たんぽぽ舎です。【TMM:No4395】地震と原発事故情報−6つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4395】

2022年1月29日(土)地震原発事故情報−

               6つの情報をお知らせします        

                          転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.放射能汚染水を海へ捨てるな! 東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

   2/2(水) 第101回東電本店合同抗議のご案内

                  東電本店合同抗議実行委員会

★2.原研とテラパワーが高速炉で覚書

  いまさら高速炉で何をするのだろう

  見果てぬ夢を見るよりも地に足の着いた事業をすべき

                  山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.福島(第一原発事故)のことを他人事と捉えてはならない

  被ばくから子供たちを守ろう

  1/12(水)第42回日本原電本店抗議行動報告(その3)(5回の連載)

               とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

★4.スウェーデンが「核のゴミ」最終処分場の建設計画を承認…

   世界2例目

   メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)         

                黒木和也 (宮崎県在住)

★5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 ◆ オンライン講座<ふくしま30年プロジェクトの10年間の取り組み>

 ◆タイトル「江古田映画祭〜3.11福島を忘れない」2/26(土)〜3/11(金)

★6.新聞より3つ

 ◆『信濃毎日新聞 社説』より

   ・〈社説〉米高速炉協力 延命策にすがるだけでは

(1月23日 論説 社説より抜粋)

素粒子より1つ(1/28 朝日新聞

◆受領県議ら35人「起訴相当」 検察「重大な違法行為」

   河井元法相参院選買収事件

(1月29日東京新聞朝刊2面より抜粋)

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日時:1月30日(日)12時より15時 場所:経産省

     選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!    

  2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動 

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」 TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな! 東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30  

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947 

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

 ☆3月は、11日(金)第102回です。

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を! 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

  『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

 会 場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名。残席20名様です。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、 tanpopo3238@gmail.com でお知ら

せ下さい。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介 三輪祐児さんのユープランより

広瀬隆二酸化炭素によって地球が温暖化しているという説は科学的にまった

く根拠がないデマである」

20220127 UPLAN 【総集編・全編6時間】  https://www.youtube.com/watch?v=K14tki8e2Ck

・20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.放射能汚染水を海へ捨てるな! 東電は2200億円の原電支援するな!

 | 東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 | 2/2(水) 第101回東電本店合同抗議のご案内

 └──── 東電本店合同抗議実行委員会

2011年の東電福島原発事故から、今年の3月で丸11年です。

 東京電力の傲慢、独善、隠蔽、無責任体質は、現在も継続中です。

 東電への抗議の声を挙げましょう。

コロナウイルス蔓延のため、体調のすぐれない方や持病の有る方は、

無理をしないでください。

冒頭に、東電関連の新聞記事などをまとめます。

1)「原発事故との因果関係明らかにしたい」 甲状腺がん患者が東電提訴:

 1/27毎日新聞

2)テロなどへの備えは。規制委が東電柏崎刈羽原発を調査:1/25UX新潟

 テレビ21

3)前知事の米山隆一衆院議員、新潟県が進める“原発検証”を問題視。

 総括委は約1年開かれず:1/25NST新潟総合テレビ

4)原発事故の被ばく線量、非公開を示唆。東京電力:1/24テレビ朝日

(ANN)

5)早ければ1月中にも再開へ。福島第一原発の1号機の内部調査、装置の

 不具合で中断<東京電力>:1/24福島テレビ

6)ドイツ、「原発は持続可能」に反論。EU案を拒否:1/24 ロイター

7)再エネ電気料金から石炭火力・原発にお金が流れる。「容量市場」の

 問題点とは:1/20オルタナ

8)凍結管損傷で液体4トン以上漏れ出した可能性。東電福島第一原発

「凍土遮水壁」:1/18福島テレビ

9)東電原発事故処理水関連の公文書、福島県が24点を「不開示」。公開の

 会議も:1/11テレビユー福島

10)韓国原子力安全委トップ。東電の海洋放出計画審査申請を「正当性・

 妥当性欠く」:1/9聯合ニュー

◎「経産省前テントひろば・たんぽぽ舎」呼びかけの、

“東電は責任をとれ!東電本店合同抗議”を、以下の通り開催致します。

 日 時:2月2日(水)、午後6時30分より7時30分まで

 場 所:東京電力本店前

 *当日の天気予報は、「曇り」です。

・東電への「申し入れ行動」を行いますので、希望される方は「申し入れ

書」を、ご持参願います。

・プラカード、ノボリ旗をたくさん持参してください。

・なお、当日は前段で、「とめよう!東海第二原発 20年運転延長・再稼働

ゆるすな!日本原電本店抗議行動」が行われます。

日 時:2月2日(水)午後5時より5時45分まで

場 所:日本原電本店(地下鉄銀座線:末広町駅徒歩4分、JR秋葉原駅徒歩7分

主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」TEL 070-6650-5549

協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

┏┓ 

┗■2.原研とテラパワーが高速炉で覚書

 | いまさら高速炉で何をするのだろう

 | 見果てぬ夢を見るよりも地に足の着いた事業をすべき

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 昨年から報道が続く高速炉の新たな動き

 発端は米国テラパワー社。

 この会社が2028年の完成を目指して、米国内で高速炉を運転するという。

 テラパワー社とは、米国のベンチャー企業で、マイクロソフト創業者ビ

ゲイツ氏が設立した。現在同社会長。

 10年ほど前から進められているプロジェクトで、テラパワー社は様々な

typeの原子炉を検討した結果、ナトリウム冷却高速炉が最も有望との結論を得て、

米原子力規制委員会の先進炉実証計画 (ARDP)として開発予算が付けられている。

○何故今さら高速炉なのか

 現在高速炉とりわけナトリウム冷却高速炉を開発している国はロシアと

中国(注1)くらいであり、「西側諸国」では最後まで計画を有していた

フランスが撤退(注2)している。

 米国から見ると、自国で高速炉の開発が今後進められなければ、軍事転

用可能な高速炉の開発が米国の制御下におかれなくなるので、中ロを牽制

したいことから日本で開発していた高速炉チームに声を掛けたのだと思わ

れる。

 実際に高速炉が開発できるかどうかは問題ではないのだろう。

注1 例えば、中国で高速炉開発を進めている原子能科学研究院(CIA

E)は2015年12月19日、北京南部に建設した高速実験炉(CEFR)が、

安定的な発電に初めて成功(フル・パワーで72時間)と発表。

 ロシアは「実証炉」BN800(2016年運転開始した電気出力88万kW)。

注2 日仏第4世代ナトリウム冷却高速炉「ASTRID」の終了2019年

に11月、経済産業省は2020年度の概算要求で関連予算を盛り込まれずに打

ち切られた。日本は類型200億円を超える研究開発費を支出してきたもの

の、仏側が計画の中止を18年11月に日本側に通知していた。当時「日仏の

共同開発は日本の核燃料サイクル政策の柱なだけに影響は避けられないだ

ろう」との報道あり。

○日本の思惑

 脱炭素政策として原発の開発という面もあるが、それよりも大きいのは、

核兵器転用可能なプルトニウムを大量に抽出する核燃料サイクル政策を維

持する正当性が、高速増殖炉開発の失敗で失われているいま、それに変わ

りうる計画を維持していることを内外に示す必要性が生じている。

 高速炉「もんじゅ」の廃炉以後も、その原型炉である茨城県大洗町

「常陽」の再稼働を進めようとしているのも、形ばかりであろうと高速炉

計画がまだ進行しているとする「実績」を示す必要があるからだ。

 また、核兵器開発への技術的な蓄積をはかることも高速炉を維持する目

的であろうから、米国の計画に渡りに船と乗ったと思われる。

 46トンのプルトニウムプルサーマルだけで消費するとしたら、再処理

工場とMOX燃料工場は完成したとしても10年以上は稼働できない。

NHKは「先が見えなくなっていたところにアメリカからお声がかかり、

日本にとってはまさに渡りに船だった。」と報じていた。

○世界の高速炉計画が持つ意味

 テラパワー社が目指すシステムは、34万kWほどの高速中性子炉を中核

として、溶融塩を使ったエネルギー貯蔵システムを組み合わせ、最大50万

kWの出力を発生させるものとされる。

 この費用がどのくらいかかるかはわからないが、30〜50万kWとは、美

原発1号機や福島第一原発1号機といった、初期の原発の出力程度である。

 現在は130〜160万kWが主力だから、その三分の一の価格であっても競

争力はないだろう。

 一方、原発のコストは年々高騰を続けており、建設費用だけでも一基あ

たり約一兆円だ。安全設備の費用がかさんでいるとされる。

 これに加え、プルトニウムを中心にした燃料を使うと思われる高速炉で

は、燃料の生産費用がウラン燃料の何十倍にもなってしまう。

 その理由は、ウランに比して遥かに放射線量率が高く、被ばく管理と遮

蔽に費用がかかる上、核兵器転用防止のために高度なセキュリティシステ

ムが必要になることが大きい。

 一つ一つの処理は小さく小分けにしなければ、臨界管理上も危険である。

 JCO臨界被曝事故を起こしたウランは18.8%のウラン235を含む低濃

縮ウランだったが、プルトニウムの臨界量は遥かに小さいため、同程度の

プルトニウム239を含む燃料製造をする場合、一度に扱える単位はグラム

単位となるだろう。

 プルトニウムを扱う原子炉の臨界管理も極めて厳しいので、エンジニア

リング的にも開発は困難を極める。

 高速炉開発を続けるロシアでも、BN−800の燃料を初めてフルMOX

としたのは今年になってからだ。臨界管理上の問題があったと思われる。

 このような原発を何千と建設しなければ、有効な対策にはならない。現

在の原発400基あまりを置き換えるだけでも1200から1800基ほど必要にな

るだろう。

 それだけ作ったとしても、世界の電力需要の8%程度をまかなえるに過

ぎないのである。

┏┓ 

┗■3.福島(第一原発事故)のことを他人事と捉えてはならない

 | 被ばくから子供たちを守ろう

 | 1/12(水)第42回日本原電本店抗議行動報告(その3)(5回の連載)

 └──── とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

       (その2)は、1/27に掲載

 参加者スピーチ

 宮口高枝さん(脱被ばく実現ネットワーク)より

 ♪守ろう〜守ろう〜守ろう〜私たちの子供たちを

 被ばくから子供たちを守ろう〜 子どもたちの未来を〜♪

◎ 私は子ども脱被ばく裁判を支援する、脱被ばく実現ネットワークで活

動を続けています。

 子ども脱被ばく裁判、現在仙台高裁で控訴中で10月に第1回の公判が開

かれました。

 当初、非常に危険な状況も見られましたが、高裁の裁判長は被災での

門前払い判決を、たぶんこれは高裁である程度審議しなければならないの

ではないか、という印象を持ったのかもしれませんが、きちんと証人尋問

や原告の陳述を補償する、そのような態度で臨んでおります。

◎ 福島地裁遠藤徹裁判長は、人権、命、健康、それをまったく無視し、

こんなにひどい裁判があるのか!、というような判決でした。

 法の番人があるまじき内容の、棄却する、というようなかたちですぐに

法廷を後にするような判決を絶対に許してはいけないと思います。

 本来、福島第一原発(東京電力)の事故は人災です。そして、国も行政も

あの非常な爆発事故が、子どもを本来なら疎開させるべきでありました。

 そして甲状腺がんを防ぐためにも安定ヨウ素剤を配布する義務があった

はずです。

 しかしながら、それも怠った。そして、被ばくの情報を隠蔽し続けて

います。私たちはこれを絶対に許すことはできません。

◎ 現在、安定ヨウ素剤を配らなかった結果かと思いますが、小児甲状腺

がんが293人と、それ以上と推定されるんです。福島の小児甲状腺がん

1巡目で99人がB判定、小児甲状腺がんと判定されました。

 そして県民健康調査が2年ごとに検査されてきましたが、その2年後に

なんと、1巡目ではA判定だった子ども71人が小児甲状腺がんとなったん

です。

 こんなこと許せないですよね。県民健康調査を本来はきちんと、きちん

と実施してこそ、子供たちの命と人権が守られる、健康が守られる、それ

が国の、行政の責任です。

 そのことを私たちは本当に理解し、そして行動に続けていきたいと思い

ながら行動を続けています。

◎ この原発事故、例えばチェルノブイリ事故で、事故の原発のあった600

キロ離れて住んでいたある炭鉱夫の息子さんが4才で小児甲状腺がん

発症した。

 事故の場所から600キロといったら、福島でいえば、東京は約200キロ

以内ですので関西にもいく距離です。

 福島のことは私たちは他人事と捉えてはならない。私たちの問題だと

いう風に捉えなければならないと思います。

 チェルノブイリのその炭鉱夫の息子さんは甲状腺がんで、34歳で亡くな

られたという事実。

 私たちも本当に肝に銘じ、今、症状が出ていなくてもいつ、私たちはこ

放射能汚染の中で生きている私たち。

 食べ物からも被ばくします。

 内部被ばくは、目に見えない、そのことを常々思いながらこれからも私

たちは時間の許す限り、活動を続け子供たちの健康、命に少しでも少しで

も、私たちの行動が続いていることを肝に銘じ活動を続けます。

 どうもありがとうございました。  (その4)に続く

┏┓ 

┗■4.スウェーデンが「核のゴミ」最終処分場の建設計画を承認…

 | 世界2例目

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.スウェーデンが「核のゴミ」最終処分場の建設計画を承認…世界2例目

