たんぽぽ舎です。【TMM:No4303】地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

たんぽぽ舎です。【TMM:No4303】

2021年9月28日(火)地震原発事故情報-

             4つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.房総半島を襲った未知の大津波

三重点」で起きた大地震が原因か

「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その413

                  島村英紀(地球物理学者)

★2.産業技術総合研究所HPより

  「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」の抜粋

  約1000年前に発生した房総半島沖の巨大地震によって

  九十九里浜地域が浸水

  産総研の調査で確認された1000年前の巨大津波 (下)

               山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★3.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆福島甲状腺がん「過剰診断」論撤回・

   検査拡充を求める署名にご協力を!

   署名サイト https://chng.it/x5MbJKs6LB

  ◆おとなのための紙芝居・秋

   10/2(土)<紙芝居とハーモニカとおしゃべりの北川ワールド>

   上演者:北川 鎭  主催:詩と朗読「たきび」の会

  ◆「15歳の少女が見た原発事故」(わかなさん)

   「子どもの権利条約をどう生かすのか」(森松明希子)ほか

   10/18(月)オンライン企画「わたしたちの未来」

★4.新聞より1つ

  ◆「総裁選と核燃サイクル」 山田清彦(三沢市

     (9月24日「デイリー東北」読者投稿欄「ひろば」より)

━━━━━━━ 

※たんぽぽ舎に、自立スタンド型非接触体温測定器を設置しました。

 モニターの前に立つだけで測定できるタイプです。

 7/26より稼動しています。

 ほか、非接触体温計、手指消毒用のボトル数本、天井の換気扇

 常時作動、適宜の窓開け換気等は、従来からおこなっています。

━━━━━━━ 

※9/30(木)学習会にご参加を!

 「韓国キャンドル革命の第一決算期-来春の大統領選挙と日本」

お 話:青柳純一さん(翻訳家・金起林記念会共同代表)

日 時:9月30日(木)19:00~21:00(開場18時30分) 

会 場:「スペースたんぽぽ」

資料代:800円

予約必要です。たんぽぽ舎あて 電話 03-3238-9035 か

 メール nonukes@tanpoposya.net で、ご氏名と電話番号を

お知らせ下さい。受付番号をお知らせいたします。

━━━━━━━ 

※9/30(木)JCO臨界事故から22年 追悼と抗議集会

 ご参加ください

日 時:2021年9月30日(木)午前10時~11時

場 所:経済産業省別館前(飯野ビル側:経産省前テントの反対側)

内 容:経過説明、抗議アピール、黙祷(事故発生時刻 10:35~)

献 花-追悼の花を用意します。

呼びかけ:たんぽぽ舎他

━━━━━━━ 

※9/17(金)第4回「原発いらない金曜行動」首相官邸

 立花健夫さんがYouTubeにアップしてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=6V8RT5Y1GjI

━━━━━━━ 

※9/11(土)「井戸川裁判(福島被ばく訴訟)は何を問うているのか」

 井戸川克隆さん(双葉町元町長)、古川元晴さん(弁護士)の動画を

UPLAN三輪祐児さんがyoutubeにアップしてくれています。

20210911 UPLAN【前半】古川元晴「井戸川裁判(福島被ばく訴訟)は

何を問うているのか」

https://www.youtube.com/watch?v=D6de2OyL9xA

20210911 UPLAN【後半】井戸川克隆「自分力を磨け~集団幻覚に

騙される人間は私のように地獄を見る」

https://www.youtube.com/watch?v=kno6p2iFIgA

━━━━━━━ 

┏┓ 

┗■1.房総半島を襲った未知の大津波

| 「三重点」で起きた大地震が原因か

| 「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その413

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 いままで首都圏を襲ってきた房総沖の大地震の歴史は、房総半島の

