たんぽぽ舎です。【TMM:No4585】地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。先ほどの【TMM:No4585】を破棄して、こちらに差し

替えてください。お手数をおかけして申し訳ありません。

たんぽぽ舎です。【TMM:No4585】

2022年9月21日(水)地震原発事故情報−

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「自民を弔う葬儀」に見えてきた

  「功績をたたえる声も悲しむ声も聞こえなくなった…」

  「この国葬は大きな負債を残し、もしかして岸田政権の命取りに

  なるかも」

  作家 赤坂真理・「考 国葬」文の紹介

               斉藤二郎(メールマガジン読者)

★2.国と東電は「汚染水を陸上保管する大型タンク等は建てられない

  海洋放出する他ない。」と言うなら、国家石油備蓄の

  空き容量に汚染水を貯めよ。とにかく海に流すな

  トリチウム半減期12年を10回(120年)重ね、千分の一に減衰する

  のを待って海に放出することも出来る

               荒木福則(神奈川県横浜市在住)

★3.国葬に「反対」が66.3% 岸田内閣支持率が下落…

  「支持しない」が初めて上回る 《福島県世論調査》…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★4.新聞より2つ

  ◆原発新増設「反対」44% 賛成の36%を上回る 毎日新聞世論調査

            (9月18日18:56「毎日新聞」より抜粋)

  ◆【素粒子】より2つ

 ・英女王を葬送する生中継を見ながら、27日の日本武道館

  想像した。ため息が出た。 ほか

━━━━━━━ 

※安倍元首相の「国葬」反対行動のお知らせ

 安倍「国葬」やめろ!

 第5弾新宿駅東口市民集会! 9月23日(金)14時より アルタ前

 第6弾銀座〜武道館デモ! 9月27日(火)12時30分

       日比谷公園中幸門集合 13時出発

主 催:安倍「国葬」やめろ!市民集会実行委員会

呼びかけ:鎌田慧落合恵子浅野健一澤地久枝、他多数

連絡先:090-2173-2591 武内

━━━━━━━ 

※9/22(木)第9回【ハロー原電】にご参加を!

 東海第二原発とめよう!日本原電本店前アピール行動

 日 時:9月22日(木)15時30分より17時くらい

 集 合:日本原電本店前

主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

       TEL 070-6650-5549

    マイクアピールやビラ配布(周辺の住宅・商店街にも)

        定例:毎月第4木曜

━━━━━━━ 

※9/25(日)緊急講座

 「なぜメディアは統一協会自民党の癒着を報じてこなかったのか」

  第3回浅野健一が選ぶ講師による「人権とメディア」連続講座

 ☆この講座は、定員に達しましたので、

  予約の受付を終了させていただきます。

━━━━━━━ 

※9/27(火)第5回安田節子氏連続講座(全6回)にご参加を!

     「世界と日本の有機給食の取り組み」

 お 話:安田節子さん(食政策センター・ビジョン21代表)

日 時:9月27日(火)19時より21時 

会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円 予約必要です。

 たんぽぽ舎あて電話03-3238-9035か「ヤフーメール

    <tanpopo3238@yahoo.co.jp> で、ご氏名と電話番号を

    お知らせ下さい。 受付番号をお伝えいたします

  第6回は11月30日(水)「有機農業が拓く世界」です。

━━━━━━━ 

※9/30(金)9・30追悼と抗議集会 JCO臨界事故から23年

 1999年9月30日茨城県東海村で起きた放射能事故を忘れない

日 時:9月30日(火)10:00〜11:00

場 所:経済産業省別館前(資源エネルギー庁

 呼びかけ:たんぽぽ舎    献花(実費)します

━━━━━━━ 

※10/1(土)学習会にご参加を! 日韓近現代史 全4回連続講座

 〜日本は朝鮮に何をしたか?〜軍事侵略・植民地支配をした時代

 第1回「明治維新から日清戦争まで」

 お 話:愼 蒼宇(シン チャンウ)先生(法政大学社会学部教授)

日 時:10月1日(土)14時より16時

会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円 予約必要です。9/27と同じ方法です。

  第2回は11/5(土)〔日露戦争・「韓国併合」から武断政治へ〕

━━━━━━━ 

※10/5(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

     2つの行動=定例は第1水曜です

1.第51回とめよう!東海第二原発 20年運転延長・

  2024年9月の再稼働はゆるさない!日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:10月5日(水)17:00より17:45 (冬時間です)

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

      JR秋葉原駅より5分、銀座線末広町駅4番出口より4分

      ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

  ☆第52回は、11月2日(水)17:00より17:45 (冬時間)です。

             (定例は毎月第1水曜)

2.「第109回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:10月5日(水)18:30より19:30 (冬時間です)

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

  ☆11月は、2日(水)第110回です。18:30より19:30(冬時間)

             (定例は毎月第1水曜)

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.「自民を弔う葬儀」に見えてきた

 | 「功績をたたえる声も悲しむ声も聞こえなくなった…」

 | 「この国葬は大きな負債を残し、もしかして岸田政権の命取りに

 | なるかも」

 | 作家 赤坂真理・「考 国葬」文の紹介

 └──── 斉藤二郎(メールマガジン読者)

◇9月20日(火)の朝日新聞(千葉版)はつまらない。9/19(月・休日)の

代々木公園で開かれた1万3000名(主催者発表)集会はひとことも報じて

いない。

 東京新聞が1面から多く報道してるのに。

 今後、朝日新聞購読をやめる読者が増えるのではないか!