  1/28(金) 23:27配信 読売新聞オンライン

 https://news.yahoo.co.jp/articles/6878e98ff3731099a808b3aa38868f931af26726

┏┓ 

┗■5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

◆ オンライン講座<ふくしま30年プロジェクトの10年間の取り組み>

「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」は2012年から食品や土の

放射能測定を続けてきました。

 この度、福島市にあるふくしま30年プロジェクトのスタッフに10年間の

あゆみを語ってもらい、共同代表の山田真と対談の場を設けました。

 福島の今を知りこれからを共に歩んていくために、多くの方のこ参加を

お待ちしています。

  日 時:2月13 日(日) 13:00−16:00

  申込み方法:

 あるびれお HP お問い合わせ欄より申し込みください。

  (https://west-tokyo-albireo.com/contactus)

  題名に「オンライン講座申込み」とお書き下さい。

  不明な点は電話:070-5073-4356に問い合わせ下さい。

  締切:2月 11 日(木) 

  ※ ZOOM の URL は2月 12 日(金)に送ります。

  にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお

  連絡先:電話:070-5073-4356

 

◆ タイトル「江古田映画祭〜3.11福島を忘れない」

  東電福島第一原発の事故から11年。今年も福島を忘れません。ヒロ

 シマ・ナガサキに加え、旧ソ連の核実験、足尾鉱毒事件の映画など、

 17プログラムを実施。

  ○会期:2022年2月26日(土)〜3月11日(金) 14日間

会場:武蔵大学(2月26日・3月5日)&ギャラリー古藤

  チケット:1作品1,000円(要予約)

問合せ:fwge7555@nifty.com<fwge7555@nifty.com>

03-3948-5328

主 催:江古田映画祭実行委員会

┏┓ 

┗■6.新聞より3つ

 └──── 

◆『信濃毎日新聞 社説』より

   ・〈社説〉米高速炉協力 延命策にすがるだけでは

             

 米企業の「高速炉」開発に、日本の原子力研究機関と企業が協力すると

決まった。

燃焼の効率を高めるため、より速く動く中性子を燃料のウランに当てる、

一般とは異なるタイプの原子炉である。

 高速炉開発は既に、長く研究を続けてきた日本やフランスなどで、深刻

な行き詰まりを見せている。新興の米企業による計画が順調に進むとは考

えにくい。

 日本の技術に資するとの見立ても、安易と言わざるを得ない。米企業に

すれば、これまでに巨額の資金を投じ失敗も重ねてきた日本のデータや知

見が欲しいのは、当然だろう。提供でどんな見返りがあるのかも定かでない。

 日本の高速炉開発は、原型炉の「もんじゅ」で深刻な事故や不祥事が相

次ぎ、1兆円以上の巨費を投入した末に2016年に廃炉が決まった経緯がある。

 高速炉は日本で、原発の使用済み核燃料を再処理して核兵器の原料にも

なるプルトニウムを取り出し、再び燃料として使う「核燃料サイクル」と

いう構想の中心施設に位置付けられてきた。

 構想は既に、危険性やコストの高さなどから破綻が明らかになっている。

政府や関連企業は延命策にすがるのではなく、その現実を直視しなければ

ならない。

(1月23日 論説 社説より抜粋)

 ◆素粒子より1つ(1/28)

原発事故による被曝と甲状腺がんの因果関係を問う。

福島にいた6人が東電を提訴。

◆受領県議ら35人「起訴相当」 検察「重大な違法行為」

   河井元法相参院選買収事件

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、東京第6検察審査会

は28日、河井克行元法相(58)=公職選挙法違反罪で実刑確定=から現

金を受け取ったとして同法違反(被買収)容疑で告発され、不起訴となっ

た地元県議ら100人のうち35人を「起訴相当」、46人を「不起訴不当」と

する議決を公表した。東京地検特捜部が再捜査する。議決は先月23日付。

 議決は、同法違反について公職者は「責任がとりわけ厳しく追及される

べきだ」とした上で、受領額や返還状況などを個別に検討。10万円以上を

受け取りながら直後に返還しなかった人のうち、辞職もしていない県議や

広島市議らのほか、議員や秘書の経験があり、政治に通じた選挙スタッフ

らについて「起訴するのが相当だ」とした。

受領直後に全額返した県議や、金額が少なく、後に返還、寄付をするな

どした19人は「不起訴相当」とした。 (以下省略)

(1月29日東京新聞朝刊2面より抜粋)

内容全文は、 https://www.tokyo-np.co.jp/article/156891

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4394】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4394】

2022年1月28日(金)地震原発事故情報-

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」の

  精鋭(中年・高年隊)秋葉原で活躍

  東海第二原発うごかすな!-トラメガで日本原電本店前アピール

  通称「女の子」ビラ+3つ折りリーフのセット450枚、

  周辺の商店街・住宅街へポスティング

     柳田 真(とめよう!東海第二原発首都圏連絡会世話人

★2.川内原発など火山地帯に近い原発の再稼働を許可してきた

  規制委は、驕りを深刻に反省すべき

  「火山噴火を事前予測できる」とする

  原子力規制委員会は見解を撤回せよ

  地球の反対側で起きた巨大カルデラ噴火で津波 (下)(了)

              山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.原発推進の玉木国民代表(香川2区)落選運動

  「原発ゼロ」方針を説明なしに変える無責任

  維新、連合と共謀して壊憲、軍事大国化を画策

  玉木氏の危険性を論じないキシャクラブメディア

  「メディア改革」連載第88回

          浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

★4.3万年前の姶良(あいら)カルデラ巨大噴火 火砕流や火山灰、

  従来の1.5倍噴出か 産業技術総合研究所が推計…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                黒木和也 (宮崎県在住)

★5.配信より1つ

  ◆小泉元首相、核のごみがどんどん増えていく。これは無責任…」

            (1月27日15:11配信「時事通信」より)

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

 ☆3月は、11日(金)第102回です。

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名。残席20名様です。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介 三輪祐児さんのユープランより

広瀬隆二酸化炭素によって地球が温暖化しているという説は

     科学的にまったく根拠がないデマである」

20220127 UPLAN 【総集編・全編6時間】

https://www.youtube.com/watch?v=K14tki8e2Ck

・20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」の

 | 精鋭(中年・高年隊)秋葉原で活躍

 | 東海第二原発うごかすな!-トラメガで日本原電本店前アピール

 | 通称「女の子」ビラ+3つ折りリーフのセット450枚、

 | 周辺の商店街・住宅街へポスティング

 └──── 柳田 真(とめよう!東海第二原発首都圏連絡会世話人

 1月28日(金)、「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」の精鋭10人(

中年・高年隊)は、2時間弱、JR秋葉原駅近くの日本原電本店前と

周辺で、「東海第二原発うごかすな!」の行動をおこないました。

 参加者は10人(女性4人、男性6人)、ジェンダーバランスはまずまず。

日本原電本店前では、女性2人のアピールが“聞かせる内容”

でした。45分位は本店前でのアピール行動、後半の45分は2人ずつで

4つのチームに分かれて、東西南北の方向へビラセット100枚ずつを

持って、商店街・住宅街へポスティングしました。全体で450枚が

配布できました。

 今秋は、東海第二原発の再稼働が予定されているので、「とめよう!

東海第二原発首都圏連絡会」は、日本原電本店へ“人々の声を

届けよう”として、毎月の第4金曜日に「日本原電本店行動・

ビラ配布」を決めました。

 本日は、第1回の行動日。

 来月2月25日(金)は、第2回目の行動日です。

 今後も日本原電本店を攻めるぞ!ガンバロウ中・高年隊!(若い人の

参加を歓迎します)

 ※定例の月1回開催される日本原電本店抗議行動は、

  次回・第43回2月2日(水)17時から17時45分です。

  多くのご参加をお願い致します。

┏┓ 

┗■2.川内原発など火山地帯に近い原発の再稼働を許可してきた

 | 規制委は、驕りを深刻に反省すべき

 | 「火山噴火を事前予測できる」とする

 | 原子力規制委員会は見解を撤回せよ

 | 地球の反対側で起きた巨大カルデラ噴火で津波 (下)(了)

