たんぽぽ舎です。【TMM:No4323】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4323】

2021年10月21日(木)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.岸田核依存内閣を打倒しよう!

  10月23日停止の老朽原発・美浜3号機を

  廃炉に追い込み、原発全廃に前進しよう!

         木原荘林(老朽原発うごかすな!実行委員会)

★2.石川県志賀原発「9本の断層(半径5キロ)のうち

  4本が活断層」…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                黒木和也 (宮崎県在住)

★3.「外国人は煮て食おうが焼いて食おうが自由」(入国参事官)

  「ウイシュマさん死亡事件から考える」

  −日本の入管制度の歴史−

  10/25(月)金 東鶴(キム トンハク)さん講演会のお知らせ

             渡辺マリ (たんぽぽ舎ボランティア)

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆10月21日はグローバル暗号デー!

   10/23(土)シンポジウム『監視社会と暗号』

   小笠原みどりさん、宮崎俊郎さん、小倉利丸さん

★5.10/31衆議院選挙と同時に行われる最高裁裁判官の

  国民審査:「1人0.34票は合憲」という判事にバツを!

           認定NPO法人「一人一票実現国民会議

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!

 「東電の不祥事続き問題」と「第6次エネルギー基本計画」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円    予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じ予約方法です。

━━━━━━━ 

※10/18(月)岩垂弘さん「8回連続講座」の第6回を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211018 UPLAN 核軍拡競争下の運動 1977から1986

https://www.youtube.com/watch?v=FAX-ZaP8J3c

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:

高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.岸田核依存内閣を打倒しよう!

 | 10月23日停止の老朽原発・美浜3号機を

 | 廃炉に追い込み、原発全廃に前進しよう!

 └──── 木原荘林(老朽原発うごかすな!実行委員会)

☆核依存をますます強める岸田自民党

 3A(安倍、麻生、甘利)の強い影響下での論功行賞的人事を行い、

安倍・菅路線を継承して、破局に突き進む政権が誕生しました。

 看板だけを書き換えて、さらに巧妙に国民に犠牲を強いる

岸田政権です。

 岸田首相は、温室効果ガス削減を目指すとして、原発再稼働、新型炉

開発、核融合開発を含めた「クリーン・エネルギー戦略」の策定を掲げ、

再生可能エネルギー一本足打法ではない」と述べています。

 脱炭素政策には消極的であるにもかかわらず、原発には前のめりです。

 岸田自民党総裁は、「原子力ムラのドン」の一人・甘利明氏を幹事長に

すえ、エネルギー基本計画を見直すと明言し、小型新型原子炉の開発を

標榜する高市早苗氏を党の政策立案を仕切る政調会長に就任させました。

 福井2区選出で国対委員長についた高木毅氏も原発推進派で知られて

います。

 内閣では、甘利氏の一番弟子であり「原発を使い倒さなければ

カーボンニュートラルできない」と主張する原発推進の急先鋒・山際

大志郎氏を経済再生担当相とし、安倍元首相の最側近で、原発推進

萩生田光一氏を経済産業相とする一方、原発推進に異論を唱える河野

太郎氏、小泉進次郎氏を閣外に追放しています。

 これによって、「原発推進のエネルギー基本計画」を全会一致で閣議

決定する魂胆は見え見えです(10月中か?)。

☆再処理、高速炉推進の岸田政権

 岸田首相は、核燃料再処理と高速炉運転を骨格とする「核燃料

サイクル政策」を進めれば、使用済み核燃料の放射線レベルを300年

程度で天然ウラン並みに低減できると主張しています(直接処分

すれば、10万年を要します)。

 「原子力ムラ」の主張を鵜呑みにし、彼らの展開する巧言

(レトリック)のみを信用し、自らは何の検証もしない、科学・技術の

現実に全く無理解な発言と言わざるを得ません。

 再処理工場や高速炉が稼働したとしても、使用済み核燃料の放射線

レベルの大幅低減を実現することは不可能です。

 その再処理工場は、1997年に完成を予定していましたが25回も延期を

繰り返し、すでに建設費だけでも3兆円超を投じたにもかかわらず、

今でも本格稼働の見通しは立っていません。

 1兆円以上を費やした高速増殖炉もんじゅ」は、トラブル続きで、

政府も技術的困難さを認めざるを得なくなり、廃炉に追い込まれて

います。

☆経済界のお先棒担ぎ・岸田政権

 一方、4ヶ月前に就任した十倉経団連会長は、岸田総裁誕生に

際して、「一番大切なのはエネルギー政策、小型モジュール炉などの

開発にも力を入れるべき」とし、福島第一原発事故以降、原発の新設・

建て替えを凍結してきた安倍・菅政権の政策の転換を岸田政権に期待

しています。

 今、電気は十分に足り、省エネ機器の発達、蓄電法の進歩も著しく、

省エネ・節電の気運も盛り上がり、エネルギー需要は減少に向かって

います。

 危険な原発核融合を推進する必要は何処にもありません。

 これらによって、エネルギーを生産すれば、地球温暖化も進みます。

☆税金の無駄遣いを加速する岸田政権

 60年以上も前から膨大な予算を投下して開発を続けてきた「地上に

つくる太陽」・核融合、「夢の原子炉」・高速(増殖)炉、原子力製鉄を

目指した高温ガス炉、核燃料サイクルの実現を目指した再処理工場、

何れも、未だに実現の見通しは見えません。

 それでも、いま岸田政権は、新しいテーマのごとく取り上げて、

さらに膨大な予算を投下しようとしています。

 それは、これらを進めてきた大企業や「原子力ムラ」を救済するため

であり、税金の無駄遣いです。(なお、「原子力ムラ」や政府はこれら

の研究を「基礎研究」と言いふらし、ここに予算を投下することが

「基礎研究重視」と宣伝していますが、これらの課題に関する

「基礎研究」は半世紀以上も前に終わっています。

 「基礎研究」の成果は、人間の都合によって実用化できるとは限りま

せんし、全てを人間が利用してよいとも限りません。それでも、膨大な

予算を注ぎ込むのが「原子力ムラ」とそれを支える政府です。)

 こんなところに使う予算があれば、自公政権が自らの失政で招いた

福祉や医療の崩壊を修復し、国民が今もっとも必要としている、福祉、

医療の充実に使うべきでしょう。

 とくに、コロナ禍を通して実感した医療崩壊の建て直しは急務である

はずです。

 なお、自民党経団連がいかに願望しようとも、それによって原発

危険性が減少するわけではありません。

 万が一にも重大事故を起こしてはならない原発を、不安なく運転

できるほど現代科学技術は進歩していないのです。

 しかも、原発が重大事故を起こせば、事故炉周辺の住民だけでなく、

50km以上も離れた地域の人々にも避難を強いること、避難は困難を

極め、長期におよび、多くの関連死を招き、人々に塗炭の苦痛を与える

ことを福島第一原発事故が教えています。

 原発の推進を掲げる政権を許してはなりません!

☆「老朽原発このまま廃炉!」行動で岸田政権の出鼻をくじこう!

 「12.5老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか」および「10.23(

美浜3号機停止日)−12.4老朽原発このまま廃炉!キャンペーン」行動を

成功裏に実行し、岸田政権の出鼻をくじき、老朽原発廃炉に追い

込み、それを突破口に原発全廃を実現しましょう!

 関西電力は、重大事故の確率が高い老朽原発・美浜3号機を再稼働

し、高浜1、2号機の再稼働を画策し、高浜3、4号機のプルサーマル

運転を強行しています(そのために、11月後半にMOX燃料をフランス

から搬入)。

 危険極まりないこれらの原発の運転を許してはなりません!

10.25「美浜3号もう動かすな!現地行動」に参加しよう!

日 時:10月25日(月)「特重施設設置期限日」 11時

場 所:美浜原発先の「シーパーク丹生」集合(予定)

行動(予定):美浜原発前デモ→関電原子力事業本部前集会→

美浜町内デモ→美浜町役場前集会

主 催:老朽原発うごかすな!実行委員会

┏┓ 

┗■2.石川県志賀原発「9本の断層(半径5キロ)のうち

 | 4本が活断層」…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.石川県志賀原発「9本の断層(半径5キロ)のうち4本が活断層

  10/20(水)22:14配信「MRO北陸放送

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ca57d690279f7d58451b91385fca8203f9b2c32

2.原子力規制委員会 柏崎刈羽原発のセキュリティー不備問題で

  東電の報告書を踏まえて26日から本格的な追加検査

  10/20(水)20:15配信「TeNYテレビ新潟」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ddb926cc0f1ee554172a1f6b314fb812b98e25b

┏┓ 

┗■3.「外国人は煮て食おうが焼いて食おうが自由」(入国参事官)

 | 「ウイシュマさん死亡事件から考える」

 | −日本の入管制度の歴史−

 | 10/25(月)金 東鶴(キム トンハク)さん講演会のお知らせ

 └──── 渡辺マリ (たんぽぽ舎ボランティア)

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00より21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

〇 ウイシュマさん死亡事件によって、他の入管施設でも職員による

虐待・暴行、被収容者による抗議のハンストや自殺が相次いでいたこと

が多くの人に知られることになった。

 全ての入管施設で死亡したのは2007年以降で16人(ウイシュマさんを

除く)。

 ウイシュマさん死亡事件に関して「医療体制の強化、職員の意識を

変える」という「改善策」が出されたが、これが真の解決になるの

だろうか?

 

〇「外国人は煮て食おうが焼いて食おうが自由」(入国参事官)

 この発言当時の「外国人」は在日朝鮮人を指す。

 戦前の植民地主義清算しないまま、国籍で線を引き、管理・監視

する取り締まり政策はそのまま現在まで存続し、日系ブラジル人

外国人労働者、ニューカマーなどがその管理対象となった。

〇「入管(令)法」は何の目的でつくられたのか?

 日本の入管制度の歴史を学習しよう。

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆10月21日はグローバル暗号デー!

  「グローバル暗号化デー・ステートメント」発表

  10/23(土)シンポジウム『監視社会と暗号』

日 時:10月23日(土)13時より15時

    小笠原みどりさん(監視研究者、カナダ在住)

    宮崎俊郎さん(NO!デジタル庁、共通番号いらないネット)

    小倉利丸さん(JCA−NET:司会)

開催方法:会場とオンラインの同時開催

会 場:[韓国YMCAホテル]3階会議室(東京、水道橋)

      http://www.ayc0208.org/access.php

主 催:「JCA−NET」

連絡先:小倉利丸 toshi@jca.apc.org

会場参加費:500円

オンラインは下記から視聴できます。

https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/147

 エドワード・スノーデンの告発を支えたのは、暗号に支えられた

ジャーナリストとの秘密裏での接触でした。他方で、日本政府が

デジタル庁や警察庁サイバー局などの組織を立ち上げるなかで、

私たちの通信の秘密の権利が脅かされつつあります。

 このシンポジウムではこうした問題について考える機会にします。

┏┓ 

┗■5.10/31衆議院選挙と同時に行われる最高裁裁判官の

 | 「国民審査:1人0.34票は合憲」という判事にバツを!

 └──── 認定NPO法人「一人一票実現国民会議

◎今回審査対象となる最高裁裁判官は、11名です。

   (最高裁全裁判官は15名)

最高裁判決で示された各裁判官の意見は、審査にあたり、

参考となります。

 当該11名の裁判官のうち、2020年11月18日最高裁大法廷判決(2019年

 参院選挙)(「2020年判決」)に関与された裁判官は、

 次の6裁判官です。

 宇賀克也、三浦 守、深山卓也、林 道晴、岡村和美、草野耕一

 残りの5裁判官は、同判決後に就任。そのため意見は不明。

国民審査:「1人0.34票は合憲」という判事にバツを!

◎同2020年判決で、「1人1票」に反対した4裁判官(深山卓也、

 林 道晴、岡村和美、草野耕一)を不支持とする場合は、バツ印を。

◎同2020年判決で、「1人1票」の原則を示された2裁判官(宇賀克也、

三浦 守)を支持する場合は、無印を。

     (10月20日東京新聞朝刊21面「2021意見広告」より抜粋)

問い合わせ:「一人一票実現国民会議」TEL:03-3780-2051

       https://www2.ippyo.org/

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4322】地震と原発事故情報−3つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4322】

2021年10月20日(水)地震原発事故情報−

             3つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「東京電力と日本原電は『人事とお金』で

  ふかぁ〜い関係がある」…柳田 真(主催者スピーチ)

  10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その4) (5回の連載)

           「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

★2.こんな政治はもういやだ!

  「世直し石鹸」「なめんなよ飴」

  自民党政治は「トリックorチート」ダマシかイカサマか

                   乱 鬼龍(笑撃の柳人)

★3.新聞・機関紙・雑誌より5つ

  ◆審査資料書き換え 原電への検査継続

   敦賀原発2号機巡り 規制委

              (10月6日「茨城新聞」より抜粋)

  ◆(東海第二原発)再稼働工事 即やめよ

   茨城県議会 江尻議員求める  (10月16日「赤旗」より抜粋)

  ◆環境経済研代表 屋内退避は「非現実的」 松江で講演

   避難先にも課題  (10月17日「山陰中央新報」より抜粋)

  ◆能登里山・里海を守ろう!