海岸段丘の隆起から分かっていると思われていた。海岸段丘が大地震

たびに飛び上がって土地が増えていったからである。

 大きな地震ほど段丘の面積が大きい。具体的には1923年の関東地震

マグニチュード(M)7.9)、その前は1673年の元禄関東地震

(Mは推定8.2)。

 その前は約2900~3000年前、約4400~5000年前、約6200~7000年前。

 地震はいずれもフィリピン海プレートが首都圏の下に潜り込むことに

よって起きるものだと考えられてきた。

 海岸段丘からはその間には大きな地震はなかったように読みとれる。

 だが繰り返し起きる海溝型地震なのに間隔が開いていたのは

不思議だった。

 海岸段丘の隆起は、房総半島南西部の館山(たてやま)でも、南東部

の千倉(ちくら)でも同じように見られたから、首都圏を襲ってきた

房総沖の大地震に一般的なものと考えられていた。

 しかし、同じ房総半島でも付け根の東側、九十九里浜(くじゅうくり

はま)ではこのような海岸段丘は見られない。

 そこで海岸近くの陸上約140カ所を掘ってみたらリストにはない

地震が見つかった。海の砂が3キロ以上内陸まで上がっているから

大きな津波とそれを起こした大地震があったのに違いない。

 海の砂が上がっている地層は2つ見つかった。

 新しい方は江戸時代の既知の地震のものだが、古い方が約1000年前の

知られていなかった津波だった。鎌倉時代から平安時代のことで、

当時はこの辺に人がほとんど住んでいなかったから古文書も残って

いない。

 房総半島の南部に大きな海岸段丘を残さなかったことから、津波

とくに大きかったが、地震津波ほどは大きくはなく、陸上の隆起も

限られたものだった。

 さてこの地震はどういうものだったろう。

 じつは南北に走る日本海溝から枝分かれして相模トラフが

延びている。

 房総沖は、日本列島が載るプレートの下に、日本海溝から潜り込む

太平洋プレートと相模トラフから潜り込むフィリピン海プレート

あって「三重点」になっている。この両方のプレートとも首都圏の下に

入っている。

 三重点の大地震はまだ分かっていないことが多い。世界でも三重点

そう多くなく、地震も限られていることが大きい。

 この新しく見つかった約1000年前の津波は、この三重点で起きた

地震である可能性が大きい。ひとつのプレートが潜り込むときは

海底面が上がって津波を起こす。陸上も隆起する。

 しかし、二つのプレートが潜り込んでいる三重点では大きな海底面の

沈降が起きて大きな津波を生む。

 こうして津波が大きくて、その割には隆起が大きくはない地震

三重点で起きたということだろう。

 もちろん震害も大きかったに違いない。この地震の大きさはM8.5と

推定される。

 10万人以上の死者を出した関東地震よりも大きい。

 この地震は繰り返す。

 いまこの地震が襲ってきたら大被害を生むに違いない。

 首都圏を襲う大地震のギャップがひとつ埋まり、地震の候補が、

またも増えたことになる。

 (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

 「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より9月17日の記事)

┏┓ 

┗■2.産業技術総合研究所HPより

 | 「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」の抜粋

 | 約1000年前に発生した房総半島沖の巨大地震によって

 | 九十九里浜地域が浸水

 | 産総研の調査で確認された1000年前の巨大津波 (下)