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

            (中)は、1/24【TMM:No4390】に掲載。

◎空振の恐ろしさ

 火山噴火により引き起こされる空気の振動は「空振」と呼ばれ、

距離が近く、規模が大きければ、木が倒壊したり建物が破壊されたり

鼓膜が破れるなどの被害を生ずる。遠ければ爆音として聞こえる。

 有史以来最大級の噴火とされる1883年のクラカタウ噴火では、4000

km以上離れたところで聞こえたとされている。

 今回の空振は、アラスカでも観測されたというから、記録上史上最大

の距離まで伝わったということになるかもしれない。

 海の上で発生した場合、空気の振動が海面を変動させ、これが波と

なって広がっていくと、一つ一つの波が大きくなくても広い海の上で

高速で伝わる内に徐々に波同士が合成され、あるいは共振し、大きく

なっていくと思われる。

 それが、比較的近いオーストラリアでは最大でも1mほどが、8000~

10000km以上も離れた環太平洋諸国の海岸で2mに達する高さになって

いったのだろう。

 今回の噴火の後で、日本では最大約2ヘクトパスカルの気圧変化が

観測され、その後津波が到達した。津波の周期は地震による海底地形の

変動に伴う津波と比べても、かなり短いようだ。公表された波形データ

を見ると、通常の波とも見分けがつきにくいことがわかる。

 海面を変動させ、津波にまで発達させる空振は、その被害の大きさが

考慮されたことはなかった。

 巨大な噴火であれば、「空振」の影響は、その後に起きる溶岩流や

大規模な火砕流などの火砕降下物の影響、噴煙として大気中に放出

された火山灰の影響が大きくなるので見過ごされるのだろう。

 しかし、それらの影響を直接受けるほどに近くはないところでは、

「空振」による津波の影響は、突如やってくる遠地地震のそれ以上に

判別が困難で、不意打ちを食らう可能性が高くなる。

 実際に、気象庁津波警報を発した時には既に奄美大島に1.2mの

津波が到達した後だった。それでも、その後の警報や注意報の発令は

素早く行われたので、多くの漁船の沈没・転覆(30隻以上とされる)や

漂流についての人的被害は阻止できたと考えられる。

 遠地地震津波被害としては、1960年のチリ地震津波(死者・行方

不明142名、負傷855名、被災者147,898名、被災家屋46,000棟)があり、

太平洋沿岸地域で大きな被害を出している。

津波の波高はこの時よりもずっと低かったとしても、今後も起こり

得るこうした未知の津波被害を未然に防ぐことが出来る津波防災

システムを持ち、稼働させられることは重要なことである。

◎日本への教訓は

 日本の火山は現在111ある。これは世界で過去1万年以内に噴火した

火山の約7%に相当するという。

 そのうえ海に囲まれた島国であり活火山の約3分の1が伊豆小笠原

諸島や南西諸島などの海域に存在する。

 今回と同規模か、もっと大規模な海底火山噴火が日本でも発生して

きたし、これからも発生する。

 その実例として、昨年8月に事前に警告を発することが出来ない

ほど人知れず大噴火し、大量の軽石が漂着した海底火山

福徳岡ノ場」の記憶は未だ新しい。

 硫黄島から50kmほどの海底火山で、今までに大規模噴火を引き

起こす火山との認識はほとんどなかった。

 この時の規模はVEI4程度とされている。この火山の噴火が終結

したのかどうかもまだよく分かっていない。

 なお、火山憤火予知連は昨年12月に「今後十数年は同程度の噴火が

起きる可能性は低い」との検討結果を公表している。

 このような海底火山の噴火が、過去に重大な影響を日本列島に住む

人類に与えた。

 7300年前に九州南方沖の薩摩硫黄島周辺で起きた超巨大噴火では、

巨大津波が近隣の島々のみならず現在の大分県高知県、さらには

三重県にまで到達したことが明らかになっている。

 またこの噴火では火砕流が海を渡って九州南部まで到達し、火山灰は

東北地方にまで達していた。

 これにより日本列島上の縄文人は大きな打撃を受け、とりわけ九州の

縄文文化は消滅したとされる。

 この時の火砕流は、今でも九州各地に痕跡が残っている。

 また、「アカホヤ」と呼ばれる火山灰の層は、地質調査の際に重要な

指標地層とされている。この火山灰層がある場所は、7300年間の地表に

相当することが分かるからだ。

 そこで気になる記事が1つ。

 この噴火を引き起こした鬼界カルデラは、今も活発に活動を続けて

いることを証明する記事だ。

 以下は、2018年2月9日付「海洋底探査センター」の研究ニュース

「鬼界海底カルデラ内に巨大溶岩ドームの存在を確認」からの引用

である。

--------

 神戸大学海洋底探査センター(KOBEC)では平成27年のセンター

設置以来、神戸大学大学院海事科学研究科附属練習船の「深江丸」を

用いた3回の探査航海を「鬼界海底カルデラ」で実施しました。

 その結果、7300年前の巨大カルデラ噴火以降の短期間に、32立法km

を超える地球上で最大クラスの巨大な溶岩ドームが形成されたことを

確認しました。

 またこの溶岩は、巨大カルデラ噴火を起こしたマグマとは異なり、

現在の薩摩硫黄島などの後カルデラ火山と同じ化学的特性を示します。

 現在も鬼界カルデラの地下に巨大なマグマ溜りが存在している可能性

があります。

 日本列島で最も直近(7300年前)に巨大カルデラ噴火を起こした「

鬼界海底カルデラ」内に、この噴火以降に大規模な溶岩ドームが形成

されたことが分かりました。

 その体積は32立法km以上で、世界最大級の規模です。

 この溶岩は、7300年前の巨大カルデラ噴火の噴出物とは化学的特性が

異なります。

 このことは、鬼界カルデラには7300年前以降に大規模なマグマ溜りが

存在し、そして現在も存在している可能性を示唆します。

 溶岩ドーム上には水柱音響異常が認められ、活発な海底熱水活動の

存在が予想されます。

--------

原子力行政と火山評価

 原発の再稼働と火山について、原子力規制委員会破局的な噴火災害

が発生する火山の近くにでは許可しないとしている。

 策定された「火山影響評価ガイド」では「設計対応が不可能な火山

事象」が原発の運用期間中に発生する恐れが十分小さいこととしている。

 しかし「十分小さい」ことを、具体的にどのように評価、判断を

するのかは「火山影響評価ガイド」には示されていない。

 川内原発の再稼働では、5つのカルデラ阿蘇姶良、阿多、

加久藤、鬼界)について評価対象とし、これらが原発の運用期間中に

破局噴火を起こす可能性が「十分小さい」として、再稼働を認めた。

 しかし原発の運用期間は運転開始後40年ではない。

 新増設がなくても川内原発が20年の延長申請をしたら2045年11月だ。

その後使用済燃料が残り続ければ、その期間も加算される。

万一、新増設があればまた長くなる。

 火山噴火の再来期間がいつかは誰にも分からないのに、期限も

定まっていない運用期間中に、破局噴火を起こさないとどうして断定

できるのであろう。

 フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイの噴火は、日本に対する警告

でもある。

 福徳岡ノ場の噴火も人間にとっては「突然」起きた。

 監視を続けているから巨大カルデラ噴火は数十年前から事前に検知

可能であるとして、川内原発をはじめとして火山の影響範囲にある

原発の再稼働を許可してきた規制委は、驕りを深刻に

反省すべきである。

 多くの火山学者は、そうした「希望的観測」に対して断固として

反対をしている。それほどに火山の予測は困難であり、知ったかぶりで

噴火予測などしてはならないことを、今回の噴火は警告している。

 福徳岡ノ場の噴火も予測されなかった。太平洋上の海底火山だから、

といって言い逃れできるものではない。

 日本周辺海域で未知の海底カルデラ噴火が起こらない根拠など、

そもそもないのである。

 なお、更田豊志規制委員長は、今回の噴火に際し「今回のケースは

原子力施設への対策がすぐに必要ではないものの、めったにない事例

なので、各機関の調査や分析に高い関心を寄せていきたい」と述べ、

原発の安全規制に取り入れるべき科学的な知識や見解などがあるか規制

委員会として確認していく考えを示したという。

 また、石渡明委員も「火山活動に伴って起きる津波は事例が非常に

少なく貴重なケースだ。原発の規制に取り入れるべきものがあるか、

調査や研究を早急に始めてほしい」と、事務局の原子力規制庁

伝えた。これは1月19日の定例会合でのこと。(NHK1月19日より)

 問題は「今後のこと」ではなく、既に許可してしまった原発

ついて「見直し」が必要なのだが、それを本当に認識しているとは

思えない姿勢を、まず改める必要がある。

┏┓ 

┗■3.原発推進の玉木国民代表(香川2区)落選運動

 | 「原発ゼロ」方針を説明なしに変える無責任

 | 維新、連合と共謀して壊憲、軍事大国化を画策

 | 玉木氏の危険性を論じないキシャクラブメディア

 | 「メディア改革」連載第88回

└──── 浅野健一(アカデミックジャーナリスト)

◎ 国民民主党玉木雄一郎代表(衆院議員、香川2区)は1月4日、

三重県伊勢市伊勢神宮に参拝した後、年頭会見を開き、参院選

向けた立憲民主党(立憲)との連携について「政策の一致が極めて

重要だ」と指摘。

 立憲の党綱領に「原発ゼロ社会」の実現が盛り込まれている点に

触れ、「綱領に原発ゼロと書いてあると、『相いれない』と思う議員や

支援組織があるのは事実」と述べた。

 玉木氏は大蔵省入省し、09年に衆院初当選。玉木氏は自身のHPに。

「親も自民党員だったので、民主党から出ることには反対も多かった

が、日本にも切磋琢磨できる保守二大政党制が必要だと思った」と

書いている。地元の選挙区に自民党議員がいたから公認を得られ

なかっただけだ。

◎ 玉木氏は2017年1月7日、希望の党の代表としてNHK番組で、

通常国会で提出を目指していた「原発ゼロ基本法案」に関し「我々

脱原発に向けた法案を通常国会に提出できるよう検討を深めている。

協力する」と述べていた。

https://jp.reuters.com/article/idJP2018010701000746

 玉木氏は2019年3月、自由党の小沢代表と共に東電福島第一原発

視察した。玉木代表は記者団に対し、「原発に依存しない『原発ゼロ

社会』に向けて、廃炉を含めて現実的な道筋をいかに示していくかが

大切だ」と述べた。

 しかし、2020年8月、当時の立憲民主党と国民民主党の合流を巡る

議論で、玉木氏は新党の綱領案に「原発ゼロ」が盛り込まれたことなど

に反発した。国民民主党を支援する「電力総連」や「電機連合」など、

民間の産業別労働組合の意向を重視した。原発への姿勢をなぜ変えた

のかの説明はない。

◎ 昨年10月末の衆院選投開票の直後からは、英紙ガーディアンが

「右翼ポピュリスト」と呼ぶ日本維新の会松井一郎代表に急接近。

松井氏が「2022年夏の参院選と同時に改憲国民投票実施を」とぶち

上げ、玉木氏もコロナ禍で憲法に緊急事態条項を入れることが急務と

改憲に意欲を見せた。

 玉木氏は12月16日の憲法審査会で総選挙後初めて開かれた自由討議

で、「とりわけ議論しなければならないのは、コロナ禍で明らかに

なった緊急事態における法の支配の空洞化。ここを是正するための

議論、つまり、緊急事態条項を議論すべきだ」と強調した。

 玉木氏は1月20日衆院本会議の各党代表質問でも、「国会議員の

任期満了時に大規模な感染症や災害が起こった際、任期を特例延長する

憲法の規定の必要性」を強調。また、朝鮮民主主義人民共和国などの

ミサイル開発をあげ、「敵基地攻撃能力の保有の検討は必要だ」と

主張した。

 玉木氏は、国政選挙で立憲が共産党との選挙協力を「あり得ない」と

批判し、今や万国の労働者の敵となった連合の芳野友子会長の

お気に入りだ。ネオファシズムの時代には、玉木氏のような政権擁護の

ポピュリストが現れる。

 玉木氏は私が卒業した香川県高松高校の後輩だ。立憲民主党

代表選に意欲を示している映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」

「香川1区」(大島新監督)の小川淳也氏も同じ高校の後輩。大島

監督の妻が高松高校で小川議員夫妻と同級生で、その縁で映画が

生まれた。

◎ 私は大島氏に「玉木氏も高松高校の後輩だが、最近の彼には

がっかりだ」と伝えると、「高高(高松高校の略称)は本当に人材

豊富ですね!確かに玉木さんは解せませんが」という返信があった。

 また、2020年9月16日、ブログ「浅野健一のメディア批評」に

玉木氏のことを次のように書いている。

<玉木氏には安倍晋三記念小学校疑獄、加計疑獄で何度か取材した。

高松から羽田への飛行機の2人掛けの座席で隣り合わせになったが、

私には全く気付かない。希望の党に合流したころだったので、私から

挨拶する気にならなかった。玉木氏は約1時間、スマホをいじって

いた。整髪料なのか、香水なのか分からないが、匂いがきつくて

嫌だった>

http://blog.livedoor.jp/asano_kenichi/archives/24215273.html

◎ キシャクラブメディアの社員記者たちは「中道改革」を名乗る

国民や維新の思想に近いのだと思う。玉木氏の会見で、玉木氏の変節を

質す記者を見ない。記者たちは玉木氏に、「なぜ原発推進に変わった

のか」「なぜ急に憲法に緊急事態条項なのか」と聞くべきだ。

 国民は立憲の福山哲郎・前幹事長が立候補する京都選挙区(定員3)

に候補者を立てようとしている。

 私は次期総選挙で、玉木氏の選挙区である香川2区で、市民と政権

反対党で、強力な統一候補を擁立すべきだと呼び掛けている。

 政権反対党が玉木氏率いる国民と選挙協力することはあり得ない。

┏┓ 

┗■4.3万年前の姶良(あいら)カルデラ巨大噴火 火砕流や火山灰、

 | 従来の1.5倍噴出か 産業技術総合研究所が推計…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.3万年前の姶良(あいら)カルデラ巨大噴火 火砕流や火山灰、

  従来の1.5倍噴出か 産業技術総合研究所が推計

  指数7から8に上がる可能性

  1/27(木)15:05配信「南日本新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4fa7c210822d5ffb9a10e3f8c7bdfab8df33d9a

┏┓ 

┗■5.配信より1つ

 └──── 

 ◆小泉元首相、核のごみがどんどん増えていく。これは無責任…」

 小泉純一郎元首相は27日、日本外国特派員協会で記者会見し、原発

関し、「核のごみがどんどん増えていく。これは無責任ではないか。

 処分場がないのにどうして政府は(原発を)許可しているのか理解

できない」と語った。

 持論の「原発ゼロ」については「難しい問題ではない。日本は自然

エネルギーに最も恵まれた国の一つだ」と指摘。その上で、「トップが

かわるしかない。政治から変えていく」と強調した。

   (1月27日15:11配信「時事通信」より)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6aa8a2d63662ef1cd14ad45ac9a8718331499a16

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4393】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4393】

2022年1月27日(木)地震原発事故情報-

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.(原発は)再生可能エネルギーよりも高価である

  寿命の長い放射性廃棄物の問題が未解決、持続不可能

  事故による本質的な危険性に加え災害に対する脆弱性があるなど

  グレゴリー・ヤツコ氏始め4人の声明(2022.1.6)

  「原子力は気候変動に対する戦略にはなり得ない」の紹介

               山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.「古くて危険な東海第二原発いらない!

