たんぽぽ舎です。【TMM:No4544】地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4544】

2022年7月29日(金)地震原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.原子力規制委員会は認可をしないで下さい

  ALPS処理汚染水の海洋放出を止めて下さい

  これ以上、私たちの海を汚さないで下さい

                    武藤類子(福島県

★2.経営者の怠慢を糾弾した東京地裁の判決

  原発は、ひとたび事故を起こせば取り返しのつかない被害を

  生命と環境に与える

    先崎(まっさき)千尋茨城県、元瓜連(うりづら)町長、

         瓜連町は合併により今は那珂市です〕

★3.フレコンバックの下に埋め立てられる前に次女の捜索を!

  福島の父親と沖縄の遺骨収集人ガマフヤーが

  8月13日(土)東京で鎌田慧さんと対話

            市原みちえ(たんぽぽ舎ボランティア)

★4.電力安定供給に利点、放射性廃棄物などの課題、今後のエネ

  ルギーの在り方について国民が「じぶんごと」として議論する

  必要 原子力白書…

  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                 黒木和也 (宮崎県在住)

★5.新聞より3つ

  ◆国葬にする理由なし 福井 宣(川崎市多摩区

         (7月26日「東京新聞」朝刊5面「発言」より)

  ◆統一教会東京五輪も真っ黒だ

   死してなお噴出する安部元首相の『負の遺産

       (7月27日発行「日刊ゲンダイ」1−3面より抜粋)

  ◆朝日川柳 西木空人選

  ・「世界最多」後手と無策の着地点 末長正義(千葉県)ほか

━━━━━━━ 

※※7/31(日)経産省脱原発青空川柳句会

  選 :乱鬼龍

 日 時:7月31日(金)12時より15時

 場 所:経済産業省

━━━━━━━ 

※8/3(水)2つの申し入れ・抗議行動にご参加を!

             2つの行動=定例は第1水曜です

1.第49回とめよう!東海第二原発 20年運転延長・2024年9月

  再稼働ゆるさない!

  日本原電本店抗議行動 茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:8月3日(水)17:00より18:00 (夏時間です)

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

     ※北ビルです!南ビルではありません!

 主 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

       TEL 070-6650-5549

 協 力:「再稼働阻止全国ネットワーク」

  ☆第50回は、9月7日(水)です。(定例は毎月第1水曜)

2.「第107回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

  東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:8月3日(水)18:45より19:45 (夏時間です)

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など141団体

  ☆9月は、7日(水)第108回です。(定例は毎月第1水曜)

━━━━━━━ 

※8/6(土)山崎ゼミにご参加を!

 「今一番ホットな原発問題を考える」

 「原発と原爆・最新の核事情」&株主代表訴訟の判決について

 『電力需給逼迫問題』パート2も

 お 話:山崎久隆さん(たんぽぽ舎共同代表)

日 時:8月6日(土)14時より17時

会 場:「スペースたんぽぽ」 予約不要です 参加費:800円

━━━━━━━ 

※8/8(月)天野惠一さん10回連続講座  …毎月第2月曜です…

 「原発と原爆の戦後社会史−【運動/思想】史から振り返る」

 第6回「潜在的核武装国家」への道 原爆開発から原爆保持へという

    意思と原水爆禁止運動の拡大の時代

 お 話:天野惠一さん(再稼働阻止全国ネットワーク事務局)

日 時:8月8日(月)14時より16時30分

会 場:「スペースたんぽぽ」

 参加費:800円 予約必要です。

━━━━━━━ 

※たんぽぽ舎の夏休み

 8月10日(水)は平常業務、8月11日(水)は休日、8月12日(金)から

 15日(月)までとなります。8月16日(火)から平常業務となります。

━━━━━━━ 

※8/13(土)鎌田慧さんと対話シリーズ第2回

 決定権は誰に 沖縄と福島 慰霊の旅が問う 一人ひとりの命の尊厳

ゲスト:具志堅隆松さん(沖縄戦で亡くなった人々の遺骨収集)

    木村 紀夫さん(福島県大熊町、震災と福島第一原発事故

            行方不明の次女を探す)

日 時:8月13日(土)13:30より16:00

会 場:千代田区立日比谷図書文化館コンベンションホール

(会場定員の2分の1…100名の受付)

