く原発からの撤退を求め

たい。 (「伊方原発をとめる会ニュース」8月12日 No29より抜粋)

※8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!

 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!

 「特重できていない原発」はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)12時より13時…原子力規制委員会前(港区)

                  (地下鉄六本木一丁目駅より)

         15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)

               (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)

 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」TEL 070-6650-5549

┏┓ 

┗■2.「福島第一原発津波の前に壊れた」

 |  「福島第一原発地震が原因で壊れた=東電と原発推進派が

 | 一番隠したいことは『地震で壊れたこと』」

 └──── 木村俊雄 (元東京電力・原子炉設計管理担当)

 中見出し4つの紹介

  ・隠されていた重要データ

  ・燃料がドライアウト

  ・墓穴を掘った東電

  ・過去の話ではない

 結論の一部紹介

 「自然循環」停止の原因が、ジェットポンプ計測配管のような「極小

配管の破損」にあったとすれば、耐震対策は想像を絶するものと

なります。

 細い配管のすべてを解析して耐震対策を施す必要があり、膨大なコス

トがかかるからです。おそらく費用面から見て、現実的には、原発

いっさい稼働できなくなるでしょう。

    (8月13日発売「文藝春秋」2019年9月号より抜粋)

┏┓ 

┗■3.キシャクラブは開放ではなく全廃しかない

 |  司法は「キシャクラブは広報機能を果たしている」と擁護

 |  京都の市民の闘いから学ぼう

 |  「メディア改革」連載第12回

 └──── 浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 前回の記事で、私が日本にしかない「記者クラブ」をキシャクラブ