◇そんな中で、9/20朝日新聞の3面に、作家赤坂真理氏の「考 国葬」の

記事が載っている。見出しは「『自民を弔う葬儀』に見えてきた」だ。

 記事の中味も的確でしんらつだ。

 以下、記事から抜粋して引用する

◎岸田首相は『偉大な政治家が自民党にいた』ように『見せる』ための

国葬。それが最初のアイデアではないか?

◎「何もうまくいってないのにうまくいってるように『見せる』ことは

安倍首相の言動の本質だったと私は感じています」

◎「自民党の実態を「銃撃事件」が暴露しました」…旧統一教会と手を

組んだ自民党

◎「この国葬は大きな負債を残し、もしかしたら岸田政権の命取りに

なるかも」

◎「安倍氏の『死』というものは遠くに忘れ去られ、功績をたたえる

声も、悲しむ声も聞こえなくなっています。そういう意味では安倍氏

自民党を弔う国葬』の象徴に向いてはいる」

◎「自民党に代わる勢力もない中で、この空洞がどこへ向かうのか、

国民には、今が正念場であり、そして今が危ないとも言えるのかも

知れません」(聞き手・田中聡子)

◇読みごたえあるインタビューだ。全体の6分の1位を紹介した。

 聞き手の田中聡子記者のいい仕事に感謝。

┏┓ 

┗■2.国と東電は「汚染水を陸上保管する大型タンク等は建てられない

 | 海洋放出する他ない。」と言うなら、国家石油備蓄の

 | 空き容量に汚染水を貯めよ。とにかく海に流すな

 | トリチウム半減期12年を10回(120年)重ね、千分の一に減衰する

 | のを待って海に放出することも出来る

 └──── 荒木福則(神奈川県横浜市在住)

 福島第一原発事故汚染水を海に流さないで貯める所が有ります。

 国家石油備蓄の空き容量です。

 今、政府は、IEA加盟国の備蓄石油の協調放出により、国家石油

備蓄から151万キロリットル放出しています。

 備蓄日数にして、145日分ある中の5日分です。9月末までに放出が

終わり、タンクは空いた状態になります。今ある汚染水は約130万トン、

備蓄日数でいうと4日分ですから十分、入ります。

 突飛に聞こえるかも知れませんが、そうではありません。

 その理由は三つあります。

 一つには 国家石油備蓄は、汚染水の処分について前面に立ち責任を

取るという国が、備蓄基地を所有していること。

 二つには、備蓄基地の操業管理を、汚染水の所有者で責任をとる東京

電力がやっていること。

 三つには、放出後の空き容量には石油以外の何かを貯めなくてはいけ

ないこと。(石油は貯められない。空きっぱなしにも出来ない。)