  原発事故避難者訴訟の最高裁勝利判決を!市川アピール行動」

  2/11(金・休日)市川アピール行動にご参加を

         上野通子(東海第二原発いらない!市川の会)

★3.「東海6市村が反対表明をすれば

  東海第二原発の再稼働はできない…」

  東海第二原発いらない!一斉行動は3/5(土)から3/11(金)

  1/12(水)第42回日本原電本店抗議行動報告(その2)(5回の連載)

             とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

★4.川内原発原子力災害対策拠点改修に9億円…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.新聞より1つ

  ◆沖縄を支配する交付金

   地方自治をカネで操る、

   野蛮な政府をわたしたちは拒否できていない

                  鎌田 慧(ルポライター

     (1月25日「東京新聞」朝刊23面「本音のコラム」より)

━━━━━━━ 

※明日です!

 1/28(金)日本原電本店と周辺地域へ人々の声を届けよう

 老朽原発=東海第二原発の今秋再稼働やめて!

 日 時:1月28日(金)12時から13時15分

 集合場所:日本原電本店前

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

      TEL 070-6650-5549

 今秋の東海第二原発の再稼働をやめて!の人々の声を日本原電へ

届けるため、行動を新しく起こします。

 “ハロー原電行動”と名付けています。

 みなさま、ご参加ください。

 ビラまきとトラメガでの宣伝を予定しています。

 (日本原電本店と、周辺地域でポスティング)

 毎月、第4金曜日(昼)に開催する予定です。

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

 ☆3月は、11日(金)第102回です。

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名。残席24名様です。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介 三輪祐児さんのユープラン

・20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

・20220121 UPLAN 第8回「原発いらない金曜行動」

https://www.youtube.com/watch?v=6Fh5sx3Arew

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.(原発は)再生可能エネルギーよりも高価である

 | 寿命の長い放射性廃棄物の問題が未解決、持続不可能

 | 事故による本質的な危険性に加え災害に対する脆弱性があるなど

 | グレゴリー・ヤツコ氏始め4人の声明(2022.1.6)紹介

 | 「原子力は気候変動に対する戦略にはなり得ない」

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

グレゴリー・ヤツコ 元米国原子力規制委員長

ヴォルフガング・レンネベルク 元ドイツ連邦環境省

            原子炉安全放射線防護放射性廃棄物局長

ベルナール・ラポンシュ 元仏エネルギー管理庁長官

ポール・ドーフマン 元英国内部放射線被曝リスク調査委員会委員長

 米、独、仏、英各国で原子力規制・放射線管理の責任者だった人々が

連名で発表した声明を訳しましたので、引き続き紹介します。

 最初のグレゴリー・ヤツコ氏はオバマ政権下の2009年5月13日から

2012年5月21日に米原子力規制委員会委員長でしたから、日本でもよく

知られた人物です。

 福島第一原発事故の際に様々な協力を申し出て、その後米国内でも

原子力規制を厳しくし、米国の原発推進に対し大きなブレーキ役と

なりました。

 声明文の主張そのものに、さして目新しいことはないかも知れません。

 しかし、これがどのような人物から発せられたかが重要です。

 彼らはいずれも原子力産業や原子力推進体制の中枢を知っている

人々であり、実態を見てきたはずです。

 私たちが知らない原子力を強力に推し進めるような技術や資源が

しまってある「秘密の小部屋」は、結局原子力産業界には存在せず、

いわば「既知の情報を分析すれば到達する必然的結論」が、全てで

あることを証明してくれています。

 それが、声明文後半にある「1から10の要点」です。

 なお、原文には番号はありませんが、読みやすくするために私が

1から10まで付番しましたので、ご了承願います。

 声明「原子力は気候変動に対する戦略にはなり得ない」

                      2022年1月6日

 米国、ドイツ、フランスの原子力規制の責任者、英国の放射線防護

委員会の事務局長を務めた人々が訴える。

原子力は、気候変動に対処するための実行可能な

戦略の一部ではない。」

---声明文---

 気温が上昇しています。気候変動への感度と極地の氷の融解速度に

ついての知識の進化は、大規模な山火事、破壊的な暴風雨、高潮、

激しい降雨や洪水とともに海面上昇が急激に進んでいることを明らかに

しています。

 必要とされている低炭素エネルギーへの移行の速度とペースに対する

懸念と認識の高まりとともに、原子力地球温暖化の脅威への部分的な

対策として見直されてきました。

 しかし、その核心にあるのは、原子力が気候危機の解決に役立つか

どうか、原子力が経済的に存続可能かどうか、原子力事故の結果は

どうなるか、廃棄物はどうするか、急速に拡大する再生可能エネルギー

の発展のなかに原子力の居場所があるかどうか、という問題です。

 米国、ドイツ、フランス、英国では、原子力の最前線で活動してきた

専門家として、私たちは原子力規制と放射線防護の最高水準に関わって

きました。

 これに関連して、私たちは原子力が気候変動に対する戦略として、

重要な役割を果たすことが可能かどうか、という最大の問題について

コメントする共同責任があると考えます。

 新しい世代の原子力はクリーンで、安全で、賢明で、安価であるとい

う、何度も繰り返されてきた中心的なメッセージはフィクションです。

 現実は原子力はクリーンでも安全でも賢明でもありません。

 それどころか、非常に複雑な技術で、重大な被害をもたらす可能性が

あります。

 原子力は安価ではなく、非常に高価です。そして最も重要なのは、

原子力は気候変動に対抗できる、いかなる現実的な戦略の一部にも

ならないということです。

 世界の発電に適切な貢献をするには、原子炉の設計にもよりますが、

最大一万基以上の新しい原子炉が必要となるでしょう。

 要約すれば、気候変動に対する戦略としての原子力とは、

次の通りです。

1.世界の発電量に貢献するには絶対的にコストが

 かかりすぎること。

2.再生可能エネルギーの導入に伴うエネルギー貯蔵などの送電網管理

手段の費用を考慮しても、エネルギー生産と二酸化炭素排出削減の点

でも、再生可能エネルギーよりも高価であること。

3.金融市場における出資にはコストがかかり、リスクが大きすぎる

ため、大規模な公的補助金や債務保証に依存していること。

4.非常に寿命の長い放射性廃棄物の問題が未解決のため、

持続不可能であること。

5.事故による放射線放出の潜在的なコスト、環境、人的影響のすべて

に対して保険をかける経済的な制度がないため、これらの非常に重要な

コストの大部分は一般市民が負担しており、財政的に持続不可能であること。

6.新たな原子炉設計の推進は核兵器拡散のリスクを高めるため、

軍事的に危険であること。

7.人為的なミス、内部の欠陥、外部からの影響による避けられない

連鎖的な事故による本質的な危険性に加え、気候変動による海面上昇、

暴風雨、高潮、洪水、洪水などの災害に対する脆弱性があり、その

結果、国際的な経済的影響が生じること。

8.「改良型」や小型モジュール原子炉(SMR)など、新しい実証

されていない概念に伴う未解決の技術上および安全上の問題が

多すぎること。

9.原子炉建設と運用に向けた効率的な産業体系を、気候変動緩和の

ために必要と想定される建設時間と範囲内で構築するには、あまりにも

困難であり、複雑であること。

10.原子力の開発と建設のタイムラインは現実的ではなくまた、変化を

もたらすために必要とされる大量の原子炉の膨大な建設費用のために、

2030年代に必要とされる気候変動緩和に適切な貢献をする可能性は低い。

原文は以下の場所にあります。

 https://www.nuclearconsult.com/blog/former-heads-of-us-german-french-nuclear-regulation-and-secretary-to-uk-government-radiation-protection-committee-nuclear-is-just-not-part-of-any-feasible-strategy-that-could-counter-climate-chan/

┏┓ 

┗■2.「古くて危険な東海第二原発いらない!

 | 原発事故避難者訴訟の最高裁勝利判決を!市川アピール行動」

 | 2/11(金・休日)市川アピール行動にご参加を

 └──── 上野通子(東海第二原発いらない!市川の会)

 日 時:2月11日(金・休日)14:00~15:00

 場 所:JR本八幡駅北口

 主 催:東海第二原発いらない!市川の会

 運転差し止め判決が出たにもかかわらず、今年秋には試運転を強行

しようとしている東海第二原発

 千葉県市川市から100kmしか離れていない原発が事故を起こせば、

首都圏は放射能汚染地帯になってしまいます。

 11年前の福島原発事故により、故郷に戻れない・仕事を失った・

家族を亡くした等の被害にあった多くの避難者が、国や東電の責任を

明らかにして、もとの暮らしを取り戻そうと、全国で30ほどの訴訟を

起こしています。

 千葉訴訟(1陣)を含む4つの訴訟は、今年最高裁判決が出される

かもしれません。

 国と東電の責任を認めさせ、充分な被害者救済を実現しましょう!

 そして、首都圏に近く老朽化した東海第二原発の再稼働を

止めましょう!

 そのために、市川でも、独自で定期的に駅前アピール行動を

おこなうことにしました。

 ・コロナ対策は万全にして実施します。

 ・市川市以外の方の参加も大歓迎です。

 「東海第二原発いらない!」

 「国と東電は福島原発事故の責任を認めよ!」

 「避難者訴訟の最高裁勝利判決を!」の大きな世論を

作っていきましょう。

┏┓ 

┗■3.「東海6市村が反対表明をすれば

 | 東海第二原発の再稼働はできない…」

 | 東海第二原発いらない!一斉行動は3/5(土)から3/11(金)

 | 1/12(水)第42回日本原電本店抗議行動報告(その2)(5回の連載)

 └──── とめよう!東海第二原発首都圏連絡会

 内田ひろきさん(柏市議会・議員)のスピーチの続きです。

 (その1)は、1/19【TMM:No4386】に掲載

◎ ここまで行き着く過程で、ただただ答弁が引き出たわけでは

なくて、私たち“エナガの会”は、毎月とは言いませんが、年に数回、

もとの発端は2018年の10月31日に、水戸市と東海第二原発の事故に

あたっての原子力災害に関する広域避難協定をして以降、これは東海

第二原発の再稼働に向けた動きである、という危機感をもち、話し合い

を続けてまいりました。行政当局に反対し続けようやくここまで辿り

着けました。

やはり、市民活動、市民運動が引き出した答弁である、このように

考えております。

◎ 間もなく3月予算議会が、早い所では2月から始まります。

 これを糧に各市町村議会においてとりわけ原子力災害の広域避難

計画を締結している自治体において議員に働きかけ、このような質問を

し、そして当局から同じような答弁を引き出していくことが東海村

含む6自治体の反対表明して頂くための後押しになっていく、私は

このように確信しております。

 東海6市村が反対表明をすれば東海第二原発の再稼働はできない、

だからこそ外堀りからもしっかり埋めていく。

 そのためには地元6市村以外の自治体からも東海第二原発、再稼働は

いらないんだ、という声をあげていく、これが必要です。

 そしてメディアとのつながりも重要です。

 私たち“エナガの会”は昨年9月、防災月間と位置づけ、“東海第二

原発いらない!うごかさないで”一斉行動の実行委員会に参加し、その

活動を行ってまいりました。

 12月、ちょうど議会答弁の翌々日が一斉行動でありましたので今日

みなさまにお渡ししているビラは号外としてお配りしているもので

あります。

◎ 東海第二原発いらない!一斉行動は3月5日から1週間、集中

月間としてこの行動を行ってまいります。

 ぜひ多くのみなさまに各地で活動を展開して頂き、多くのみなさまに

参加して頂き、まずは地元自治体を動かしていく、地域から東海第二

原発はいらないんだ、動かさないでくれ!という声をあげていく。

 市民が行政を動かして行政をあげさせていく、こうして取り組みを

みなさんと続けていこうではありませんか。

 日本原電株式会社は粛々と今年の燃料装荷に向けて動き出して

います。許しがたい行為であります。

 自治体の、民意を無視したこうした動きを強く糾弾し、私からの発言

に代えさせていただきたいと思います。

ご清聴ありがというございました。  (その3)に続く

    (「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」MLより転載)