と表現していることについて、少し説明したが、今回、少し補足したい。

 どの国にも、ジャーナリストがグループを結成してクラブ、サロンを

作ることはある。海外の官庁、裁判所などに記者たちが待機し、当局者

らが発表するプレスルーム、広報センターなどがある。

 日本でも、明治維新後の帝国議会を取材するために記者たちは記者

倶楽部を結成した。その後、多くの行政機関などに記者倶楽部が設置

された。

 しかし、日本がアジア太平洋戦争に向かう1930年代後半に、国家総

動員体制が構築される過程で、新聞紙法などで1県1紙体制、記者の

登録制、検閲制度などの国家統制が強まる中、現在の記者クラブ制度が

設置された。それまでの倶楽部からの変質だった。

◎ 1945年8月15日の大日本帝国崩壊で、記者クラブ制度も廃止される

べきだったが、米占領軍は天皇制、帝国大学を存置させたと同様に、

侵略戦争プロパガンダを担った新聞、放送、出版社の戦争責任を

不問にして、記者クラブ制度も存続した。

 米占領軍は記者クラブ制度を、対米隷従の反共国家の日本を創成する

道具として使った。

 記者クラブ制度は、ジャーナリストを所属会社によって差別する報道

界のアパルトヘイトである。人種差別制度は廃止するしかない。

記者クラブを開放せよというのは誤っている。原発を改革するのが

不可能なのと同じだ。

 現在ある記者クラブは海外のプレスクラブとは全く異質の、記者が

記者を差別、排除する制度だ。日本新聞協会のHPの英語版では、

記者クラブは「kisha club」と訳されている。英訳を担当した専門家が、

「press club」と訳すと、記者クラブの封建的、排他的性格が伝わら

ないと思ったのだろう。

 私が1989年から1992年まで特派員をしたインドネシアでは、日本軍

慰安婦(国連では日本軍性奴隷)を「ianfu」と表現している。インド

ネシアからタイの鉄道建設に徴用された労働者を「romusha」、日本軍の

補助兵だったインドネシア人を「heiho」と呼んでいる。他の東南アジア

諸国でも通じる言葉だ。

◎ 日本の「記者クラブ」は、日本の軍国主義時代に誕生した民主主義

に反する制度であることを知ってもらうために、キシャクラブと表現

している。

 日本軍慰安婦問題で、「軍の慰安婦はどの国にもあった」という言説

があるが、大日本帝国軍が設置した慰安所は、日本軍に特有のもので

あるからこそ、国連から国家としての謝罪と賠償を勧告されている

のだ。

 ナチスドイツのホロコーストも原語で表現されているのは、ナチス

しかない虐殺だったからだ。

 日本の御用学者は、「記者クラブはどこにでもある」と言っているの

は、大間違いだ。日本にしかない。日本にしかないものは、天皇制、

元号も同じだが、おかしいと思った方がいい。

◎ 日本で記者クラブを無視して会見をしたのは、山口百恵さんだ。

三浦友和氏との婚約を発表する際、NHK内にある「放送記者会」など

3つの芸能・文化関係のクラブで会見を求められたが、これを断って、

ホテルの宴会場に報道陣を集めて記者会見した。「仕事上のことなら

まだ分かるが、プライベートなことでどうして何回もクラブで話さない

といけないのか」と言って拒否したという。

 拙著『犯罪報道と警察』(三一書房)に詳しく書いている。

 小沢一郎氏もキシャクラブ相手の会見はやらない。小沢政権ができて

いればキシャクラブはなくなっていたと思う。

 8月7日、首相官邸記者クラブを使って「できちゃった婚」を女性を

伴って「発表」した衆議員議員がいたが、時代錯誤も甚だしい。

◎ 日本で、キシャクラブと自治体を相手取って裁判を起こした市民が

いる。「記者クラブが使った電話代を市が負担したことと、市側が懇親

会などで記者接待を行ったことは行き過ぎた便宜供与。京都市長と京都

市政記者クラブは、京都市にこの費用を返すべき」。京都市伏見区

農業、藤田孝夫氏(故人)は1992年6月19日に訴訟を京都地裁に起こ

した。同様の住民監査請求を棄却された末の住民訴訟だった。

 藤田氏は京都市の情報公開制度を利用して、1991年度の記者クラブ

の電話料負担額と記者接待費を調査した。電話料は約93万円。記者接待

は1991年5月から10月まで7回あり、合計約202万円で、1回の出席者

1人当たりの平均費用は約1万8000円だった。

 藤田氏は1990年4月12日に、「京都府京都府記者クラブに記者室

を無償提供するなど数々の便宜供与をしているのは違法」という訴訟を

起こしていた。

 これは当時の荒巻禎一知事が1987年9月1日、定例記者会見で、沖縄

を襲った台風被害に触れ、「台風でサトウキビが倒れたから、〈過激派

の)警備がやりやすくなって良かった」などと話した。

 これを聞いた記者クラブの記者のうち、記事にしたのは共同通信

神谷裕司記者(現在、朝日新聞都城支局長)だけだった。これに疑問を

持った藤田氏がキシャクラブと府庁の癒着を問題にしたのだ。藤田さん

は2件とも最高裁まで争ったが、いずれも原告敗訴となった。

◎ 裁判所は、「市や府にとって、記者クラブは広報機関としての役割

を果たしており、違法性はない」と判示した。1人2万円近い豪華宴会

が、社会的常識の範囲内として認められた。記者クラブは親睦を目的と

した任意団体で被告としての当事者性がないと認定した。

 藤田氏は京都府警による京都府記者クラブへの便宜供与、接待に

ついても資料を請求したが入手できなかった。

 官庁の広報に役立っているから、首長がキシャクラブのメンバーを

公金で接待しても問題ないという判決は、報道機関にとってあまりに

恥ずかしいことではないか。当時、日刊ゲンダイ以外のメディアは

この裁判を一字も報道しなかった。

┏┓ 

┗■4.福島第一原発汚染水の放流時、

 | 放射性物質の一部が1年内に東海に流入…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.福島第一原発汚染水の放流時、

  放射性物質の一部が1年内に東海に流入

  8/14(水)17:03配信「中央日報日本語版」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000046-cnippou-kr

2.韓日市民団体 福島第一原発の汚染水放出計画を批判

  8/16(金)15:46配信「聯合ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000041-yonh-kr

3.原発安全対策費、5兆円超に 政府の「最安」評価揺らぐ

  8/12(月)5:00配信「朝日新聞デジタル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000001-asahi-soci

┏┓ 

┗■5.原発再稼働反対−柏崎で市民集会、9月1日…

 | メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

 └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

 ◆原発再稼働反対−柏崎で市民集会、9月1日

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対する集会「なくそテ原発・柏崎

大集会」が9月1日、柏崎市の市文化会館アルフォーレで開かれる。

慶応大名誉教授の金子勝さんが講演するほか、市民団体が日頃の取り

組みを報告する。

 本県や長野、群馬の各県で活動する市民団体による実行委員会が

主催する。

 金子さんは「原発を止めないと、日本は成長できない」と題して講演

する。東電福島第一原発事故福島県から群馬県へ避難後に反原発

活動に励む人や、再稼働に反対する市民団体が取り組みを紹介する。

 午後0時45分スタート。参加無料だが、会場でカンパを募る。

問い合わせは実行委事務局の上野さん080(6676)5998。

(8月11日「新潟日報」より、紙面のみでネット上に掲載なし)

┏┓ 

┗■6.メルマガ読者からのイベント案内

 |          (お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆9/2(月)【もんじゅ西村裁判-3】−第8回

日 時:2019年9月2日(月)11:00〜

場 所:東京地裁 411号法廷 (東京メトロ霞が関」A1出口1分)

被 告:1.日本原子力研究開発機構(旧動燃)

    2.大畑宏之元理事の遺族(大畑宏之が死亡した為)

原 告:西村トシ子

内 容:未返還遺品請求

  1.西村変死事件直後,遺族は閣僚に動燃内の机の封印を

    嘆願した,その遺品,

  2.大畑氏の遺族に対し,中央署が大畑理事に渡した

    西村の遺品+FAX+靴等

<裁判-3の経緯>

2018/02/22 西村裁判-3(提訴)