   9/12風力発電学習会(40数名が参加) 七尾の三林寛さんが講演

   (「命のネットワーク」発行・石川県羽咋市中央町サ5労働会館内

    「命のネット通信」No65 2021.10.15 より抜粋)

  ◆山本太郎・れいわ新選組代表に聞く (中島岳志

   岸田内閣を倒す「いま、政権を入れ替えなければ社会が壊れる」

        (「週刊金曜日」2021年10月15日1349号より抜粋)

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!

 「第6次エネルギー基本計画」と「東電の不祥事続き問題」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円    予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じ予約方法です。

━━━━━━━ 

※10/18(月)岩垂弘さん「8回連続講座」の第6回を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211018 UPLAN 核軍拡競争下の運動 1977から1986

https://www.youtube.com/watch?v=FAX-ZaP8J3c

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:

高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.「東京電力と日本原電は『人事とお金』で

 | ふかぁ〜い関係がある」…柳田 真(主催者スピーチ)

 | 10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その4) (5回の連載)

 └──── 「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

 ミュージシャンの演奏3曲の後、主催者スピーチは、柳田 真

(とめよう!東海第二原発首都圏連絡会)さんより。

その要旨を紹介します。

 …日本原電と東京電力のふかぁ〜い関係についてちょっとお話し

します。2つ話します。

 1つは「人事とお金」の話。2つめは“津島訴訟”。

この話をします。

◎ まず東電と原電はものすごく繋がってますね。人事、原電の社長

は、東電のエリートです。東電の出身なんです。それが原電で社長

としてずっとやっている。

 まずトップを東電が占めてると。それからお金。

 何と再稼働工事のお金として2200億円以上がついてますが、東電から

出してるんです。「人事とお金」、両方とも東電なんですね。

これは何回も聞いている方いると思いますが、非常に大きいです。

◎ 2つ目、今日昼休み、津島訴訟の集会が東京電力本店前であり

ました。柳田もたんぽぽ舎を代表して発言しました。

 津島訴訟の人たちは東電から酷いことを言われている。「もう賠償

全部やった」と、「出し過ぎている」と。出し過ぎてると、お金をね。

それで、実は、2200億円ものお金を東電が原電に出してると。東海

第二原発ね。その話もあまり伝わっていませんでした。

 つまり、津島というのは浪江町の外れの所の町で1500人いるんです

が、その半分の人が訴えています。それが無視されてるんですね。

で、実は2200億円もあればこの人たちをうんと救えるんです。

 ということで原電と東電の深い関係があります。

 実はこの日本原電本店抗議に集まった人から、東電本店前に来る人が

だんだん減ってきました。

 ちょっと危機に思っております。

 ぜひ、原電抗議集会参加のみなさん、この東電のふかぁ〜い、

ふかぁ〜い関係の集会にも来てください。

◎ そして、先ほど“脱実現被ばくネット”のチラシにも書かれて

ましたが、福島原発事故の大量の放射能汚染、シーベルト、問題点、

このビラもいいビラです。

 そして原電と東電のハガキも2枚で150円で売っております。

 ぜひ、ふかぁ〜いつながりの東電と原電、

一緒に追及しましょう、よろしくお願いします。

┏┓ 

┗■2.こんな政治はもういやだ!

 | 「世直し石鹸」「なめんなよ飴」

 | 自民党政治は「トリックorチート」ダマシかイカサマか

 └──── 乱 鬼龍(笑撃の柳人)

汚れきってる世の中の、汚れきってる政界を、さあ選択だ、世直しだ。

時は、あたかもハローウィン万聖節の前夜祭。

地獄の釜のフタが空き、バケモノどもが湧いて出る。

民をナメるな!甘く見るな!

「なめんなよ飴」ばらまいて、困民糖の意気高し!

どうと押し出す政権交代

・「世直し石鹸」…常在洗浄!洗剤一グーの大チャンス!

         汚れた政治家を全て落とそう!

         政権交代でひとアワ吹かせよう

・「なめんなよ飴」…政治家よ民をナメンナヨ!

          なめてスッキリ政権交代

          ゴミ政治家は「お払い箱」へ

┏┓ 

┗■3.新聞・機関紙・雑誌より5つ

 └──── 

 ◆審査資料書き換え 原電への検査継続

  敦賀原発2号機巡り 規制委

 原子力規制委員会は5日、日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)

の審査資料を不適切に書き換えた問題を巡る原電本店(東京都台東区)へ

の立ち入り調査を終えた。

 終了後、取材に応じた規制委事務局の古金谷敏之検査監督総括課長

は、今後も立ち入りを含めて原電の態勢が改善されたかどうかの検査を

続ける考えを示した。(後略) (10月6日「茨城新聞」より抜粋)

 ◆(東海第二原発)再稼働工事 即やめよ 茨城県議会 江尻議員求める

 日本共産党の江尻加那県議は12日の県議会一般質問で、日本原子力

発電東海第二原発(茨城県東海村)再稼働工事での労働者の安全管理を

めぐり、大井川和彦知事に原電への調査・指導を求めました。

 江尻県議は下請けや孫請けなども含め、千数百人の労働者が従事

していると指摘。(後略) (10月16日「赤旗」より抜粋)

 ◆環境経済研代表 屋内退避は「非現実的」 松江で講演

  避難先にも課題

 原子力災害時の避難対策を研究する環境経済研究所の上岡直見代表が

16日、松江市内で講演し、中国電力島根原発で事故が起きた場合、

島根、鳥取両県が作った計画通りの住民避難は「現実にはできない

だろう」と述べた。

 理由として、屋内退避の実効性の乏しさや避難先の課題を指摘。関係

自治体が責任を持って対処するよう求めた。(後略)

             (10月17日「山陰中央新報」より抜粋)

※10/18発信【TMM:No4320】上岡直見氏の投稿「★1.島根原発

 再稼働をめぐる情勢−」もごらん下さい。

 ◆能登里山・里海を守ろう!

  9/12風力発電学習会(40数名が参加) 七尾の三林寛さんが講演

 今、能登半島に総数180基以上におよぶ風力発電の設置が新たに計画

されています。能登にはすでに70基を超える風力発電が動いていると

いうのに、その上さらに大規模な新規事業が押し寄せてきたら、一体

どうなってしまうのか?

 まさに、能登里山と住民は大変な事態を迎えようとしています。

 こうした中で、計画の発表当初から声を上げ続けてきた「能登の風力

発電を考える会」の三林寛さんを迎えて、「能登女ネット」の協力の

もと「命のネットワーク」主催、のとじょ賛同による学習会を9月12日

に行いました。

 コロナ禍の中でしたが、会場となった羽咋労働会館2階ホールには、

能登地区各市町の人を中心に金沢、富山市などからの参加者を含め

40数名もの人々が集まりました。

 三林寛さんは、医師として地域に根差した医療とはどのようなものか

を問い続け、診療にあたるかたわら、七尾市田鶴浜の七原で、山間地を

拓きさまざまな作物づくりに携わっています。その農地のすぐ近くで、

風力発電計画の一つが強引に推し進められようとしているとのこと。

 三林寛さんは用意してきた写真や画像を使って、風力発電の現状や

建設に伴うさまざまな自然破壊の問題、低周波の発生による身体への

深刻な影響などについてわかりやすく説明されました。

 最後に、三林さん夫婦は、畑で取れた大豆で豆腐を作っていて、その

豆腐を介してさまざまな人々との交流が広がり、そういった中から

風力発電への疑問の声が大きくなっていったのだと強調しました。

 お話し終えた後の意見交換の場では、各市・町や石川県の取り組みの

曖昧さが厳しく批判され、自治体の枠を超えた横の繋がりや、全国

各地の反対運動に学び幅広い連帯を目指すことなど、積極的な意見や

提言が次々と飛び出しました。 (後略)

 (「命のネットワーク」発行・石川県羽咋市中央町サ5労働会館内

  「命のネット通信」No65 2021.10.15 より抜粋)

 ◆山本太郎・れいわ新選組代表に聞く (中島岳志

  岸田内閣を倒す「いま、政権を入れ替えなければ社会が壊れる」

  野党共闘を探る

中島:発足した岸田新内閣を山本さんはどう見ていますか。

山本:(中略)看板が変わっても中身は一緒。踊り子が変わっても振付師

は一緒と言うことなんだろうと思います。(中略)

・総裁選での政策はすでに反故か

中島:岸田さんは「分配機能の強化」なんて言っていますが、私は

それが全く実現しないだろうと予測しています。(中略)

自民党は、選挙の時だけ謳い文句となる政策を考える。(山本)

山本:(中略)選挙の時だけ謳い文句となる政策を考えることなどは、

自民党にとっては“普通のこと”なんですよ。(中略)

 ある意味、詐欺的手法で権力を握り続けている勢力の一人が岸田さん

です。いま、政権を入れ替えるしかない段階にきています。(中略)

◇政治に危機感があまりないのが問題です。(山本)

山本:(中略)政治は「汚いもの」で、「自分たちのほうを向いてくれ

ないだろう」と多くの人が諦めの状況にあると思います。これは自民

公明に対してだけではなく野党含めた全体にです。

 だから信頼の構築と言うのはとても難しい。どれだけ議員が現場に

出て声を聞くか、ということです。

 25年もデフレを脱却できずに新型コロナが感染拡大する緊急事態の

中で、自民ばかりでなく野党の中にもプライマリーバランス(基礎的

財政収支)の黒字化がどうしたとか、消費税を増税していく必要がある

とか言っていて、いまの状況を全く見ていない。

 いまは、積極財政で下支えをしながら多くの人たちを救っていかなけ

れば、社会が壊れてしまう。ギリギリのところにあるのだと言うこと

を、野党議員たちが理解する必要があると思っています。

・待ったなしの状況に置かれた人たち

中島:(中略)昨年、米国の人類学者デビット・ グレイバーの

「ブルシット ・ジョブ」(岩波書店)という本が話題になりました。

本では、エッセンシャルワーカーより圧倒的な給料をもらっているの

が、人のためにならない・なくなっても支障がないようなブルシット・

ジョブ(クソどうでもいい仕事)をやっている人たちだと言う指摘が

されています。

 だから、私たちは労働の意味を見出せなくなっている。逆に、

エッセンシャルワーカーの人たちは非常に厳しい状況に追いやられて

います。

山本:(中略)いま、待ったなし、と言う状況に置かれた人たちに

対して、政治に危機感があまりないのが問題だと思っています。

 少しでもましな形に政権を変えると言うビジョンを持ってもらう

ためにも、野党議員全員がモニターを外に持ち出し、対話型の演説を

してみたら変わると思います。

       (「週刊金曜日」2021年10月15日1349号より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4321】地震と原発事故情報−3つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4321】

2021年10月19日(火)地震原発事故情報−

             3つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.10月7日首都圏で東日本大震災以来の最大震度5強地震発生

  −無人運転の舎人ライナーの脱線は想定内だったのか−

               今井孝司(地震がよくわかる会)

★2.日本原電に対する申し入れ=2団体

  「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」より

  ・東海第二原発廃炉とし控訴を取り下げ、周辺自治体との

  話し合いの場を作るべき

  「反原発自治体議員・市民連盟」より

  ・敦賀2号機のデータ改ざんは東海第二原発へもかかわる事態

  10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その3) (5回の連載)

           「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

★3.機関紙・新聞より2つ

  ◆公害と私害

   世界最大の公害源・原発を総選挙の争点に 鎌田 慧

     (週刊「新社会」10月13日第1229号「沈思実行73」より)

  ◆個別請求農家 ないがしろ 東電、福島の風評被害 過小賠償

   JAへの対応と格差

           (10月15日東京新聞朝刊6面より抜粋)

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!