┏┓ 

┗■4.川内原発原子力災害対策拠点改修に9億円…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.川内原発原子力災害対策拠点改修に9億円

  内閣府(原子力災害対策事業補助金)…

  総額は10道府県の14施設で38億円

  1/26(水)15:23配信「南日本新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b19309b1b91852ca4420910ae1cdd5e9560f257

┏┓ 

┗■5.新聞より1つ

 └──── 

 ◆沖縄を支配する交付金

  地方自治をカネで操る、

  野蛮な政府をわたしたちは拒否できていない

                  鎌田 慧(ルポライター

 沖縄・名護市長選で現職・渡具知武豊(とぐちたけとよ)氏が当選を

決めた。

 現在もっと重大問題である沖縄の海を破壊して、巨大な米軍基地を

建設する。それも地盤がマヨネーズ状態、建設不可能として県知事が

工事の承認を拒否しても「推移を見るだけ」として、なんら言及しない。

 しかも、安倍、菅、岸田政権が住民の抵抗を排除して毎日強引に

工事を強行して、白治体の長として黙殺、だんまりをつづける。

 人間としてどう考えているのか。といって、この選挙戦に関わって

いないので、書くのは苦痛だ。

 それでも「(政府は)移設工事を黙認する現職の渡具知武豊市長が

再選されたことで『地元の理解』という大義名分を維持できた」との

解釈がある(「産経新聞」24日)。

 同市辺野古の海に土砂投入を開始したのが、渡具知市長が初当選した

年の12月。防衛省関係者は「渡具知氏が勝たなければ、あのタイミング

ではできなかった、と語る」(同紙)。

 それと引き換えに、年15億円の「米軍再編交付金」が交付されるよう

になった。「学校給食」「子ども医療費」の無償化ができ、票を集める。

 米軍基地や原発など、住民の命にかかわる装置を受け入れれば、

カネを支給し、拒否すれば情け容赦もなくストップする。

 地方自治をカネで操る、野蛮な政府をわたしたちは

拒否できていない。

     (1月25日「東京新聞」朝刊23面「本音のコラム」より)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4392】地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4392】

2022年1月26日(水)地震原発事故情報-

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.原子力などのグリーン投資認定案、EU専門家委が修正要請

  ドイツは原子力を含めることに正式な反論書を提出

  ドイツ・オーストリアデンマーク・スペイン・

  ルクセンブルクが反対を表明

★2.EUの原発推進規則を阻止しよう

  持続可能ではない原発が投資市場へ?

  原発はグリーンでも持続可能でもない

  2021年7月にドイツ、オーストリアデンマーク、スペイン、

  ルクセンブルクの5カ国が共同書簡を欧州委員会に送付

       以上2つは 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)より

★3.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆2/6(日)「原発と被ばく労働を考える」講演会

   講師:あらかぶさん(福島原発被ばく労災損害賠償裁判原告)

      なすびさん(被曝労働を考えるネットワーク)

★4.新聞より2つ

  ◆『朝日 俳壇 歌壇』より

   ・「認諾」で裁判終わらせ森友を蒸し返させぬと釘を刺す国

             (1月23日朝日新聞朝刊10面より抜粋)

  ◆【素粒子】より

   ・「世界の指導者は広島、長崎へ」。…など

━━━━━━━ 

※1/27(木)広瀬 隆氏講演会は「中止」です!

 1/27(木)広瀬 隆氏講演会「二酸化炭素による地球温暖化説の

非科学」は、1/21東京都に対して「まん延防止等重点措置」が適用

されるため「中止」とさせていただきます。20日に決まりました。

 よろしくご了承のほど、お願い致します。

 なお、1/27(木)に動画を撮影して、YouTubeにアップされる

予定です。YouTubeのURLは、後ほどお知らせ致します。

 また、当日の講師資料(64頁)については、発送の手配を始めます。

 申し込み方法は、冊数と発送先のご氏名・住所・電話番号を

 たんぽぽ舎へ 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。

  資料1部400円、3部まで送料100円。

 4部以上の送料についてはご相談下さい。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

☆発送担当者よりお知らせ

 広瀬 隆氏講演資料は、電話とメールで多くの注文が届いております。

 メールは2つのアドレスで受信しております。

 大変申し訳ないのですが、メールでの返信は省略させて下さい。

 順次、発送の手配をしています。お時間を下さい。

━━━━━━━ 

※1/28(金)日本原電本店と周辺地域へ人々の声を届けよう

 老朽原発=東海第二原発の今秋再稼働やめて!

 日 時:1月28日(金)12時から13時15分

 集合場所:日本原電本店前

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

      TEL 070-6650-5549

 今秋の東海第二原発の再稼働をやめて!の人々の声を日本原電へ

届けるため、行動を新しく起こします。

 “ハロー原電行動”と名付けています。

 みなさま、ご参加ください。

 ビラまきとトラメガでの宣伝を予定しています。

 (日本原電本店と、周辺地域でポスティング)

 毎月、第4金曜日(昼)に開催する予定です。

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

 ☆3月は、11日(金)第102回です。

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名。残席24名様です。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介 三輪祐児さんのユープラン

・20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

・20220121 UPLAN 第8回「原発いらない金曜行動」

https://www.youtube.com/watch?v=6Fh5sx3Arew

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.原子力などのグリーン投資認定案、EU専門家委が修正要請

 | ドイツは原子力を含めることに正式な反論書を提出

 | ドイツ・オーストリアデンマーク・スペイン・

 | ルクセンブルクが反対を表明

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 【ロイター通信 2022年1月25日】より抜粋

 詳しくはこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e154978a3c0968340d7b8147d2851a83d3edcd9

 欧州連合が一部の天然ガス原子力発電エネルギーを「グリーン

投資(サステナブルファイナンス・タクソノミー)」に条件付きで

含める規則案について、EU諮問専門家グループは1月24日、解釈で

混乱を引き起こし、投資家向けディスクロージャーの誤りにつながる

恐れがあると指摘し、修正を求めた。

 専門家グループは答申で、規則案は二酸化炭素の排出量が比較的多い

天然ガス発電所サステナブルと評価することになるとし、原発を新規

稼働させてもEUの2050年の気候目標を達成するには遅すぎると指摘した。

 専門家グループの座長を務めるネーサン・ファビアン氏は

ロイターに、規則案の影響として「市場は、どの投資が気候目標に

整合的か、あるいは非整合的か判断がつかなくなる。

 金融ディスクロージャーの誤記載につながる」と述べた。

 欧州議会の議員グループは欧州委員会への書簡で懸念を示した。

 欧州委員会は今後、最終案を公表する。欧州議会過半数、あるいは

加盟27カ国中20カ国が反対すれば、不成立となる。

☆≪事故情報編集部≫より

 関連する情報なので、続けて掲載します

┏┓ 

┗■2.EUの原発推進規則を阻止しよう

 | 持続可能ではない原発が投資市場へ?

 | 原発はグリーンでも持続可能でもない

 | 2021年7月にドイツ、オーストリアデンマーク、スペイン、

 | ルクセンブルクの5カ国が共同書簡を欧州委員会に送付

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

◎ ドイツ、オーストリアデンマーク、スペイン、ルクセンブルク

5カ国は、欧州委員会の「サステナブルファイナンス・プラット

フォーム(PSF)」が進める新たな「グリーン&サステナビリティ

タクソノミー」(注)に原発を含めないことを求める共同書簡を

まとめ、2021年7月に欧州委員会宛て送付した。

 この書簡では、原発は操業中のCO2排出量が、ほとんどないとして

も、使用済核燃料の処分場もなく、タクソノミーの「他の環境に重要な

影響を与えない(Do No Significant Harm: DNSH)原則」に反すると

指摘している。

 その書簡の全文を訳したので、紹介する。

(注)EUタクソノミーとは、投資家や企業に対し低炭素で強靭かつ

資源効率の高い経済への移行を促す分類法であり、EUにおけるサステ

ナブルファイナンスの基礎となるものです。

 EUタクソノミーは、「グリーン」セクター(環境面でサステナブル

な経済活動)を分類することで、投資家や企業に向け、どの投資案件が

サステナブルなのかという判断基準を定める目的をもって制定されて

います。

 「2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」という

カーボンニュートラルを目標としているEUグリーン・ディール政策の

達成のためには、今後10年で毎年約2750億ユーロの追加投資が必要と

なることを背景に、EUタクソノミーの整備が進んでいます。

 この巨額の追加投資を民間資金から補うために設定されたのが欧州

サステナブルファイナンスに関するアクションプランであり、EU

タクソノミーはこの根幹を担う法令となります。

      (「注」については東京都政策企画局による解説文)

---書簡---

宛先 フランス・ティーマーマンス欧州委員会上級副委員長

グリーン・ディール政策統括

ヴァルディス・ドムブロウスキス欧州委員会副委員長

ユーロ・社会的対話担当

   マリード・マクギネス金融サービス担当

   ミンダウガス・シンケビチュウス欧州委員会環境・海洋・

   漁業担当委員

 親愛なる欧州委員会委員長、親愛なる委員会の皆様

 以下に署名するドイツ、オーストリアデンマーク、ルクセン

ブルグ、スペインの各国大臣は、タクソノミ規則の最初の権限委任法を

完成させた欧州委員会に感謝の意を表します。

 これは印象的で重要な仕事に基づくものです。この10年は、気候

変動の問題を解決し、地球の限界を守る経済システムを構築する上で、

重要な鍵となるでしょう。

 その意味で、事業活動のライフサイクル全体にわたる環境の持続

可能性の程度を決定する、信頼できる、目的を重視した分類を持つ

ことが重要です。

 タクソノミ規則はそれによって欧州におけるグリーン・ディール

およびグリーンへの移行への資金調達に決定的な貢献をすることが

できます。

 そのことは、金融部門、学界、市民社会のさまざまな関係者によって

強調されてきましたが、それは当然のことです。

 福島及びチェルノブイリにおける原子力災害の日を迎えた追悼は、

原子力技術の危険性を強く思い起こさせるものでありました。

 それだけに、原子力というリスクの高い技術が、風力や太陽

エネルギーなどの他のエネルギーよりも、人の健康や環境に悪影響を

与えるという指摘は、共同研究センター(JRC)の意見にはない

ことに私たちは困惑しました。

 JRC報告書の2つの重大な分析上の欠陥が、このような誤解の

原因であると思われます。

1.JRCは、原子力発電所の通常運転のみを評価し、残余の原子力

リスクへの取り組みを怠っています。

 そのため、JRCは、評価の出発点として、重大な原子炉事故の

可能性や、生命、健康、長期にわたって居住不能となる土地のコストを

無視しています。

 JRCによると、風力発電など他の経済活動の評価も通常運転に焦点

を当てているため、原子力の残余のリスクは考慮に入れないとしても

差し支えないとしています。

 しかしながら、原子力はリスクの高い技術であり、風力エネルギーは

そうではありません。この本質的な違いを考慮しなければなりません。

2.JRCはライフ・サイクル・アプローチを無視します。実証的な

データが不足しているため、深地層処分の評価は、すべて実証されて

いない概念に基づいています。

 60年以上にわたって原子力を利用してきましたが、世界のどこでも

恒久的に処分された核燃料棒は1つもありません。

 高放射性廃棄物のための深地層処分の運用経験はありません。

 これから何十年もの間、大量に発生する危険な廃棄物に対し、有効な

廃棄物の処理方法はないでしょう。

 これは、JRCが掲げる「将来世代への過度な負担のないこと」の

原則に反しています。

 また、JRCの報告書は、専門が保健・放射線防護に限定されている

2つの科学委員会の審査を受けています。

 環境科学、原子力安全、安全な核廃棄物処理の専門家からなる委員会

が、具体的な環境側面を科学的に評価する予定はありません。

 これは、今回の科学的検討では「重大な危害を加えない」という原則

の重要な項目が省略されていることを意味しています。

 私たちは、各国のエネルギーシステムの一部として原子力発電に

賛成するか反対するかを決定する加盟国の主権的権利を認めます。

 しかしながら、この分類に原子力を含めることは,その完全性、

信頼性、ひいては有用性を恒久的に損ねることを懸念します。

 多くの金融機関や投資家は「持続可能」として販売されている金融

商品を購入することによって原子力分野での活動に資金を提供すること

を危惧しなければならないならば、これらの商品に対する信頼を失って

しまうでしょう。

 最近になってようやく、著名な機関投資家数人が原子力発電の導入に

反対の声をあげました。これらの市場の声を聞くことが必要です。

 原子力は、タクソノミ規則の「重大な危害を加えない」という原則と

両立しません。

 従って、私たちは欧州委員会に対し、持続可能な金融の世界的な先導

市場となるために、EUがとってきた勇気ある道筋を損なわないよう

求めます。       敬具

署名者

  スヴェーニャ・シュルツェ ドイツ連邦環境・

   自然保護・原子力安全大臣

  レオノーレ・ゲヴェスラー オーストリア気候変動対策環境大臣

   エネルギー、モビリティ、イノベーション

   およびテクノロジー担当

  ダン・ヨルゲンセン デンマーク気候・エネルギー・公益事業大臣

  サイモン・コレルプ デンマーク商工財務大臣

  キャロル・ディーシュブール ルクセンブルグ環境・気候・

   持続可能な開発大臣

  テレサ・リベラ・ロドリゲス スペイン副首相兼環境・

   人口問題担当大臣

  ナディア・カルビニョ・サンタマリア スペイン副総理兼経済・

   デジタル改革担当大臣

原文 https://www.euractiv.com/wp-content/uploads/sites/2/2021/07/Joint-ministerial-letter_AT_DE_DK_LU_ES.pdf