2018/03/08 動燃 大畑宏之元理事 死去

 提訴直後,被告大畑宏之元理事(遺体第一発見者,通報者の

重要参考人)(総務,広報,葬儀担当)西村成生の変死事件に

関わったキーマンが死去、(何故か)遺族が被告を引き継いだ。

最新情報は原告ブログ:

  もんじゅ西村裁判3 https://95381767.at.webry.info/

連絡先:もんじゅ西村裁判の会 nisimura3232@gmail.com

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3722】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3722】

2019年8月10日(土)地震原発事故情報−

              6つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.放射能汚染水を海に捨てるな、漁業・海をこわすな

   安全な陸上部に保管せよ、100年保管でトリチウムは大減少

  ニッポンには原油保管の経験と技術がある・石油危機の時から

         柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★2.「半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題 事実上の対抗措置」

   を批判する  その4(全5回)

  日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権 

   「韓国が苦しむ姿を見たい」という国民の「感情」に訴える政策    

                  渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

★3.半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題 事実上の対抗措置

   を批判する  その5(全5回)

   日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権

   韓国、北(共朝鮮民主主義共和国)は日本に最も近いお隣さん

           渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

★4.福島第一原発の「トリチウム水」 タンクで長期保管も視野に

   入れて議論…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)      

             黒木和也 (宮崎県在住)

★5.「復興五輪」とは名ばかり−福島第一原発災害に対する真の復興

   には背を向けている

   <2020東京五輪に反対する18の理由:反東京オリンピックガイド

   ブック>の紹介 (その4)

   16.「クーベルタンとオリンピズム」から

   18. 「世界各都市で反オリンピック運動」まで

               浜島高治 (神奈川県在住)

★6.新聞より1つ

  ◆ 小池都知事 追悼文、3年連続送らず 関東大震災朝鮮人虐殺

(8月10日東京新聞朝刊1面より抜粋)

━━━━━━━ 

※8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!

 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!「特重できていない原発

 はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)12時より13時…原子力規制委員会前(港区)

           (地下鉄六本木一丁目駅より)

     15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)

        (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)

 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」TEL 070-6650-5549

━━━━━━━ 

※8/21(水)学習会にご参加を! 反緊縮経済政策Q&A:

    「市民と野党の共闘」 が掲げる経済政策を巡って

 講 師:田中一郎さん(ちょぼちょぼ市民連合) 参加費:800円

 日 時:8月21日(水)19:00より21:00  新ちょぼゼミ 

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

━━━━━━━ 

※たんぽぽ舎の夏休みは8月13日(火)より17日(土)までです。

 メールマガジンもお休み致します。

 8月19日(月)より平常通りとなります。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.放射能汚染水を海に捨てるな、漁業・海をこわすな

 |  安全な陸上部に保管せよ、100年保管でトリチウムは大減少

 | ニッポンには原油保管の経験と技術がある・石油危機の時から

 └──── 柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

○8月9日(金) の朝日新聞1面トップ記事は「汚染水タンク3年後に満杯」

福島第一原発 東電、初の見通し」「 処分法 国に決定迫る」(4段ブ

チヌキの大見出し)である。8年半前(2011年)の3、11過酷事故後から

分かっていた課題、東電の責任である放射能汚染水−その初期投資をケチ

ったツケが今に顕れている問題だ。

○8月9日、処分方法を検討する政府の有識者小委員会が開かれた。東大

の防災情報研究センターの関谷直也准教授は「地元の人の生活を犠牲に廃炉

を進めるのは論理が破綻している」などと訴えた。現在の処理水は約115万

トン。委員からは隣接地を取得して保管スペースを確保出来ないか、質問

も出た。東電側は「不可能ではない」としつつも現在の敷地内で廃炉に取

り組みたいとの意向を示した(毎日新聞8月10日朝刊)

○私たちは放射能汚染水を海に捨てるな、薄めて捨てても放射能毒物の総

量は同じだ。漁業者等の生活をこわすな。世界中から批難−批判される海

洋投棄=放出はやめよ。安全な陸上部に保管せよ。

 東電は北側に広大な「土捨場」が有る。福島第一原発の周囲は環境省が中

間敷地として保有している。そこに拡幅できる。さらに福島第二など広大

な土地を持っている。

 日本には半世紀以上前から、石油狂乱時代の時から原油タンク保管の経

験と技術を持っている。お金も高くない。日本は確実に安全な陸上保管が

できる、と訴え続けてきた。8月7日(水)の東電合同抗議で、私はその主

旨を演説した。(Uチューブに記録)

青森県での実例を紹介します。     むつ小川原石油備蓄基地  

   570万キロリットルの貯蔵能力(貯蔵タンク - 11.1万kl×51基)

○「処理水」という単語は正しいのかどうか指摘したい.(後日)

原子力規制委員会の態度は正しいのか。大まちがいをしていると指摘

 したい。(後日) 