予約申し込み・問い合わせ:たんぽぽ舎 電話 03-3238-9035…

  8月10日水曜の13時より20時まで、通常通りの受付です。

  12日金曜のみ…たんぽぽ舎携帯 070-5014-2665…13時より20時まで

  ご氏名と電話番号をお伝え下さい。

  受付番号をお知らせ致します。

  なお、8月13日(土)当日は 03-3238-9035と携帯 070-5014-2665は

  通じませんのでご了承のほどお願い致します。

  (夏休み中のためご不便をおかけします)

参加費:800円

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.原子力規制委員会は認可をしないで下さい

 | ALPS処理汚染水の海洋放出を止めて下さい

 | これ以上、私たちの海を汚さないで下さい

 └──── 武藤類子(福島県

                2022年7月22日

原子力規制委員会委員長 更田豊志様、

       委員 田中知様、委員 山中伸介様、

       委員 伴信彦様、委員 石渡明様

原子力規制庁長官 片山啓様、次長 金子修ー様、職員の皆様

原発事故で夥しい量の放射性物質が海に流されました。

更に意図的に汚染水を海に流すことが許されるのでしようか。

これは、環境汚染以外のなにものでもありません。

原子力規制委員会は、自然界へのこのような暴挙を許すのですか。

タンクに貯められた、ALPS処理汚染水に含まれている、放射性物質

はいったい何種類、どれだけの量があるのですか。

建屋への止水もできていない状態で、いったい何十年汚染水を流し続け

るのですか。

原発事故で被害に遭った福島の漁業者や住民の声をどれだけ聞いたの

ですか。

原発事故の被害者を、再度踏みにじるのですか。

海でつながる日本や世界の人々、そこに生きる生き物たち、未来の世代

のことをどれだけ考えたのですか。

原子力規制委員会は認可をしないで下さい。

ALPS処理汚染水の海洋放出を止めて下さい。

これ以上、私たちの海を汚さないで下さい。

┏┓ 

┗■2.経営者の怠慢を糾弾した東京地裁の判決

 | 原発は、ひとたび事故を起こせば取り返しのつかない被害を

 | 生命と環境に与える

 └──── 先崎(まっさき)千尋茨城県、元瓜連(うりづら)町長、

          瓜連町は合併により今は那珂市です〕

◎ 専修大学名誉教授の原田博夫さんは「文京町便り」で、原発は再開

すべきか、脱・原発を目指すべきかを論じていて、2011年3月に起きた

東京電力福島第一原発事故を巡る二つの裁判に触れている。

 私も前回のコラム(7月11日)で、「最高裁の裁判官は結局国の

番人?」を書いた。今回は7月13日の東京地裁判決について、そのあら

ましと私見を書く。

◎ 13日午後、東京地裁の朝倉佳秀裁判長は、東京電力の勝俣元会長

ら4人に13兆3210億円の支払いを命じる判決を出した。

 「ひとたび発生すれば『国そのものの崩壊』につながりかねないのが

原発事故だ。ところが津波の襲来が予想されたにもかかわらず、担当

役員は対策を先送りし、会長らもそれを是認した。そろって取締役とし

ての注意義務を怠り、地域と社会に甚大な被害を与えた」。

◎ 東電の株主は、同電力の福島第一原発事故を巡り、旧経営陣が津波

対策を怠ったことで東電に巨額の損害が生じたとして、勝俣氏らに22

兆円の損害賠償を求めていた。

 今度の裁判の争点は2つ。「政府機関が2002年に公表した地震予測

『長期評価』に基づき、巨大津波の予見が可能だったか」と、「浸水

対策などで事故を防げたかどうか」だ。

◎ 判決は、長期評価について「科学的信頼性を有する知見」と認め

たうえで、旧経営陣の過失の有無を検討した。

 東電は2008年、長期評価に基づき、福島第一原発に最大15.7mの津波

が到来すると試算しており、「最低限の津波対策を速やかに指示すべき

取締役としての注意義務を怠った」と指摘した。

 浸水対策については、「主要な建屋などで対策を実施していれば重大

事故に至ることを避けられた可能性は十分にあった」としている。

 長期評価の報告を受けながら津波対策をすぐに指示せず放置したこと

は不作為であり、対策を先送りしたものだ。

 政府機関には地震津波のトップレベルの研究者が多く集められ、

段階的な議論を経て取りまとめられた地震の長期評価には信頼性が

ある、という判断だ。

◎ そして、「2002年以降の東電経営陣の対応は、安全確保の意識に

基づいて行動するのではなく、いかに現状維持できるかで、そのために

有識者の意見のうち都合のいい部分を利用し、悪い部分を無視すること

に腐心してきた」と断罪している。