┏┓ 

┗■3.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆2/6(日)「原発と被ばく労働を考える」講演会

講 師:あらかぶさん(福島原発被ばく労災損害賠償裁判原告)

    なすびさん(被曝労働を考えるネットワーク)

日 時:2月6日(日)14時より16時30分

会 場:西東京市柳沢公民館

    (西武新宿線西武柳沢駅南口より徒歩1分)

    (西東京市2021年度公民館市民企画事業)

定 員:25人(申込順)

連絡先:柳田 Tel 042-461-3246

共 催:原発はいらない西東京集会実行委員会

    http://nonuke-ntyo.cocolog-nifty.com/

    西東京市公民館

対 象:市内在住・在勤・在学優先(まだ余裕がありますので

           市外の方もお申し込みいただけます)

資料代:100円

┏┓ 

┗■4.新聞より2つ

 └──── 

 ◆『朝日 俳壇 歌壇』より

  ・「認諾」で裁判終わらせ森友を蒸し返させぬと釘を刺す国

             (1月23日朝日新聞朝刊10面より抜粋)

 ◆【素粒子】より

  ・「世界の指導者は広島、長崎へ」。

   日米が共同声明で唱えた。ぜひ実現してほしい。

  ・野党の追及をかわそうと、国交省幹部をさっさと処分。

  ・参院選の焦点「1人区」で自民がニンマリしそう。

   連合が支援正答を示さないって!?

        (1月22日朝日新聞夕刊1面「素粒子」より抜粋)

  ・「辺野古疲れ」の街に、政府の交付金が染み渡る。

   さも「黙認」の見返りのように。

  ・大阪府・市そろって試算が甘過ぎだ。

   万博会場の島で、工事費2300億円も増加。

  ・5万人突破、2日連続。今週、どこまで増えるのやら。

        (1月24日朝日新聞夕刊1面「素粒子」より抜粋)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4391】地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4391】

2022年1月25日(火)地震原発事故情報-

             3つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.日本原電は原発保有する資格無し

  原子力規制委に敦賀原発2号機の「審査終了」を要求しよう

  東海第二原発 再稼働で何が問題?

  原発は「気候変動」の解決策にはならない

  1/22ゼミの報告です    山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.原発事故の被ばく線量 非公開を示唆 東京電力…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★3.配信より1つ

  ◆ドイツ、EU案を拒否「原発は持続可能」に反論

          (1月24日12:47配信「ロイター」より抜粋)

━━━━━━━ 

☆《事故情報編集部》よりお願い

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ・

 参加報告、その他投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然なども歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後に

 かっこ書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1団体1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

━━━━━━━ 

※1/27(木)広瀬 隆氏講演会は「中止」です!

 1/27(木)広瀬 隆氏講演会「二酸化炭素による地球温暖化説の

非科学」は、1/21東京都に対して「まん延防止等重点措置」が適用

されるため「中止」とさせていただきます。20日に決まりました。

 よろしくご了承のほど、お願い致します。

 なお、1/27(木)に動画を撮影して、YouTubeにアップされる

予定です。YouTubeのURLは、後ほどお知らせ致します。

 また、当日の講師資料(64頁)については、発送の手配を始めます。

 申し込み方法は、冊数と発送先のご氏名・住所・電話番号を

 たんぽぽ舎へ 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。

  資料1部400円、3部まで送料100円。

 4部以上の送料についてはご相談下さい。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

☆発送担当者よりお知らせ

 広瀬 隆氏講演資料は、電話とメールで多くの注文が届いております。

 メールは2つのアドレスで受信しております。

 大変申し訳ないのですが、メールでの返信は省略させて下さい。

 順次、発送の手配をしています。お時間を下さい。

━━━━━━━ 

※1/28(金)日本原電本店と周辺地域へ人々の声を届けよう

 老朽原発=東海第二原発の今秋再稼働やめて!

 日 時:1月28日(金)12時から13時15分

 集合場所:日本原電本店前

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

      TEL 070-6650-5549

 今秋の東海第二原発の再稼働をやめて!の人々の声を日本原電へ

届けるため、行動を新しく起こします。

 “ハロー原電行動”と名付けています。

 みなさま、ご参加ください。

 ビラまきとトラメガでの宣伝を予定しています。

 (日本原電本店と、周辺地域でポスティング)

 毎月、第4金曜日(昼)に開催する予定です。

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名。残席24名様です。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介 三輪祐児さんのユープラン

・20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

・20220121 UPLAN 第8回「原発いらない金曜行動」

https://www.youtube.com/watch?v=6Fh5sx3Arew

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.日本原電は原発保有する資格無し

 | 原子力規制委に敦賀原発2号機の「審査終了」を要求しよう

 | 東海第二原発 再稼働で何が問題?

 | 原発は「気候変動」の解決策にはならない

 | 1/22ゼミの報告です

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

1.敦賀原発2号機の断層記録偽装

◎ 敦賀原発2号機の直下のある断層、規制委が2013年5月に

活断層である」と判断した後にも日本原電が「活断層ではない」と

反論し、調査結果を追加提出していたため、その追加の再調査が

行われていた。

 経営破綻寸前の原電が、このような原発を動かせば、大事故は

避けられない。

 日本原電は、敦賀原発1号機や2号機の建設時点では活断層は敷地

内に存在しないとしていたが、3・4号機の審査に際しては厳しい

指摘を受けて、2008年に浦底断層が活断層であると認めていた。

 それまでは浦底断層の活動性については、空中写真を判読し、

ボーリング調査を実施した結果、当時の活断層認定基準である5万年

前の地層には変位を与えていないことから、活断層ではないという

ふうにされていた。

◎ 地震評価を巡っては、阪神淡路大震災を受けて2006年に原子力安全

委員会により耐震設計審査指針が改定されている。

 その後2008年12月の原子力安全委員会の検討委員会において、中田高

委員から、空中写真判読の解釈が日本原電とは異なること、ボーリング

調査だけでは地層の変位はわからず、トレンチ調査が必要であるとし、

浦底断層が活断層である可能性は否定できないとの意見が

出されていた。

 原発の至近距離に活断層があれば、敷地内に多数ある破砕帯が

連動して動く可能性もあることから、原子力安全・保安院(当時)は、

破砕帯に関する追加調査を指示し、その後規制委が発足した後にも

再調査の方針を引き継いだ。

◎ 事業者である日本原電は、有識者会合の審議の進め方等を批判した

上で、報告書を規制委が了承したことを不適切とし「断じて受け入れる

ことはできない」と声明、規制委に対して、判断根拠等についての公開

質問状を提出した上で、D-1破砕帯は後期更新世以降の活動はない

こと、別に発見されているK断層はD-1破砕帯と連続していないこと

等を根拠として、D-1破砕帯は耐震設計上考慮する活断層ではないと

する最終報告書を2013年7月11日に提出した。

 この結果、原子炉等規制法上は事業者が審査を求めれば応じたうえで

承認するか、却下するか判断するしか規制委には権限がない(更田

委員長)として、原電が審査会合を求めて資料を提出する限り、敦賀

原発2号機の規制基準適合性審査は続くことになった。

◎ 原発の真下の断層が動くかどうかは、自分の安全が脅かされるか

どうかと同義語だ。

 地震により原発が破壊されれば、最初に犠牲になるのは発電所職員

である。さらに、住民が被ばくし、避難を強いられ、生産の場を失う。

経営陣には重い責任がかかってくる。

 こうした事態について、なぜ真剣に向き合おうとしないのか。

 全く理解が出来ない。

 その他、「東海第二原発 再稼働で何が問題? 原子力防災と東海

第二の危険度」、「原発は『気候変動』の解決策にはならない」に

ついて話しました。

≪事故情報編集部≫より

☆1月22日(土)の山崎久隆ゼミの講師資料は、16頁です。

 大きな項目だけを紹介致します。

敦賀原発2号機の審査中断決定

原子力規制委に「審査終了」を要求しよう

嘘つきデタラメ原電に原発を動かす資格なし

□第一 敦賀2号機ボーリングコア柱状図データ書換え

1.敦賀原発2号機の「審査会合」で審査中断決定

2.断層上に原発は建てられない

3.ボーリングデータの偽造とは

4.「絶対にあってはならないこと」をした原電

5.検査の実態に指摘

6.東海第二原発の審査も見直し廃炉にするべき

7.水戸地裁判決に原電は従え

8.敦賀原発2号機の活断層問題とはどのような経緯を辿ってきたのか

第二 ボーリングデータの偽造

1.規制委による検査開始

2.ボーリング柱状図データ偽造のいきさつは

3.柱状図の改変箇所の説明

4.原電の姿勢は

□東海第二原発 再稼働で何が問題?

 原子力防災と東海第二の危険度

1.東海第二と原子力防災

2.原発防災計画の問題点

3.「深層防護第5層」の責任の所在

4.周囲の原子力施設との同時被災

5.新型コロナウイルス感染症原子力防災

6.実際には避難させない

原発は「気候変動」の解決策にはならない

1.はじめに

2.原発は今も環境負荷をかけ続けている

3.原発は火力発電の代替にならない

4.ほんとうの目的は原子力の現状維持か?

この資料は、残部がありますのでご希望があれば発送致します。

たんぽぽ舎あて、電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。資料1部300円、送料100円。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

┏┓ 

┗■2.原発事故の被ばく線量 非公開を示唆 東京電力…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.原発事故の被ばく線量 非公開を示唆 東京電力

  場合によっては事故の規模を表す重要な指標である被ばく線量が

  少なくとも東電からは公表されない可能性

  1/24(月)22:25配信「テレビ朝日系(ANN)」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a60a6a941daacfae607f7247e98a4d2a56ba7c59

2.福島県浜通り自治体などが現地調査

  原発処理水・海洋放出の安全性や環境について《福島第一原発

  1/24(月)19:26配信「福島テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd0a3118848e9e3607fc1faed371c6f8c372bfc6

┏┓ 

┗■3.配信より1つ

 └──── 

 ◆ドイツ、EU案を拒否「原発は持続可能」に反論

[ベルリン22日ロイター]- 欧州連合(EU)が原子力発電を持続

可能なエネルギー源と位置付け投資を促す原案を示したことについて、

ドイツ政府が正式な反論書を提出した。

 緑の党に所属するハベック副首相兼経済相とレムケ環境相は22日、

共同声明で「連邦政府として、原子力発電を対象に含めることに改めて

反対を明言した。原子力はリスクとコストが高い」と表明した。(後略)

         (1月24日12:47配信「ロイター」より抜粋)

 詳しくはこちらを

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8d3210a5dab81ed6f8773cdd66e2419d43bb9d7

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4389】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4390】

2022年1月24日(月)地震原発事故情報-

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.上関原発つくるな!、反原発・反弾圧をともに闘おう!