 

┏┓ 

┗■2.「半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題 事実上の対抗措置」

 |  を批判する   その4(全5回)

 | 日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権  

 |  「韓国が苦しむ姿を見たい」という国民の「感情」に訴える政策

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

〇 7月24日、韓国はWTOの一般理事会で、日本による輸出規制は不当

 と主張。日本は韓国が求める再会合を開かないまま、「ホワイト国」か

 ら除外を決定。

〇 朝日新聞「論壇」より抜粋要約

 ・ルールに基づく多国間国際システムに打撃を与えてでも、自国の利益

 を追求するトランプ流外交を、国際社会はどう見るか

 ・大口顧客の韓国企業への輸出が減り、日本企業が被害を受ける

 ・韓国が代替え品の調達・開発を進め、日本企業の国際競争が損なわれる

〇 韓国を「痛めつける」政策

 では、なぜ経済メリットの薄い輸出規制を進めるのか、その理由を木村

 幹氏は「政策の効力ではなく、これにより「韓国を痛めつけ」或いは

 「痛めつけよう」とするものだ。

 両国の中長期的な利益を模索するよりも「韓国が苦しむ姿を見たい」と

 言う国民をターゲットにした「感情」に訴えかける政策をとっている。

〇 植民地下、日本は朝鮮人に何をしたか

 人々の土地を奪い、その名前を奪い、強制連行で過酷労働に追いやり、

皇軍兵士」として戦場に狩り出した。そして天照大神明治天皇を祭神

 とする朝鮮神宮への参拝を強制。物理的にだけでなく、人々の心の中に

 まで手を突っ込んで、塗炭の苦しみに追いやった。

〇 安倍首相は言う

 「明治は素晴らしかった、侵略などしていない、植民地支配もしていない」

 「元徴用工は募集に応じて朝鮮半島から来た労働者

(その5)に続く

┏┓ 

┗■3.半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題 事実上の対抗措置

 |  を批判する  その5(全5回)

 |  日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権 安倍首相、

 | 韓国、北(共朝鮮民主主義共和国)は日本に最も近いお隣さん

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

〇 文大統領からのメッセージを再度

 簡単に言えば「隣国どうし、仲良くやっていこう。でも、その前に歴史

 を直視して、なかったことにしないでほしい」ということ。

    → 何か、間違っていますか?

〇 日朝関係を最悪にしてしまった安倍首相

 そして今度は最悪の日韓関係にしてしまった!

 在日差別、ヘイトに国家によるお墨付きを与えてしまった!

〇 「元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明」

 ・元徴用工問題の本質は人権問題

 ・日韓請求権協定により個人請求権は消滅していない

 ・被害者個人の救済を重視する近年の国際人権法の進路に沿った判決

  である

 ・日韓両国が相互に非難し合うのではなく、本判決を機に根本的な解決

  を行うべき

*「国際人権法」

 国際人権法では、被害者個人の救済を重視する。国家間で手続きを進め、

既成事実として押し通す手法は国際社会の理解を得られない。

〇 朝鮮植民地支配をどう捉えるかという歴史認識が私たちに問われている。

〇 70年経った今も訴え続ける、老いた元徴用工の心情を汲まず、「あり得

  ない」と切り棄てていいのか?

┏┓ 

┗■4.福島第一原発の「トリチウム水」 タンクで長期保管も視野に

 |  入れて議論…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.福島第一原発の「トリチウム水」 タンクで長期保管も視野に入れて議論

  8/9(金) 21:30配信福島テレビ

  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000006-ftv-l07

2.玄海原発 県が特重施設の建設計画を了解【佐賀県

 8/9(金) 18:00配信佐賀ニュース サガテレビ

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000004-sagatv-l41

┏┓ 

┗■5.「復興五輪」とは名ばかり−福島第一原発災害に対する

 |  真の復興には背を向けている

 |  <2020東京五輪に反対する18の理由:反東京オリンピック

 |  ガイドブック>の紹介 (その4)

 |  16.「クーベルタンとオリンピズム」から

 |  18. 「世界各都市で反オリンピック運動」まで

 └──── 浜島高治 (神奈川県在住)