 「第6次エネルギー基本計画」と「東電の不祥事続き問題」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円    予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じ予約方法です。

━━━━━━━ 

※10/18(月)岩垂弘さん「8回連続講座」の第6回を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211018 UPLAN 核軍拡競争下の運動 1977から1986

https://www.youtube.com/watch?v=FAX-ZaP8J3c

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:

高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.10月7日首都圏で東日本大震災以来の最大震度5強地震発生

 | −無人運転の舎人ライナーの脱線は想定内だったのか−

 └──── 今井孝司(地震がよくわかる会)

○初めに

 10月7日夜に発生した千葉県北西部地震に関連する記事一覧を

作成し、当会HP(http://jishinga.com/)の特集コーナーにアップ

しました。

 記事で言及された過去の地震の記事も追加してあります。

 記事総数は49件(今回の地震の記事は41件)、時系列昇順(※1)と

項目別(※2)の2種類を作成しました。

 以下に項目別の記事一覧の一部抜粋を紹介します。

 今回の地震について、皆さんの考えを整理するのに役立てば幸いです。

 筆者の意見等は※印以降に記述しました。

※1:時系列昇順

http://jishinga.com/tokushuu/CHIBA_HOK/main.html

※2:項目別

http://jishinga.com/tokushuu/CHIBA_HOK_KOUM/main.html

○千葉北西部地震(首都圏で震度5強)(項目別)の一部抜粋

(1)2021/10/06 青森県震度5強 津波なし

 気象庁によりますと6日午前2時46分ごろ、岩手県沖の深さ56キロを

震源とするマグニチュード5.9の地震があり ▽震度5強の強い揺れを

青森県階上町で観測しました。

 ※今回の地震の前日に青森県でも震度5強地震がありました。

青森県でも震度5強は2015年以来ということで、久しぶりの揺れに

驚きました。

(3)2021/10/07 東海第二原発 地震による異常なし

 震度3の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所

現在、運転を停止していて、日本原子力発電によりますと、今のところ

地震による異常はないということです。

 ※東海第二原発は大丈夫だったようですが、産総研が房総沖の約1000

年前の津波を明らかにしましたので、新たな津波想定が必要です。

(5)2004/10/23 新潟県中越地震(M6.8)発生

 新潟県は被害が大きかった小千谷市や川口町など26市町村に災害

救助法を適用した。営業運転中の新幹線として初の脱線事故を起こした

上越新幹線の復旧には数週間かかる見通しだ。

(6)2021/10/07 東京・埼玉で震度5強

  JR山手線など一時運転見合わせ

 足立区では急停止した日暮里・舎人ライナーの車両が脱輪し、乗客が

けがをした。

(7)2021/10/08 舎人ライナー脱線の詳細、東京都交通局が明らかに

 都によると、脱線したのは足立区内を走行していた日暮里発見沼代

親水公園行き下り電車(5両編成)。舎人公園駅を出発直後に地震

発生し、指令室が非常停止ボタンを押して電車を停止させたが、先頭

車両に二つある台車のうち、一つが脱線したという。

 この事故で車内にいた30代女性が転倒して頭部から出血するなど乗客

3人が負傷し、そのうち2人が救急搬送された。車両は現場に残った

ままで、復旧の見込みは不明。乗客は係員が舎人公園駅まで誘導した。

 ※上記の記事(6)では「脱輪」とあるが、記事(7)では「脱線」と

あります。舎人ライナーは、車輪がゴムタイヤであるため、こういった

用語の混乱が起きているように思います。震度5強で、このような

脱線(脱輪)が起きたのは想定内なのかどうか、徹底的な調査が

必要です。

(10)2007/07/16 新潟県中越沖地震(M6.8)発生

 変圧器の内部は電気を流す銅帯が通っており、絶縁のために大量の油

が注入されている。県などによると、3号機の火災は、変圧器周辺の

地盤が沈下し、銅帯と、本来直接触れることのない周りの金属とが

接触したためショートし、変圧器内の絶縁油に引火して発生した

可能性が高いという。

(12)2021/10/11 JR東日本 「基幹変電所」火災

  機器トラブルが出火原因か

 警察によりますと、火が出たのは変圧器などが収められている鍵の

かかった「トランス室」という場所で、周辺には黒く焼け焦げた跡が

残っているということです。JR東日本によりますと、ここは埼玉から

東京にかけての広い範囲の路線に電気を供給する「基幹変電所」で、

今月7日の地震のあと行った臨時点検では異常はなかったということ

です。

(13)2021/10/11 JR東日本変電所爆発火災事故と原発の心配…山崎久隆

 変電所で大規模火災というと直ぐに思い出したのが、東電柏崎刈羽

原発3号機の起動変圧器火災だ。2007年7月の中越沖地震の際、地震

発生直後に3号機建屋に隣接していた起動変圧器が爆発炎上し、その

黒煙が遠くからも見えたため、地震と共に原発の火災事故が発生した

ことが住民にも広く知られ、大変な不安を持つことになった。

 ※今回の地震の影響で変圧器火災が生じたかどうかは判明して

いませんが、大規模停電をふせぐためにも、徹底的な調査が必要です。

(14)2005/07/23 千葉県北西部地震(M6.0)発生

 23日午後4時35分ごろ、関東地方で強い地震があり、東京都足立区で

震度5強横浜市や千葉県船橋市などで震度5弱の揺れを観測した。

 東京都23区内で震度5弱以上を観測したのは1992年2月以来。

 気象庁によると、震源地は千葉県北西部で震源の深さは約73キロ。

 地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.0と推定される。

 毎日新聞のまとめでは、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で重傷

2人を含む29人がけがをした。鉄道も乱れ、少なくとも約143万5000人に

影響が出た。

 同庁によると、太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界付近で

発生。付近は地震の多発地帯で、60年以降だけでM5.0以上の地震が10回

起きている。

 足立区で震度が大きくなったのは、川沿いの地位で地盤が柔らかい

ためとみられる。

 ※識者から今回の地震は2005年に起きた千葉県北西部の地震に類似

しているという指摘があった。当時の新聞記事(14)を読み直すと、

今回の地震の記述とほぼ似たように見える。

(23)2021/10/08 震度5強地震 首都直下地震は“比べものに

ならない”被害

 「首都直下地震」は、政府の地震調査委員会が今後30年以内に70%の

確率で発生すると推計しているマグニチュード7クラスの大地震です。

 内閣府の想定によりますと、東京が最大震度7の激しい揺れに

襲われるなど関東南部で甚大な被害が発生し、最悪の場合、死者は

およそ2万3000人にのぼると想定されています。

 気象庁によりますと、今回の地震マグニチュード5.9と推定され、

最大震度が5強だったのに対し、首都直下地震マグニチュード

クラスで最大震度が7と想定され、一回り規模が小さくなっています。

 ※今回の地震で明らかになった地震対策の問題点を全て洗い出し、

必ず来る首都直下地震対策に生かしてほしい。

(24)2021/10/08 魚や鳥が地震に反応する様子を撮影

 昨夜の千葉県北西部を震源とする地震発生時の映像を確認したところ、

魚や鳥が地震に反応する様子が撮影出来ましたので紹介します。

https://twitter.com/mlit_arakawa_ka/status/1446343533342838786

 ※この動画はテレビ等でも紹介されたので、見た方も多いと

思いますが、P波で魚が反応し、S波が到着して、カメラが揺れ

だして、ほぼ同時に鳥が反応するという、地震の教科書的な映像だと

思います。

┏┓ 

┗■2.日本原電に対する申し入れ=2団体

 | 「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」より

 | ・東海第二原発廃炉とし控訴を取り下げ、周辺自治体との

 | 話し合いの場を作るべき

 | 「反原発自治体議員・市民連盟」より

 | ・敦賀2号機のデータ改ざんは東海第二原発へもかかわる事態

 | 10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その3) (5回の連載)

 └──── 「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

申入書読み上げ

披田信一郎さん(とめよう!東海第二原発首都圏連絡会)より

要点の紹介

・選挙中の出口調査で約70%が原発反対。

東海村及び周辺自治体の避難計画作成等は極めて困難。

・千葉県沖で過去に巨大津波が発生したことが分かり、これについて

検討されていない。

・その場合の危険性には再処理施設の危険性も含まれる。

・しかし原電は規制委員会の設置許可のみを再稼働の根拠としている。

等で、その上で、東海第二原発廃炉とし、控訴を取り下げ、

周辺自治体との話し合いの場をつくるよう申し入れた。

武笠紀子さん(反原発自治体議員・市民連盟)より

要点の紹介

・データ改ざんだけでなく、財務状況を隠蔽する原電に原発を動かす

資格はない。

・原電は有価証券報告書の開示をやめ、会社概況書に切りかえた。

・それではお金の流れが分からない。

・それを踏まえ、3500億円もの工事資金の支援を必要とする原電は、

その財務力の脆弱さを認めたものと判断する。

敦賀2号機のデータ改ざんを一社員のせいにしている姿勢に規制

委員会も納得していない。これは東海第二原発へもかかわる事態だと、

委員の中から意見が出ている。

等でした。

 その上で、有価証券報告書の開示を求め、会社概況書に変えた

理由の追及と、水戸地裁で再稼働差し止めの判決が出て、原発立地

自治体の6市村は認可していないのに来年9月に再稼働(試運転)

できるとするその根拠の追及がされた。     (その4)に続く

┏┓ 

┗■3.機関紙・新聞より2つ

 └──── 

 ◆公害と私害

  世界最大の公害源・原発を総選挙の争点に

鎌田 慧

○焔炎々 波濤をを焦がし 煙濛々 天に漲(みなぎ)る

 天下の壮観 我が製鉄所

 八幡市(現北九州市)の市歌の一節。煙は工業化・近代化の

象徴だった。

 「この天の虹」。八幡製鉄所を舞台にした、木下恵介の映画の

タイトルだが、高炉やコークス工場から立ち昇る噴煙は「七色の煙」

とも言われていた。

 八幡市は、降下煤塵量日本一だった。八幡製鉄所はいまは休止した

が、官営製鉄所として建設された、日本製鉄の主力工場だった。

○ 実はわたしはここの東田高炉工場で、日雇い労働者のひとりとして

働いたことがある。

 仕事が終わって工場内の共同風呂にはいる。タオルの端をねじって

鼻穴に突っ込むと、粉塵で真っ黒だった。

 労働者は粉塵やガスで職業病、市民は公害で喘息患者になった。

 児童が描く絵の海や空は真っ黒で、けっして青のクレヨンは使われ

なかった。「カネと命の交換(鋼管)会社」とは、日本鋼管(現・日本

製鉄)の労働者の自嘲だった。

○ 1960年代の日本列島を覆った公害は、根ばり強い住民の反公害闘争

によってほぼ終息した。「公害輸出」として、アジアへの工場侵出も

大きかった。

 石炭から石油へ「エネルギー転換」しても、チッソ水俣病

拡大していた。

 さらにそのあと、「原子力時代」が喧伝され、無謀、危険極まり

ない、利益追求がまだ終了していない。

○これから、爆発した福島原発の膨大な量の汚染水が海に放出されよう

としている。このなかにふくまれている核物質クリプトンは、まだ

建設中(30年たっても完成の見通しはない)の青森県六ヶ所村の核燃料

再処理工場からも、放出が予定されている。

○ 1960年代。あれほど公害が住民を苦しめ、死者を出し、経済的に

圧迫し、社会を不安にしたのにもかかわらず、いま世界最大の公害源・

原発を平然と押し進める、自公政府、政治家、電力会社、科学者、広告

会社の欲望は、犯罪的だ。

 この私欲は私害であり、社会秩序を破壊、経済的に打撃を与える

公害だ。

 脱原発を総選挙の主要なテーマにしよう。

     (週刊「新社会」10月13日第1229号「沈思実行73」より)

 ◆個別請求農家 ないがしろ 東電、福島の風評被害 過小賠償

  JAへの対応と格差

 福島第一原発事故の賠償を巡り、東京電力が農産物の風評被害

算定で、個別請求の農家への一部賠償を、農協(JA)など団体の請求

よりも過小に評価していた。相手により対応が異なる東電に、汚染水を

浄化処理した水(処理水)の海洋放出で懸念される風評被害への責任を

果たせるのかと疑問の声も上がっている。(片山夏子) (後略)

             (10月15日東京新聞朝刊6面より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4320】地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4320】

2021年10月18日(月)地震原発事故情報−

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.島根原発再稼働をめぐる情勢−

  周辺自治体…再稼働に懐疑的な雰囲気がある

  もし島根原発で福島と同程度の事故があれば

  出雲大社にまで放射性物質

  東海第二原発(茨城県東海村)で事故があれば、

  さらに大量の放射性物質を皇居や靖国神社にまき散らす

        上岡直見〔環境経済研究所代表(技術士事務所)〕

★2.低廉で安定的に大規模電力を送ることが可能な

  直流送電システムの構築

  「エネルギー基本計画」に対するパブリックコメント (その3)

  (4回の連載)       山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.北海道寿都町長選21日告示

  「核ごみ」調査、争点に 推進派と反対派一騎打ちへ…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.雑誌・新聞より4つ

  ◆核兵器に反対なら原発についても語れ

   法学者・谷口真由美さんに聞く

   今、若さとエネルギーを感じるのは、

   れいわ新選組山本太郎さんぐらいか

         (「週刊金曜日」2021.10.8・1348号より抜粋)

  ◆核兵器禁止条約「米は歓迎を」

   全米市長会議(人口3万人以上の1400を超える都市で構成する)が

   行動求める決議(全会一致で採択)

             (10月17日朝日新聞朝刊1面より抜粋)

  ◆日本の年収 30年横ばい 米は1.5倍に 新政権、分配へまず成長を

         (10月16日、日本経済新聞土曜版1面より抜粋)

  ◆【れいわ新選組野党共闘重視で「大人の対応」

   3議席以上が目標 山本太郎は比例東京1位

   小選挙区4割降ろした同情票も

        (10月18日発行「日刊ゲンダイ」2面

        「10.31衆院決戦 野党戦いの方程式」より抜粋)

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!