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 なお、論文の日本語解説は産総研のホームページに

「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20210903/pr20210903.html

 として掲載されている。

 以下は、その抜粋。是非、原本を読んでいただきたい。

◎概要

 国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)活断層

火山研究部門、海溝型地震履歴研究グループ、澤井祐紀上級主任

研究員、行谷佑一主任研究員らと、カナダ・サイモンフレイザー大学

Jessica Pilarczyk助教は、産総研地質情報研究部門、アメリカ・サザン

ミシシッピ大学、筑波大学東京大学アメリカ・バージニア

工科大学、シンガポール南洋理工大学アイルランド・メイノース

大学、イギリス・地質調査所との共同研究で、千葉県九十九里浜沿岸に

おいて歴史上知られていない津波の痕跡を発見し、それが房総半島沖で

発生した巨大地震によるものであるとの結論を得た。

 産総研はこれまでに、過去に発生した津波の痕跡を調べるための

地質調査を日本各地で行ってきた。

 特に2011年に発生した東北地方太平洋沖地震以降、その破壊領域の

南方の海域に面する千葉県九十九里浜地域においては、掘削調査により

過去の津波の痕跡である津波堆積物を2層発見した。

 また、放射性炭素年代測定により、2層のうち古いほうの津波

堆積物は約1000年前に堆積しており、歴史上知られていない津波の痕跡

であることが分かった。

 房総半島沖には、太平洋プレート、大陸プレート、フィリピン海

プレートが1カ所で接する「プレートの三重点」が存在する。

 約1000年前の津波堆積物の分布を再現するために津波浸水シミュレー

ションを行ったところ、これらのプレート境界のうち、フィリピン海

プレートに対して太平洋プレートが沈み込む領域が破壊された場合、

比較的小さなすべり量でも九十九里浜地域を大きく浸水させる津波

発生することがわかった。

 この結果は、従来考えられてきた相模トラフや日本海溝に加えて、

房総半島東方沖の海底下に位置するフィリピン海プレートに対して

太平洋プレートが沈み込む領域が巨大地震津波を起こす場所として

注意すべきことを示している。

 なお、研究の詳細は、2021年9月2日(イギリス夏時間)にNature

Geoscience誌に掲載される。

◎研究の経緯

 本研究の対象地域である九十九里浜地域は、太平洋プレート、大陸

プレート、フィリピン海プレートが1カ所で接するプレートの三重点

隣接する地域であり、各々のプレート境界で形成されている日本海溝

相模トラフ、伊豆・小笠原海溝の周辺で発生する地震津波の脅威に

さらされている場所である。

 これらの海域の沿岸における代表的な津波被害として、1677年の延宝

地震(延宝五年)と1703年の元禄地震(元禄十六年)によるものが

古文書等に記録されているが、これより古い時代の地震津波の発生

履歴は明らかにされていなかった。

論文情報

掲載誌:Nature Geoscience (2021)

論文タイトル:A further source of Tokyo earthquakes and

Pacific Ocean tsunamis.

著者:

Jessica E. Pilarczyk, Yuki Sawai, Yuichi Namegaya, Toru Tamura,

Koichiro Tanigawa, Dan Matsumoto, Tetsuya Shinozaki,

Osamu Fujiwara, Masanobu Shishikura, Yumi Shimada, Tina Dura,

Benjamin P. Horton, Andrew C.Parnell, Christopher H. Vane

┏┓ 

┗■3.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 ◆福島甲状腺がん「過剰診断」論撤回・

  検査拡充を求める署名にご協力を!

 東電福島第一原発事故の影響を見えない化する動きが

強められています。

 事故当時18歳以下だった子どもたち260名以上に甲状腺がん

見つかっています。

 県民健康調査検討委員会、環境省は被ばく影響を否定し、

「過剰診断」だとして甲状腺検査を受ける生徒を減らそうと躍起に

なっています。

 甲状腺検査による早期発見・早期治療の結果、福島では甲状腺

半分を手術するだけで済み、甲状腺ホルモン剤を飲む必要がない場合が

多いです。

 福島甲状腺がんに「過剰診断」のエビデンスは何もありません。

 ご協力をお願いいたします。

署名サイト https://chng.it/x5MbJKs6LB

  7分間の簡単動画をご覧ください。

申し入れ書(詳細版 呼びかけ人多数)https://bit.ly/39hRCWH

第1次集約:9月30日、第2次集約:12月末日

よびかけ団体・賛同団体、呼びかけ人を募集中です。

お引き受けいただける場合は、

<anti-hibaku@ab.auone-net.jp> までご連絡ください。

署名集約団体:放射線被ばくを学習する会

http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com/blog/

 ◆おとなのための紙芝居・秋

  10/2(土)<紙芝居とハーモニカとおしゃべりの北川ワールド>

上演者:北川 鎭(きたがわしずむ)