16. クーベルタンとオリンピズム

 JOCのホームページには「クーベルタンとオリンピズム」という文章

があります。ピエール・ド・クーベルタン(1863−1937)がフランスの貴

族であること、普仏戦争(1870)でフランスがプロシアに敗北したことが

彼の世代にとって大きな衝撃となり、フランスの教育改革の指針を求めて

知育・徳育・体育が三位一体で進められていたイギリスのパブリックスク

ールから重要な示唆を受けたこと等…。近代西洋は古代ギリシャの正統の

後継者であり残りの世界を指導する権利があるという人種差別的な考えを、

クーベルタンは一生疑うことはありませんでした。

17. 戦争とオリンピックはつきものだ

 オリンピック憲章において「オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持

に重きを置く平和な社会の推進を目指すために、人類の調和のとれた発展

にスポーツを役立てることである」と明記されています。

 私たちの中には、オリンピック=平和の祭典という構図が染みついてい

ます。

 しかし、それは歴史的に見れば大きな誤りです。1896年に再開された近

代オリンピックの歴史がいかに戦争・政治・金まみれだったかは詳細に検

証すれば一目瞭然です。

18.世界各都市で反オリンピック運動

 オリンピック招致に伴う汚職からはじまり、開催準備において、貧困者

の排除・環境破壊・優性思想の蔓延など、多岐にわたる問題が主宰都市の

地域住民を襲っています。

 日本では、これまで7回もの五輪・パラリンピック招致活動、そして3

回の開催を経験しています。1940年東京大会は日中戦争が勃発したため返

上されています。

 1964年東京大会に対しては、芸術家達が五輪批判の路上パフォーマンス

をおこないました。1971年札幌冬季大会における凄まじい環境破壊に対し

て地域住民による反対運動がありました。

 名古屋では1988年招致に際し、市民運動が反対を掲げた市長候補者をた

て、また市役所前でのハンガーストライキなどを展開し実質招致させませ

んでした。

 1998年長野冬季五輪では、軽井沢リゾート開発においての汚職や環境破

壊などを住人達が暴き、大きな反対運動になりました。

 2016年東京の招致活動の際もIOCに直接、手紙を届けるなど反対して

いました。

東京オリンピックおことわり宣言』

 東京オリンピックパラリンピックまで、いよいよ1年となった。1か

月ほどのスポーツ・イベントに総額3兆円を越えるといわれる巨額な費用

が投入される。

 その内訳は不透明で、青天井だとも言われる。

 「復興五輪」と命名されながら、福島第一原発災害に対する真の復興に

は背を向けていると考えざるを得ないカネの使い方だ。

 新国立競技場建設も無理な日程で進められている中で、ついに死者が出

るまでに至った。

 カヌー競技においてはオリンピック出場を巡って競争相手に薬物を盛る

というオリンピックの勝利至上主義を象徴する事件も起こった。

 このようにオリンピック・パラリンピックは様々な問題を引き起こして

いるにもかかわらず、その存在に対して「NO」と言えない雰囲気がつく

られ、さまざまな社会問題をスポーツ・イベントという「祝祭」で覆い隠す。

おわりに……反オリンピックの声をともに!

「オリンピック災害」おことわり連絡会編 頒価:500円

      info@2020okotowa.link

┏┓ 

┗■6.新聞より1つ

 └──── 

 ◆ 小池都知事 追悼文、3年連続送らず 関東大震災朝鮮人虐殺

9月1日に東京都墨田区横網町公園で営まれる、関東大震災で虐殺さ

れた朝鮮人犠牲者追悼式について、小池百合子都知事は9日の定例記者会

見で、今回も追悼文を送付しない考えを明らかにした。歴代知事が続けて

きた送付は、小池都政下で3年連続で見送られる。 (中略)

 朝鮮人虐殺の追悼式を巡っては、これまでの知事は「痛ましい出来事を、

世代を超えて語り継いでいかなければならない」などとする追悼文を送っ

てきた。

 主催する実行委員会(日朝協会東京都連合会などで構成)は8日、知事

の参列や追悼文の送付を求める要請書を、5022筆の署名と合わせて知事あ

てに提出。「歴史的事実から目を背ける姿勢の表れではないかとの不安も

ある」とした上で、来夏に東京五輪パラリンピック開催を控えることを

踏まえ、「国や民族・地域の違いに関係なく信頼・友情を共有する都市に

向けて進む意味でも要望に耳を傾けてほしい」と訴えていた。

 政府中央防災会議の報告書(2008年)は、朝鮮人らの犠牲者数は約10万

5千人の震災犠牲者の「1−数%」と記述。「朝鮮人が放火する」といっ

た流言を背景に、住民の自警団や軍隊、警察の一部が殺傷したと指摘して

いる。

(8月10日東京新聞朝刊1面より抜粋)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019081002000165.html

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No3721】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No3721】

2019年8月9日(金)地震原発事故情報−

               6つの情報をお知らせします

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.日本政府は「核兵器禁止条約」に賛同せよ、

   脱原発も訴え…主催者あいさつ

   雨の中、中国電力本社前・脱原発座り込み

   「被爆74周年原水爆禁止世界大会」参加報告

                   稲月 隆(たんぽぽ舎)

★2.「半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題

   事実上の対抗措置」を批判する  その2(全5回)

  日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権

   規制措置は「トランプ流」

            渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

★3.半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題

   事実上の対抗措置を批判する  その3(全5回)

   日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権

  安倍首相、トランプ氏に「無礼だ」と言ってごらん

            渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

★4.「3年後(2022年夏ごろ)に保管限界」福島第一原発

  たまる処理水 東京電力が試算…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.「復興五輪」とは名ばかり−福島第一原発災害に対する