 「第6次エネルギー基本計画」と「東電の不祥事続き問題」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円    予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じ予約方法です。

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:

高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.島根原発再稼働をめぐる情勢−

 | 周辺自治体…再稼働に懐疑的な雰囲気がある

 | もし島根原発で福島と同程度の事故があれば

 | 出雲大社にまで放射性物質

 | 東海第二原発(茨城県東海村)で事故があれば、

 | さらに大量の放射性物質を皇居や靖国神社にまき散らす

 └──── 上岡直見〔環境経済研究所代表(技術士事務所)〕

◎ 島根原発は、1号機が廃止措置中、2号機が今年9月に設置変更

許可、3号機が建設中で2018年8月に適合性審査を申請している。

 2号機の設置変更許可(いわゆる合格)を受けて再稼働への動きが

始まっている。

 2021年10月16日(土)に島根県松江市で島根原発に関する避難計画を

問う集会が開催された。

 季節的に多くの市民行事が重なり、衆院選の選挙戦スタートなど不利

な状況もあったが、自治体議員が何人も参加し避難先となる岡山からの

参加もみられた。

◎ これと前後して、中国電力は周辺自治体で再稼働に関する説明会を

連続的に開催している。

 私はこれにも参加してみたが、150頁に及ぶ資料を次々と飛ばしながら

の説明で誠意は感じられず、説明会を開催したという既成事実だけの

ように思われた。

 避難に関してはほとんど言及はなく自治体の避難計画に対して機材や

人員の援助を多少行うていどの説明であった。

 原発の必要性についていくつか説明があったが、従来から決まり文句

の「発電コストが安い・安定電源である・CO2を出さない」のうち、

「コストが安い」については、再生可能エネルギーのコストが下がって

きていることを認めて既存の発電方式と同等という説明に変わってきた

のが注目される。

 一方でCO2については、昨年のカーボンニュートラル宣言を取り

上げ、環境への適合性があると強調していた。

◎ 周辺自治体(出雲市雲南市安来市米子市境港市鳥取県

では行政や議会が公式には再稼働反対を明示していないものの、再稼働

に懐疑的な雰囲気があるという。

 こうした背景から地元では住民投票が注目されている。それには条例

制定から始める必要があり努力を要するが、周辺自治体が一致して

再稼働を表明して2号機が止まれば、それを飛び越して3号機の

新規稼働は考えにくいことから、大きな節目になると期待されている。

◎ 今回の集会に際して、「もし島根が福島だったら」という想定で

いくつか被害を検討した。

 もし島根原発で福島と同程度の事故があれば出雲大社にまで放射性

物質をまき散らすことになる。

 現に福島第一原発事故では皇居や靖国神社放射性物質をまき散らし

ているではないか。

 「日本会議」はなぜこれに抗議しないのか。

 東海第二原発(茨城県東海村)で事故があれば、さらに大量の放射性

物質を皇居や靖国神社にまき散らすことになるだろう。

┏┓ 

┗■2.低廉で安定的に大規模電力を送ることが可能な

 | 直流送電システムの構築

 | 「エネルギー基本計画」に対するパブリックコメント (その3)

 | (4回の連載)

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

4.日本の問題点の指摘は、ずれている

◎ 5頁「日本のエネルギー需給構造の抱える課題の克服」について

は、大きな見当違いをしている。

 「高度成長期に構築されたエネルギー設備の高経年化が進む中に

あって、自然災害の大規模化といった要因も重なり、高度成長期以降

では類を見ない大規模停電を経験し、改めて安定供給の重要さを

再認識した。」

 との記述については、おそらく北海道の苫東厚真火力発電所の遮断

から北海道全域の停電や、台風19号による千葉県内の大規模停電、

あるいは降雪の影響による停電などを想定しているのだと思われる。

 しかしこれは系統連系の作り方の問題であり、対策ははっきり

している。

◎ 例えば北海道電力の場合は、北本連系線が脆弱な上に、苫東厚真

火力発電所に大きな負荷がかかった状態で長期間放置し続けたことが

原因である。

 自然災害による大規模停電というのであれば、東日本大震災をまず

取り上げるべきであるが、この項目でそれを示唆する表現は見られない。

 後半において「SSのレジリエンス強化」(89頁)において触れられ

ているが、あくまでも災害時の停電リスクとしてしか書かれていない。

◎ また、マスタープランに関しても「脱炭素化と安定供給に資する

次世代型の電力ネットワークと分散型電力システムの構築」と「電力

システムの強靱化」(95頁)に記載があるが、マスタープランのような

国電力網の再構築は「エネ基」の前提として構築することを進める

べきだ。

◎ この項目において重要なのは、今の送電システムや電力システムの

連系について、数十年規模で改革を進めるに当たっての方針を明らかに

することである。

 北海道から九州まで、日本の系統連系は9電力体制の下で極めて脆弱

なままに放置されてきた。

 特に東西連系は、50サイクルと60サイクルで周波数が異なる問題を

頂点に、全く無策である。

 世界の潮流は、超高圧直流送電により再生可能エネルギーの電力を

既存の系統に連携しつつ、大電力をロスなしで国内外に送るシステムを

構築するための投資である。

◎ 日本はこの分野において全く遅れを取っており、国内メーカーは

海外の超高圧直流システム構築事業に参加しているが、国内にはその

ような事業は存在していない。

 北海道から九州まで、超高圧直流送電システムを公共送電線として

構築し、これに各電力会社が低廉なコストで接続できれば、容量問題は

大きく解決に向かう。

 そのことは、日本の電気料金が「震災以降高止まっている」ことに

対しても解決策になる。

 電力ロスが大幅に低減し、従来のロス率3〜4%に対して1%程度、

原発4基分程度の低減効果がある。

◎ また、電源偏在に対する効果は高く、九州の太陽光発電が余剰に

なっても北海道まで送電できるし、オホーツク海の風力を夜間に大都市

に送ることも出来る。

 蓄電との併用で、再生可能エネルギーの設備を有効利用できるだけで

大きな利益を生む。

 今後のデジタル化の進展により、ますます直流電力の広域連系は

プラスに働くし、情報通信産業をはじめ、社会全体における新たな電力

消費の拡大にも対処できる。

◎ 特に電気自動車の普及が進むと、充電システムの構築が必須となる

が、直流送電システムと高速道路網を一体化すれば、充電ステーション

を高速道路沿いに直ぐに展開できる。

◎ 送電システムは高圧交流電源の場合、100キロメートル当り1000億円

程度と見られるが、直流システムの場合は1300億円程度とされるから、

さほどの差はない。

 そのうえ交流と異なり巨大な変電所がなくても小型のステーションに

給電できるので、全体のコストは遥かに有利である。

 電気料金の抑制が日本の産業競争力に直結する重要な課題であると

するならば、今すぐ取り組むべき事は、巨大鉄塔と山間部を切り開いて

構築される高圧送電線網をやめて、低廉で安定的に大規模電力を送る

ことが可能な直流送電システムの構築である。

◎ これは、来たるべき東京直下地震南海トラフ、或いは日本海溝

沿いの巨大地震による災害対策においても必要な対策だ。

 4つの島が分断されている現状を、直流送電システムで繋げば、

大規模災害時でも広域の連系が直ぐに可能になる。

 また、大陸側とも直流送電システムを繋げば、大陸側から再生可能

エネルギーによる電力の輸入も可能になる。 (その4)に続く

┏┓ 

┗■3.北海道寿都町長選21日告示

 | 「核ごみ」調査、争点に 推進派と反対派一騎打ちへ…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.北海道寿都町長選21日告示

「核ごみ」調査、争点に 推進派と反対派一騎打ちへ

現職片岡春雄氏と新人で元町議の越前谷由樹氏

  10/17(日)7:11配信「時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/55834bbed4ff27cbbfc5b1208e311f5aad99addf

2.島根原発から低レベル放射性廃棄物を搬出

  832本がコンテナで専用の運搬船に積み込み(島根・松江市

  10/16(土)18:40配信「TSKさんいん中央テレビ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf199adfaf33a50467e832d6bffe5da73c961aa

┏┓ 

┗■4.雑誌・新聞より4つ

 └──── 

 ◆核兵器に反対なら原発についても語れ

  法学者・谷口真由美さんに聞く

  今、若さとエネルギーを感じるのは、

  れいわ新選組山本太郎さんぐらいか

 9年前、政権党だった民主党の代表選と自民党総裁選を見て「なんで

オッサンばっかり?」との異議を掲げ、「全日本おばちゃん党」(2年

前に解散)を創設した、法学者の谷口真由美さんに語ってもらった。

自民党総裁選の総括を。

 候補者4人のうち半分が女性になった。それ自体は歓迎すべきこと。

 おばちゃん党を立ち上げた時と比べて、「これが当たり前の光景に

なればええなぁ」とずーっと思いながら見ていました。

 この総裁選が歴史的に何らかの意味をもつとしたら、そのことが一番

大きいでしょう。(中略)

−新首相の岸田文雄さんには核政策でもブレているとの批判や、河野

太郎さんには反原発を撤回したとの見方もありますが?

 あんなブレブレの岸田さんにも一つだけいいとこがあるなと思うの

は、主張をよく読めば、核兵器反対についてはブレてないこと。

 そうであるならば、今後はその核政策の中に含まれる原発・核燃

サイクルの問題をどうするか、権力取ったんなら、ちゃんと語ってや

と、言うことです。(中略)

−来るべき総選挙に何を期待しますか?

 私、野党にはすごく期待してたんやけど、ほんまに政権取る気で

動いてます?

 なんか野党で満足している党首もいるみたいに見えるし、(中略)

 この人たちが政権取ったらこういう社会が来るということが

見えたら、皆もっと投票する。それが見えへん。

若手の育成をサボってきた与野党

      (中略)

 与野党とも自分たちの権力闘争は一生懸命やるけど、若手後継者

育てる事はサボってこられたんやと思います。(中略)

でも今、若さとエネルギーを感じるのは、れいわ新選組山本太郎

さんぐらいか。障害者の参議院議員を2人国会に送り込むなど自らは

身を引いて支え役になっている。(中略)

 フィンランドの女性首相サンナ・マリンさんは30代ですよ。

 日本の政治に、各政党に、もっとたくさんの「山本太郎」や

「サンナ・マリン」が出てくるべきなんですよ。

 なぜ、譲らないんだ。オッサンたちは…。

         (「週刊金曜日」2021.10.8・1348号より抜粋)

 ◆核兵器禁止条約「米は歓迎を」

  全米市長会議(人口3万人以上の1400を超える都市で構成する)が

  行動求める決議(全会一致で採択)

             (10月17日朝日新聞朝刊1面より抜粋)

 ◆日本の年収 30年横ばい 米は1.5倍に 新政権、分配へまず成長を

        (10月16日、日本経済新聞土曜版1面より抜粋)

 ◆【れいわ新選組野党共闘重視で「大人の対応」

  3議席以上が目標 山本太郎は比例東京1位

  小選挙区4割降ろした同情票も

 「この衆院選におきましては、比例代表東京ブロックから立候補

いたします!」

 れいわ新選組山本太郎代表がおととい(16日)、池袋駅西口の街頭

演説で衆院選比例単独での出馬を発表。駅前に詰めかけた約300人の

聴衆は、「待ってました」とばかりに拍手を送った。

 当初、山本は東京8区からの出馬を表明していたが、野党統一候補

なった吉田晴美氏を擁する立憲民主党を中心に異論が噴出。立憲の調整

不足が露呈したゴタゴタは、山本が東京8区からの出馬を撤回・

謝罪する「大人の対応」で決着した。(中略)

 「…前回2017年の衆院選比例代表の当選ラインは約30万票。

 れいわは19年の参院選で都内の比例票を約46万票獲得し、昨年の

都知事選では山本代表が約66万票を集めました。今回も同程度の票を

固められれば、比例1位の山本代表の当選は確実です。東京ではもう

議席上積みするとみています…」

 ただ、今回は投票用紙に必ず政党名の「れいわ」と書いてもらわね

ばならず、「山本太郎」では無効票になってしまうことが不安材料

ではある。(中略)

 「…山本代表が東京8区から降りると英断し選挙区から4割の

候補者を降ろしたことで、れいわへの同情票が集まるのでは

ないか。…」(後略) (10月18日発行「日刊ゲンダイ」2面

         「10.31衆院決戦 野党戦いの方程式」より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4319】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4319】

2021年10月16日(土)地震原発事故情報−

             6つの情報をお知らせします          

                        転送歓迎

━━━━━━━ 

★1. 自然エネルギー原発ゼロに

小出裕章博士の言葉に耳を傾けよう 

        山田和秋(たんぽぽ舎ボランティア)

★2.海路避難住民乗船なく コロナで縮小 実効性に懸念

   愛媛県原子力防災訓練…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)               

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★3.安倍・菅政権の独裁・専制の悪政隠蔽の岸田選挙管理内閣

  総選挙に向け自民宣伝隊に成り下がった内閣記者会

  小野広報官更迭の説明もなしにやらせ会見は菅時代と同じ

  “棄民解散”衆院選(31日)、人民の総決起で自・公・維に鉄槌を

  「メディア改革」連載 第78回 <下>       

             浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

★4.書籍紹介 『地図から消される街』

  −3・11後の「言ってはいけない真実」−青木美希さん

               渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

★5.「脱原発」を目指す私たちと共に歩く仲間

「生きてていいのか」を「あなたが居なくては始まらない!」

  に変えてくれる 太郎さんへ

  「心配するな。私たちたちがついている。」の言葉を送ります。

               そらのますみ(脱被ばく実現ネット)

★6.今回の衆議院議員選挙の「原発ゼロ」にする戦いの争点は

  「野党が政権を勝ち取るかどうか」である。

  「原発ゼロは、野党が政権を取ればできる」

         清水 寛(「なの花の会」世話人、たんぽぽ舎会員)