  年賀状のご紹介 (その6)       2通です

★2.「空振による大気圧変化が海面にもたらした波動現象」

  「火山噴火を事前予測できる」とする

  原子力規制委員会は見解を撤回せよ

  地球の反対側で起きた巨大カルデラ噴火で津波 (中)(3回の連載)

               山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.【処理水行動計画】まずは結果を示せ…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆《1/30クレヨンハウス講座のご案内》オンラインライブ

   (落合恵子さん主宰)

   『森友学園財務省公文書改ざん問題を終わらせない!』

★5.新聞より1つ

  ◆「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った1/22震度5強

   列島周辺で頻発する強い揺れ

   「すでに始まっているといってよい」識者

         (1月22日17:00配信「夕刊フジ」より抜粋)

━━━━━━━ 

☆《事故情報編集部》よりお願い

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ・

 参加報告、その他投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然なども歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後に

 かっこ書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1団体1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

━━━━━━━ 

※1/27(木)広瀬 隆氏講演会は「中止」です!

 1/27(木)広瀬 隆氏講演会「二酸化炭素による地球温暖化説の

非科学」は、1/21東京都に対して「まん延防止等重点措置」が適用

されるため「中止」とさせていただきます。20日に決まりました。

 よろしくご了承のほど、お願い致します。

 なお、1/27(木)に動画を撮影して、YouTubeにアップされる

予定です。YouTubeのURLは、後ほどお知らせ致します。

 また、当日の講師資料(64頁)については、発送の手配を始めます。

 申し込み方法は、冊数と発送先のご氏名・住所・電話番号を

 たんぽぽ舎へ 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。

  資料1部400円、3部まで送料100円。

 4部以上の送料についてはご相談下さい。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

☆発送担当者よりお知らせ

 広瀬 隆氏講演資料は、電話とメールで多くの注文が届いております。

 メールは2つのアドレスで受信しております。

 大変申し訳ないのですが、メールでの返信は省略させて下さい。

 順次、発送の手配をしています。お時間を下さい。

━━━━━━━ 

※1/28(金)日本原電本店と周辺地域へ人々の声を届けよう

 老朽原発=東海第二原発の今秋再稼働やめて!

 日 時:1月28日(金)12時から13時15分

 集合場所:日本原電本店前

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

      TEL 070-6650-5549

 今秋の東海第二原発の再稼働をやめて!の人々の声を日本原電へ

届けるため、行動を新しく起こします。

 “ハロー原電行動”と名付けています。

 みなさま、ご参加ください。

 ビラまきとトラメガでの宣伝を予定しています。

 (日本原電本店と、周辺地域でポスティング)

 毎月、第4金曜日(昼)に開催する予定です。

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名となります。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

     残席26名様です。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介

・三輪祐児さんのユープラン

20220122 UPLAN 山崎久隆ゼミ

「世界の原子力事情」と日本原電の問題「東海第二と敦賀原発

https://www.youtube.com/watch?v=PjTWth2EH1Y

20220121 UPLAN 第8回「原発いらない金曜行動」

https://www.youtube.com/watch?v=6Fh5sx3Arew

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.上関原発つくるな!、反原発・反弾圧をともに闘おう!

 | 年賀状のご紹介 (その6)

 └──── 2通です

☆謹賀新年                熊本一規(東京都)

 ◎ 上関原発問題では、中国電力が2019年、2020年の中断に懲りずに

 2021年6月29日から三度ボーリング調査を試みましたが、またも何も

 できずに終わりました。

  詳しくは、HPまたは次の2つの動画をご覧ください。

 ・祝島島民の会 上関原発ボーリング調査についての記者会見

https://www.youtube.com/watch?v=uNgsKIjg3F0 

 ・いのち・未来うべ学習会「上関原発と漁業権」(私が報告)

https://www.youtube.com/watch?v=PZN52Cq31uM

 ◎ 都市計画道路事業は、武蔵野も西荻窪も順調に止めています。

 ◎ 今春は、新著『権利に基づく闘い1(仮題)』を上梓したいと

  思っています。

 ◇ コロナについては、初期のうちにイベルメワクチン

  または麻黄湯の服用をお勧めします(詳しくはHP参照)

  年頭に当たり、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 HP http://kumamoto84.net

☆闘春

 反原発・反弾圧をともに闘おう!!  救援連絡センター(東京都)

 昨年、救援連絡センター法務省収容施設(刑務所、拘置所、入管

収容所)での被収容者に対する人権無視の非人間的処遇と大いに闘って

きました。今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

┏┓ 

┗■2.「空振による大気圧変化が海面にもたらした波動現象」

 | 「火山噴火を事前予測できる」とする

 | 原子力規制委員会は見解を撤回せよ

 | 地球の反対側で起きた巨大カルデラ噴火で津波 (中)(3回の連載)

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

       (上)は1/18【TMM:No4385】に掲載

◎海底火山が引き起こす津波

 火山噴火により津波が発生することは良く知られている。

 日本では1792年5月21日に発生した雲仙普賢岳の山体崩壊による

津波が最大の被害津波とされている。

 概要は、噴火が山頂付近ので続いていたが、地震発生により山麓

あった眉山が崩壊、大量の土砂が火砕流と共に有明海に流れ込む。

 これにより発生した津波島原半島と対岸の肥後国天草地方(現在の

熊本県)に押し寄せた。最大波高は10mに達したとされる。

 死者・行方不明者は約15,000人、これまでで国内最大の火山災害

だった。「島原大変肥後迷惑」という言葉が伝えられた。

 1741年8月29日には、北海道渡島半島の西約50kmにある渡島大島

噴火し、大規模な山体崩壊が発生した。

 岩屑なだれにより大津波も発生して、対岸の渡島半島西岸から青森県

津軽半島を含む広範囲に押し寄せた。

 この大津波で1,467人が死亡したと記録されている。

 世界では1883年8月27日に発生したインドネシア、クラカタウ火山の

噴火に伴う津波が史上最大の被害を出したとされている。

 クラカタウ噴火に伴い波高30mの巨大津波が発生、周辺の島々の165村

が潰滅し、死者36,417人とされる。その後に引き続く火砕降下物などの

災害により、推定12万人が犠牲になったという説もある。

 今回の噴火による津波の発生原因は、このようなケースとは異なると

見られる。

 もちろん、一部には山体崩壊や海底地形の変動による海面変動は

あったと思うが、それだけで1万キロ以上も離れたところに1mを

超える津波が襲いかかるとは考えにくい。

 気象庁や多くの地震津波研究者も未知の津波、あるいは海面変動を

引き起こすメカニズムがあったと考えた。

 それが「空振による大気圧変化が海面にもたらした波動現象」である。

 まとめると、火山による津波や海面変動の発生メカニズムは次の通り。

 1.噴火により火山の山体が不安定になり崩壊、これが海に流れ

  込んで引き起こされる津波

 2.海底噴火で噴出したマグマや火山ガスが海面を押し上げ、

  その波が引き起こす津波

 3.マグマが噴出した結果、海底にカルデラが形成され、

  これが陥没して引き起こされる津波

 4.大規模噴火で立ち上がった噴煙が崩壊し、大規模な火砕流

  発生して起きる津波

 これに加えて、今回の経験から、次のような原因が推定されている。

 5.噴火によって発生した衝撃波が伝わる際に海面に波を励起し、

  これらが重なりあうことで引き起こされる津波

 今回のフンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火では、トンガの

首都ヌクアロファがあるトンガタプ島などでは約15mの津波があったと

報告されている。

 これは噴火の直接的な影響(噴火による海面変動と海底地形の変動)

によるものと思われる。

 近いところの津波は、噴火の影響による津波が卓越すると思われる

ものの、日本やアメリカ大陸など遠くに津波が到達した原因としては、

その異常な早さを考えても、衝撃波の伝搬が大きな要素を占めるの

だろうと思われる。

 世界の津波情報が詳細に解析されれば、寄与の割合が分かって

くるだろう。               (下)に続く

┏┓ 

┗■3.【処理水行動計画】まずは結果を示せ…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.【処理水行動計画】まずは結果を示せ

  思うような結果が出ない場合はさらなる対策を講じる

  それでもだめなら処理水の処分方法そのものを再検討するべき

  1/22(土)9:55配信「福島民報

https://news.yahoo.co.jp/articles/badc34b13a5ff686c2fa4b37fde1804fb7079029

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆《1/30クレヨンハウス講座のご案内》(落合恵子さん主宰)

  『森友学園財務省公文書改ざん問題を終わらせない!』

  第128回原発とエネルギーを学ぶ朝の教室

講 師:赤木雅子さん(近畿財務局元職員・赤木俊夫さんの妻)

    生越照幸さん(弁護士、赤木雅子さん代理人

日 時:1月30日(日)配信開始 8:40

    講演9:00~10:30(見逃し配信 18:00~)

参加費:1,000円(税込)※リアル参加はすでに満員・〆切

  申込:Zoomをつかったオンラインライブ

  チケット販売期間 1月29日(土)19:00まで

  オンライン(zoom)の視聴チケットをお申込みください。

主 催:クレヨンハウス

  ZOOM視聴方法など問合せ

  TEL:[03-3406-6465](東京店 ミズ・クレヨンハウス)

  email:josei@crayonhouse.co.jp

┏┓ 

┗■5.新聞より1つ

 └──── 

 ◆「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った1/22震度5強

  列島周辺で頻発する強い揺れ

  「すでに始まっているといってよい」識者

22日午前1時8分ごろ、大分県と宮崎県で最大震度5強を観測する

地震が発生した。震源地は日向灘で、震源の深さは45キロ、地震の規模

マグニチュード(M)6.6とされる。

 列島周辺で震度5強程度の強い揺れが頻発しているが、今回は南海

トラフ巨大地震の想定震源域で起きた。

 専門家は、巨大地震地震活動が活発化していると指摘する。(中略)

 夕刊フジで「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」(毎週木曜)を

連載する武蔵野学院大島村英紀特任教授は「フィリピン海プレート

起こした地震で、震源がより浅く、マグニチュードが大きくなれば津波

が起きる可能性もあった。南海トラフ地震も同様のメカニズムで発生

する」と解説する。(後略)

          (1月22日17:00配信「夕刊フジ」より抜粋)

詳しくはこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b6caeb04ec2a8f108891c9b34126b90f2223483

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856

たんぽぽ舎です。【TMM:No4389】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4389】

2022年1月22日(土)地震原発事故情報-

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.『海洋プラスチック汚染の現状と対策』

  -汚染の現状と化学物質による問題を中心に-

  高田秀重氏(東京農工大学大学院)の講演録

  最新パンフレット(No104)です

★2.原発をなくしたい~つながりを強めるために

  たんぽぽ舎33周年名刺意見広告にご協力お願いします

      たんぽぽ舎共同代表(鈴木千津子・柳田真・山崎久隆)

      名刺意見広告担当(阿部則子)

★3.アーサー・ビナード氏+浅野健一氏による

  「ペテン学 基礎講座!2022」-戦時下の新聞と今のぼくら-

  2/19(土)浅野健一連続講座再開第1回のお知らせ

★4.浜岡原発廃炉を求める訴訟

  「浜岡原発は巨大地震に耐えられない」

  原告「敷地基準地震動の設定低すぎる」と主張…ほか

  メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

                黒木和也 (宮崎県在住)

★5.月基地や火星探査に原子炉!?

  宇宙の華やかな競争の陰で進行する開発

  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その427

                  島村英紀(地球物理学者)

━━━━━━━ 

※1/27(木)広瀬 隆氏講演会は「中止」です!

 1/27(木)広瀬 隆氏講演会「二酸化炭素による地球温暖化説の

非科学」は、1/21東京都に対して「まん延防止等重点措置」が適用

されるため「中止」とさせていただきます。20日に決まりました。

 よろしくご了承のほど、お願い致します。

 なお、1/27(木)に動画を撮影して、YouTubeにアップされる

予定です。YouTubeのURLは、後ほどお知らせ致します。

 また、当日の講師資料(64頁)については、発送の手配を始めます。

 申し込み方法は、冊数と発送先のご氏名・住所・電話番号を

 たんぽぽ舎へ 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。

  資料1部400円、3部まで送料100円。

 4部以上の送料についてはご相談下さい。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

☆発送担当者よりお知らせ

 広瀬 隆氏講演資料は、電話とメールで多くの注文が届いております。

 メールは2つのアドレスで受信しております。

 大変申し訳ないのですが、メールでの返信は省略させて下さい。

 順次、発送の手配をしています。お時間を下さい。

━━━━━━━ 

※1/28(金)日本原電本店と周辺地域へ人々の声を届けよう

 老朽原発=東海第二原発の今秋再稼働やめて!