   真の復興には背を向けている

   <2020東京五輪に反対する18の理由:

   反東京オリンピックガイドブック>の紹介 (その3)(全4回)

   11.「動員される子供たち」から

   15. 「女性アスリートとオリンピック」まで

                  浜島高治 (神奈川県在住)

★6.新聞より3つ

  ◆廃炉作業に支障も 処理水タンク空き地不足 福島第一

            (8月9日、日本経済新聞朝刊より抜粋)

  ◆東通原発、4社共同運営へ新会社 廃炉や顧客流出で苦境

   東電、独力で原発難しく 巨額建設費の負担軽減

   (8月9日、日本経済新聞朝刊「ビジネスTODAY」より抜粋)

  ◆浅間山小規模噴火 警戒レベル3に引き上げ けが人情報なし

   地元 観光への影響懸念

          (8月8日毎日新聞夕刊7面より抜粋)

━━━━━━━ 

※8/21(水)全国一斉抗議行動第1波にご参加を!

 原発は危険!「特重」ない原発はもっと危険!

 「特重できていない原発」はすぐ止めろ!

 日 時:8月21日(水)

  12時より13時…原子力規制委員会前(港区)

         (地下鉄六本木一丁目駅より)

     15時より16時…九州電力東京支社前(千代田区)

               (JR有楽町駅日比谷口すぐ前)

 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」TEL 070-6650-5549

━━━━━━━ 

※8/21(水)学習会にご参加を!

 反緊縮経済政策Q&A:

 「市民と野党の共闘」が掲げる経済政策を巡って

 講 師:田中一郎さん(ちょぼちょぼ市民連合

 日 時:8月21日(水)19:00より21:00  新ちょぼゼミ

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円

━━━━━━━ 

※たんぽぽ舎の夏休みは8月13日(火)より17日(土)までです。

 メールマガジンもお休み致します。

 8月19日(月)より平常通りとなります。

━━━━━━━ 

※訂正1つあります。

 昨日発信の【TMM:No3720】★2.新宿のど真ん中を250人で夜デモ!

 正:このデモには、東京教組、郵政ユニオン等の

 誤:このデモには、東京教祖、郵政ユニオン等の

   おわびして訂正させていただきます。

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.日本政府は「核兵器禁止条約」に賛同せよ、

 |  脱原発も訴え…主催者あいさつ

 |  雨の中、中国電力本社前・脱原発座り込み

 |  「被爆74周年原水爆禁止世界大会」参加報告

 └──── 稲月 隆(たんぽぽ舎)