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!「第6次エネルギー基本計画」と

 「東電の不祥事続き問題」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 資料代:800円

   予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を! 「ウイシュマさん死亡事件から考える」

    −日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん(在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」  資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号をお知らせ下さい。

   受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を! 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円         予約必要です。10/25と同じです。

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんがアップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:高温ガス炉(HTGR)

と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

※10/6日本原電と東電2つの本店抗議行動を三輪祐児さんがアップして

くれました。

20211006 UPLAN 日本原電本店抗議行動・第97回東電本店合同抗議

https://www.youtube.com/watch?v=CuLt3fhvfW4

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1. 自然エネルギー原発ゼロに

小出裕章博士の言葉に耳を傾けよう。

 └──── 山田和秋(たんぽぽ舎ボランティア)

 小出裕章博士(工学士、40年以上わたり原発をなくすための研究と運動

を続ける)の言葉に耳を傾けよう。

 「…真実から目を逸らすことは犯罪である。日本政府が国際原子力機関

に提出した報告書によると、2011年3月11日、広島原爆168発分のセシウム

137が大気中に放出された。

 東京電力は敷地内に1000基近いタンクを作り、汚染水を貯めてきた。

その総量は100万トンを超えた。いま、その汚染水を海に流そうとしている。

 8年以上の歳月が経っても溶け落ちた炉心がどんな状態か分かっていない。

 フクシマ事故の収束など、いま生きている人間のすべてが死んでも終わ

らない。

 仮に炉心を容器に保存できたとしても数十万年、百万年安全に保管し続

けなければならない。

 何の罪のない被曝にあったひとたちは、住み慣れた故郷を離れて、生活

は破壊され、心と身体が傷つき苦難の日々を送っている。

 いま最も大切なことはフクシマ事故のもとで、苦しみ続けている人たち

の救済である。

 少なくとも罪のない子供たちを被曝から守らなければならない。

 それにもかかわらずオリンピックが大切だと言った。

 人々の幸せとはどのようなことをいうのだろう。…」

 以上の例は国民の声のほんの一部に過ぎない。

 もはや原発稼働など絶対に有り得ない。

 原発稼働を目論む勢力を、次期選挙で一掃しよう。

┏┓ 

┗■2.海路避難住民乗船なく コロナで縮小 実効性に懸念

 | 愛媛県原子力防災訓練…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.海路避難住民乗船なく コロナで縮小 実効性に懸念

 愛媛県原子力防災訓練

 10/15(金) 21:35配信 「愛媛新聞ONLINE」

 https://news.yahoo.co.jp/articles/2797f9c46df54e4b5dab9c341508e1559125d5e7

┏┓ 

┗■3.安倍・菅政権の独裁・専制の悪政隠蔽の岸田選挙管理内閣

 | 総選挙に向け自民宣伝隊に成り下がった内閣記者会

 | 小野広報官更迭の説明もなしにやらせ会見は菅時代と同じ

 | “棄民解散”衆院選(31日)、人民の総決起で自・公・維に鉄槌を

 | 「メディア改革」連載 第78回 <下>

 └──── 浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 菅氏の政権末期での会見では、広報官が「次の日程がある」と言うの

は控えていたが、復活した。

 四方広報官は「まず、幹事社から質問を頂きます。読売新聞、黒見さん」

と指名。黒見記者は「イタリアのG20首脳会議、英国で開かれるCOP

26)への対応はどうするのか」と質問。岸田氏は「リモート参加する」

と答えた。

 四方氏は「続きまして、日本テレビ、山崎さん」と指名。山崎記者は

「コロナ対策の関係閣僚3人を全員交代させた狙いは」と質問した。岸田

氏は「3人とも有能な人材」と回答した。

 四方氏は「幹事社以外の方から質問を受ける。質問を希望する方は挙手

を。それでは、どうぞ」と発言した。「自席からの発言、再質問を控え

て」という要請はしなかった。

◎ 名前を言わず指名を受けた毎日新聞の小山記者は「新しい資本主義の

実現会議を作ると言ったがその内容は」などと質問した。小山氏は事前に

官邸報道室へ質問内容を伝え、最初に指されると決まっていたのだろう。

岸田氏は「成長と分配の好循環を作り、成長の果実をどう分配していくの

かを取り組む」と答えた。

 四方氏は「それでは、次、では、秋山さん」と述べ、日経新聞の秋山記者

が質問した。小野広報官は、会社名と名前を呼んでいたが、四方氏は社名

を省いた。秋山氏は「総裁選で訴えていた金融所得課税の見直しはどうな

ったか」と聞いた。岸田氏は「一つの政策である」としか答えなかった。

 続いて、四方氏は「では、2列目の端の方、どうぞ」と名前も言わずに

指名。中国新聞の下久保記者が核兵器禁止条約に関して質問した。四方氏

は「次、七尾さん」と指名。「ドワンゴ、ニコニコの七尾です。就任おめ

でとうございます。よろしくお願いします」。岸田氏は「よろしくお願い

します。ありがとうございます」と応じた。七尾氏は必ず、首相におべっ

かをつかう。

 四方氏は「では、杉本さん」と指名。産経新聞の杉本記者は朝鮮による

拉致問題について質問。その後、共同通信の吉浦記者、テレビ東京の篠原

記者、福島民友新聞の桑田記者が質問した。

◎ 続いて、四方氏は「では、前列の大塚さん」と指名。時事通信の大塚

記者が「中国に対してはどのような外交で臨むか」聞いた。四方氏は「次

の方、瀬戸さん」と指名。報知新聞の瀬戸記者は「現在の新型コロナ対策

分科会を解散し、一から別のメンバーで作り直すのか」と聞き、岸田氏は

「分科会を解散することは全くない。観光ほか、他の分野の有識者会議を

別途作っていく」と答えた。

 四方氏は「それでは、大変恐縮でございますが、次の日程との関係で、

あと2問とさせていただく」と述べた。これは前任者のやり方と同じだ。

「では、前列の一番端の古川さんですか」。西日本新聞の古川記者は「共

創内閣は非常に抽象的で伝わりにくい」と質問した。

 四方氏は「最後に畠中さん」と指名。四方氏は「それでは、以上をもち

まして、本日の…」と会見を終了させようとしたが、フリー記者枠で参加

した畠山理仁氏が自席から「すみません。コロナとデジタルのことで伺い

したいのだが」と発声。不意を衝かれた四方氏は「では、最後の質問で、

よろしくお願いしたい」と指名なしの質問を認めた。

 畠山氏はコロナ禍での選挙について聞いた。「低投票率は政治不信に原

因があると考えるか。投票率を上げるための制度、デジタル活用し、ネッ

ト投票とか、政治の側が整備すべき制度があるのではないか」。岸田氏は

「政治不信もあると思う。様々な提案の何ができるのか、これを不断に考

えていく」などと詳しく答えた。

 四方氏は「それでは、以上をもって、本日の記者会見を終了させていた

だく。御協力ありがとうございました」と言って、会見を終了した。前任

の小野氏は「挙手している方は、メールで質問を送ってくれば、総理が書

面回答する」と言っていたが、四方氏は言わなかった。

◎ 午後9時1分に始まった会見は、9時35分からの補職辞令交付までに

終える予定だったが、最終的に倍の時間となり、15人の質問に答えた。岸

田氏がフリーの畠山氏の自席からの質問に応じたのは極めて異例だ。ぶら

下がりでは、若い番記者が広報官の仕切りを突破して質問することはあっ

たが、最近の記者会見では前例がない。

 岸田氏は記者の質問を聞く際、メモを取り、質問事項を聞き直す場面も

あったが、これは、質疑応答に台本があることをごまかす芝居だろう。官

邸側は質問する記者から質問内容を事前に仕込んでいる。

 岸田氏の2回目の会見となった14日の会見は62分。12人が指名された。

https://www.kantei.go.jp/jp/100_kishida/statement/2021/1014kaiken2.html

◎ 岸田氏の冒頭発言はすべて自民党総裁としての選挙方針だった。幹事

社の日本テレビの山崎記者が「予算委員会を開催せず解散に踏み切ったが、

3日間の代表質問で有権者が十分な判断材料を得られたと考えるか」と聞

いた。岸田氏は「衆院議員の任期は21日までで、議員の空白はできるだけ

小さくしなければいけない」と答えた。

 新潟日報の横山記者は「東京電力柏崎刈羽原発では、テロ対策の不備

など失態が相次いで発覚し地元の不信感が高まっている。福島第一原発

故を起こしながら、今なお不祥事を繰り返す東電に原発を再稼働する資格

があるか」と質問。

 岸田氏は「再生可能エネルギーの割合を増やすことは重要だが、再エネ

一本足打法では安定供給や価格の問題に十分対応できない。原子力規制

委員会の検査をクリアできるかを見ていく」と答えた。

 14日の会見では、多数の記者が挙手を続ける中、四方氏が「大変恐縮だ

が、ただいま挙手している方は、後ほど一問、担当宛てにメールで送って

ください。後日、書面にて回答させていただく」と述べ、「以上をもって、

本日の記者会見を終了させていただく」と述べ、強制終了した。

 岸田氏は会見の後、午後8時33分から自民党選対委員長と打ち合わせ、

9時34分、「報道ステーション」に生出演するためテレビ朝日に着いてい

る。記者会見より、選挙の相談と企業メディアに出ることを優先する。民

主主義の国ではあり得ないことだ。

◎ 岸田氏は総裁選で、菅氏の言葉の発信力不足を批判していたが、岸田

氏も記者に聞かれたことに具体的に答えない。日本語は菅氏よりましだが、

中身は薄い。

 岸田氏の2回の会見は、コロナの緊急事態宣言解除後に行われたが、安

倍元首相が昨年4月7日の記者会見でコロナを理由に導入した、狭い部屋

で参加者を制限した会見のまま開かれた。

 従来は広い会見室で、約100人が参加していたが、参加制限がかかって

以降は、参加者は29人(記者会常勤幹事社19社と、記者会非常勤幹事社・

専門紙・雑誌・ネット・外国メディア・フリーから抽選で10人)と絞ら

れてきた。記者会は制限撤廃を求めたのだろうか。

 岸田政権のメディア対応は安倍・菅政権と変わらない。

 自民党一強政治とキシャクラブ制度が存続する限り、権力とメディア

の癒着構造は1ミリも動かない。

┏┓ 

┗■4.書籍紹介 『地図から消される街』

 | −3・11後の「言ってはいけない真実」−青木美希さん

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

 タイトルは「消された」街ではなく、「消される」街。

 この「る」の一文字で、現在進行形だという事が分かる。

 消されようとしているのは東電福島第一原発事故

〇 序章:「すまん」原発事故のため見捨てた命

「…明るい月が出ていた。海の方角。あの月の下に見殺しにした人がいる。

…高野さんは泣いた。手を合わせ、「すまんかった」と謝った。(23頁)

〇 第1章:声を上げられない東電現地採用

 罵声を浴びせられても、じっと黙って耐えている東電社員。…可哀そう

だと思った。悪いのは上だろうに(45頁)。

 そして非難されても勤めざるを得ない地元採用者がいる。

 「がんにならなきゃいいな」

〇 第2章:なぜ捨てるのか、除染の欺瞞

 「これは除染じゃない、移染だ」複数の作業員の証言。

 そして動かぬ事実(写真、動画)を撮るために記者たちは終日張り込みを

続ける、厳寒の山中で。

 手抜き除染は、帰還政策のためのアリバイ作りだった。

 この「手抜き除染」は2013年度新聞協会賞を受賞している。

〇 第3章:帰還政策は国防のため

 原子力村のOB重鎮が明かす。「帰還政策は国防のため」「原発稼働は

潜在的な核抑止力を維持するため」。

 原発事故後も政府が執拗に原発再稼働を目指している「国策」を暴き出す。

 129〜132頁の、青木さんとOBとの一問一答が凄い!

〇 第4章:官僚たちの告白

 事故後、東電を破綻処理し全てを賠償に充てるべきとの意見もあった。

 しかし「国策」の下、政府は東電の存続を決めた。

 即ち「原子力損害賠償法」だ。

 そして経産省は「東電を守る」、「東電がつぶれないようにかばう」。

〇 第5章:「原発いじめ」の真相

 子どものサブバックの中に溢れんばかりに詰め込まれたたゴミ、ゴミ、

ゴミ。一体何が?

〇 第6章:捨てられた避難者たち

 我が子を守るため母子で避難した女性は、仕事を掛け持ちしながら、2

人の子どもを進学させたが、支援を打ち切られる。徐々に女性の心は壊され…。

☆ 東電が撒き散らした放射能によって、海・山・大地・大気が穢された。

 東電が撒き散らした放射能によって、生きられるべき命を絶たれた人が

いた。

 生活苦に加えて「フクシマ」という差別に苦しんでいる人がいる。

 作業員は被ばくしながら働いている。

 人を傷つけ、自然を破壊し、それでも守るべき「国家」とは何か?