◎ 私は、東海第二原発の再稼働反対を訴えている「首都圏ネット

ワーク」の一員として7月20日、大井川茨城県知事に「東海第二原発

廃炉と再稼働への不同意を求める要望書」を提出した。

 その際、水戸地裁でも不備が指摘された広域避難計画について、

「事情を最もよく知っている立場の橋本前知事が現職の時に、問題点が

多すぎて実効性のある計画は作れないと言っていた。東海第二原発

再稼働させないことが最良の避難計画だ」と述べた。

◎ 原発は、福島の事故が示しているように、ひとたび事故を起こせば

取り返しのつかない被害を生命と環境に与える。

 原発を運転する会社の役員には、他の会社とは比較にならないほど

大きな責任がある。そのことを東京地裁の判決は示している。

私はそう考えている。

    (7月25日「NEWSつくば」《邑から日本を見る》116

     より了承を得て転載)

┏┓ 

┗■3.フレコンバックの下に埋め立てられる前に次女の捜索を!

 | 福島の父親と沖縄の遺骨収集人ガマフヤーが

 | 8月13日(土)東京で鎌田慧さんと対話

 └──── 市原みちえ(たんぽぽ舎ボランティア)

◎いま、福島県大熊町では復興の名のもとに行方不明者の捜索が中断

され、フレコンバックの下に埋め立てられ「原発廃棄物中間貯蔵施設」

になる日が迫っている。

 沖縄戦の犠牲者の遺骨を収集して遺族に届ける活動をしている

ガマフヤー具志堅隆松さんは、数年前から福島のことが気がかりで捜索

に駆け付けたかった。

◎今年お正月、願いが叶い、大熊町の木村紀夫さんを訪問。沖縄で実践

している方法で捜索開始。

 奇跡が起こった。木村さんの次女汐凪(ゆうな)さんの遺骨の一部

が10年9か月ぶりに、父親の手で発見されたのだ。

◎「捜索は自分のわがままではないか」と悩んでいた木村さんに具志堅

さんはこう言って励ました。「そうじゃない。国の政策の犠牲になった

人々の捜索は権利です。」「遺骨は人、です」と。

鎌田慧さんと対話シリーズ第2回。ゲストは沖縄と福島から。

 慰霊の月、8月に東京で鎌田さんと初めて対話します。

 捜索時の動画も上映。

 具志堅さんは翌日から靖国神社付近でハンスト予定です。連帯を!

 貴重な機会です。お早めにご予約下さい。

☆たんぽぽ舎特別企画 鎌田慧さんと対話シリーズ第2回☆

決定権は誰に 沖縄と福島 慰霊の旅が問う 一人ひとりの命の尊厳

ゲスト:具志堅隆松さん(沖縄戦で亡くなった人々の遺骨収集)

    木村 紀夫さん(福島県大熊町、震災と福島第一原発事故

            行方不明の次女を探す)

日 時:8月13日(土)13:30〜16:00

会 場:千代田区立日比谷図書文化館コンベンションホール

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

予約申し込み・問い合わせ:たんぽぽ舎 電話 03-3238-9035…

  8月10日水曜の13時より20時まで、通常通りの受付です。

  12日金曜のみ…たんぽぽ舎携帯 070-5014-2665…13時より20時まで

  ご氏名と電話番号をお伝え下さい。

  受付番号をお知らせ致します。

  なお、8月13日(土)当日は 03-3238-9035と携帯 070-5014-2665は

  通じませんのでご了承のほどお願い致します。

  (夏休み中のためご不便をおかけします)

参加費:800円(会場定員の2分の1…100名の受付)

┏┓ 

┗■4.電力安定供給に利点、放射性廃棄物などの課題、今後のエネ

 | ルギーの在り方について国民が「じぶんごと」として議論する

 | 必要 原子力白書…

 | メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.電力安定供給に利点、放射性廃棄物などの課題、今後のエネルギー

の在り方について国民が「じぶんごと」として議論する必要 原子力白書

  7/28(木)18:08配信「時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/65deb330a59c5d0b74cf4d9b04552e384399ecac

┏┓ 

┗■5.新聞より3つ

 └──── 

 ◆国葬にする理由なし 福井 宣(川崎市多摩区

安倍元首相を国葬にする理由として、岸田首相は「暴力に屈せず民主

主義を断固として守り抜く決意を示す」ためと話した。

 しかし今の国会に民主主義を感じることはできない。

 本来議会で十分議論して決定すべきものを、閣議憲法の解釈変更

まで決めてしまい、 国民に向かって説明もされずじまいだ。

 また防衛費をGDP比2%に増額などと、国会で議論しない段階で

なぜ決めてしまえるのか?