 日 時:1月28日(金)12時から13時15分

 集合場所:日本原電本店前

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

      TEL 070-6650-5549

 今秋の東海第二原発の再稼働をやめて!の人々の声を日本原電へ

届けるため、行動を新しく起こします。

 “ハロー原電行動”と名付けています。

 みなさま、ご参加ください。

 ビラまきとトラメガでの宣伝を予定しています。

 (日本原電本店と、周辺地域でポスティング)

 毎月、第4金曜日(昼)に開催する予定です。

━━━━━━━ 

※1/29(土)学習会『日本の感染症対策と731部隊』は、

 定員に達しましたので予約受付を終了致します。

 お話:加藤哲郎さん(専門は政治学・現代史)

━━━━━━━ 

※1/29(土)「ノーニュークスボイス」第1回読書会

 日 時:1月29日(土)18時より20時

 会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:500円 予約の必要はありません。

 呼びかけ:平田明良、柳田 真

   この日は、「ノーニュークスボイス」編集長の小島卓さんも

   参加されます。

━━━━━━━ 

※1/30(日)経産省脱原発青空川柳句会

 日 時:1月30日(日)12時より15時

 場 所:経産省前 選:乱 鬼龍  呈賞あり

━━━━━━━ 

※2/2(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例→毎月第1水曜

1.第43回とめよう!東海第二原発

  20年運転延長・再稼働ゆるすな!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:2月2日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

2.「第101回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:2月2日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

━━━━━━━ 

※2/3(木)学習会にご参加を!

 『これは薬?それとも毒?イソップに聞け!』

 詩人が今をえぐり取って語ります(1回だけで効く話)

 『アーサー・ビナードさん講演 Part4』

 お 話:アーサー・ビナードさん(詩人)

 日 時:2月3日(木)13時30分より16時

 会 場:「東京学院」3F 千代田区神田三崎町3-6-15

     会場は「スペースたんぽぽ」ではありません。

 参加費:800円 予約必要です。定員75名となります。

     たんぽぽ舎あて電話 03-3238-9035 か

    メール nonukes@tanpoposya.net 、

       tanpopo3238@gmail.com でお知らせ下さい。

     残席26名様です。

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介

・三輪祐児さんのユープラン

20220121 UPLAN 第8回「原発いらない金曜行動」

https://www.youtube.com/watch?v=6Fh5sx3Arew

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.『海洋プラスチック汚染の現状と対策』

 | -汚染の現状と化学物質による問題を中心に-

 | 高田秀重氏(東京農工大学大学院)の講演録

 | 最新パンフレット(No104)です

 └──── たんぽぽ舎

 目次紹介

1.はじめに

2.プラスチックの海洋への流入とマイクロプラスチック

3.海洋生物によるプラスチックの摂取、取り込み

4.プラスチックに含まれる有害化学物質と生物・ヒトへの影響

5.プラスチック汚染対策・環境と健康を守るために

 高田秀重氏(東京農工大学大学院 農学府 物質循環環境科学専攻)

 B5サイズ、28頁 カラー印刷 1部頒価400円

 お問い合わせ・ご注文はたんぽぽ舎へお願い致します。

 冊数と発送先のご氏名・住所・電話番号を

 たんぽぽ舎へ 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net 、tanpopo3238@gmail.com

 お知らせ下さい。

  1部400円、5部まで送料100円。

 6部以上の送料についてはご相談下さい。

 資料代と送料を記載した郵便振込用紙を同封して発送致します。

 届いてから郵便局でお振り込みをお願い致します。

┏┓ 

┗■2.原発をなくしたい~つながりを強めるために

 | たんぽぽ舎33周年名刺意見広告にご協力お願いします

 └────たんぽぽ舎共同代表(鈴木千津子・柳田真・山崎久隆)

      名刺意見広告担当(阿部則子)

 2022年2月26日(土)たんぽぽ舎の34回総会を開催します。

 この日に合わせて「たんぽぽ舎33周年名刺意見広告集」を

作成・発行します。再度のご案内です。

 原発再稼働の動きは止まらないどころか、岸田政権は原発推進の人事

体制を作っています。(首相筆頭秘書官は、原発推進経産省事務次官

だった人)

 国民の命の軽視を露骨に示す政府、電力会社に対して、結束して

原発NO!」「老朽原発やめて!」の意志を示していきたいと

思います。

 「原発がない社会」-首都圏では唯一の東海第二原発

再稼働やめて!-を願い、運動に参加される皆さんのつながりを強める

ために、「名刺意見広告集」を役立てていただきたいと考えております。

 費用がかかり、心苦しいところではありますが、趣旨をご理解

いただき、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1.発行日:2月26日(土)(たんぽぽ舎第34回総会…33周年記念)

  たんぽぽ舎の印刷発行物(「月刊ニュース」、「金曜ビラ」など)

  への同封と、学習会・講演会等で配布致します。

2.募 集 1コマ名刺サイズ(85×50mm)

      縦、横どちらでも可

      オリジナルデザイン歓迎

      オリジナルデザインはそのまま掲載します。

    掲載文章、オリジナルデザインはできれば「ワード」の添付で

    お送りください。

    ご氏名(団体名)、住所、電話番号もお知らせ下さい。

3.掲載料金  団体 4000円  個人 2000円

4.募集しめ切り 2月12日(土)まで

※お申し込み・お問い合わせは、たんぽぽ舎まで

  TEL 03-3238-9035

  メール「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  < tanpopo3238@gmail.com >へ お願い致します。

◎たんぽぽ舎第34回総会・33周年記念講演へもご参加ください。

 日時:2月26日(土)午後1時から5時

 会場:日本教育会館 8階会議室

 総会・記念講演とも80名の定員とさせていただきます。

 記念講演『老朽原発このまま廃炉

      大衆運動を創ってきた実績・今後』…木原壯林氏

     『東海村の出身者として思う』

      -東海第二原発の再稼働はいやだ-…横関彩子氏

 総会・記念講演(資料代800円)とも80名の定員とさせていただきます。

 ご予約をお願い致します。

┏┓ 

┗■3.アーサー・ビナード氏+浅野健一氏による

 | 「ペテン学 基礎講座!2022」

 | -戦時下の新聞と今のぼくら-

 | 2/19(土)浅野健一連続講座再開第1回のお知らせ

 └──── たんぽぽ舎講座会議

講 師:アーサー・ビナード(詩人・絵本作家)、

    浅野健一(ジャーナリスト、たんぽぽ舎アドバイザー)

日 時:2月19日(土) 午後1時30分より4時30分

会 場:「スペースたんぽぽ」 予約制 定員40名

主 催:たんぽぽ舎講座会議

協 賛:人権と報道・連絡会、創出版

    同志社大学社会学部浅野ゼミOB・OG会

参加費:800円

※予約をお願いします。先着順。定員40名

参加ご希望の方は、電話(03-3238-9035)、

またはメール<nonukes@tanpoposya.net>、<tanpopo3238@gmail.com>にて

ご氏名と電話番号をたんぽぽ舎までお知らせ下さい。

受付番号をお知らせいたします。

 元同志社大学教授の浅野健一さんと米国出身の詩人アーサー・

ビナードさんによる市民のためのメディアリテラシー講座を

開催します。

 戦時下の大本営発表報道から、今のマスメディア報道を

みつめ直します。

 下咽頭がんで2020年4月に「無声ジャーナリスト」となった

浅野さんによる「人権とメディア」連続講座の再開第1回。

 「もうその手には乗らない」プロパガンダ免疫の獲得まちがい

なしの「ペテン学 基礎講座!2022」です。

┏┓ 

┗■4.浜岡原発廃炉を求める訴訟

 | 「浜岡原発は巨大地震に耐えられない」

 | 原告「敷地基準地震動の設定低すぎる」と主張…ほか

 | メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.浜岡原発廃炉求める訴訟「浜岡原発は巨大地震に耐えられない」

  原告「敷地基準地震動の設定低すぎる」と主張(静岡県

  1/21(金)12:28配信「静岡放送(SBS)」

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9cb7e7c548aec2e83c7aaadf2d3d4a5976caae1

2.住民投票条例制定目指し市民団体が直接請求

  島根原発再稼働の是非を問う 鳥取県境港市

  1/21(金)19:35配信「日本海テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/4db17f4c41567887dea176a75eeb90cd51721ba3

3.地盤にひずみ「5強」恐れ 珠洲群発地震

  専門家が指摘 県、市、金沢大、金沢地方気象台が情報交換会

  1/21(金)16:01配信「北國新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/080a19fe486f99ccb98e2a25447cdedfcb207d39

┏┓ 

┗■5.月基地や火星探査に原子炉!?

 | 宇宙の華やかな競争の陰で進行する開発

 | 「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その427

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 月面で初めての有人基地が、米国やロシアによって、いまにも開設

される意気込みである。

 米国航空宇宙局(NASA)の有力な候補地として月の南極のエイト

ケン盆地のクレーターが挙げられている。

 ここは直径2500キロメートル、深さ13キロメートルもあり、太陽系内

で有数の巨大クレーターだ。

 地球から直接見ることができない月の裏側だが、ここは衝突で月

深部の物質が掘り出されていると考えられ、月や太陽系の地質学上

大きな興味を持たれている場所だ。

 しかし、その内部は常に太陽の影になっていて、ソーラー発電が

使えない。

 また月の夜は、そもそも14日間も続くために、やはりその間ソーラー

発電が使えない。

 このため、ソーラー発電はだめで、このためにNASAが開発して

いるのが原子力発電だ。

 いま企画されているのは超小型原子力発電システムだ。超小型とは

いっても、最低でも40キロワットの電気を供給できる。これは30世帯分

の電気を10年間まかなえるものだ。

 この先、アルテミス計画で月基地の次の目標である火星探査にも

使うことを考えている。

 火星では季節によって巨大な砂嵐が発生する。

 これはときに火星全体を包み込むほどで、それが数ヶ月も続く。

 太陽から遠いこともあり、やはりソーラー発電は使えない。

 いままで米国は慎重だった。人工衛星に搭載するのは原子炉では

なくて、プルトニウム238のような放射性同位体の崩壊熱を利用して

熱電効果で発電したり、その熱を利用して保温したりといった使い方

だった。

 これに対して旧ソ連は積極的だった。1960年代から原子炉を積んだ

人工衛星を盛んに打ち上げた。

 そのひとつが「コスモス954号」だった。多量の電力を使うレーダー

海洋偵察衛星で同種のものが31機打ち上げられた。

 「コスモス954号」は1978年にカナダに墜落して、放射性物質をまき

ちらした。運用終了後の原子炉を分離して高度の高い軌道へ移動させる

のが当初の予定だった。だが、これに失敗して地上に墜落したのだ。

 600キロメートルもの広大な範囲に飛び散る事態となった。幸い、

多くは無人の荒野だった。

 カナダ側は米国の応援も得て、9ヶ月以上にわたった放射性物質

取り除く作業が行われた。

 カナダ政府は被害額は1400万ドル(カナダドル)=約13億円=に上る

と発表し、ソ連に対して賠償を請求した。1981年にソ連は支払いに

同意した。

 しかし回収できた核燃料は全体の1%程度にすぎないと

見積もられている。

 米国も月基地や火星探査に多量の電力を使うために、いままでの

慎重さを捨てて、宇宙に原子炉を送り出すことにしたのである。

 しかも、宇宙ロケットの推進機関として、いままで使われてきた化学

燃料ではなくて、ずっと軽くて小さい原子力推進も視野に入れている。

 宇宙の華やかな競争の陰で、原子炉の開発が行われているのだ。

 空から原子炉が降ってくる時代。墜落する衛星は下を見て落ちて

くれるわけではない。今度は都会かもしれないのだ。

島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

 「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より 1月7日の記事)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@gmail.com > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@gmail.com >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856