◎ 今年も暑い夏がやってきて、8月4日(日)から6日(火)、74回目の

広島での原水禁大会に参加しました。

 今回の参加人数は、20年以上連続で参加してきた中では最小の4名で

したが、久しぶりに初参加者が1名いました。

 参加者4名は、8月4日(日)16時30分に開会総会が開かれる県立総合

体育館(グリーンアリーナ)前に集合して、「東海第二原発」のチラシ

配布から行動をスタートし、17時から19時まで開会総会に参加しました。

  黙祷から始まり、主催者あいさつは長崎での被爆者でもある川野

浩一大会実行委員長で、「核兵器禁止条約に賛同しない」日本政府に

対して、「被爆者の怒りを真摯に受け止めよ」と指摘するとともに、

福島第一原発事故に言及し脱原発をも訴えた。

◎ また例年、被爆者の貴重な話を聞くことができる被爆者の訴え

では、今回は爆心地から1.5kmほどの自宅で被爆した高品健二さん

(当時8歳)の母親を亡くした体験等を聞くことができました。

 なお、今年の開会総会の参加者は、主催者発表で1800名で、昨年の

2200名より少なくなっていることがちょっと気になりました。

◎ 8月5日(月)の午前は、8つの分科会が設定されており(イ.平和

と核軍縮の1―沖縄で何が、起きているのか、ロ.平和と核軍縮の2―

日・米・韓軍事同盟の行方、ハ.平和と核軍縮の3―朝鮮半島の非核化

と日本、ニ.脱原子力の1―自然エネルギーの今とこれから、ホ.脱原

子力の2―原子力政策の矛盾、へ.脱原子力の3―福島の現実と課題、

ホ.ヒバクシャ−ヒバクシャの現在、ヘ.見て、聞いて、学ぼうヒロシ

マ)、参加者がそれぞれ興味・関心等のある分科会に参加しました。

私は数年ぶりに第7分科会に参加しました。

◎ 午後は、「ヒロシマナガサキ・フクシマ・JCO・チェルノ

ブイリを結んで ヒバクを許さない集い Part20」の集会である「核兵器

禁止条約を批准・発効させよう!ヒバクシャに補償を!」に参加

しました。

 夜は、「8・6ヒロシマ平和へのつどい2019」の集会である「被爆

 原点から ヒロシマの責務を考える−東アジアの平和のために−」に

参加しました。

 例年通り今回も予定時間(18時から20時30分)を超える中身の濃い集会

でした。

◎ 問題提起が4人(木原省治氏・原発ごめんだヒロシマ市民の会

代表、田中利幸氏・歴史家、佐藤和良氏・福島原発刑事訴訟支援団

団長等)からなされた後、鵜飼哲氏(一橋大学院言語社会研究科特認

教授)の記念講演「今、<反核インターナショナリズム>を考える−

広島・福島・オリンピック」等がありました。

◎ 最終日の8月6日(火)は台風が九州を通過していったこともあり、

朝7時過ぎからのチラシ配布、7時45分からの原爆ドーム前での

グランド・ゼロのつどい」、8時15分からの追悼のダイ・インまでは

曇天の中、8時30分から9時15分の中国電力本社までのデモ、9時15分

から10時15分の中国電力本社前・脱原発座り込みは雨の中の行動に

なりました。行動終了頃には雨は止み、今回の行動も終了に

なりました。

◎ 来年の2020年は、被爆75周年、NPT発効50年、核兵器禁止条約

制定後初のNPT再検討会議開催の年などに当たります。

 参加者各々は核兵器原発のない世界の実現に向け、気持ちも新たに

帰路に着きました。

┏┓ 

┗■2.「半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題

 |  事実上の対抗措置」を批判する   その2(全5回)

 | 日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権

 |  規制措置は「トランプ流」

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

〇「6月」、韓国は日本に提案した

・韓国側:日韓両政府間の協議に入ることを目指し、被告の日本企業と

韓国企業が資金を出し合い、賠償金相当額を支払うという案を日本側に

提案。 →当事者間の和解を進めていこう

 また、呈示した案が唯一の解決法だと主張しているのではなく、日本

側の主張を入れて修正できるものだ。

    →協定を破棄するのではなく見直しを

・菅房長官:「検討に値しない」と一蹴。

〇そして「7月」、日本は韓国の基幹産業である、半導体材料の輸出

規制をした →貿易上の措置を強行することによって、屈服を強いる

〇メディアはどう見たか

朝日新聞毎日新聞日経新聞、一斉に「日本側の主張」に対して

批判した

・7月2日付 米ブルームバーグ通信

 「中国などに貿易戦争を相次いで仕掛けたトランプ氏を日本が追随

している」

・ウォールストリート・ジャーナル「トランプ流としか言いようがない」

                       (その3)に続く

┏┓ 

┗■3.半導体材料、対韓輸出を規制 元徴用工問題

 |  事実上の対抗措置を批判する  その3(全5回)

 |  日韓関係が悪化? 悪化させているのは安倍政権

 | 安倍首相、トランプ氏に「無礼だ」と言ってごらん

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

〇なぜ韓国は仲裁委員会設置に応じないのか

・仲裁委設置は日韓請求権協定で「外交ルートで解決できなかった

場合」と規定しており、韓国外務省は、「外交協議も終わっておらず、

設置は不適当」と説明。

・特に重要なのは以下の韓国政府の見解だ

 「手続きに入れば植民地支配は不法だったと主張する韓国と、国際法

に照らして合法だったとする日本の立場がぶつかり合い、両国関係は

双方の国民感情を巻き込んで制御不能になるとの認識がある」

3・1独立運動100周年記念式典で文大統領

 「過去は変えられませんが、未来は変えられます。歴史を鏡にして、

韓国と日本が固く手をつかむ時、平和の時代が私たちの側に近づいて

くるでしょう。力を合わせて、被害者の苦痛を実質的に治癒する時、

韓国と日本は心が通じる真の友になるでしょう」

*韓国人の8〜9割がいまだに植民地支配は「強占」であり、隣国が

もたらした災いだ、と考えている(新・韓国現代史 ムンギョンス)。

〇7月19日、韓国高官「未来志向の関係を築くために、日本と対話を

通して解決できると信じる」

 7月20日、河野外相、日韓企業が資金を出し合うという駐日韓国大使

の再提案の言葉を遮り、「無礼だ」と言い放った。

 →トランプ氏に1度でもいいから、「無礼だ」と言ってごらん。

                   (その4)に続く

┏┓ 

┗■4.「3年後(2022年夏ごろ)に保管限界」福島第一原発

 | たまる処理水 東京電力が試算…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.「3年後(2022年夏ごろ)に保管限界」福島第一原発

  たまる処理水 東京電力が試算を明らかに

8/8(木)21:30配信「福島テレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000007-ftv-l07

2.東電、第一と第二の計10基廃炉同時進行で人手確保に懸念

  8/8(木)22:50配信「産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000591-san-bus_all

┏┓ 

┗■5.「復興五輪」とは名ばかり−福島第一原発災害に対する

 |  真の復興には背を向けている

 |  <2020東京五輪に反対する18の理由:

 |  反東京オリンピックガイドブック>の紹介 (その3)(全4回)

 |  11.「動員される子供たち」から

 |  15. 「女性アスリートとオリンピック」まで

 └──── 浜島高治 (神奈川県在住)

11. 動員される子供たち

 「オリンピック災害」の中でも、この国独特のものとして「オリン

ピック・パラリンピック教育」があります。海外の仲間達が驚くオリ・

パラ教育とはいったい何のでしょうか?