 安倍元首相は民主主義を踏みにじってきた。国会軽視のやり方で成立

した安保法制や、モリカケ桜など政治の私物化、沖縄の民意を一切

顧みず、工事を強行してきた辺野古米軍基地問題…。

 反対の声をあげ続けている市民グループの運動の方に民主主義を

感じる。

 安倍元首相の国葬には、理由がなく、国民として恥ずかしい。

         (7月26日「東京新聞」朝刊5面「発言」より)

 ◆統一教会東京五輪も真っ黒だ

  死してなお噴出する安部元首相の『負の遺産

 改めて、その功罪の検証が必要なのは言うまでもないが、アベノ

ミクスや憲法破壊だけでなく、スキャンダラスでダーティーな側面の

多さにも戦慄。

 長期政権のからくりが露呈した今、国葬の根拠は一つ、また一つと

崩れ去っている

 下記は一部のみ(全文は会員登録必要)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/308883

安倍実弟岸防衛相 統一教会癒着居直り

『選挙でお力をいただいた』岸防衛相

 安部元首相の銃撃事件をきっかけに白日の下にさらされた自民党議員

統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)との親密ぶり。

 イベント出席や講演、献金授受などが明らかになった議員たちの多く

は「個別の問い合わせには回答しない」などと逃げまくっているが、

 岸防衛相は違った。きのう(26日)の記者会見で、「選挙の手伝い

を受けた」と明言したのだ。

 安倍の実弟であり、草創期の統一教会にさまざまな便宜をはかった

岸信介元首相の孫だからか。

 安倍・岸ファミリーと教団は、やはり今でも“特別”な関係だ。

       (7月27日発行「日刊ゲンダイ」1−3面より抜粋)

 詳しくはこちらを

https://news.yahoo.co.jp/articles/28edc9a4c630c0fdbcdb9f736168813e4fc45bf5

 ◆朝日川柳 西木空人選

・「世界最多」後手と無策の着地点 末長正義(千葉県)

    (旬、WHO先週の感染計97万人)

・賃金が上がらぬ理由よくわかり 辻 酔乱(東京都)

・幸せは金で買えぬと歯噛みする 浅井重代志(愛知県)

    (役員報酬1億円超え続出)

       (7月29日「朝日新聞」12面より抜粋)

━━━━━━━ 

※動画アップの紹介

1.IWJさんの動画

・2022.6.27 たんぽぽ舎・徹底解説「経済安全保障推進法」

危険な現代の国家総動員法―登壇:海渡雄一弁護士 

 https://www.youtube.com/watch?v=4KPI5u6x5zQ

2.三輪祐児さんのユープランより

・20220725 UPLAN 安田節子

 「子どもの健康とバイオテクノロジー食品」

 https://www.youtube.com/watch?v=3goitC4V0VE

・20220715 UPLAN 第14回原発いらない金曜行動(大雨の中)

https://www.youtube.com/watch?v=sSBnF9RNibY

・20220709 UPLAN 高橋博子「被ばくの戦後史」

 https://www.youtube.com/watch?v=G3abtCi0ePg

・20220706 UPLAN 第48回とめよう!東海第二原発

 第106回東電本店合同抗議

 https://www.youtube.com/watch?v=SLwehnti218

・20220616 UPLAN 内田雅敏弁護士「新大統領 尹錫悦政治の韓国」

 https://www.youtube.com/watch?v=5MppMbNbKjk

広瀬隆二酸化炭素によって地球が温暖化しているという説は

 科学的にまったく根拠がないデマである」

 20220127 UPLAN 【総集編・全編6時間】 

 https://www.youtube.com/watch?v=K14tki8e2Ck

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出し

 よりも2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、

 どの団体・グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先

 など必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

 別アドレス < tanpopo3238@yahoo.co.jp > です。

 なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合も

 あります。ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎の通常アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」か、

  別アドレス < tanpopo3238@yahoo.co.jp >へお送り下さい。

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例が

  あります。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856