日 時:10月2日(土)14:00(開場13:30)

    14:00[上 演] 北川鎭(きたがわしずむ)

    15:50[報 告] 全国紙芝居まつり

会 場:ギャラリー古藤 電話:03(3948)5328

東京都練馬区栄町9-16武蔵大学正門斜め前

    西武池袋線「江古田」駅南口・徒歩6分

    HP http://furuto.info/

主 催:詩と朗読「たきび」の会

協 力:花咲けシルバ組・おっぺ舎・ギャラリー古藤・くるんば

問合せ・予約先メール takibinokai_poem@yahoo.co.jp(大島)

参加費:1700円(予約優先・30名・当日2000円/障がい者・学生1000円)

ペア割引設けました(2名で3000円)ご活用ください。

人生100年・老い活のチカラです。

定年退職後、70歳で紙芝居を描き始め現在92歳の北川鎭さん。

3名のみ予約可能です。ご連絡ください。

 ・会場では徹底した感染症防止対策をしています。

 ◆「15歳の少女が見た原発事故」(わかなさん)

  「子どもの権利条約をどう生かすのか」(森松明希子)ほか

  10/18(月)オンライン企画「わたしたちの未来」のご案内

日 時:10月18日(月)19:30より21:30

    (19:15 から入室可。10時までおしゃべりタイム。無料)

 話題提供者3名を予定。

1.「傾聴からひらく未来」(寺本さん)

  http://hisaisha-tomonokai.blog.jp/archives/10709072.html

2. 「15歳の少女が見た原発事故」(わかなさん)

  https://mitsui-publishing.com/product/wakana15

3.「子どもの権利条約をどう生かすのか」(森松明希子)

  http://hisaisha-tomonokai.blog.jp/archives/11479553.html

主 催:被災者友の会・高槻

お問い合わせ:tarojii70suzume@gmail.com(寺本さん)

申込はコチラ

https://docs.google.com/forms/d/1FyJerttPZ-MXptsEI9xFV7OsfIuiY5QA7w6G8nDgyGI/viewform?edit_requested=true

おねがい:主催者からの連絡を受けとれるように,パソコンからの

     メールを拒否しない設定にしてください。

資料のページ:

http://hisaisha-tomonokai.blog.jp/archives/10189369.html

┏┓ 

┗■4.新聞より1つ

 └──── 

 ◆「総裁選と核燃サイクル」 山田清彦(三沢市

 自民党総裁選の出馬に当たり、河野太郎氏が核燃料サイクル

ついて、中止すべきだとの考えを示したことが青森県政界に波紋を

広げている。

 核燃料サイクルの現状を見れば、六ケ所村のウラン濃縮工場は

数年間、動いておらず、海外返還の高レベル放射性廃棄物も搬入が

止まっている。

 再処理工場は来年9月までの竣工が困難視されており、今の状況を

見て、核燃サイクルが着実に進んでいるとは誰も言わないだろう。

 この問題が、全国的な関心を持つべきと思うのは、国民が払う電気

料金の中に再処理費用が組み込まれ、これを使うことが許されている

現実だ。

 つまり、本来は電力会社が支払うべき費用を、私たちが支払うように

法律を変えられたのに、支払わされている国民の多くがその事実を

知らない現実がある。

 だから、地域によっては、核燃サイクルという言葉を正しく

報じないだろう。

 かつては11兆円、今はそれ以上といわれる再処理費。

 これを中止するべきとしている河野氏には、ばかげた計画を白紙に

戻す決断を期待したい。

 こんなことを言えば、地域の雇用がなくなると心配するかもしれない

が、造った時以上に解体には多くの雇用が必要になり、数十年間は仕事

が保証されるだろう。

 しかも、環境を優しく守る、誇りの持てる仕事をするメリットもある。

(9月24日「デイリー東北」読者投稿欄「ひろば」より)

     (情報提供:小熊ひと美さん・青森県在住)

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震原発

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-1-1

               高橋セーフビル1F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

   口座番号 00180-1-403856