 問題点は大きく2つ。ひとつは、オリンピック・パラリンピック

体現する(と国家が考える)価値観を教育として子供達に強制すること。

 2点目はその上で、ボランティア活動や聖火リレー、競技観戦に子供

達を動員するということです。有無を言わせない強制は大きな問題です。

12. 天皇・日の丸・君が代

 日本選手がオリンピックでメダルを獲得すると、掲揚台に「日の丸」

が上がり、金メダルだとさらに「君が代」が流れます。

 「日の丸・君が代」も、そもそも天皇の歌と旗ですが、天皇はオリン

ピックの名誉総裁に就任することになるので、より直接的にオリン

ピックにも関わっています。

13. 聖火リレーってなんだ?

 6月1日、オリンピック大会組織委員会は、2020大会の聖火リレー

ルートと日程の概要を発表しました。それによれば2020年3月26日から

7月24日(開会式)まで121日間をかけて、全国47都道府県・857市

区町村を、1万人の走者でつなぐのだといいます。

14. パラリンピックと優生思想

 パラリンピックの起源は戦争です。第2次世界大戦で、連合国は多く

の犠牲者を伴うことが前提の作戦を遂行しました。戦場で傷つき、障害

を負った軍人達のリハビリにはスポーツが導入され、競技大会が開催

されるようになりました。

 パラリンピックは、兵士を育成するなかで「戦い傷ついてもこのよう

に社会復帰できるのだ」と語られることがあります。

 ある研究者「兵士への医療の目的は、もう一度戦場に復帰させること

にある」と言っています。パラリンピックは戦争遂行のメカニズムに

組み込まれている、といって過言ではないでしょう。

15. 女性アスリートとオリンピック

 近代オリンピックの父と呼ばれるクーベルタンの以下の言葉を、2019

年おことわリンク集会で講師の井上聡子さんが翻訳紹介してくれました。

 「女性がオリンピックに参加をするということは、非実用的で、面白

くもなく、見苦しい上に、はっきりいうと下品である」、「女の栄光

は、彼女が生んだ子供の数と質を通して勝ち取られるもので、スポーツ

についていうなら、女の最大の功績は彼女自身が記録を目指すことでは

なく、彼女の息子が卓越するように励ますことである」と。

 19世紀末の話ですが、日本では現在もどこかで聞きそうな言葉です。

                    (その4)に続く

「オリンピック災害」おことわり連絡会編 頒価:500円

info@2020okotowa.link

┏┓ 

┗■6.新聞より3つ

 └──── 

 ◆廃炉作業に支障も 処理水タンク空き地不足 福島第一

 東京電力福島第一原子力発電所での処理水の保管が限界に近づいて

いることが公式に明らかになった。

 経済産業省有識者会議はタンク増設による保管継続の可否を含めて

処分方法の議論を続けるが、どの方法にするかという結論は先送りする

方針だ。

 原発敷地内のタンクが増え続ければ、溶融燃料(デブリ)の取り出し

など廃炉の重要な作業に支障が出かねない。先送りのツケは重い。

     (後略)  (8月9日、日本経済新聞朝刊より抜粋)

 詳しくはこちらを

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48376090Y9A800C1EA1000/

 ◆東通原発、4社共同運営へ新会社 廃炉や顧客流出で苦境

  東電、独力で原発難しく 巨額建設費の負担軽減

 東京電力ホールディングスが建設を中断していた東通原子力発電所

青森県)を中部電力など4社の共同運営にする方針を固めたことが

明らかになった。

 東電が自社の原発を他社との提携に頼るのは、事故を起こした福島

第一原発の難しい廃炉作業や、首都圏での電力の顧客流出といった

課題が山積しているためだ。(後略)

 (8月9日、日本経済新聞朝刊「ビジネスTODAY」より抜粋)

 ◆浅間山小規模噴火 警戒レベル3に引き上げ けが情報なし

  地元 観光への影響懸念

 7日午後10時8分ごろ、浅間山(群馬・長野県境、2568m)の山頂

火口で小規模な噴火が発生した。

 気象庁は、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から3

(入山規制)に引き上げ、火口から約4キロの範囲で大きな噴石や

火砕流への警戒を呼びかけている。 (中略)

 浅間山が噴火警戒レベル1から噴火したのは初めてといい、「これ

までの噴火はある程度はっきりした予兆があったが、今回はなかった」

としている。 (後略) (8月8日毎日新聞夕刊7面より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)

 及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

「投稿」の送付先はたんぽぽ舎のアドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の制限上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ

  ガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

       新HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856