☆『地図から消される街』〜3・11後の「言ってはいけない真実

  講談社現代新書  定価:920円(税別)

  たんぽぽ舎でも扱っています。

┏┓ 

┗■5.「脱原発」を目指す私たちと共に歩く仲間

| 「生きてていいのか」を「あなたが居なくては始まらない!」

 | に変えてくれる 太郎さんへ

 | 「心配するな。私たちたちがついている。」の言葉を送ります。

 └──── そらのますみ(脱被ばく実現ネット)

太郎さん お疲れさまです!

 この度の「東京8区」事件は本当に大変でしたね。

 でも 11日の日吉駅前街宣で 太郎さんは 自らには一点の落ち度もな

いこと、この選挙の明確な目的などを完璧な形で選挙民に示しました。

 あの街宣で 太郎さんと太郎さんの仲間たち、 太郎さんとれいわ新選組

を支援する人々の名誉は守られました。

 そして太郎さんの優しさが  より一層 人々の心に響いたと確信します。

 正々堂々としたそんな太郎さんを誇らしく思います。

太郎さんは 2011年3月の福島第一原発事故を契機に、「脱原発」を目指

す私たちと共に歩く仲間になりました。

 私たち「脱被ばく実現ネット」の新宿デモにはいつも心を寄せて下さっ

て可能な限り駆け付け マイクを握り 沿道の人々に訴え、参加出来ない

時はメッセージを寄せてくれます。私たちにとって どんなに心強いこと

でしょう。

 立派に政党要件を満たしているにも拘らず マスコミを含め権力者側に

いる者たち全てが、彼らにとって不都合な真実を語る太郎さんを冷遇、無

視し続けています。

 でも 私たちは知っています。

「生きてていいのか」と思わせられている政治を、太郎さん率いるれいわ

新選組が「あなたが居なくては始まらない!」に変えてくれる事を。

 れいわ新選組が掲げる「れいわニューディール」が人々を救う事を。

 政治からこぼれた人々に常に寄り添い、政治を変えよう!と全国津々

浦々で声を上げている太郎さんの思いは必ず、人々に届いている事を。

 太郎さんへ「心配するな。私たちたちがついている。」の言葉を送り

ます。

 太郎さん、絶対に国会へ戻って下さい!

 頑張れ頑張れ 山本太郎

 頑張ろう頑張ろう 私たち!

 「棄民解散」のこの選挙を闘い抜き、勝利の美酒を味わいましょう!

                 

┏┓ 

┗■6.今回の衆議院議員選挙の「原発ゼロ」にする戦いの争点は

 | 「野党が政権を勝ち取るかどうか」である。

 | 「原発ゼロは、野党が政権を取ればできる」

 └──── 清水 寛(「なの花の会」世話人、たんぽぽ舎会員)

〇「たんぽぽ舎メルマガ」の読者は、原発ゼロにするために、野党が政権

を取るために

19日から31日まで選挙を頑張りましょう。(※この種のメールは18日までです)

・文書改ざんなど負の遺産の再調査も、野党が政権を取ればできる。

格差是正も、辺野古工事についても、野党が政権を取ればできる。

・コロナについても、多様性についても、消費税についても、野党が政

権を取ればできる。

〇今回の市民連合野党共闘は、「れいわ新選組」も加わったので強力な

野党です。

9月8日に市民連合と4野党で総選挙政策に合意し、30日には立憲民主

党と共産党が新政権に向けての政策、協力で合意しました。

〇れいわの代表、山本太郎さんの野党統一候補としての出馬は、野党が政

権を目指す上で極めて重要です。皆で応援しましょう。がんばってください。

〇ところで、「岸田・自公政権と4野党との対立軸は何か」を10月15日付

東京新聞の対立軸記事から作成して見ました。

原発について】は、自公(原発依存)に対して、野党(脱却)

【コロナについて】は、自公(経済との両立)に対して、野党

        (まず感染抑止)

【消費税について】は、自公(現行10%)に対して、野党(5%に下げる)

格差是正について】は、自公(成長優先)に対して、野党

         (再分配など是正)

【文書改ざんなど負の遺産再調査について】は、自公(後ろ向き)に

          対して、野党(前向き)

辺野古工事について】は、自公(推進)に対して、野党(中止)

【多様性について】は、自公(消極的)に対して、野党(前向き)

〇では、市民連合野党共闘は、自公の候補者に勝てるだろうか。

 1)10月5日の毎日新聞世論調査での政党支持率は、4野党は立憲

13%、共産6%れいわ1%で合わせて20%、自公は自民34%、公明6%合

わせて40%で20%も開きがあります。一方、無党派層は28%だった。

 2)総裁選の時の公約が国民の中に浸透していて、国会で公約とは違っ

て、今までの安倍・菅内閣の路線であることが明らかになってきて無党派

層は見破っているだろうが、自公支持率が高すぎるのできびしい戦いです。

 3)野党共闘の選挙であるが、横浜市民の70%以上がカジノ誘致反対、

カジノの是非の住民運動での選挙とは違うので、横浜市長選のようにはい

かないけれど可能です。

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4318】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4318】

2021年10月15日(金)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.明記すべきは「全ての原発を廃止し

  脱炭素電源は再生可能エネルギーだけにすること」

  「エネルギー基本計画」に対するパブリックコメント (その2)

    (4回の連載)     山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.東電柏崎刈羽原発 侵入検知器で故障2件「監視機能は維持」…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★3.安倍・菅政権の独裁・専制の悪政隠蔽の岸田選挙管理内閣

  総選挙に向け自民宣伝隊に成り下がった内閣記者会

  小野広報官更迭の説明もなしにやらせ会見は菅時代と同じ

  “棄民解散”衆院選(31日)、人民の総決起で自・公・維に鉄槌を

  「メディア改革」連載 第78回 <上>

           浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

★4.日頃から脱原発で国会前や多くの集会で闘っている

  反原発運動の前進のために働く

  山本太郎(れいわ新選組)を国会へ

            山田和秋(たんぽぽ舎ボランティア)

★5.「自由を求めたかぼちゃのツルは車に轢かれました」

  身体に備わった免疫系こそが「最強・最良」のワクチン、

  私の信念だ でも、この信念は「わがまま」になる?

             渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

━━━━━━━ 

※10/23(土)『山崎ゼミ』にご参加を!

 「第6次エネルギー基本計画」と「東電の不祥事続き問題」

 お 話:山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 日 時:10月23日(土)14:00〜17:00(開場13時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円    予約の必要はありません

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じです。

━━━━━━━ 

※10/14後藤政志さんの学習会を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211014 UPLAN 後藤政志「幻想の新型原子炉:

高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」

https://www.youtube.com/watch?v=7W48FHmIGec

━━━━━━━ 

※10/6日本原電と東電2つの本店抗議行動を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211006 UPLAN 日本原電本店抗議行動・第97回東電本店合同抗議

https://www.youtube.com/watch?v=CuLt3fhvfW4

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.明記すべきは「全ての原発を廃止し

 | 脱炭素電源は再生可能エネルギーだけにすること」

 | 「エネルギー基本計画」に対するパブリックコメント (その2)

 | (4回の連載)

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

2.エネルギー基本計画の基本は何処に

◎ 4頁の「はじめに」から「気候変動問題への対応」「日本の

エネルギー需給構造の抱える課題の克服」「第六次エネルギー基本

計画の構造と2050年目標と2030年度目標の関係」6頁にかけては、

第六次エネルギー基本計画(以下「エネ基」)の骨子をしめすところ

だが、書かれている内容は希薄で具体性はない。

 特に問題なのは、「エネ基」の基本計画を示していないことだ。

 明白なのは2050年に炭素排出量を実質ゼロにするらしいことだけで、

大雑把には「いろいろな変数があるからそれに備えて臨機応変

対応する」と書いているだけである。

 もちろん、具体的には各論で言及しているとの反論があるだろう。

 しかし「エネ基」の顔とも言うべき冒頭のカ所で取り組むべき

基本方針を書かなければ捉えきれない文章というのは、政策文書

としては失格である。

◎ まず、明記すべきは「全ての原子力発電所を廃止し、脱炭素

電源は再生可能エネルギーだけにすること」だ。

 7頁以降に福島第一原発について記載されているが、福島第一原発

事故原因は明確にはなっていない。

 単に「津波電源喪失メルトダウンした」と、外形的に理解されて

いるだけであり、本質的問題点、すなわち原発の持つリスクについて

理解が進んでいるとは言い難い。

 そうであるから未だに規制委員会において原発事故の真相を調べる

ために事故の分析に係る検討会「東京電力福島第一原子力発電所

おける事故の分析に係る検討会」が常設され検討が行われている。

◎ 国会事故調査委員会においても、その事故報告書では「福島第一

原発事故は自然災害ではなく人災」とし、この原因についても地震

津波への対策の失敗に起因した事故として調査報告書を発表している

(当委員会の調査によれば、3.11時点において、福島第一原発は、

地震にも津波にも耐えられる保証がない、脆弱な状態であったと推定

される。報告書646頁)が、いわば「中間報告」との位置づけであり

今後の調査継続を求めて会議は一端終了している。

◎ 従って、福島第一原発事故を踏まえての原発のリスクは、本当に

回避が可能なのか、誰も決定的な結論は出せないまま、新規制基準

適合性審査を通れば同様の事故の可能性は低く抑えられるものとして、

いわば暫定的に再稼働を認めているに過ぎない。

 これが証拠に、現在でも新たな知見が明らかになる毎に一部のガイド

が変更されたり事実上の審査のやり直し、基準地震動などのパラメータ

の変更が繰り返されている。

◎ このように、福島第一原発事故の解明が進まないままでの原発

再稼働は、過酷事故回避がいかに困難であるかを示している。

 規制委は新規制基準適合性審査を通ったとしても事故を防ぐことが

出来ると保証しているのではないとの発言を繰り返している。

◎ さらに福島第一原発事故により被った多くの損害賠償訴訟の判決が

出ているが、全ての判決で東京電力の責任を認め、一部の判決では国の

責任も認めている。

 こうした甚大な被害に対する賠償制度も、現実には出来ているとは

言えず、福島第一原発事故規模のものが再発すれば、場所によっては

日本経済を破綻に導く可能性もある。

 すなわち、社会的にも経済的にも安全性を確保することは不可能で

あるうえ、日進月歩のエネルギーシステム改革による新技術、

パラダイムシフトに原子力のシステムはついて行くことも出来ない

ため、巨額の無駄な費用を投じるだけ、すなわち原子力産業を維持する

ために国費や国民の資金を浪費し続ける存在になっているのである。

◎ 使用済核燃料や放射性廃棄物の処理の問題も解決は困難であり、

早期の原発ゼロを前提とすべきである。

 「エネ基」においては、あれもこれも使っていく、という姿勢では

なく、原発や石炭火力など次世代に持ち越してはならないシステムを

取り入れないことを前提として、その穴を埋める方法、またはその穴は

埋めずに省エネで乗り切る方法などを具体化するために、

パラダイムシフトを宣言し、具体化する方法について国民的議論を

求める姿勢で臨むべきである。

◎ 3.11以降、原発の発電電力量は一旦ゼロ(2014年度)となり、

2020年度の発電電力量は4%未満で、東日本の原発は未だに稼働ゼロの

状況にある。

 政府および原子力事業者は、福島第一原発事故から10年が経過した

現在も、いまだに「安全神話」に陥ったままであり、国民の信頼が

損なわれている中で、原発の再稼働など進めるべきではない。

 またすでに稼働している原発についても安全を再優先するためには

停止するしかない。

 こうしたことを踏まえて、全ての原発の廃止措置を政府と原子力

事業者が責任をもって、適切に進めるべきである。

 従って、「はじめに」については、こうした主旨に沿って書き換える

べきである。

3.東電福島第一原発事故の反省はあるのか

4頁の

 10年前の未曾有の大災害は、エネルギー政策を進める上での全ての

原点であり、今なお避難生活を強いられている被災者の方々の心の痛み

にしっかりと向き合い、最後まで福島復興に取り組んでいくことが

政府の責務である。

 このことはエネルギー政策に携わるもの全てがひとときも忘れては

ならない。

 その上で、第六次のエネルギー基本計画は、気候変動問題への対応と

日本のエネルギー需給構造の抱える課題の克服という二つの大きな

視点を踏まえて策定する。

・・・について

 この記載については、非常に大きな違和感がある。

 ここで言及されている「今なお避難生活を強いられている被災者」と

は、誰のことを指しているのか。

 「最後まで福島復興に取り組んでいく」とは、何の復興を指している

のか。

 まず、放射線量の高いところへの帰還強制としか考えられない、

補償の打ち切りや、そもそも保証の対象外にされている人々が数多く

存在し、2.2万人の被災者には含まれていない人々のことは

無視されている。

 復興についても、およそ人が住み生産するには向かない高線量地域

が、飯舘村など福島第一原発から遠くはなれた地域にも存在するが、

これらは帰還支援対策の対象となっているのではなく、実験圃場として

扱われていることについて、どのように考えているのか。

 何を忘れてはならないかが良く分かっていない文章なので、この起草

者は飯舘村や避難者のもとを訪れて、再度自分自身で確かめて

ほしい。(その3)に続く

┏┓ 

┗■2.東電柏崎刈羽原発 侵入検知器で故障2件「監視機能は維持」…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.東電柏崎刈羽原発 侵入検知器で故障2件「監視機能は維持」