 順に説明します。

 国家石油備蓄は、石油公団と石油元売りとの半官半民の石油備蓄会社

に、国が所有する石油を寄託する形でしたが、特殊法人改革で、2001年

に、石油公団が廃止され国の直轄事業となり、石油備蓄基地は資産移転

され国の所有となりました。

 同時に、備蓄基地の操業管理業務は委託事業(JOGMECから再

委託)となり、2018年から、国家石油備蓄基地10基地の内、陸上タンク

方式の4基地を石油元売り会社に代わり東京電力(直接にはJERA)が

受託しています。原発が動かず、仕事の減った東電に政府が便宜を

与えたのです。

 国家石油備蓄は、1998年に5,000万キロリットルを達成して以後、同

水準を維持していますが、備蓄の義務・目標量は、直近1年間の石油

輸入量の90日分のところ、今、備蓄量は備蓄日数にして145日分にも

なり、大幅に過剰です。

 3.11後、たびたび、事業仕分けや行政仕分けで、税金の無駄遣いを

指摘され備蓄量を削減するよう命令が出ていますが、政府は実行して

いません。

 石油輸入量が減る中、備蓄日数は更に増えて行きます。従って、

政府は、今回の放出の後の空き容量に石油を積み戻すことは出来ません。

 かといって空きっぱなしにすれば、税金の無駄が白日の下になりま

す。石油とは別のものを貯めなくてはいけません。政府は今、空き容量

をどうするか検討しています。全体の備蓄量の削減も検討課題として

います。

 国が所有し東電が運営する国家石油備蓄基地の、空き容量は、正に、

福島第一原発の汚染水タンク群の延長と言えます。

 政府と東電は、「タンクエリアが溢れる。陸上大型タンクは建てられ

ない。海洋放出する他ない。」と言うなら、汚染水を福島第一から、

この国家石油備蓄の空き容量に移し引き取らねばなりません。海洋放出

を、あれほど簡単に閣議決定したのだから、この方針変更を同じように

出来ないはずがありません。

 海底配管の突端からホースを伸ばして、沖合に一点係留ブイ払出設備

を付けてタンカーで移送します。今やっている放出設備工事は無駄に

なりません。追加投資は40億円ぐらいでしょう。

 これほど過剰在庫だから、それを放出し、タンクの空き容量を更に

増やすことは自由自在です。備蓄日数12日分の空き容量を加えて、「

4日分、130万トン、期間40年」を一巡として、三巡を貯めて「先入れ

先出し」で海洋放出すれば、汚染水が今後、1日100トンで発生し続け

ても、全ての汚染水について、40年の三巡で120年、トリチウムを半減

期12年を10回重ね、千分の一に減衰するのを待って海に放出することも

出来ます。

┏┓ 

┗■3.国葬に「反対」が66.3% 岸田内閣支持率が下落…

 | 「支持しない」が初めて上回る 《福島県世論調査》…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.国葬に「反対」が66.3% 岸田内閣支持率が下落…

 「支持しない」が初めて上回る 《福島県世論調査

  9/20(火)18:56配信「福島テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/60c2bf25636b9ce04a64fb7a33e348f85e7fab0e

┏┓ 

┗■4.新聞より2つ

 └──── 

 ◆原発新増設「反対」44% 賛成の36%を上回る 毎日新聞世論調査

 毎日新聞と社会調査研究センターが17、18両日に実施した全国世論

調査では、原発についても尋ねた。

 岸田文雄首相は原発の新設や増設を検討する方針を示した原発の新

増設に賛成かと聞いたところ、「賛成」は36%で、「反対」の44%を

下回った。

 「どちらとも言えない」は20%だった。

 18〜39歳は賛成が反対を上回ったが、40〜50代は賛成と反対がそれ

ぞれ約4割で拮抗(きっこう)。

 60歳以上は反対が賛成より多かった。

 既存の原発の再稼働を進めることについては、「賛成」が46%で、

「反対」の32%を上回った。(後略)

            (9月18日18:56「毎日新聞」より抜粋)

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=newssearch&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiJ6PSD3aP6AhWUOnAKHc8PBVwQxfQBKAB6BAgEEAE&url=https%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farticles%2F20220918%2Fk00%2F00m%2F010%2F166000c&usg=AOvVaw369-9FCvCXmzKaUKqpjT5m

 ◆【素粒子】より2つ

・英女王を葬送する生中継を見ながら、27日の日本武道館

 想像した。ため息が出た。

  ・心から悼む思いの広がり方の違い、いかんともし難く。

(9月20日朝日新聞」夕刊1面より)

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介

1.IWJさんの動画

・2022.6.27 たんぽぽ舎・徹底解説「経済安全保障推進法」

 危険な現代の国家総動員法―登壇:海渡雄一弁護士

 https://www.youtube.com/watch?v=4KPI5u6x5zQ

2.三輪祐児さんのユープランより

・20220916 UPLAN 第16回原発いらない金曜行動

 https://www.youtube.com/watch?v=xbQ31Xr4eMg

・20220913 UPLAN 山田朗「戦後改革の歴史的位相:

 帝国の解体と象徴天皇制

 https://www.youtube.com/watch?v=hl6qod7MhRI

・20220907 UPLAN 第50回とめよう!東海第二原発20年運転延長・

 第108回東電本店合同抗議 放射能汚染水を海へ捨てるな!

 https://www.youtube.com/watch?v=gc0KFq4iRBI

・20220827 UPLAN STOP!!東海第二原発の再稼働いばらき大集会

 https://www.youtube.com/watch?v=V3D6jgpfZDc

・20220825 UPLAN 第8回【ハロー原電】東海第二原発とめよう!

日本原電本店前アピール行動

 https://www.youtube.com/watch?v=T_aI4VpvNUM

・20220813 UPLAN 鎌田慧さんと語るパート2

 決定権は誰に 沖縄と福島 慰霊の旅が問う 一人ひとりの命の尊厳

 具志堅隆松さん、木村紀夫さん

https://www.youtube.com/watch?v=CgTXdAdQzMw

・20220806 UPLAN 山崎久隆「原発と原爆・最新の核事情」&

電力需給逼迫問題」他

https://www.youtube.com/watch?v=uTvZet_LOzA

・20220725 UPLAN 安田節子「子どもの健康とバイオテクノロジー食品」

 https://www.youtube.com/watch?v=3goitC4V0VE

広瀬隆二酸化炭素によって地球が温暖化しているという説は

 科学的にまったく根拠がないデマである」

 20220127 UPLAN 【総集編・全編6時間】

 https://www.youtube.com/watch?v=K14tki8e2Ck

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@yahoo.co.jp > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@yahoo.co.jp >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856