  10/14(木)16:01配信「BSN新潟放送

https://news.yahoo.co.jp/articles/4165f62f336395c97626076a9a329a32eadf5489

┏┓ 

┗■3.安倍・菅政権の独裁・専制の悪政隠蔽の岸田選挙管理内閣

 | 総選挙に向け自民宣伝隊に成り下がった内閣記者会

 | 小野広報官更迭の説明もなしにやらせ会見は菅時代と同じ

 | “棄民解散”衆院選(31日)、人民の総決起で自・公・維に鉄槌を

 | 「メディア改革」連載 第78回 <上>

 └──── 浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 衆議院選挙用の自民党の“表紙替え”で10月4日に就任した岸田

文雄首相が14日衆議院を解散した。就任からたった10日後の解散

というのは1954年の第一次鳩山一郎内閣の45日間を大きく上回る歴代

1位の短さだ。

キシャクラブメディアは菅義偉前首相の辞意表明から1カ月半、自民党

の大宣伝をしてきたが、報道各社の世論調査で、岸田内閣の支持率は

朝日新聞の調査で45%(不支持率は20%)と、発足直後の支持率として

は最低を記録。毎日新聞でも過去20年間で2番目に低い49%(同40%)

と低迷している。

 菅政権発足時より約20ポイントも低い数字で、人民は自公とメディア

による「自民党は生まれ変わった」という情報操作に騙されていない。

 昨年9月には菅氏を党首に選んだ自民党議員たちによる「選挙の顔」

チェンジは早くも化けの皮がはがれてきた。

◎ 総裁選での投票や国会での首班指名の風景を見て、自民党の衆参

議員が381人もいると改めて知った。「勝手解散」で、議場で

「バンザイ」を叫ぶ愚かな自・公議員を、31日実施の衆議院選挙で

議会に戻してはいけない。来年7月の参院選でも自・公議員を落選

させよう。

 テレビと新聞は安倍晋三元首相が解散後、「安全保障の根本で全く

違う考え方を持っている政党と協力するのは、選挙のためだけの談合

協力だ」という政権反対党非難を報じた。

 口利き事件で説明会見を開いていない甘利明自民党幹事長は「自由、

民主主義の政権と、共産主義が初めて入ってくる(立憲による)

政権と、どちらを選ぶのかという政権選択だ」と述べた。

 「維新」の松井一郎代表も「外交防衛で意見が違う立民と共産の

野合」と攻撃している。

 しかし、自民党と維新こそ、異質な宗教を基盤に持つ公明党と権力

維持のために醜悪な野合を続けているではないか。

 自・公・維は悪質な反共攻撃で、立憲、共産、社民、れいわの4党の

一本化に脅威を感じているのだろう。

◎ 岸田氏(広島1区)は総裁選で「民主主義の危機と叫び、「令和版

所得倍増」「金融所得課税」「新自由主義からの脱却」などを訴えた

が、首相に就任10日で、悪夢のような安倍・菅政権の延長政権に

過ぎないことが明らかになった。

 岸田氏は10月8日に国会で所信表明演説を行い、10月11〜13日には

各党の代表質問が行われた。岸田氏は「民主党政権時代の6重苦」など

と政権反対党を攻撃する一方、モリ・カケ・サクラ・カワイ疑獄に

関する再調査を拒否した。

 岸田氏は「国民の声を聞く」と言うが、彼が傾聴しているのは党内の

安倍晋三元首相・麻生太郎副総裁・甘利明幹事長らの声だ。

◎ 辻元清美立憲民主党副代表は10月11日の衆院での代表質問で、

森友事件を巡り文書改竄を強要され自死した財務省職員の赤木俊夫氏の

妻、赤木雅子氏が岸田首相に送った手紙の全文を読み上げて、再調査を

求めた。岸田氏は「財務省の調査や検察の結論が出ている」として

再調査を拒んだ。

 自民党広島県連の会長代理を務める中本隆志県議会議長は5日、

岸田氏を官邸に訪ね、2019年参院選河井案里元議員の陣営に党本部が

1億5千万円を送ったことについて、「県民や国民は納得してない」と

直訴、再調査と党本部からの正式な謝罪を求めた。

 岸田氏は「必要であればしっかり説明する」としか答えなかった。

◎ 森ゆうこ立民副代表は10月13日、参院での代表質問で「岸田さんは

3月、選択的夫婦別姓制度を求める議員連合の呼びかけ人になっていた

のに、12日発表の自民党選挙公約にはない。経済政策もアベノミクス

延長で、安倍前首相が乗り移ったかのようだ」と批判した。

 森氏は「総理は総裁選で、『民主主義の危機だ』と言ったが、安倍元

首相の『桜を見る会』に関わる国会での118回の虚偽答弁は民主主義に

当たるか、という辻元議員の質問に答えなかった」と追及した。

◎ 岸田氏の国会答弁は、安倍・菅両氏の答弁と中身は変わらない。

 岸田氏のメディア対応はどうか。岸田氏は就任以来、内閣記者会(

永田クラブ、官邸キシャクラブとも呼ばれる)のぶら下がり取材に

積極的に応じている。

 首相のぶら下がりは、記者会からの要請で開かれるが、首相秘書官

から持ち掛けるケースもあるという。

 岸田氏は4日午後9時から、内閣発足後初の記者会見を行った。14日

午後7時から、衆院解散を受けて会見した。岸田氏が1時間の会見を

自民党の選挙PRに使った。

 岸田氏は自民党本部で会見を開くべきで、内閣記者会が首相会見を

ボイコットすべきだった。

 NHKのニュース枠を乗っ取って開かれた会見を、ネットにアップ

された民放の動画も併せて見た。4日の会見の動画と文字記録は首相

官邸のHPに載っている。

https://www.kantei.go.jp/jp/100_kishida/statement/2021/1004kaiken.html

◎ 官邸での首相・官房長官の会見は形式上、内閣記者会の主催だが、

4日に内閣広報官に任命されたばかりの四方敬之・前外務省経済局長が

司会を務めた。

 私は、首相交代後、小野日子氏が内閣広報官を続けるか注目していた

が、首相交代と同時に何の説明もなく、外務省に戻り、経済局長に

就いた。菅氏の置き土産の栄転人事だ。

 菅政権は安倍政権末期に広報官を務めていた山田真貴子氏を留任させ

たが、山田氏が総務省接待・贈収賄事件で突然辞任し、3月1日、

小野氏に交代していた。小野氏は広報の仕事に向かない慇懃無礼な役人

だった。

◎ 官邸HPの動画では、四方氏の氏名も出ていない。動画には四方氏

の広報官就任の挨拶もない。一国のリーダーの広報官が交代しても、

何の挨拶もないというのは民主国家ではあり得ない。

 四方氏は会見の開始を告げ、岸田氏が冒頭発言した。プロンプター(

原稿映写機)を使用したが、菅氏に比べると、日本語が聞きやすく、

読み間違えもほとんどなかった。政治家としては普通のことだが、

安倍・菅両氏の言葉が分かりにくかったため、聞くのが苦痛ではない。

ただ、「話のつまらない男」と言われたとおり、新首相の言葉も心に

響くことはない。

 岸田氏は「信頼と共感が得られる政治が必要。国民との丁寧な対話を

大切にしていく」と述べ、「成長と分配の好循環」「私の内閣は新時代

を共に創る、『新時代共創内閣』」と強調した。

 岸田氏は、国会会期末の14日に衆議院を解散し、衆議院選挙を19日

公示、31日投開票の日程で行うと表明した時だけは、力が入っていた。

選挙のために“表紙替え”で誕生した選挙管理内閣の責任者らしい

振る舞いだ。

 四方広報官は「これから皆様より質問をいただく。指名を受けた方は

スタンドマイクに進み、社名とお名前を明らかにした上で、1人1問

質問お願いする。この後の日程があるので、進行に当たっては協力を

よろしくお願いしたい」と述べた。

 記者には社名と氏名を名乗れと指示しながら、自分の名前は言わない。

                       <下>につづく

┏┓ 

┗■4.日頃から脱原発で国会前や多くの集会で闘っている

 | 反原発運動の前進のために働く

 | 山本太郎(れいわ新選組)を国会へ

 └──── 山田和秋(たんぽぽ舎ボランティア)

 れいわ新選組は、2019年4月に山本太郎が立ち上げ、同年7月参議院

選挙でALS患者船後靖彦、木村英子の二人の重度障害者を当選させた。

 車椅子に乗った二人の国会発登庁の日、私も国会前でマスコミや

大勢の支持者と一緒に送りだした。

 山本太郎は、日頃から脱原発で、国会前や多くの集会で私たちと共に

闘っている。

 沖縄では普天間基地辺野古移設反対デモに加わり、夜間の座り込み

にも参加した。

 彼は、まさに日本の未来を切り拓くための重要な役割を果たしている。

 それだけに自公政権が最も恐れる人である。

 私たち市民の力で是非山本太郎を国会へ送ろうではありませんか。

 そのために皆さんのお力添えをください。

 山本太郎公約の一部を紹介します。

1.何があっても心配するな。そんな国をあなたと作りたい。

2.消費税の廃止。デフレ脱却給付金。社会保険料負担軽減。

  子供の貧困をなくす。教育費タダ。奨学金チャラ。

  生存を保障する制度。安定雇用保障。

3.働く人を徹底的に守る。

┏┓ 

┗■5.「自由を求めたかぼちゃのツルは車に轢かれました」

 | 身体に備わった免疫系こそが「最強・最良」のワクチン、

 | 私の信念だ でも、この信念は「わがまま」になる?

 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

1.マスクの事

 空気(外気)の好きな私は、真冬でも必ず窓を全開にする。

 そんな私にとって、マスクを着用すべしという今の風潮が

とてもつらい。

 マスクをしていると息苦しいし、折角吐き出した二酸化炭素をまた

吸い込むと、体(特に脳)に悪いような気がするのだ。

 電車から降りた途端、トイレの個室に飛び込み、スーハアー、

スーハアー。「便所の」空気の何と清々しいことか!

 「息が苦しい」と言えば「苦しいのはあなただけではない、

皆同じ」。皆のために「わがまま」はいけません。感染拡大を防ぐため。

2.ワクチンの事

 ワクチンによるリスクは「非常に低い」とされる。けれど、その

「非常に低い」確率の中に私が入る可能性はある。

 身体に備わった免疫系こそが「最強・最良」のワクチン、というのが

私の信念だ。

 生老病死、人はいずれ必ず死ぬ。

 「コロナウイルスなるもの」によって私が死んだとしても、それは

自然の摂理。 これが私の人生観、死生観だ。

 だから、予防接種という人的な行為でリスクを負うのは嫌だ。

 けれど、「ゼロコロナ」にならなければ、「接種していない人が

いるからだ」という有形無形の圧力が始まるだろう。

 皆のために「わがまま」はいけません。

 あなたの信念は「わがまま」にすぎない。

3.私はこの頃、いつもイライラして、怒っている。

 何に対して?

 マスクをしている自分を。

 「イヤなものは嫌だ」と言えない風潮、そしてそれに逆らえない

自分を。

 たかがマスク、たかがワクチン。されどマスク、されどワクチン。

 

〇 道徳教育で使われている「かぼちゃのツル」の話は前川喜平さんが

たんぽぽ舎の講演会で教えてくださいました。

 あら筋は、かぼちゃのツルが皆の制止を振り切ってどんどん伸びて

いき、そのために轢かれてしまうというものです

 (全文はネットに載っています)。

 この話を私の「解釈」で使わせていただきます。

 私はかぼちゃのツルですか?

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4317】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4317】

2021年10月14日(木)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.東海第二原発の来年9月再稼働をとめよう!

  「東海第二原発は本当に古い、設計も古いし造りも悪い…」

  「絶対に東海第二原発は動かしてはならない」

  菅井益郎さんのスピーチ紹介

  10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その2) (5回の連載)

          「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

★2.ジャーナリスト岩垂弘さんの連続講座

  核大国に運動側はいかに立ち向かったか

  核軍拡競争下の運動 1977〜1986

  10/18(月)岩垂弘さん『8回連続講座』第6回にご参加を!

             岩元修一(たんぽぽ舎ボランティア)

★3.「(北海道)寿都と神恵内は不適地」核のごみ処分場選定で

  道内の地質学者ら有志3人が声明…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆11/14(日)地団研第67回理論学習会のお知らせ

   「コロナ・パンデミックと今後の日本社会」友寄英隆氏

   「私が大飯原発を止めた理由」樋口英明氏

★5.新聞より4つ

  ◆新政権の原子力政策を問う 再処理工場稼働はリスク

   年間1人当たり2000から3000円が再処理事業者への拠出金として

   電気料金に上乗せされている  鈴木達治郎(長崎大教授)

             (10月13日東京新聞夕刊5面より抜粋)

  ◆東海第二原発再稼働工事請負企業 従業員の健診偽造

                (10月14日「赤旗」より抜粋)

  ◆原発がある限り「反原発」の運動が続く  落合恵子(作家)

     (10月14日東京新聞朝刊24面「私の東京物語」より抜粋)

  ◆朝日新聞夕刊「素粒子」より4つ

━━━━━━━ 

※10/15(金)第5回「原発いらない金曜行動」にご参加を!

 落合恵子さんの発言も予定されています。

  フクシマは終わっていない! 放射能汚染水を海へ流すな!

  東海第二原発の再稼働反対!

 日 時:10月15日(金)18時30分より19時45分

 場 所:「首相官邸」前

 主 催:「原発いらない金曜行動」実行委員会

   「毎月第3金曜」に開催、

   11月は26日(金)…第3金曜は19日ですが「総がかり行動」なので

   第4週の金曜=26日に変更しています。

   12月は17日(金)です。

━━━━━━━ 

※10/25(月)学習会にご参加を!

 「ウイシュマさん死亡事件から考える」−日本の入管制度の歴史−

 お 話:金 東鶴(キム トンハク)さん

         (在日本朝鮮人人権協会副会長兼事務局長)

 日 時:10月25日(月)19:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 資料代:800円

 予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

   メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

   お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※10/27(水)学習会にご参加を!

 「電力システム改革と脱原発

 お 話:吉田明子(国際環境NGO Foe japan)さん

 日 時:10月27日(水)18:00〜21:00(開場18時30分)

 会 場:「スペースたんぽぽ」 講師のお話は19時より

 資料代:800円

 予約必要です。10/25と同じです。

━━━━━━━ 

※10/6日本原電と東電2つの本店抗議行動を三輪祐児さんが

 アップしてくれました。

20211006 UPLAN 日本原電本店抗議行動・第97回東電本店合同抗議

https://www.youtube.com/watch?v=CuLt3fhvfW4

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.東海第二原発の来年9月再稼働をとめよう!

 | 「東海第二原発は本当に古い、設計も古いし造りも悪い…」

 | 「絶対に東海第二原発は動かしてはならない」

 | 菅井益郎さんのスピーチ紹介

 | 10/6日本原電本店抗議行動の報告 (その2) (5回の連載)

 └──── 「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

脱原発スピーチの紹介

1.菅井益郎さん(柏崎・刈羽原発反対 在京者の会)

 みなさん、風が強くて大変ですけどがんばりましょう!

 私は、“柏崎・巻原発の、反対する在京者の会”の菅井と申します。

 実は東海とはずっと前から一緒にやってまして、東海の最初の裁判、

今の裁判とは違いますけど、実は今日(ここに)来るにあたって昔の

行政訴訟の訴状をもう一回振り返ってみました。

 それを見てみますと、東海第二原発は本当に古い。設計も古いし造り

も悪いんです。そのことを今日確認してきました。

 私ども、柏崎原発とだいたい同じ時期に建設計画が持ちあがって、

そして東海第二の方はあんまり大きな反対運動にはならなかった。

 柏崎・伊方・女川は日本の三大原発反対運動って言われているくらい

大きな盛り上がりがあったわけで、なかなか向こうも思うようには、

柏崎の場合は東電ですけど、進められなかった。

 で、東海の方は非常に強固な思想をもった人が何人かいましたけど

も、やっぱり一般的には東海村原発の村と言いますかね、原子力

研究所がたくさんありました。

 東海原発の訴訟が起こった1973年の頃ですけど、25くらいの原子力

関係の施設があったわけで、そのことも実は東海の第二の許可処分取り

消しの訴訟で謳われていますけども、本当にひどい状況です。(中略)

 それで行政訴訟を起こす。行政訴訟というのは、当時は内閣総理大臣

が設置許可をおろすわけですけど、その内閣総理大臣に対して許可を

取り消す訴状の行政訴訟を起こしたんですね。

 その前に日本原電の方は、1971年に建設許可を申請しているわけです

ね。それで1972年の12月に、わずか1年の審査で結論が出てるんです。

いかにいい加減な審査が行われたか。後に裁判の過程でそのことが

明らかになりますけど、本当に酷いんですね。(中略)

 第一審の判決は1984年の3月か何かに出ますけど、第一審の水戸地裁

の判決はそういう判決を出しましたけれども、しかし実は裁判の議論の

中ではなかなか本題の議論にいかなかった。

 たった1年で審査を終えたということみなさん考えて下さい。

 あれだけの膨大な、まだ世界中で造ったことのないような110万kw

という原発をわずか1年で審査できますか。

 専門家などいない時代ですよ、まだ。そういうことであるから私は

東海第二原発は非常に危険だと思ってるんです。(中略)

 で、それではたまらん、ということで1972年に異議申し立てを

行って、1973年になって却下されて、それを受けて73年の9月になって

控訴が起こされた、というわけですけどその間の安全性の議論は私も

もちろん何度も傍聴に行きましたけれども、まあ、満足に答えられる

専門家はいませんでしたね。

 特に、後に原子力委員会は、安全委員会と原子力委員会に2つに

分かれます。1978年のことですけども。

 そういう中で原子力安全委員会の会長になったのは〇〇さんという

人でね、東大の原子力でしたけどもこの人は、私どもはよく知ってる

人なんです。よく知ってるというのは、彼が何の専門家かってことを

知ってるんです。

 原子力の専門家じゃないんですよ、何の専門家だと思いますか?

 工学部の教授ということに間違いありません。彼の専門は空調の

専門家なんですよ。(中略)

 そういうような人が原子力の安全審査ができるとみなさん思いますか?

 原子力の原始的な問題はメーカーの人間はわりとよく知ってますし、

事務的な分野の人たちはある程度分かってるかも知れません。

 でも、ほとんどがアメリカからの直輸入の技術でありますから、

アメリカの文献を見ながら検討してるわけですね。

 1960年代の原子力学会誌にもそのことは書いてある。大事なところ

ブラックボックスで分からないことが多い、と原子力学会誌も正直

に分からないんだ、って原子力学会誌に書かれています。

 そういう中で、原子力安全委員会の会長が、スリーマイルの事故が

起きたのは1979年の3月ですけど、その後だというのにまともな検討も

できない、ということが続き、立ち往生を何度もしました。

 まあ、恥ずかしいったらありゃしませんよ。

 そういうことですから、東海の原発なんか誰も安全性を担保してない

わけですよ。みなさんあれは本当に古くて設計も古いし、(中略)

 そうやって無理矢理造って運転したのが東海第二原発なんです。

 ま、絶対に信用してはなりません。

 で、裁判の方は1980年に水戸地裁でこっちが負けるわけですけど、

その後の東京高裁も負けて、最高裁でも負けますけども、しかし議論の

中味はずっと勝ってたんです。しかし負けた。

 これは伊方の場合も同じですけども、まともに安全な議論をしたら

向こう(原発推進側)はみんな負けちゃうんです。聞いてりゃすぐ

分かります。

 しかし向こうはこれで安心してたんですけど、実際はそうは

いかなかった。

 その後の1995年には、阪神大震災が起きる。それから1999年には

JCO火災(臨界被ばく)事故が起きる。そして2011年には、

ま、その前に柏崎の震災がありますけども、2011年には東日本大震災

起きる。

 まったく予想をしていない、ま、推進側は予想をしてたらそんなもの

は造らないわけですけど、そういう事態がきてここに至っているわけ

で、絶対に東海第二原発は動かしてはならない。

 私はそれを最後に、強力に言って、今日のお話を終わりにしたいと

思います。                (その3)に続く

※「11.27(土)東海第二原発いらない!廃炉デー」集会

 日 時:11月27日(土)18:15より

 会 場:文京区民センター3F

昨日発信の【TMM:No4316】では、集会開始時間を18:30と記載しました

が、事故情報編集部のミスプリでした。おわびして訂正致します。

┏┓ 

┗■2.ジャーナリスト岩垂弘さんの連続講座

 | 核大国に運動側はいかに立ち向かったか

 | 核軍拡競争下の運動 1977〜1986

 | 10/18(月)岩垂弘さん『8回連続講座』第6回にご参加を!

 └──── 岩元修一(たんぽぽ舎ボランティア)

社会運動は社会を変えられるか

戦後76年を社会運動を通じて顧みる

第6回《核軍拡競争下の運動 1977〜1986》

被爆者支援、国連軍縮特別総会に向けて

お 話:岩垂 弘さん(ジャーナリスト)

日 時:10月18日(月)14:00〜16:30(開場 13時30分)

会 場:「スペースたんぽぽ」

資料代:800円  予約の必要はありません

 岩垂さんから10/18第6回講座のレジュメと年表が届きました。

 年表は1945年から2020年まで。

 戦後75年間が、超大国による核兵器開発と対抗する運動の歴史である

 ことが分かります。

 ◇激烈な米ソの核兵器開発競争

 ◇核軍縮に向けて1978年から2021年

 ◇米国・ロシア・中国による新たな核軍拡競争

 ◇今なお国家補償による援護法成らず

 岩垂さんからのメッセージです。

「一言で言えば、今度の講座の狙いは、地球がいくつあっても足りない

くらい米国・ソ連二大超核大国による核兵器保有量と威力が増加して

しまった世界の現実と、なんとか核戦争を防ぎたいと必死になって

核兵器廃絶運動を続けてきた世界の人々の動きを紹介することに

あります。」

連続講座ですが、途中からの参加でも大丈夫。

毎回冒頭に前回の話の要約をされます。

第1回〜5回の講座の配付資料も無料で差し上げます。

┏┓ 

┗■3.「(北海道)寿都と神恵内は不適地」核のごみ処分場選定で

 | 道内の地質学者ら有志3人が声明…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.「(北海道)寿都と神恵内は不適地」核のごみ処分場選定で

  道内の地質学者ら有志3人が声明

  10/13(水)21:30配信「朝日新聞デジタル

https://news.yahoo.co.jp/articles/72d9bc6bdeeb63e41f2ed7297cfe2f81b6218982

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆11/14(日)地団研第67回理論学習会のお知らせ

  2つのテーマ

  「コロナ・パンデミックと今後の日本社会」友寄英隆氏

  「私が大飯原発を止めた理由」樋口英明氏

日時:11月14日(日)

  時間:10:00〜12:00

  講師:友寄英隆氏(労働者教育協会理事)

  演題:「コロナ・パンデミックと今後の日本社会」

  時間:13:30〜15:30

  講師:樋口英明氏(元福井地裁裁判長)

  演題:「私が大飯原発を止めた理由」

主催:地学団体研究会(AGCJ)<https://www.chidanken.jp/>

開催は、Zoom にて行います。

申し込み:下記のURLから、参加申し込みフォームに入り、

     必要事項を入力して下さい。参加費は不要です。

     締め切りは 11月6日(土)です。

https://forms.gle/hs5yqq2Wge28A4oEA

参加申込者には11月10日までにメールでZoomのURLと

資料をお送りします。

┏┓ 

┗■5.新聞より4つ

 └──── 

 ◆新政権の原子力政策を問う 再処理工場稼働はリスク

  年間1人当たり2000から3000円が再処理事業者への拠出金として

  電気料金に上乗せされている

                 鈴木達治郎(長崎大教授)

 岸田文雄新首相は、自民党の総裁選候補者討論の中で、原発から出た

使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、利用する

核燃料サイクル路線を堅持する姿勢を示した。

 だが、サイクル路線は完全に行き詰まっており、見直しが急務である。

    (中略)

 既に使用済み核燃料の全量を再処理する路線は立ちゆかなくなって

おり、現段階でも、一部の燃料の直接処分は不可避になっているという

現実だ。

 今、再処理工場を稼働させる必要は全くない。(中略)

 今の状況を続ければ不要なコストが積み上がる。

 年間1人当たり2000から3000円が再処理事業者への拠出金として

電気料金に上乗せされていることはあまり知られていない。(後略)

             (10月13日東京新聞夕刊5面より抜粋)

 ◆東海第二原発再稼働工事請負企業 従業員の健診偽造

 日本原子力発電東海第二原発(茨城県東海村)再稼働工事で配管工事

などを請け負う有限会社博良工業(同県ひたちなか市)が従業員の健康

診断票を偽造していたとして、従業員の鈴木正雄さんら男性3人が

13日、会見を開き、同社の代表取締役を有印私文書偽造罪の疑いで

刑事告発すると発表しました。(後略) (10月14日「赤旗」より抜粋)

 ◆原発がある限り「反原発」の運動が続く  落合恵子(作家)

  (前半略)

 差別がある限り、抗(あらが)いは続く。

それは、この国に、そして世界のどこかに原発がある限り、

「反原発」の運動が続くことと根っこは同じこと。(中略)

 国会がわたしたち市民代表がいる場から、わたしたちの反発を

募らせる場になって久しい。

    (10月14日東京新聞朝刊24面「私の東京物語」より抜粋)

 ◆朝日新聞夕刊「素粒子」より4つ

 ・首相はどうする。地元広島の1.5億円疑惑。

  「説明と謝罪を」と県議に迫られた。(10/6)

 ・首相がまず傾聴したのは、株価が示す「市場の声」。

  金融課税強化をもう封印した。

 ・甘利・河井・森友・桜。積もる「負の遺産」には聞く耳持たず。

  想定通りの展開に。(以上2つは10/12)

 ・「コンパクト」の実態。五輪施設の年間赤字は10億円を超す。

  むろん全額、税負担。(10/13)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856